FC2ブログ

2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありふれた御伽噺 第10話 「風邪引き王女とメイドのお話」

391◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:09:50 ID:xmYTc7bo0
            _
            ((tュ))
     _  ,, ‐,,==―=‐,- 、、_
    l´ l`,)),/   12    ヽ( `\
   ゝ-‐、 /   \,||     ' ヽ  ヽ  時計……時間を示す物
   / ,- '_l 9     ‘'、、   ,3 l l  l
   ヽ / ノ、      ヾ'    ,/ :!  l  懐中時計が片手に収まる大きさなのは
    〈  l´ ノ 、、,,_ 6   _,/ .::/   l
     `ヽ ヽ:.,,_ 二二;;;;;:::.''    ヽ  人は時間すら支配するという傲慢の表れなのでしょうか?
       , ''¨´ ̄‘―‐'  ̄`¨ 、   \
         l'、::::....        ..:;ノ -―‐- 、
       ヽ ,''_---  ---_'',ノ―:::::::――-、
              ̄g ̄ ̄ l,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            g    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              g     、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

392◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:10:02 ID:xmYTc7bo0

           、_, パチン
           ) (  //〃  ,, ‐、
           ⌒ _ _ ,,-、‐、-,_ \_   ______
          ,rf´‐/ ,ノ ,/ ,ノ ,l‐`,_l  ̄/::::::::::::::::::::::::::::::::::   ならば、この時計の様に止まった時計は
          f,  ̄ヽ,,_     ̄  _,, |::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              f,       ̄ ̄ ̄    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::    何を示すのでしょう? 過ぎ去った刹那、帰らぬ時間
           f,              ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::
           g,              ` ―― ---     あの頃で全てを止めてしまいたいという願望
           ‘g,
            ‘g,

393◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:10:23 ID:xmYTc7bo0

                   /  ̄ ` .
                  //  ̄ ̄ \ \
                    .   l ┌ 、 )  l   幸せなあの瞬間を永遠にという願い……
                | /::| l |::::: |/⌒ .l   
               | |:: \/ :::::|    |   ですが、それは叶わぬ事です
               | !、::::::::::::: /    |   
               |  l::::::::::::|     |   生きる事は時計の針を進めるという事
                 ', }:::::::::::{   ,r'´    
             . <∨ \/ / > . __  そして、人は一人では生きられない
          . <     ` ー─イヽ     / > .
        /  |      |  /       | /    \
       /    :|  l ̄',  :|  |  / ̄/  :|イ      ヽ
        l\  :|  \ \ :!   !/  /   |l    >"´l
        |  \ :|    \    _/     :|>"´

394◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:10:35 ID:xmYTc7bo0

┌─────────────────────────────────┐
│なぜなら、一人の命は別の命に繋がっている。その命もまた別の命に……  ....│
└─────────────────────────────────┘

              □□□□□□□  □□□□□□□
              □/ ⅩⅡ \□  □/ ⅩⅡ \□
              □    ┃    □  □    ┃    □
              □Ⅸ   ・   Ⅲ□   □Ⅸ  ┗━Ⅲ□
              □          □  □          □
              □\  Ⅵ  /□  □\  Ⅵ  /□
              □□□□□□□  □□□□□□□
              □□□□□□□  □□□□□□□
              □/ ⅩⅡ \□  □/ ⅩⅡ \□
              □    ┃    □  □    ┃    □
              □Ⅸ━┛  Ⅲ□  □Ⅸ  ┃  Ⅲ□
              □          □  □    ┃    □
              □\  Ⅵ  /□  □\  Ⅵ  /□
              □□□□□□□  □□□□□□□

     ┌──────────────────────────┐
     │それを人は縁と呼ぶのです……これは、そういうお話です  ....│
     └──────────────────────────┘

395◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:11:11 ID:xmYTc7bo0

   ┌───────────┐
   │昔、昔、とても昔……    .│
   └───────────┘

         ___
    _   _////////\_   _
    八_/////////////∧_八
  【三三三三三三三三三三三三】
  |:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |:|
  |:|: : : |□□□■■■■|: : : |:|
  |:|: : : |□/ ⅩⅡ \■|: : : |:| 
  |:|: : : |□          ■|: : : |:|
  |:|: : : |□Ⅸ━.・   Ⅲ■|: : : |:|
  |:|: : : |■    |    ■|: : : |:|
  |:|: : : |■\  Ⅵ  /■|: : : |:|
  |:|: : : |■■■■■■■|: : : |:|
  |:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |:|
  |:|: : : | ̄ ̄ ̄冂 ̄ ̄ ̄|: : : |:|
  |:|: : : |【    ||    】|: : : |:|
  |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
  |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
  |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
  |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
  |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
  |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
  |:|: : : |l     '⌒ヽ    l|: : : |:|
  |:|: : : |l   {{  . : :}}  l|: : : |:|
  |:|: : : |l    、 __ ノ   ,l|: : : |:|
  |:|: : : |【            】|: : : |:|
  |:|: : : : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : : : |:|
  【三三三三三三三三三三三三】
     ∨////////////////
       ̄\//////// ̄

396◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:11:39 ID:xmYTc7bo0

┌──────────────────────────────┐
│その日の王女様は顔を上気させ、どこか体調が悪そうでした……     .│
└──────────────────────────────┘

