FC2ブログ

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありふれた御伽噺 第7話 「ある、男と女の愛の話2」

288◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:49:09 ID:TDpig24k0

   ┌────────────────────┐
   │王女様、王女様……今日は続きをお話します ..│
   └────────────────────┘

         ___
    _   _////////\_   _
    八_/////////////∧_八
  【三三三三三三三三三三三三】
  |:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |:|
  |:|: : : |□□□■■■■|: : : |:|
  |:|: : : |□/ ⅩⅡ \■|: : : |:| 
  |:|: : : |□          ■|: : : |:|
  |:|: : : |□Ⅸ━.・   Ⅲ■|: : : |:|
  |:|: : : |□    |    ■|: : : |:|
  |:|: : : |□\  Ⅵ  /■|: : : |:|
  |:|: : : |□□□□■■■|: : : |:|
  |:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |:|
  |:|: : : | ̄ ̄ ̄冂 ̄ ̄ ̄|: : : |:|
  |:|: : : |【    ||    】|: : : |:|
  |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
  |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
  |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
  |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
  |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
  |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
  |:|: : : |l     '⌒ヽ    l|: : : |:|
  |:|: : : |l   {{  . : :}}  l|: : : |:|
  |:|: : : |l    、 __ ノ   ,l|: : : |:|
  |:|: : : |【            】|: : : |:|
  |:|: : : : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : : : |:|
  【三三三三三三三三三三三三】
     ∨////////////////
       ̄\//////// ̄

289◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:49:26 ID:TDpig24k0

   ┌──────────────────────┐
   │あの後も、アンデルセンの執拗な追及は続きました....│
   └──────────────────────┘

         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,    これは、噂なのですが……
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/     王女が居なくなる少し前から、夜の見張りの数が
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''       大分減らされた様ですね。しかも、王の指示であると
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l        お聞きしておりますが……
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
 __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.ヽ.::;;ii;:::::::';,-:::::;l_,,../;;;'"::::::::::;ii;:::::'"":::::::::'''""''::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::;,,:::::::;;,,::::::;ii;,:::::'":::::::::::;;::,;::::::::::::;;::i;iii::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::

   ┌──────────────────────────┐
   │そして、その言葉は徐々に、徐々に王を追い詰めていきました.│
   └──────────────────────────┘

290◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:49:36 ID:TDpig24k0

   ┌────────────────────┐
   │しかし、今回の事は完全に彼の独断。側近も、 │
   └────────────────────┘

      ,テ:::''::::''^":::"'::::"::''::i,,ノi,、
     ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'〃
   `ゞ;:::::::::::::;rー-、;;;;;;::::::::::::::::::::::::::ゞ
  `く::::::::::::::/     ゙゙゙゙'''ヾヾ'゙゙"〉::!'
  ゛ミ;;::::::::::::::>        ヾヽ 〈::!
   ヾ;;:::::::::/,、_         ヾ、Y`   
    y、:::/  ,r三ニt、_,   ,ニ'_"^`トヽ、
    ! 'i|:| ̄l| ``゚'` |;==,イ`゚'ノ ̄/`ヾ、  
    〈 ン|:l   ̄ ̄ ̄"  ,トー‐-イ   `
    `ト|;l          !     !
     i l|;;        、,!   ,!
     i ヾ;;,,   、__,,,,,,_.  /
    _,i.  ヾ;;,,     _ ` /
   ,i `ー-ヾ;;,,    ,;i|i;, ,イ
   ,i::::::::::::::::::::::ヾ;;iiiillll|||||li' |ー、
  ,i::::::::::::::::;l ̄l:::l |:| l、,l |:| l:::::i、

291◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:49:51 ID:TDpig24k0

   ┌────────────────────┐
   │ましてや、王の妃である王妃すら今回の一件が..│
   └────────────────────┘

        ノイ`ヽ`` ー        、  :::::..ヽ
       / /ハ        `ヽ、   \ :::::',
      ////l | ',         \\ ヽ,\:::l::'.
      | /ハ|| l ヽ ヽ        、\  ヽヽ |::!
      ',| l l |ヽ、 \ '、ヽ       ヽ ヽ ト、ヾ、!ト  
       ヽヽ、! - 、_ \ヽ\丶、 \ヽ \ ヽ',ヽ V
        \、 「Tァヽ \\\>、\\ヽト、| リr'
         _l` ーゝ'   ` ̄´{:'::フ7 \ヽト、リ|
       /∠」         ー‐'  ヽソ/ト、
      //==ヘ   ノ         ::/ :::::|:\
        l::/::::/ /ヽ  `、__      .:/::::::::::/__::::\
      |:::l:::/ /::::::::ヽ、  ``    , -:'::::::::::::::/rァ::\、:\
      l:::l:/ /::::::::::::::::|>-r‐‐r'´:::::::::::::::::/(::ゝ、\::ヽ、ヽ
      /|::/ /:::::::::::::::::|/;ヽ|;;/ハ:::::::::::::/::::::::\ \\:`
     {::ゝヘ/:::::::::::::::::::::::::::;;}lノ:::: \:/::::::::::::::::::::\`:ヽ、
     ヽ::| ヘ|y:::::::::::::::::::::/<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、、::
      |:| |::|_:::::::::::/::::\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::

   ┌──────────────────┐
   │王が企てた物であるという事を知りません ..│
   └──────────────────┘

292◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:50:03 ID:TDpig24k0

   ┌───────────────────────┐
   │味方を、共謀者を作れば安心と同時に隙が生まれる......│
   └───────────────────────┘