    /   /> ´|    ` ̄ ` <.:.:.:.:.:`|      l    ',
   /   ./´   ハ!          ` <!       |    i
  ./     /   ' !    .′       l       !    |
 .′   /    /^^|    |         |     |    .|
 i    .′  l   !    l   l    i   !       |     !
 |   .i   _|_  l    ト,  l    l  .|     !      |
 | /  {   N `ヽ、!   ! ヘ i ト、   |  |     !_    !  だ、大丈夫です
 | ハ  l   l/笊>ミト   l ._」斗 ャ―ト. |    lヘ ヽ   !
 {' ∨ l ハ  ...i:::::.::::iヾヽ 「::: ィ笊i云x! l. |    ト } }  l  大丈夫……
   .∨ {' i∨.弋:::ソ::::::::ヽ!::: : .i::::.:::::}ヾ>.!     l  ,イ  l
    ∨  ! ヽ!:.""".,:::::::::::::::::::.乂__ソ.."| .,|     l<_   ハ
      ∨ | 圦   〈      ..""" .' / !    l、.:.:.:..`.:.:..、',
      ヽ!.  \          /´ ′   l.:.\.:.:.:.:.:.:.ハ
       |    \...`'' -‐"       . /     l.:.:.:.:.\.:/ ∧ 
      __.」     }_\    _ - ´ /     ハ.:.:.:.:..:.:.>   ∧
   x≦三/! /  ./   `fi爪  _ /        ! ヽ_/     ∧
  /三三/ |/   /    | |/ 「  ./         |     ̄ ̄` >、',
.,∠三三=! /   /     ヽV  ./       |      x≦三≧x

┌─────────────────────────────────┐
│そう、過酷な旅で弱りきっていたのか。王女様は熱を出してしまったのです    │
└─────────────────────────────────┘

397◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:11:56 ID:xmYTc7bo0

┌─────────────────────────────┐
│これは不味いとヤルオ。普段なら避けて行く町へ王女を背負い、  .....│
└─────────────────────────────┘

\                        __   .へ
.:.:.:\                     {_. イ:i: \/  ヾ:
.:.:.:.:.:.:ヽ                    /^{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\   vヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,                   /.i:i:i:i:i:i:i:i:i:、:i:i:i:i:i\  V:ヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\           { /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\:i:ヽ:∧`∨∧
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\       /{/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: /^ヾ\ハ^ヾ V:ハ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≫..,_ _,.≠.:.:.:. .:. : i i:i:i:i:i:i:i/         \:{
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:. : . i: :i:i:i:i:i:ii/
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:. . : .:i:i:i /;
'"^\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: . .:. :.i/
    ` ≪.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . '′ . |\
\     ` ≪.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.彡....  | ./
.:. : .ー- ..,__ `ー-==≠      |/\
.:.:.:. .:. . : .≦ _                \∧
ー-=.:.:.:.:-=ニ三_                  / ∨V7                    i
  ̄ --==≦               |\/ /l/l/                    |
                         `7/           `.、          .i|
                          /′    />.          \、         i|
                           /    ./′/>.         \、     .|i|
  -----------------------------------../′..゙-----------...\ 、   .|i|
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────. \__/\...────.. \ 、 ,ノ し ’‐ ‐‐
──   ────‐‐───  ────    ` ̄ ̄ ゙̄‐ ─‐‐゙___) ≦⌒──‐‐─
──  ────  ‐ ─‐‐── ─── ──‐‐‐─ ‐... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ ^..──  ───‐‐
─────  ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──

       ┌────────────────────┐
       │我先にと駆けて行き、宿屋へ向かいました   ..│
       └────────────────────┘

398◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:12:08 ID:xmYTc7bo0

┌───────────────────────────────────┐
│残念ながら、医者にかかるほどのお金はありません……しかし一晩程度なら、   ...│
└───────────────────────────────────┘

       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\    
  /   (__人__)  u. \
  |ni 7   ` ⌒´    . |n
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''

┌────────────────────────────────┐
│なんとか王女様が休むだけの部屋なら借りられるかもという思いでした    │
└────────────────────────────────┘

399◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:12:20 ID:xmYTc7bo0

┌────────────────────────────────────┐
│しかし、その願いは叶わず……必死の嘆願にも宿屋の店主は首を縦には振らず    .│
└────────────────────────────────────┘

     .._________________
      「 | | |  | | |.  | | |   | | |  | | |  /// ///\
     \ | | |  | | |  | | |  | | |__,-‐、|  /// /// /.|
.      \,ヘ、. | | |  | | | |_l-'  :::::\/// /// .///|
       /  ヽ、| | | |_l l-'       ::::\./// .///.│
      /    ` ‐-‐'          :::::\ ///  |
.    /l\    ヽ、 __, -‐'  ̄   __,-‐ll´\::::〉___│
    ^l\ll\ ヽ、 _ , -‐'  __,-‐ll _ll-'´ ̄::/ ──‐ |
.    |  \ll\      _,-‐' ll _- '   ::::/  ̄ ̄ ̄│
     | _二二\ll||   ||l_ll二二二_  ::::|  /⌒i._|
..    |  ̄ ̄ ̄o >.......≡ ̄ ̄ ̄o ̄ ̄  :::|:ミ|l⌒:|─|
    | ` ‐--/.:::::::::   ` ‐---‐ '´    :::| |l⌒l.| ̄|
    | 、_/,::::::::::::::::  、_     ,ノ   :::::|: ||⌒l.|_|
    |   /,::::::::::::::::::::   ̄ ̄ ̄   、 :::::|ミ||ノノ ─|
    |/./,::::::::::::::::_:::)   `‐--- 、 \ ::::|.|`‐' ̄ ̄|\
    │ ,_L                _、\  ::|| l、__|:::::\
.     |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ヽ::::|: ::l、─.|:::::::::::\_
     |                   :::|::l::  ::l、ニ|::::::::::::::::|:::‐-
    _/:l     ━━━        ::::::::;/::    :|,|::::::::::::::::::|::::::
._ ─/:::::::l                ::::::;/::   /|:::::::::::::::::::::|:_:
::::::::::/:::::::::::::ヽ             :::;/:::   / .|:::::::::::::::::::::::|::
:::::::/:::::::::::::::::::::\_______;/:::   /   |:::::::::::::::::::::::::|:
::::/::::::::::::::::::::::::::|\::::::::::::::::   /    .|:::::::::::::::::::::::::::|

┌───────────────────────────────────┐
│ほんの僅かにお金が足りないという理由だけで、ヤルオたちを追い出しました    .│
└───────────────────────────────────┘

400◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:12:39 ID:xmYTc7bo0

      ┌─────────────────────────┐
      │熱を下げる薬草はあれど、そもそもの原因は疲労……   .│
      └─────────────────────────┘