           ミ}\\\ヾ 厶イ∠二ニ=ミメ
          爻:::::::::::::ヾソ/    三ニ=ミ ミ
           彡:::::::> 、}/ッ//彡 =ミ    ミ
           ハ::::/         三ニ=ミ  ヽ
            ,::::{             `゙ミメ _ヾヾ
              {:::::...     -‐==ミ、 ∨:/ V/   
.            γ⌒V  ∠ rtッーァ / V 勹 }〉
.            弋  ,¨ヽ{   ヽ`¨/     ノ /    
.            {`7  ゝ _.ノ¨´    ミ|ー ´ト
            V// _       \ 、ミ:! !:::, :ゝ ___
.            ゝ-─ '      `゙ミヽヾ| |:::::, : :, : : \__
            ハ ヽニニ=ー一 ヾミ )  |:.l ::, : :, : : : : : : : :
               / ::::,` ー‐ ´ `゙ミ/  ,.:.:|:::::, : :, : : }: : : : :
           ..:─┘ :::::,川 i i、ヾヾ// /:.: | :: }: : :, : : : : : : :
.         /::::::::::::::::::::::::ー─‐ :: ´: //.:.:.:. /.:.: ,: : :.}::::::::::::::::::
     ......:´::::::::::::::::::::::::{::ヽ:.:.:\   /:.:.:.:.:. /:.:/.: : /:::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::::|';::::.:.:.:.:.:l\:.:.:「 ̄ |:.:.:.:.:.://.: : :.:/:::::::::::::::::::::

   ┌───────────────────────┐
   │そして、この国にはその隙を見逃さない相手が居る  ..│
   └───────────────────────┘

293◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:50:15 ID:TDpig24k0

   ┌───────────────────────┐
   │王の孤独、そして不安がどれほどの物だったのか…… │
   └───────────────────────┘

  ///     / /〃 u| ト、 \ \        ヽ
/ ////    / / !  ヽ l \ヽ\ \       ヽ
  〃 // / //|/      iヽ!  ヽ! \|\    人  ',
   |/ i/  ル' j ,. --'  ヾ`ー==--ヽ ヽ       i
   | ||   | /, -=ミ       '´,.‐、ヾ `  ヽ      |
      ||   } 〈  (_)ノ:::   :::::`┴┴ '″   i     |
      ||  j   ´  ̄´    u          レ'ヽ   |
      lハ||   u゚   ,             /| |  j
      !   |  u    〈 -           〉j / ル′
         ',        ___         l//  |
       ヽ      ィ_´_    __ヾi 、    rイ   リ!
        ヽ    └─ '"¨¨ヾソ 〉'    j ||  /
         \  `     ,r┬‐ 、  / ! /
        r-仄iヽ      / | |  ``く   ||/
       / //| | ヽ、 __  / /i |       ``┴- ._
      / // | |     i __| ハ |          |

   ┌──────────────────────┐
   │少なくとも、並の人間では壊れてしまうほどの重圧を .│
   └──────────────────────┘

294◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:50:46 ID:TDpig24k0

   ┌──────────────────┐
   │王は耐えていらっしゃったのでしょう…… .....│
   └──────────────────┘

     |~~""--..,,,,
     ヽ     ^--...,,,,.
      \        ~"---,,,..
       |             ^--.,,,,
        、      丶         ヽ
        | ̄ ̄ ̄~~""'''--,,, _,,---''"|
        ,.(ニ。[]⊃ニ]_,,   ^"-..,,   |
      /,,-''"`v`、    ー...,,_  ヽ、ノ
     ~~"-/ |   丶 |⌒、   丶,  /
      /、 i    '`i/  )     `、/
       ̄| ,!      /"     w
        | i      |Vヽ   /
        | .゚      /  \  |
        l_,,,----''''    vW
          ヽ_,,,---^~~~^ー--,
          |   ,,,,--------,,, |
       ,--~~~ ̄ ̄         ̄i
      /_,,,,,--ー---、,,...--ー"^~~~~丶
    /           `~~-

   ┌───────────────────────┐
   │一人で静かに、愛する我が子達の未来を思って……......│
   └───────────────────────┘

295◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:50:59 ID:TDpig24k0

   ┌──────────────────────────┐
   │ですが、それでも王は勝てなかった。隙がなければ作るだけ......│
   └──────────────────────────┘

       ___ァー=ミ`ー-ミ
     _>          `Yf
    __≧  {ル       /f´ `ヽ
    >ー-ミ汽ハメ    /f´   乂
   厶斗≧f^⌒`ヾルィア彡イ      {
    7: 彡'"         ̄`ヾ    }
   孑斗 ⌒ヽ  j′     辷=ミ 汽
.     {_f´   マル {zィ=<   抃`ヾ {
     }乂_  ノ⌒ヾ´frぇj∨__}ハr-v'"    
     i     ′ 人___彡'"ハり⌒{
     '    仏_   ミx  , ;/f_彡.リ
     八, '____^    ヾマi厶rセ´
   __  ∧メー-- ‐彡メ/. /从
.  /ニニ=- _ハfハィイハイ  ′
 /ニニニニ=- ._=≦  ___/
ノニニニニニニニ=_Y {ニ{_
ニ\ニニニニニニニ_{--}ニニハ
ニニ-\ニニニニニニ}: :{ニ才二\
ニニニニ-≧====≦ハ: ∨ニニニニ_\
   ┌───────────────────────────┐
   │それほどまでに、アンデルセンという男は……優れていたのです..│
   └───────────────────────────┘

296◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:51:25 ID:TDpig24k0

   ┌───────────────────────────────┐
   │ある日、アンデルセンは朝から玉座の間にやってくるとこう言い放ちました .│
   └───────────────────────────────┘

       ,xハメミソソィッイィYッィ,
        ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::'z
      メ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ    
        ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
       r::::::::::::::::::::::::: ィェ :::ヘ    朝早くから申訳ありません
       {::::::::(⌒)-‐-(⌒) | ij
         ヽ::::::::::::::::l   XY     王妃様のご到着をお待ちしたいですが、
        Y::::: ::::l ア  チ
         Y,, `===イY |      一刻も早くお耳に入れたいことでございます
        {:::::::Y,,,,,,,,,jj'' ,イ}
        _/::::::::::::::::::::::=イ }ミヽ    
 -‐'''¨´:::::::::::::::::::::::::::::::::   /  `¨'''ー-
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=彡/
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  l /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   l./
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ./
  ::::::::::::::::::::  ', | / l
    :::::::::::     '., / l
           ||.  l
            ===
           ||
           ||
           ||

297◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:51:36 ID:TDpig24k0

   ┌──────────────────────────┐
   │いつもの様に落ち着いた様子で淡々と、しかし丁寧な言葉で ..│
   └──────────────────────────┘

                 、yjソ从イイイイツツ:::::::::::::メ
                トV /イ从从イイイイツ:::::::::::::ミ
                     ミミヘヘ//从从イイイイ辷=:::::::ミ
                  Zミミミミ /イイイイ--ーz三ニ=::::::ソ
                  彡,イ`¨''´      `Y彡r-、::{   さて、こちらでの調査で分かった事ですが……
                / jミ、__  f==-<_/Yイ「 )j
                    `Y =キ⌒{ ==y'   r / }   この一件、情報操作と共に【命令操作】とでも
                       人__/   ゝ__ス、  ,;;Yヾ }
                         トー‐`    \/  ヾ}   言うべき物が行われている事が判明いたしました
                    ヽt-ー- 、 ミ/     |
                     ヽ''''   ,;シ      |ミヽ 
          /ヽ         rー{¨Y'ヌシ'''     >イ  }、
            / ._ム-ー-、----''¨´\  |┐   ┌‐:::¨/     > 、__
.          / / ィ-<.    ||  \ヘ::|----|:::::/  彡'l´     `
        レ' / ,、____).   ||   l^l|ー-‐‐レ.l^レ'¨´  ||
         /    / 、 \.   ||   <ニニ>。。。。<ニニ>   ||
       , |     / `ヽノ  ||    {_}|     | {_}     ||
        / .|      ,イ_ノ   ||    |,   |     ||
     /  .|     (      ||    | ' , ,' |     ||
.     /   .|     |     ||     |.  ||  |      ||
    /   .rf、    .}     ||     | ==||==|      ||
.   /  ___|:::::ヽ、____/.     ||    |   ||  |     ||
  /  人/:::::::::::::::::::::::〉    ||      |.  ||  |     ||  

   ┌──────────────────────────────┐
   │報告を読み上げている間も、アンデルセンの眼は訴えかけていました ...│
   └──────────────────────────────┘

298◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:51:48 ID:TDpig24k0

   ┌───────────────────┐
   │全て分かっているぞ、覚悟するんだな…… ....│
   └───────────────────┘

  フ彡三ニ==-ミミミミミミWミW杉彡彡三ニ==彡W彡イN
 彡彳ニ彡''´ ̄ ̄ ̄¨`ー=≠=─''¨ ̄ ̄ ̄¨`'''ァ>ヾミシ
 Σ彡 イ ::::::::     、  i li           Zミミ三ミ
  彡 彳リ ::::::::   \  ヾ {;! } z= ,ィ  ,    ヾ彡 ,Zノ   王の出した命令が、兵士に伝わる過程で
  ゞ  /! -==ミ ー- ヽ } i!  //  /,ィ==-  }ィ ./
  Y⌒}! '':::::::>'' ̄ ̄`ヾ\|..i!../ ,z三≦─ 、   .レ⌒!     ほんの僅かですが、命令の内容が変更されているのです
   ! }ト|\__{{弋 ̄t__ァ-z}ハ;;;;;;;;;;Y x t__ァ ̄フ}}__/! il リ
   ! i! i ::::人 `ー ==以 ノ ̄ {! ミ== ─''´ ノ   |! {!      この所為で少しずつですが、当初、予定されていた
   ヽⅵ :::::: ゝ ___ /::    ト\ ___ /   | ノ
    ヾ! ::::::    ̄ ̄.::::::::i    ! ヽ  ̄ ̄     ,;/´        探索範囲と今の探索範囲はかなりずれています
    ,从;;,,:::::     ...:::i . : |    ! ::..      .;∧
  /:::::ハ;;,, ::........::::::::::::ヽ::::i   .ィ..::        ,,;;;i::::::\        

   ┌────────────────┐
   │そう、静かに……訴えかけていました...│
   └────────────────┘

299◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:52:06 ID:TDpig24k0

   ┌──────────────────┐
   │アンデルセンはほぼ、核心に近づいている │
   └──────────────────┘

    , -‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'' ‐、_
,、‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
 ̄/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;‐、
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
‐'/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ;イ;;;;;l
./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;メ/ // l;;;;ト;|
イィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;///;;;;イ/ ト/、X, l:イ l   ……何が言いたい?
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l '´///'´   ┘ !リ
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト,. Y         '、     
 rイ;;;;;;;;;;;/  'ー'           ン
ノ ヽ='´'             /
く   ``ヽ、_   、    -‐‐r<
;;;ヽ、  ,、 ,、 `ヽ、_ヽ.,_   ,イ´  L..
;;;;;;;;;\ヽ ソ `〉 /小ー、` 〉ノにソ `ヽ_
;;;;;;;;;;;;;;`ヽ`ー' / ハ | /、'"   / 、ノ

   ┌──────────────────────┐
   │しかし、まだバレてはいない。否、バレる筈が無い ....│
   └──────────────────────┘

300◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:52:16 ID:TDpig24k0

   ┌──────────────────┐
   │死人に口なし。そして、死者は生き返らない│
   └──────────────────┘

"../〃  l;;  ;;## ; ノ;;|  = ゝ    ::;_-ー~ー ̄/~
 |;;;l:   l:;;;‐-.__ ノ;;;/        /;;;_-‐‐~ ̄
 |;;;;l :   ヽ_""_/;      ヽ /〃==-_ーー ̄ ̄
 l;:"        ̄""        "|;;;: "  "   "
  l;: :       ノ |。ゞ,   、 ,,   | ;  " "  "   "
" "|;;;      ;::;~`:;  ''   l__-‐"~ " "    "
   ヽ;;;:      r,,   ’i '~      " "   "  " "
     ~"ー―ー"~ ~~ー''
  "   "   ""    " "

   ┌───────────────────────┐
   │だからこそ、アンデルセンは自分を追い詰められない .│
   └───────────────────────┘

301◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:52:28 ID:TDpig24k0

   ┌─────────────────┐
   │王は、そう確信していました。そう…… ...│
   └─────────────────┘

 、-≦_ー‐  -=ニ`ー、ヾ,ヽヽト、ヾヨヽ'i Y,r‐'‐イ
  〉三_‐_´_ `ミ、_ヽ`ミト、ト_ミ;;W_ヽi リ∠'-三!,
 彡ラ'_´-_‐' -‐三ミー_-ミミr'    `"┴ミミミ≦
  〃彡-_ ,-__ヽ≡_-ヾミ{_        ト\、!
 ム,∠/-,-',,.-, |彡_/~~≡_      |ハ!ヾ'
  }三三{ /) ト'、'、   `ー‐-'_、  ,   !
 . f三三ム !r'(   ヽヽ、  、 r-、ミヾi|!|,-|
  f三シ´ } y'/    \`ヽ,ヾ|!、 !ヽミリソ|Z!   この国で此処までの事ができるのは
 ノ彡゙  ヽッ';:;;:、     \ `ヾ≧キ};==iリ
 :゙     /;:;:;;〃_,,、_    `ヽ{_ノ'-'   !    王……貴方と王妃様、そして、貴方の側近のヒューズ様
 ヽ,  i  /;:;:;=、´,=ト、゙_      ,.-、.   i
 ヽヽ,i'  i',彡;:;,   ゙トy_`,ー-..、  ト、,._  〉   この3人でございます
  ヽヽ,  \レ: .:,  `'ヽ'、'w,_ `ヽ、〉"
 、 ヽヽ,   `に;;::;   、 `ヽ_~)'r'´        まさか、国の頂点に立つ者が犯人という事はないでしょう
 ヽ  ヽヽ   ヾrシ   ヾ_-ァ‐'
  ヽ  ヽヽ   ヾfシノ, , 〃/
   ヽ  ヽ\_,..-ヾカソノソシノ`ヽ、
    ヽ、_ソ/)、  `\´     `ヽ
    ヽミ_-' / ノ\   \      |

   ┌──────────┐
   │この瞬間までは…… ....│
   └──────────┘

302◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:53:44 ID:TDpig24k0

   ┌────────────────────────┐
   │ですが、アンデルセンはたやすくその確信を打ち砕きます.│
   └────────────────────────┘

          l / l  ヽ .l    ヽヽ   Y,r1|
メ         l/  l  .ヽl     ヽ \ミ l/ .l !
刈        、.  !   >       ヽ ヽj メ/
.l刈         ` - - '      ,ィ1 ヽ l //   ならば、犯人は一人しか居ないのですよ
..l刈:, 弋ー--- ────一 ' "´ レ'  ,;刈//
. 川  ヽ-┼十十十十十─十 ナメ  川ノ!     王女誘拐から連なる、この一件の犯人は、
`ヽ川   `ー------------‐一’  川メl/
 l ヽ川 ` ー -- ─── -- 一 '´. i川/ l       貴方の側近のヒューズ様です
 l  .弌川              川川メ" .l
 l.  ___守川川川川川川川川川メ--、  l       あぁ、すでに、身柄の確保はすんでおります
, - '´  `:弌川川川川川川川メ   x ` '-、
      l `下川川川川刈メ"  /  

   ┌──────────────────────┐
   │ヒューズ様を人質に、遠まわしな言葉で要求します......│
   └──────────────────────┘

303◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:55:55 ID:TDpig24k0

   ┌───────────────────────────┐
   │王族はともかく、他の人間なら罪人に仕立て上げるのは容易い .│
   └───────────────────────────┘

 、-≦_ー‐  -=ニ`ー、ヾ,ヽヽト、ヾヨヽ'i Y,r‐'‐イ
  〉三_‐_´_ `ミ、_ヽ`ミト、ト_ミ;;W_ヽi リ∠'-三!,
 彡ラ'_´-_‐' -‐三ミー_-ミミr'    `"┴ミミミ≦
  〃彡-_ ,-__ヽ≡_-ヾミ{_        ト\、!
 ム,∠/-,-',,.-, |彡_/~~≡_      |ハ!ヾ'   
  }三三{ /) ト'、'、   `ー‐-'_、  ,   !
 . f三三ム !r'(   ヽヽ、  、 r-、ミヾi|!|,-|     大事な要人でございますし、
  f三シ´ } y'/    \`ヽ,ヾ|!、 !ヽミリソ|Z!
 ノ彡゙  ヽッ';:;;:、     \ `ヾ≧キ};==iリ     まだ簡単な尋問だけですが
 :゙     /;:;:;;〃_,,、_    `ヽ{_ノ'-'   !
 ヽ,  i  /;:;:;=、´,=ト、゙_      ,.-、.   i      王女誘拐の大罪人です
 ヽヽ,i'  i',彡;:;,   ゙トy_`,ー-..、  ト、,._  〉
  ヽヽ,  \レ: .:,  `'ヽ'、'w,_ `ヽ、〉"         国民も、彼を処刑せねば納得しないでしょう.
 、 ヽヽ,   `に;;::;   、 `ヽ_~)'r'´
 ヽ  ヽヽ   ヾrシ   ヾ_-ァ‐'
  ヽ  ヽヽ   ヾfシノ, , 〃/
   ヽ  ヽ\_,..-ヾカソノソシノ`ヽ、
    ヽ、_ソ/)、  `\´     `ヽ
    ヽミ_-' / ノ\   \      |
     ヽ  ̄ ´  \   \.