           ト . r匕イ│ |        |
         V | | |   | │          .
          V | | |   | │         .′
          ヽ.ヘ.{   | ,ハ        {\
            } }廴.ノ} 乂⌒廴   厂}.ノ
            | |l|  |  |、\ } ̄}__.ノ|
            厶斗==ミ  | \ ヽ/  イ
            |i:i:i:i:i:i:i:i:i|  |  ヽ.!/  .
            |´ ̄ ̄`i|  |   │|│ ,
             乂__ノ │   |!|  {
                     |   | { ’ ′
                     |   |イ  |
                     |   |l|  {
                      {、  _|l|_, イ
                     |   _}j}_ !
                     |    |l|  {
                  ム斗====ミ、}
                  |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
                  l/ ̄ ̄ ̄ヾ|
                  |         |
                   乂       ノ
                    ー===彡

┌──────────────────────────────────┐
│つまり、しっかりとした場所で休ませ疲労を取り除けなければすぐにぶり返す  ......│
└──────────────────────────────────

401◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:12:56 ID:xmYTc7bo0

┌─────────────────────────────────┐
│一縷の望みをかけて、町の民家を回るも……住人は外の人間には冷たく   ...│
└─────────────────────────────────┘

                        ____
                        /     \
                       /三三二.    \
                      /三三二        \
                 |三三二          |
                 \三三二         /
                    Y──----   く
                      /三二 三二二   ヽ.
                        l三二 三三二二   ',
                   l三二 三三.二二    ',
                       ,'三二 三三.二二.     ',
                  /三二 :∧:三三二二    ',
                    /三二 :/ ∧三三二二     ',
                /三二 :/ /  Y三三.二二    ',.
                  /三二 :/_フ   j三三二二    /
                (`ヽ____ノ    ,厶三三二二__ ..イ
                    ー ´    /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ixイi:i:i:ノ
                        /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>'升:i:i:i:i:i′
                    /i:i:i:i:i:i:i:i,:´  l:i:i:i:i:i:i:i:i
                      /i:i:i:i:i:i:i:i/    l:i:i:i:i:i:i:i:i
                        /i:i:i:i:i:i:i:i/      l:i:i:i:i:i:i:i:j
                γ⌒ヽ、:i:i:i:イ    (⌒ー―イ
                     ー-----一′      ̄ ̄ ̄

         ┌─────────────────────┐
         │誰もヤルオたちを助けてはくれませんでした   ....│
         └─────────────────────┘

402◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:13:08 ID:xmYTc7bo0

┌─────────────────────────────┐
│気がつけば、何時の間にか夕方……ヤルオは宿探しを諦め。せめて..│
└─────────────────────────────┘

    /: : : : : :.:(⌒ノヽ    丶     (_ノ: : :.l
   / __: : (⌒ノ: : ∧     . _    (_ノ: : : :l
  /イ  |フ⌒ノ ̄: : : : : : :.>     <(⌒ノ: : :.:/
    < ▽_,.イ/_.ル乂 ノ>ー-へ(⌒ノ: : :.:/
     ノ/⌒// ̄  `ノ \/^Yへ彡'r'⌒´‐、 し
.        ノ 「i     /  ⌒`フ ̄/| 〉::::::::::::\j
        r/   〉   ./    /^!:::/ニソ:::::::::::::::::::i
.      ヽ  /¨',  /¨ \ /  l:/ソ:__;/::::::::::::::::;
         V     ∨    ヽ.   !ノ'´::::::::::;:::-:、::::/
.        〈    r'/¨゙ヽ   /   |:::::::::::/:::::::::ノ:/
         l V /:/:::::::::::::\/  くにミヽ::::::::::::{:::i
        i ∨/:::::::::::::::/、   /::::::::::\i::::::__;ノ
.        '. /:::::::::::::::/::::\ /:::::::::::::::ノフ´::l
         i/:::::::::::::::::::/:::::::::::::ヽ:::::::::::::/レ'^\l
        l:::::::::::i::::::∧::::::::::::::::::`:::l/ |   \
       l:::::::::::::::/  ∨:::::::::::::::_;ノ二 !  ヽ、 \

┌───────────────────────────────┐
│雨風を凌げる場所を探そうと考え出した時、思わぬ助けがあったのです.......│
└───────────────────────────────┘

403◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:14:19 ID:xmYTc7bo0

    ┌────────────────────────────┐
    │彼らを助けてくれたのは、町外れの大きなお屋敷に住む女性     │
    └────────────────────────────┘