   ┌─────────────────────┐
   │証拠がでないのも証拠になる。さぁ、どうする……...│
   └─────────────────────┘

304◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:56:47 ID:TDpig24k0

   ┌───────────────────────┐
   │王女を神に差し出すか、親友を神に差し出すか…….......│
   └───────────────────────┘

           ミ}\\\ヾ 厶イ∠二ニ=ミメ
          爻:::::::::::::ヾソ/    三ニ=ミ ミ
           彡:::::::> 、}/ッ//彡 =ミ    ミ  
           ハ::::/         三ニ=ミ  ヽ
            ,::::{             `゙ミメ _ヾヾ    まぁ、あの方もかなりの覚悟の元、今回の作戦を
              {:::::...     -‐==ミ、 ∨:/ V/
.            γ⌒V  ∠ rtッーァ / V 勹 }〉     実行したと思います、情報を得るのは不可能でしょう
.            弋  ,¨ヽ{   ヽ`¨/     ノ /
.            {`7  ゝ _.ノ¨´    ミ|ー ´ト      ならば……
            V// _       \ 、ミ:! !:::, :ゝ ___
.            ゝ-─ '      `゙ミヽヾ| |:::::, : :, : : \__
            ハ ヽニニ=ー一 ヾミ )  |:.l ::, : :, : : : : : : : :
               / ::::,` ー‐ ´ `゙ミ/  ,.:.:|:::::, : :, : : }: : : : :
           ..:─┘ :::::,川 i i、ヾヾ// /:.: | :: }: : :, : : : : : : :
.         /::::::::::::::::::::::::ー─‐ :: ´: //.:.:.:. /.:.: ,: : :.}::::::::::::::::::
     ......:´::::::::::::::::::::::::{::ヽ:.:.:\   /:.:.:.:.:. /:.:/.: : /:::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::::|';::::.:.:.:.:.:l\:.:.:「 ̄ |:.:.:.:.:.://.: : :.:/:::::::::::::::::::::

   ┌───────────┐
   │好きな方を選べ、と…….....│
   └───────────┘

305◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:57:05 ID:TDpig24k0

   ┌──────────────────────┐
   │王は焦りました。側近のヒューズは唯一の親友であり│
   └──────────────────────┘

   /i:i/:i:i:i:i:i:/i|: : :|:i:i|:\:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i‘,
   }:i/i:i:i:i:/i/: i|: : :|:i:i| : : \:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:‘,
  ノイ:i:i:i:i/i/:_: i|:  |:i:i|   ム斗Ⅵ:i:i:}|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.
   |i}|i:i係≧刈 八ii|_y折=== |.ァⅥ:从:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
   |八:i恍  ッヽ   \{   ッ .忱. Ⅵ : \i:i爪⌒ヽ:i:i:iト、    アンデルセン、分かっているのか……
    j   '|    '/    ::.    |     : : : У:|: : :} }:i:i:| ヽ
      |   /                    } : ノ: ノ{:N     奴が居なくなれば、
      |   .′                      /八j
      |  \  、           i :      /:i:/        この国は終わりかねんぞ!
.     八u   __           し'  仄i:i:i:i:i/
        \  ー‐ ‐`           . :: : :i:人/
                    _ ___ / : : : ノ: :/__
         __‘_,     /⌒i二二二二二二二二}
      /⌒i二> =‐=: { ∧|二二二二二二ニニ{

   ┌───────────────────────────┐
   │そして、その高い内政能力は国にとっては必要不可欠な存在 .......│
   └───────────────────────────┘

306◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:57:21 ID:TDpig24k0

   ┌──────────────────────────┐
   │ですが、アンデルセンにとっては国の滅亡などどうでも良い事 ..│
   └──────────────────────────┘

       ,xハメミソソィッイィYッィ,
        ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::'z
      メ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
        ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
       r::::::::::::::::::::::::: ィェ :::ヘ
       {::::::::(⌒)-‐-(⌒) | ij    分かっていますとも……
         ヽ::::::::::::::::l   XY
        Y::::: ::::l ア  チ     ですが、今、最も大事なのは……
         Y,, `===イY |
        {:::::::Y,,,,,,,,,jj'' ,イ}
        _/::::::::::::::::::::::=イ }ミヽ
 -‐'''¨´:::::::::::::::::::::::::::::::::   /  `¨'''ー-
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=彡/
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  l /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   l./

   ┌─────────────────┐
   │そう、彼は狂っていた。この世の誰よりも.│
   └─────────────────┘

307◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:57:51 ID:TDpig24k0

   ┌────────────────────────┐
   │神を崇拝する男。真の意味で、狂信者だったのです……...│
   └────────────────────────┘

               _/{厶斗≦彡t_
           ∠⌒ー __  /{/ } }イ_       ……民の不安を、少しでも取り除く為にも
          __/ ∠ー   ト、 ハ/ Z 7
          弋 __ー  z=¬  ヾr ⌒V{       神事を穢した者を処刑し、その血と共に
          / ゝ≦ r‐  ⌒``´    ',ヾ
              フ辷_,  j    _     ,. 、',        神に謝罪の祈りを捧げる事ではないしょうか?
           >Zー チ   _\::. {≠ミi
          _,. {Y^ヽ7  厂ア¨`ヽ:W,.x= }ト _     
    _,. -=≦二二,{ {ハ` =z__{ ,x=ミ }r 'ヘ__ノ|ヽ二=〕iト .
-=≦二二二二二7: \、    ゝ _ノ :', V:リ:∧二二二≧=---   .,_
二二二二二二ニ7: : : 八!,ィ,.:  __   厶_i__〉′:∧二二二二二二二二二〕iト __
二二二二二ニニ7: : :./ニム//i,,{く _,. 彡∧: : :ハ二二二二二二二二二二二ム
二二二二二二/: : :./ニニ〕iトk l i ,,,,ー,,;;;;∧:.', : : : ',二二二二二二二二二二ニニム
二二二二ニニ〈: : : :{二ニム   {::> .,.斗'ニ!: : : : :./二二二二二二二二二二ニニ=ム
二二二二二ニニ\: i二ニニム i   / /ニニ| : : : /二二二二二二二二二二二二二',
二二二二二二ニニ}:.i二二ニ≧!___厶二二ニ| : : /二二二二二二二二二二二ニニニ',
二二二二二ニニ/: :lニニニニ|: : : |二二ニ=|: : :∨二二二二二二二二二二二二ニニ,
二二二二二ニ=/: : :!二二二ニ|: : : |二二ニ=|: : :.リ二二二二二二二二二二二二二ニニ}
二二二二二二ニV: :.i二ニニニ=|: : : |二二ニ=|: : /二二二二二二二二二二二二二二ニ!
二二二二二二ニ∨:|二二二ニ|: : : |二ニニニ/.:./二二二二二二二二二二二二二二ニ/
二二二二二二二∧ V二ニニ=|: : : |ニニ=/.:./二二二二二二二二二二二二二二ニ/7
二二二二二ニニニ∧:i二二ニ=|: : : |ニニ/:.:/二二二二二二二二二二二二二二ニニ/

308◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:58:38 ID:TDpig24k0

   ┌───────────────────────────────┐
   │王様は静かに、己の敗北を悟りました……国まで滅ぼす訳には行かない....│
   └───────────────────────────────┘

    /:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:............  ヽ
   /  /::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:!
     / /:::::::::::::::::::/::l:: ト;::',\:::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    / /イ:::::::::/::/l::ハ \. ヽ、\:::ヽ、::::::::::::::::::::ト
    l / |:l::::::/l:/ |  ',  ヽ,  ,\ニヽ、ヽ:<ヘ::::::l   アンデルセン……ヒューズを解放しろ
     ! |ハ:::/ たヵ|、  'r 、 イ ゞ‐'-' ヽ! (丶'}:::l!
       | l::ハ `  ヽ    ``      rク/:;リ    此度の一件……
        |  ',               l-イ:/ 
            ',   :l           l lリ
           '、. .::ヽ         ノ  l_            待ちなさい>
            ヽ、:::::::'、--‐=ヽ  /   l;;;;;>`:i
           r r;;>、.  ̄ ̄ `∠..-‐ ''"´::::::::::::::l
           /7::::i´`i「;;ー― 「 ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          //:::::l 「 | /! 「 | | l::::::::::::::::::::::::::::::::::::L
        ,--ノV:::::l |. |/ リ| ! | |:::::::::::::::::::::::::::::::;、久
    __rァ‐'"´:(ヽ、_」 l::', | ノ lノ /! l::::::::::::;::、-‐'''´‐^`ヽ
  /;ヲ 'フ;;::::::::::::``ヽ、」ヾ V//::L ―''´-‐'''::´:::::::::::::::

   ┌────────────────────────┐
   │しかし、その時。神のいたずらか、はたまた偶然か…… ..│
   └────────────────────────┘

309◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:58:52 ID:TDpig24k0

   ┌──────────────────────────────┐
   │その場に現れ、自らが罪人であると名乗り上げたのは、なんと王妃様. ....│
   └──────────────────────────────┘

                      ,イ
                r-、_/|イ'´ >--
              、-ヘ、ヽ、`.`ヽ、;::/_
             /ニr/-ヘ、 `ヽ;ヽ \‐-
            /イ/  '、ト ';:.. . ':, ',X´   話は最初から聞いていました……
           / 」/ '{、._  ',|\ト、::. ト;l `
           ' (ス! 代;フ  弋;ナ}、;:ト    此度の一件は全て、私の独断です
             ,ト、!         ト|
             '  '、   '    /l      王は王妃である私を庇っていたにすぎません
               ト.、 ´ ̄`,.イ
              /ー n'ー;´r'┴┐
        ,、-‐===イrvフ/;;l;;;/;;;ll  ト-、,_
       「' i'"´ /メ `ヽ,_/;;;><::ゞ="    ヾ=ゝ,
       l; '、 /メ     / ,;:' `O >     /´ヽ
       「;;;;;  Vメ      /    /'   、. /  /
     /;;ヽ、;;,/メ  n__ /    /'      | /  /'〉

   ┌─────────────────────────────┐
   │勿論、王妃様は王様の行った事を何もご存知ありません。ですが……│
   └─────────────────────────────┘

310◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 20:59:40 ID:TDpig24k0

   ┌──────────────────────────┐
   │うすうす、感づいてはいたのでしょう。そして、今回の話を聞き │
   └──────────────────────────┘

                __      ,ィ ,ィ  ,
               ヽ`ヾへ、ル|ィ////,ィ
               ,rくハ     \\ 〃/
            ,ィ彡ll ヽ 、      ヽ一ァ'´
           〃レ{ !   ヽト、|       V孑
             /  Y,ニミ ||⊥L|  l  レ′
            {(| !じ″ ! イJT| | h l|    さぁ、連れて行きなさい
             `゚!        ̄ l从ハ!
               ヽ  _'__     / !!     
             rく\ ` ´ , イ、
               /::::::`ーTT´〒´:::|
      _ -===〈:::ロ[]:::/| |..:/ハ::::::トュ__
     rく _ -rr'"⌒ヽ、::::/ハV/:::ヽV/`==ミ、
    /.:::::l::::|Y|:::::::::::::::`ー'::::/== 、´:::::::::::::::::|ヽ



       ,xハメミソソィッイィYッィ,
        ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::'z
      メ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ    (……まぁ、良い。王妃を失えば、王は確実に弱る)
        ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
       r::::::::::::::::::::::::: ィェ :::ヘ     自らの罪を認めた貴方を私は許しましょう
       {::::::::(⌒)-‐-(⌒) | ij
         ヽ::::::::::::::::l   XY      しかし、罪は法によって裁かれねばなりません
        Y::::: ::::l ア  チ
         Y,, `===イY |       そう、神のお言葉を元に作られた、法によって……
        {:::::::Y,,,,,,,,,jj'' ,イ}
        _/::::::::::::::::::::::=イ }ミヽ
 -‐'''¨´:::::::::::::::::::::::::::::::::   /  `¨'''ー-
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=彡/
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  l /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   l./
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ./
  ::::::::::::::::::::  ', | / l
    :::::::::::     '., / l
           ||.  l
            ===
           ||
           ||
           ||