     _               , 、        ., 、           、             r
    'Fニ]ヽ            ,/―\___,/―\___/―\_        _   ,/:
_    l  |,ィf゙ヾ 、  ,rュ_,、 -''| l田l | rュ  | l田l |  rュ  ! l田l l `''-rュ ,ィf'゙―‐ヾ ,」 ::
: >   |,ィf'゙.___ ヾ 、_|__|___|__|_,,|_,,|_|__|__l_,,|_|__.!___,l_,,|_ゝ .r┬┐_>"゙:.
; .そ_,ィf'゙  |__|_,」 <ニlニ!ニニニニニニニニロニニニニニニニニニロニニニニニニニニニロ」  _ィ'´`^"゙:.:;
::"..;:ヘ'_'         |==|lEEEEEEE|==|lEEEEEEE|==|lEEEEEEE|==|| <"゙:.:;:::.
"゙:.:;:,”:7|三三三三_|  ||王|王|王|王|  ||王|王|王|王|  ||王|王|王|王|  || 」:":: :,”"゙:"゙:.:
:,”:"゙:.:゙':,<||―|―|―||  ||土|土|土|土|  ||土|土|土|土|  ||土|土|土|土|  ||r'::;:":: :,”l `:::.
:: :,”:"゙:.:゙そー|―|―||  ||i i i i i i i i i i|  ||i i i i i i i i i i|  ||i i i i i i i i i i|  ||゙、;:":: :,”::`"゙:
:,”:"゙:.:゙ィ   ̄ ̄ ̄~'f==トニニニニニニニf==トニニニニニニニ;f==トニニニニニニニf==r'´゙:":: :"゙:.:;:"゙:
"゙:.:゙'”て =========|―' ,,. --- 、 ゙ー'  ,,. --- 、 ゙ー' ,,. --- 、/”:":: :,”::_/ヘ"゙:.:
:,”:"゙:.:゙':ヘ.、____,!  /-、.゙、 | / ,.-゙、  /-、.゙、 | / ,.-゙、  /‐、.゙、 | / ,.-゙、”:":: :,;l´:_::,"゙:.:;
:: :,”:":: :,”7,,_||_||_|  | ̄| ̄|| ̄| ̄|  | ̄| ̄|| ̄| ̄|  | ̄|r- 、 ̄| ̄<,v、”:":7 「"゙:.:;::
:: :,”:":: :,”〉,,_||_||_|  l r‐、 ||  |  |  |  |  ||  |  | _| <::.:;..:r‐,,!、 !  |`―'  ゙、"゙:.:
:: _,, 、_:":: l_, ,ィ^´`^''ヽヘ<::;;..;゙r 、'^"^''ス,.|_|_||_|_,r''´::..^''=、::.::::.:r‐- 、 . |―――‐<"゙:.:
´ :: :..; \' /;;.;;...;.;.;;;..;l::.:::゙、:::;;.;;::.ミ ::.;;.::;.ミ|____ミ::..::;_::;.:...` 、::..;;..:::..ミTTTTTTTTTTT
、` 、; :::...:;;:lイ;;.;..;;;::;;:::lTTTTTTTTTTTTl三/____/^´:::;.. `、:: r┐_::.::...ミr―――――‐‐
;;.'i:::.ヽ、::;...l`''-----‐---‐---‐---‐---‐---‐--ミ:: ;.:::;..::;;..;;..:. |   |-┐|_    「 ̄ ̄ ̄
:./::.;;:; ..lヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ「::..:::;;..;;..:;;..;;..: .r -‐‐、, !_,,l.. -  、   _
:ノ-f'ヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニミ:;;..;;..:;;..;;..:;;../;::.::.::..:::f::...;;::.::.:;;:...::.:ヽr.:::::.:
ヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニシ:;;..;;..:;;..;;../::.:...;;;..:::...:l..::.:;;.::.:;;.::.:;;::..::l::...::::

404◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:14:34 ID:xmYTc7bo0

┌─────────────────────────────┐
│どうやら、王女様を背負い、町を駆け回るヤルオを所々で見かけ  ....│
└─────────────────────────────┘


        / ̄ ̄ ̄\
     /ノ     ヽ、 \
    / ( ○)}liil{(○)  \.
    |    (__人__)    |
    \ ヽ |!!il|!|!l| /  /
   /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ ''"ヽi、  をノ
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
  ^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)
    (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/

┌─────────────────────────────┐
│その必死の形相から何事かと、彼らを探してくれていたようなのです.....│
└─────────────────────────────┘

405◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:15:16 ID:xmYTc7bo0

   ┌────────────────────────────┐
   │事情話すと彼女は「そういう理由なら、主もお許しになるでしょう」と │
   └────────────────────────────┘

                _ _
             r‐fァ┴‐く}┐
               rラ'´     `マュ
         __ /  / /  | /ヽ. ト、
        }} ̄ ノl / / ム|l j/ナ! } |N
       __ヾ.   |/|l i/__ |レ-=jノハ|j、
.     /⌒ー'   / リj小、 _, 彳 ノハ)
      ヽ_\  〈l ハNハ{≧--イ /彡' \
        ̄`ヽ. ヽ  「:F 〔X〕ノl{::::|‐┐  》
.       「f ̄ヽ》  i´|::l__/∧∨:::::{  }  l{
        ヽ.)  _/ |:::〈./::::〉.〉::::ハ  \ `ー=ミ、
          「    {:::::::::::::::::::::::::::| ` く   }ハ
          |    V::::::::::::::::::::::/  f丕〉 __r‐'
.            辷丕辷ハ:::::::::::::::::::::{_fゾ´∨

┌─────────────────────────────────┐
│ヤルオたちを屋敷へと迎え入れ、王女様の為に部屋を用意してくれました  ......│
└─────────────────────────────────┘

406◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:18:46 ID:xmYTc7bo0

    ┌───────────────────────────────┐
    │ベッドに寝かせてすぐ、安かな表情を浮かべ寝息を立て始める王女様    │
    └───────────────────────────────┘

                     |
                     |
                      |
    ,-―- 、      ,-―- 、 |  なるほど、屋敷の使用人さんでしたか……
   / /`~~ヽヽ     / /`~~ヽヽ |
   { {..;;;;;; ノ |    { {..;;;;;; ノ | |   本当にありがとうございますお
  . ヾ_`'''゙",,,ノ    . ヾ_`'''゙",,,ノ }
      ̄          ̄   /    えーと……ご主人様にもお礼を言わせて頂きたいのですが   
 !                  /
 j     /´   |   ゝ  丿
      ゝ、____人_____ソ//
      _ _   ./ /
\     ` ̄   ,//
  ` .、       /
   :ミ:ー.、._  /``'''ー-、

┌────────────────────────────────────┐
│安堵したヤルオは、彼女に屋敷の主人に直接お礼を言わせて欲しいと頼みました  ....│
└────────────────────────────────────┘

407◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:21:34 ID:xmYTc7bo0
┌─────────────────────────────────┐
│しかし、彼女は言いました。「申し訳ありません。主はもう此処にはいません」........│
└─────────────────────────────────┘

         __〃⌒Y  ̄)ー┐
       ィ⌒いjLニ=ニ∠/ノー┐
       rくヽj>~      `丶ヒノュ
     jゝ/ 从  人从 Vハ  ヾレ)、
     〉/  ハハ  ハハハ Nマ  ヘノハ
     Y /i V  |  i| ト } }   ハ」 ∧   誤解させて……申し訳ありません
     /  {  {{  i   ! }廾ナ乂}   |ハiハ
      i/   .斗匕从  レノ / rヵォ|  l   |   主は1年ほど前に亡くなっております
     V  .}、fてぅトV    ヒニノ /i |   |
     /   {ヘ ゝ- '     """' /イ    .|   
      |   `ハ"""  '    ノ  / i/
      |! ハ    > ._ -   rく / ノイハ   
      乂人  イ≧x_ r{Y}千 7、__riくー¬
        }/ .斗{ _ノ | !| 「<__/ /二 ノl
       人ん/| / ハ八 Kミ_/ /く. (イ|
        |   (._/)「人ヽ ` }_/ /ミーr┘|
       |   て./|  }  l/ /ヘ、ノ  .|
        .|    しハ 人_ .イ ヘ、r┘  .|

   ┌────────────────────────┐
   │そう、この屋敷の主は数年前に亡くなっていたのです  ....│
   └────────────────────────┘

408◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:23:47 ID:xmYTc7bo0

    ┌──────────────────────────────────┐
    │話を聞くと、屋敷の主人は死ぬ間際に彼女に屋敷と自らの全ての財産を託し ..........│
    └──────────────────────────────────┘


          l 〉 i .l l  ̄´     ¨` ´lイ ./〈/
         /`l ヘヽヽ  /、 ,\  〃l イ'/l¨ヽ、
      , '   l ヾ\ r'  ` '  ヽ ///  l  丶、
    , '     l  ヽヾ、l '-――'-' l./ィ'/  l     丶、
  , ・        i  ヽヽヽ     .///   l       丶
/          ヘ  ヘ ヽ`ヽ、- ィ´ / /   l         , \

  ┌──────────────────────────────────────┐
  │この世を去ったという事でした……そう、彼女は実質的には、この屋敷の主人だったのです..│
  └──────────────────────────────────────┘

409◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:25:53 ID:xmYTc7bo0
  ┌───────────────────────────┐
  │ですが、彼女はこの屋敷の主人とは血の繋がりなんて物はなく ....│
  └───────────────────────────┘


               rzイ⌒ヒ~iーz_
             i⌒ゝィ'く ̄ミヽく ノ廴
            」⌒,ィ'"! ∨   ヽヽ \ ) \
           ム /  j! l   、ヽヽ ヾ .∧
               ∨ ! ム l  、 ̄` 、 l l ∨∧
              /  l/l  V、  ヽ lムミ! l V ヾ
              / l l l ィ-弌 、 V_マ_j`! !V、ヽ\
              // Vハヾ弋少\iヾ    レ'ヾ {、lヽ、
          /イ/レ\ゝ   ′   /( V./i!
           レi})ヾ}ーi、   ー '   ,イ ( Υ) ,、
          /`ー'}∨Yレi>,..  _, イ|'レ'Y VY' ゝ┐
          (ヽ  .ゞV〈  {`ー┬‐ 'ヘ_ ゞV〈イー~l
           j/ー-,ゞV〈了、 ̄`∨ ̄`7iゞV〈-二 人
         } ヽイー〉V〈:j  ゝ  ハ  く l〉⊥)_-ー ハ
          </i´┌ゝ∠l \  l l / {、人ノー}' ∧
       r '´  `ニヽイヽn._{ T o T }_l::l  )ニノ    \
       V     ヽ|l∠エ≧:: ̄ ̄ ̄:::::::::'lハハ{´    /
        `トー-- r =ト、 l l ハ /7:::::::::::::::::::::::::l-―― 'l
        `iー‐ l l / , l .l  V j::::::::::::::::::::::::::/ '  ̄ `i
         l   \! ! l l  .Vi::::::::::::__:::::/ ヽ    l
       __.ィ、l_ ,_r<))  .l ! ' // ̄ヾ  `ヽ――‐ヘ_}-v-、_
    ( ̄ー‐< '〃 ゝ_ゝ-).⊥_l / ヽ __ノー-‐' ) .<⌒ヽヾ>ゝ-'‐`ヽ
   く` ー 7'/ 凵= ´ー--‐゙` ー======三≦ ---ゝ、__ヽ`r‐ '" >
    .L`二/)――――――――――――――――――{ヽニ ̄!
     ー<__ /:::/ニ{ \_____/ l ニ〉:::\\__ >―'´


    ┌─────────────────────────┐
    │厳格だが心優しい主人を慕う使用人に過ぎませんでした .......│
    └─────────────────────────┘

410◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:26:09 ID:xmYTc7bo0

      ┌────────────────────────────────┐
      │そんな自分になぜ? 何かの間違えではないのか? そう思い続けており ....│
      └────────────────────────────────┘

                                                           / :゙\_  ,, .. .
                                         、                _,, .. . -‐/     、\` .
                                      _/  :\ 、 -‐ ''  ¨ ~           _/  /  ...\ \ 、
           /`ー- 、__ _,, ... . -‐ ''  ¨ ~   ./ / \ \ ゙ ー ,,                {  /  . .:::::::::::::\_.ゝ..ー ,,
           //\\ ¨  - . _          / /__ :\ \::::.......,,,,,            ⌒´|:::::|| ̄ ̄_:||::::::|::::::::'':::....
          //: : : : :\\_: : : : : :: : . . .      └ " || ̄ ̄_:||:::::|⌒: : : : : : ,..''...           |:::::|| ̄|| ̄||::::::| : ::::/::...
        ,{/l┌――`┐ゝ .´..¨:::‐-...          |::::|| ̄|| ̄||:::::|: : : : : : : ;            |:::::||_||_||::::::|:   /:.
     /  |::|:| ̄|| ̄||::| : : : : : : , :          |::::||_||_||:::::|: :  /: :             ..::::|:::::|| ̄|| ̄||::::::|  /
    /   .:|::|:|_||_||::|:   /          |::::|| ̄|| ̄||:::::|  /            ..:::::::::::::|:::::||_||_||::::::|: /
  ,/     .::|::|:| ̄|| ̄||::|゙: /          ..::|::::||_||_||:::::| /          ...:::::::::::::::::|::::: ̄ ̄ ゙̄:::::::j/
/       ..::::::|::|:|_||_||::|/             ..:::::::::::|::└――゙┘:::|          ...::::::::::::::::::::::└―――::::::'''"
:;;::、  ..:::::::::::|└゙――'┘::|         ...::::::::::::::::::└――‐:::::::''"        ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ''"
;:; "”;ヾ::::::::::::::└――― ' ̄      ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'' "          ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ''"_______
i;';、;。゙,;ミ :::::::::::::::::::::'' "_____ . : : : : : : : : : : : : : : : :  ――――――. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :'':". . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
i!i ,;;、リj:从,, : : : : : : : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                                    __
{;;,.:iリ;j;; .;;;}《゙                     l盥}  , --  ‐‐ ..…   ┐  盥} ┌…ll --  ‐‐.l 冖::::'l   i  ̄::::| ┌‐  …:i|::::::::::|
;::w;:、;;:。::;:;,;;,┐   ┌:::::ll-- ‐‐l 冖l   l盥|  ,-- ┬┐…::::::::: } | |  盥| |:::::::||: l  ! `| |:::::::::|   |:::::::::::| ::| _l _l_ ||::::::::::|
w;:、;;:;'。;:リ;j;从::|   |:::::::|| l   |:::::::|       | !  i, |::::::::::::::::::| | |       |:::::::||__l_゙| |:::::::::|   |:::::::::::| ::|  l_l__||::::::::::|
| l|;;, :i;,;,:;:; ;i;;;{::|   |:::::::||__j_____.|:::::::|       | i;  } l::::::::::::::::::| | |       |:::::::|| ̄ ̄| ̄:| |:::::::::|   |:::::::::::| ::| ̄l ̄| ゙||::::::::::|