   ┌────────────────────────────────────┐
   │理解に至った王妃様は……ヒューズ様の、そして、王様の代わりに自らを差し出した......│
   └────────────────────────────────────┘

311◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 21:00:07 ID:TDpig24k0

   ┌──────────────────────────┐
   │これによって、国は救われ、王女様も幾ばくかの時間を得た......│
   └──────────────────────────┘

                  / ,   ィ
                , ./ !./ / !
      ,....,,_,.-‐- ..,,_   ノ'  '//  / _,,,....--,=ー
      ヽ  `"''   `"''-=ー-.、   '-''  /,,.
      ,,..-ヽ           ヽ、    '/,,.-''"
    ,.-''=   rヽ            ヽ: : . .:∠..--,‐
   ,:' _../´!! ´ヽ             ヽ: : : :,.-,'"
  ,!ァ'"/  ii   ヽ  、  、         ヽ: : 彡
 /イ/!   !   ヽ iヽ ヽ: . : .      ヽン
,/' i' /i    ヽ    ヽ ! ヽ iヽ: . : : .  ヽ: .ヽヽ
i  i ',.!     ヽ    ヽ! ヽ ! ヽ: ヽ: : . :!ヽ:ヽ !
!.  i',i  '''ー-..,,,__    ヽ!  ヾ,,.-ヽ:ヽ: :、 ヾヽ: i.!
  rヾ!  ヽ''T''にii`''    ! 〃7'ヾゝ:ヽ ヽ:.ヽ ヽ:!!
 .i ヽi.  ヽヽ..ノ      !   ヽ..ノλ!ヽヽ:ヽ ヽ!
 .! 'r !  ``             ´  ! ヽ:iヽi  !
 ヽヽii                   iニYヾ
  ヽ!、!         ,         /イ ! ヽ
   ヽヽ       <:. ,        /´i
     ヽ      _,,..,,,..,,_     /
      ヽ、    '' ..,,,..     .イ
    ,..........r !ニー.、       ,∠..-'ヽ-,、
   / '''''''''''ー‐ァ''''、-..,,,.. r''、--―''"  i
   !   ,......, ! i"! !::::::::/.,、ヽ: :.    !
  / ,....,i  ! .! !:ヽヽ::::::! !:ヽヽ     ヽ
  '   ー'i.......! .! .i: :ヽヽ:::! !: :ヽヽ

   ┌──────────────────────────────┐
   │今回のお話は、つまり……そんな影の功労者のお話なのでございます ...│
   └──────────────────────────────┘

312◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 21:00:28 ID:TDpig24k0

                 . ´  ̄ `ヽ
                  / /  ̄ ̄ ヽ',  あの後、王女様は捕らえられましたが、
               l  / .ィ┐ l   .
              l⌒ヽY :::::| l |ヽ |  国の象徴であったという事と、
              |    |::::: \/ ::| | 
              |    \ :::::::::::::ノ |  過去の功績から処刑は免れました
              |     |::::::::::::l  |   
                  `ヽ   }:::::::::::{ /   ですが、一生を牢の中で過す事になったそうです
              ,. ィ二 \ \/ /> .
        . <  ̄       ` ー─イ     > .
      /    ヽ         ', | |      |  \
     /        |   ┌─、   |. | |   ィ ̄/ |   ∧
      |__     l     ',   \ .|. | l  /  /  .|   ∧
    /    丶   |      \  \.| l/ /   .|    /',
     |__    \|     _` ー┐ ィ ´ _   |  ̄  _l
    /    ` < .|      \ \ .l l | ノ /   |> ´|  |

313◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 21:00:42 ID:TDpig24k0

            Ⅵハ   トゝ           ,リl   !´ア  !
            |ヾ ト, .ハ\    !     ,.イ  /.:./  |
           ,.⊥.⊥| ハ__≧i 、 ―  ..イト.:!  !´ ̄ ̄`ヽ
          /:::::::::::::::|  }、. !\`¨´  ,.!ノ||  |:::::::::::::::::::ハ
         ./::::::::::::::::::! ,リ ヾヽ `i f ´  .ノ!  !::::::::::::::::::::::i
         /!:::::::::::::::::ノ /    \∨_/ ∨ !::::::::::::::::::::::|
      .//|::::::::::::/ /    [二只二]   \ \:::::::::::::::::|
      .//::::::!::::::/ ,.イ      ///介|:ト、     iヽ ヽ. ::::::::::|
   //::::::::::::::/ /:::|    /::::〈///::|」::::\    |::ハ i::::::::::/\
  /  ト、::::::::::/ /:::::::::l  /:::::::::::::||i'::::::::::::::::::\  !::::| |:::::::/::::::::



                   /  ̄ ` .    わかりますよ、王女様
                  //  ̄ ̄ \ \
                    .   l ┌ 、 )  l  悲しいでしょう……
                | /::| l |::::: |/⌒ .l
               | |:: \/ :::::|    |  ですが、どうか涙を流さないでください
               | !、::::::::::::: /    |
               |  l::::::::::::|     |  
                 ', }:::::::::::{   ,r'´
             . <∨ \/ / > . __
          . <     ` ー─イヽ     / > .
        /  |      |  /       | /    \
       /    :|  l ̄',  :|  |  / ̄/  :|イ      ヽ
        l\  :|  \ \ :!   !/  /   |l    >"´l
        |  \ :|    \    _/     :|>"´     |

314◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 21:00:52 ID:TDpig24k0

                   /  ̄ ` .
                  //  ̄ ̄ \ \
                    .   l ┌ 、 )  l
                | /::| l |::::: |/⌒ .l     王妃様は、自分の大切な物を護る為に
               | |:: \/ :::::|    |
               | !、::::::::::::: /    |     自分のできる、最大限の事をなさったのです
               |  l::::::::::::|     |
                 ', }:::::::::::{   ,r'´      それは人として、尊い事なのですから
             . <∨ \/ / > . __ 
        . <  ̄     ` ー─イヽ      > . 
      /    ヽ         ', | |      |  \
     /        |   ┌─、   |. | |   ィ ̄/ |   ∧
      |__     l     ',   \ .|. | l  /  /  .|   ∧
    /    丶   |      \  \.| l/ /   .|    /',
     |__    \|     _` ー┐ ィ ´ _   |  ̄  _l
    /    ` < .|      \ \ .l l | ノ /   |> ´|  |

315◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 21:01:27 ID:TDpig24k0

                 . ´  ̄ `ヽ
                  / /  ̄ ̄ ヽ',
               l  / .ィ┐ l   .
              l⌒ヽY :::::| l |ヽ |  私の個人的な意見ですが……
              |    |::::: \/ ::| | 
              |    \ :::::::::::::ノ |   王様と王妃様は、自分の子を見棄てられないという時点で
              |     |::::::::::::l  |   
                  `ヽ   }:::::::::::{ /   国の長としては未熟でしょう
              ,. ィ二 \ \/ /> .
        . <  ̄       ` ー─イ     > .
      /    ヽ         ', | |      |  \
     /        |   ┌─、   |. | |   ィ ̄/ |   ∧
      |__     l     ',   \ .|. | l  /  /  .|   ∧
    /    丶   |      \  \.| l/ /   .|    /',
     |__    \|     _` ー┐ ィ ´ _   |  ̄  _l
    /    ` < .|      \ \ .l l | ノ /   |> ´|  |

316◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 21:01:41 ID:TDpig24k0

                    /\
                   /   \
                 /      \        ですが……子を愛し、民を愛し、国を愛する
                /             \
              /                 \     世界で最も優しい王様と王妃様だった、そう私は考えております
             /                  \
           /                      \  そして、あの出来事も人は偶然だというでしょうが……
         r´ ´\                     /
         (    \                 /   
          \     \            / .\
           \     \           /      \
             \     \       /          \
               \    \   /              \
               \    \∠_________\
                     \   r´=========r´
                      \ 《 三三三三三三三三三=
                     ヽゝ==========ゝ

317◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 21:01:55 ID:TDpig24k0


                                  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                               :::::::::::::::                        :::::::::::::::
                             :::::::::::::::                            :::::::::::::::
                            :::::::::::::::  私は愛の起した奇跡だと             :::::::::::::
                             ::::::::::::::: 思っておりますよ…………          :::::::::::::::
                               :::::::::::::::                        :::::::::::::::
                                  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

       __________     r'⌒'´ `ヽ、
    r´ ´\                \   ヽ     ノ
    (    \                \  (、 ,   )
     \     \              \//⌒ ー'
      \     \                 \パタン
        \     \                 \
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ


                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
                  ┃
                          ありふれた御伽噺  「ある、男と女の愛の話2」      終わり
                                                                       ┃
                                     ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

318◆PxXXpn9rjo2013/07/07(日) 21:02:51 ID:TDpig24k0
夏バテの状況で作ったから、出来は何時もより悪いかも
と自己弁護しておく。  次回は多分、来週か再来週

319怖~い夏のホラー祭り、八月二十三日から開催だお2013/07/08(月) 01:02:36 ID:cXe2s6wo0
にょわにょわ乙ー

320怖~い夏のホラー祭り、八月二十三日から開催だお2013/07/08(月) 01:25:01 ID:HkZykX9w0

小ネタでの王様は愉快な人だなw

現行スレ:【オリジナル】ありふれた御伽噺
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

>312は 王妃様、なのかな? 逃げた王女が後に捕まった、とも読めるけど文脈合わないしなぁ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://applepolishing.blog.fc2.com/tb.php/1082-1d30d574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ryokusai

Author:ryokusai
正直見づらいので自前のスタイルシートを用意した上で閲覧されることを推奨いたします。
ウィルコムから光回線に乗り換へましたがやつぱり更新の頻度と量は期待しないでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
2ch (18)
やる夫スレ (1178)
いけない!ルカ先生 (29)
炎の記憶 (70)
ドクオの失われた絶対時間 (12)
チャージマンできる夫! (10)
替天行道の書が天下を動かすようです (166)
短編・チラシの裏等 (53)
やる夫は例大祭に参加するようです (4)
やる夫は君子を全うするようです (2)
やる夫は女子中学生と許嫁になったようです (26)
やる夫とタンポポと恋 (12)
やる夫がハゲの借金王になるようです。 (13)
やる夫がドラゴンクエスト5の勇者?になるようです (29)
やる夫が課金兵になるようです (9)
やる夫が艦隊これくしょんを始めるようです (17)
やる夫が艦娘たちと戦うようです (30)
やる夫が第一人者になるようです (21)
やる夫がお絵かきするようです (9)
やる夫がモバマスを始めるようです (25)
やる夫達の村に羆嵐が吹くようです。 (7)
やる夫でドラクエ5っぽいのやるよ (74)
やる夫で戦うドラクエ6 (61)
やる夫で学ぶ甘粕正彦 (3)
やらない夫は祖国統一のためには手段を選ばないようです (5)
やらない夫は宇宙移民の指導者に選ばれたようです (19)
やらない夫は週刊誌記者のようです (14)
やらない夫と惑星のさみだれ (54)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (6)
やらない夫が竹中半兵衛になるようです (29)
やらない夫たちでやる「まんがで読破 水滸伝」 (19)
やらない夫deドラクエ5~やらない夫は魔物使いになる様です~ (45)
やらない夫de幻影都市 (48)
魔物使いのリュカとブラウニーのやる夫 (47)
できる夫はユキが好きなようです (2)
ありふれた御伽噺 (15)
暁美ほむらが魔法少女になる様です (4)
黄色い小鳥と秋空と。 (13)
真紅の茶席に奇客が集うようです (18)
新選組列剣伝 (132)
水銀燈は花街の頂点に立つようです (18)
ストレンジライフス (8)
このブログについて (1)
一般の方へ (1)
企業の方へ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。