   ┌───────────────────────────────────────┐
   │今でも使用人の服を脱がず、屋敷を主人から【預かっている】と思っているのだそうです    .│
   └───────────────────────────────────────┘

411◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:27:20 ID:xmYTc7bo0

┌───────────────────────────────┐
│ヤルオは彼女に何か言葉をかけなければいけない気がしました……  ......│
└───────────────────────────────┘

.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l     ……失礼な事を
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l     大変、申し訳ありませんでしたお
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|

   ┌───────────────────────────┐
   │でも、必死に必死に考えて、でてきた言葉は謝罪の言葉だけ   .│
   └───────────────────────────┘

412◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:27:48 ID:xmYTc7bo0

       ┌──────────────────┐
       │「お気になさらず」と、彼女は言いました。 ....│
       └──────────────────┘

              _r┐ー、__、
            z_厂ヾ>ー <ノ`ー、
         r厶ゝ ´      ` く`ー、
       厂ヽ/    /        く ゝ、
       廴,/     .! !          ヾヘ
        7z,/   _|_|_| | 、   |__ i    Vヘ、
      .└ノ   .´|l ハ l、ヽ |_l l` 、_   ヾ´
        //  !. i |レl‐ヽト、、V レi/ ヽ } .| \
      .//  | ヽl ー''"` )i/` ̄l゙ノ/ .j .八 ヾ、  いいえ、お気になさらずに
     /| / 八ヽ ヾ、    :   ノ!/j ,/ノ-、ヽ\
   ー ' .//.イ  ヽ) ()j、   - 一 .イl'() /イヽ ヾ(ヽ
     ./ レ' !/ ! jハ(.| i> . _ イ.iレj)(ハ! lヾ!  j!
      / .lハト从()从r┴ v┴、ハ()ノレ /′_
      _    {::X::}/  /∧  {::X::}  /ハ
      ハ `ヽーr(ハ)入//i从 ,(ハ)j丁, 〈_L
        j {zー ミヽl//!   /l:l:l ヾ´  |/|/ _}V
      .V | __ ヽ!//!_  {l从! l:! )) _|/|ノ´(´ i
      / .`!` ー.}////≧Vレ。l!≦///∨ /   \
     .く   ヽz_ 从//////|////////i{_ノ /  ノ
      ヽv--=ヾl////////!o///////}rー― i'、
      V    j////////|////////ハ, ---r.j

┌────────────────────────────────────┐
│でも、その笑顔はどこか悲しげで……それを見たヤルオは無力感に包まれました  .....│
└────────────────────────────────────┘

413◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:28:03 ID:xmYTc7bo0

┌────────────────────────────────┐
│その時、王女様が目を開けました。 まだ熱が高いのか、目はうつろい    │
└────────────────────────────────┘

   /    ./.:.:> 7 `ヽ      ` <.:ヽ.   ヽヽ
  /     /.:/´  .'    ヽ        `ヾ    ', ',
 ./     / ´    {           ヽ      ',    ',.',
 ′        ムl        ',   ヽ      i    | i
..'     |   |./ーー!  |    ', |  ', ',   |    !|
.'       !    ||   ∨ {      ', l   ', ',  .!    !|
|      |   !|   ∨ハ    } ハ   i !  !    !|  た……
|    !  .! ―‐ハ!==z⊥_.ト,   ム斗==ハ┼―!     i! |
|  | |  ∧  .| .:::::::::::::: ..{ ∨  | .::::::::::::::....}!  !    .|| |
|  | |   .∧ K'ヤ7テ不 ヾ.∨,リ う7テ下...> l     ,リ |!
.!  ! !   ∧ ヘ.` マ壬ノ.,,,,;;;;;;;;;;;;;,,,,.マ壬ソ './/!    ./ !!
.∨.| i!     \ゝ                /' 〃   ./  .||
 Ⅵi |i     圦         !       /7    /  .|.!
  ヾヾハ     |.:.:\      ‐ ‐       /:/    ∧  |.l
  / /ハ    |.:._」 {\       . ィ }!:.:i    /.:.:\. ! !
 <´.:.:.:.:ハ    |´ ! \!>  __  < !/|`.|     |.:.:.:.:.:.:>∧

┌────────────────────────────────┐
│言葉は弱々しい……しかし、王女様は何か伝えたい言葉があるようでした ....│
└────────────────────────────────┘

414◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:30:00 ID:xmYTc7bo0

       ┌────────────────────┐
       │そして、彼女が必死に搾り出した言葉……    │
       └────────────────────┘

      |  |  {_ ',  ト、l            |/ | | ハ.!
      |  |  _.〕  ハ. `      _'    /  .l l / .|'
      l  レ.:´.:.|  ハ       ‘ー‐'   イ  .! !'     ―――ですか?
     .!/.:..:.:.:.:.:.!   |` .       / |   |'
     / ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:!   l__  > .__. イ.:.:.〉 !  .|
    ./   \.:.:.:.:.:|   |   ̄ ヽr‐1.:.:.∨  |   |
   /   _ > ´|   |__    | 」\/  .!   !
 ,..∠ィ≦≧x    |   | `¨  !´   `ー、|   |
./三三三三ハム  !   |ィ´ ̄`f´Y´>...、  !  .ト、

┌───────────────────────────────────┐
│それは彼女の言葉であると同時に、まさに、屋敷の主人の意志だったのでしょう    │
└───────────────────────────────────┘

415◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:32:29 ID:xmYTc7bo0

   ┌──────────────────────────────┐
   │王女様は言いました。大切な人に、自分の全てを捧げたいと思うのは .....│
   └──────────────────────────────┘

    /   /> ´|    ` ̄ ` <.:.:.:.:.:`|      l    ',
   /   ./´   ハ!          ` <!       |    i
  ./     /   ' !    .′       l       !    |
 .′   /    /^^|    |         |     |    .|
 i    .′  l   !    l   l    i   !       |     !
 |   .i   _|_  l    ト,  l    l  .|     !      |   大切な人にこそ、自分の全てを与えたいと思うのは……
 | /  {   N `ヽ、!   ! ヘ i ト、   |  |     !_    !
 | ハ  l   l/笊>ミト   l ._」斗 ャ―ト. |    lヘ ヽ   !   ……当たり前の感情じゃないですか?
 {' ∨ l ハ  ...i:::::.::::iヾヽ 「::: ィ笊i云x! l. |    ト } }  l
   .∨ {' i∨.弋:::ソ::::::::ヽ!::: : .i::::.:::::}ヾ>.!     l  ,イ  l    す、少なくとも……私はそう思います
    ∨  ! ヽ!:.""".,:::::::::::::::::::.乂__ソ.."| .,|     l<_   ハ
      ∨ | 圦   〈      ..""" .' / !    l、.:.:.:..`.:.:..、    私は間違っているでしょうか?
      ヽ!.  \          /´ ′   l.:.\.:.:.:.:.:.:.ハ
       |    \...`'' -‐"       . /     l.:.:.:.:.\.:/ ∧
      __.」     }_\    _ - ´ /     ハ.:.:.:.:..:.:.>   ∧
   x≦三/! /  ./   `fi爪  _ /        ! ヽ_/     ∧
  /三三/ |/   /    | |/ 「  ./         |     ̄ ̄` >、',
.,∠三三=! /   /     ヽV  ./       |      x≦三≧x

     ┌─────────────────────────┐
     │あたりまえの感情です。私は間違っていますか? と…… .....│
     └─────────────────────────┘

416◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:33:07 ID:xmYTc7bo0

   ┌─────────────────────────┐
   │その言葉に彼女、心底、驚いた様な表情を浮かべました  .│
   └─────────────────────────┘

                   , - 、 _
                イ⌒}   Y / Y  ̄ Y⌒ヽ
              ,rク Y, -  == ≠ ==  - 、/ ̄\
              / ヽ イ               \ー―ヾ
           r―< ./ /                 ヽ__人
           |   ./  /        ト、        \  _\
         ノゝ/    /     |     |ハ  i!        ∨ _{
      / ̄/          /|     | i|__ト、  ハ   ∨ /ヽ
     ./ ./         /_/ i|     | i|  ハヽ  }    ∨ _}
     r.イ     /     ./|i/  |,イ  l | i} ./  }   i|    ∨ ヽ
    / イ   /   {  / i|'   i| |   ハ i| ,.ィ≠=ミ、|  リ       ∨ノ   あっ………
.-=≦≠ / / .イ   i| / 二二, | / | |" frハ  》  /   }     \
    └/ イ  i|  八/./ frハ. ヾ|i/     乂ツ / ./ i|  i|     \. \
     ./イ/|  |    ヾ《  乂ツ        ー= './ ./ i|  リ     ハ≧=-
   /  / i|  .八  ト、八ヾ _ ノ         '''' /イ}  リ /   \  \
      ./ 八./ ∧ i! \ \  ,,     ′   /  ハ/ /  |i  \ ハ
     / //  / ∧ト、 }‐一             u /} //     i!   ハ   |
   / /   {   / ヾ|ヽト、:ヽ      _    イ| 〉∧  |  ハ    /}  i!
__/ イ|     |       \ リ  >      ` ./| リ ∨/} /l / }  ./ i| /
 ̄  .八  /ハ  /   / 《∧   |   }>  イ   |//.∧〉 ./ j./  .八/  j/
      ヽ{ { \{   i{ ハ∧  iト、 |      |ム《_/イ__/_  //  /
          \八〈Y_〉 ヽ.八 〉.j _  __ ノ:::::::f:》:::::::::/
   __      r―f /--,  /   フYヽ 〉:::>=ミ、::::{       _
 〃: )_ ≧=-   ヽ:::ハミ/_≦     /_水¨} }::/ノ }ヾ:ノ    -=≦ ={`ヽ
 {{: :{   `ヽ     ̄ //リ ̄ヽ    //:::|::ヽ\ /_ノ    ̄ ̄         |: :人

    ┌──────────────────────────┐
    │ですが、すぐに冷静さを取り戻し、王女を見つめると……    .│
    └──────────────────────────┘

417◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:33:30 ID:xmYTc7bo0

    ┌────────────────────────┐
    │「そうですね」という言葉と共に、笑顔を浮かべたそうです...│
    └────────────────────────┘

                /::               |      ヽ       l l ヽ
        , '    /:::      /                  | | !
         /   /::     /       /    i   ヽ     ! !  ',
           /::               / i     ト          | | l
     / ,  /::   ::::/        / :',     l ∨           l l | │
   / ,イ´  /::   ::::/     }   /   ∨   i  V     ヽ  i i   i
     ´ l  ,'::   ::::/ :/   j∨ j     V │  V      \| | i   l
      i   i:: ::i  :::,' :/  ∧ l ∨│     V {   ヽ      ヾ    j
       i   .|:: ::i :::ト :/  / `j_ヽ|     ヽj ____\       \|   }   そうですね……
      |i  .|:: ::j ::|∨ : j 彡====ミ       彡====ミ `>、    `  、.!
      } l .|:: :::l :|j ', ::::i                       j   ト、`ヽ    ヾ、
     │l j::| :::| :jヽ ', ∧          ,          /  ,'    >-‐ー´
      .j ヽ:   ∨ `∨ ∧                    /  /   i   i  ヘ
      ヽ  \| ::/:l  ∨ ∧     ` ‐-‐ ´      /  /   l  l    ヘ\
        ノ  / :/ !∨ :\ \                /  /     ノ   |     lヾミ=
      / >´::::/  { ∨ :::::ヽ i >         イ   /   //  ∧    |
    />´i  ::∧  | 乂ノノ) j  j  >  __  イ ,'  (ノノ乂´: /  / }   ノ
  /´    | ::,' j  j Yイ ハ   _}           l  ハ イY: /:::/  j  /
          i {  i l  乂 ノノ) / >、      <´ (ノノ乂:: //!从/ |  /
        j_/___  Yイ ハ/     `><´    ハ イY / ___」_/
       /   ヽ///` 乂 ノノ)     / ゝ‐' ∨   (ノノ乂´ ////     \
      /      ヽ////Yイ ハ   / / Y ∨  ハ イY/////      ∧

418◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:33:50 ID:xmYTc7bo0


                   /  ̄ ` .
                  //  ̄ ̄ \ \   風の噂ですが……その後、彼女は
                    .   l ┌ 、 )  l
                | /::| l |::::: |/⌒ .l  屋敷を受け継ぎ、宿屋に改装したそうです
               | |:: \/ :::::|    |
               | !、::::::::::::: /    |  「人生には意外な、しかし、素敵な出会いがある」
               |  l::::::::::::|     |
                 ', }:::::::::::{   ,r'´   それが口癖だったそうです。
             . <∨ \/ / > . __
          . <     ` ー─イヽ     / > .
        /  |      |  /       | /    \
       /    :|  l ̄',  :|  |  / ̄/  :|イ      ヽ
        l\  :|  \ \ :!   !/  /   |l    >"´l
        |  \ :|    \    _/     :|>"´

419◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:34:14 ID:xmYTc7bo0
                    /\
                   /   \
                 /      \        
                /             \
              /                 \       王女様は彼女に出会わなければ死んでいたでしょう
             /                  \
           /                      \    しかし、彼女もまた、王女様に会わねば
         r´ ´\                     /
         (    \                 /      思い出と共に、その歩みをとめたままだった
          \     \            / .\
           \     \           /      \    人の道はいつも、どこかで別の人と交わっている
             \     \       /          \
               \    \   /              \
               \    \∠_________\
                     \   r´=========r´
                      \ 《 三三三三三三三三三=
                     ヽゝ==========ゝ

420◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:34:53 ID:xmYTc7bo0
                                  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                               :::::::::::::::                        :::::::::::::::
                             :::::::::::::::                            :::::::::::::::
                            :::::::::::::::  あなたは一人ではない……           :::::::::::::
                             ::::::::::::::: 貴方が居るから、私が居る様に……    .:::::::::::::::
                               :::::::::::::::                        :::::::::::::::
                                  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

       __________     r'⌒'´ `ヽ、
    r´ ´\                \   ヽ     ノ
    (    \                \  (、 ,   )
     \     \              \//⌒ ー'
      \     \                 \パタン
        \     \                 \
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ


                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
                  ┃
                          ありふれた御伽噺  「風邪引き王女とメイドのお話」      終わり
                                                                       ┃
                                     ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

421◆PxXXpn9rjo2014/09/03(水) 21:35:33 ID:xmYTc7bo0
投下終了

422名無しのやる夫だお2014/09/04(木) 18:43:08 ID:Oz/p74Ks0
乙乙
もう少しで終わりか…なんか何とも言えない感覚である

423名無しのやる夫だお2014/09/06(土) 21:58:34 ID:IEOmRbtg0

sageてるから気が付かなかったよ

424◆PxXXpn9rjo2014/09/06(土) 22:01:48 ID:rZPgfnbo0
>>422 乙感謝

>>423 ひっそり出来たスレ。再開もひっそり、終わるときもひっそり。 申し訳

最終回とその1つ前、直し中。数日以内、投下。確実。

掲載スレ:【オリジナル】ありふれた御伽噺
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://applepolishing.blog.fc2.com/tb.php/1289-57482a17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ryokusai

Author:ryokusai
正直見づらいので自前のスタイルシートを用意した上で閲覧されることを推奨いたします。
ウィルコムから光回線に乗り換へましたがやつぱり更新の頻度と量は期待しないでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
2ch (18)
やる夫スレ (1178)
いけない!ルカ先生 (29)
炎の記憶 (70)
ドクオの失われた絶対時間 (12)
チャージマンできる夫! (10)
替天行道の書が天下を動かすようです (166)
短編・チラシの裏等 (53)
やる夫は例大祭に参加するようです (4)
やる夫は君子を全うするようです (2)
やる夫は女子中学生と許嫁になったようです (26)
やる夫とタンポポと恋 (12)
やる夫がハゲの借金王になるようです。 (13)
やる夫がドラゴンクエスト5の勇者?になるようです (29)
やる夫が課金兵になるようです (9)
やる夫が艦隊これくしょんを始めるようです (17)
やる夫が艦娘たちと戦うようです (30)
やる夫が第一人者になるようです (21)
やる夫がお絵かきするようです (9)
やる夫がモバマスを始めるようです (25)
やる夫達の村に羆嵐が吹くようです。 (7)
やる夫でドラクエ5っぽいのやるよ (74)
やる夫で戦うドラクエ6 (61)
やる夫で学ぶ甘粕正彦 (3)
やらない夫は祖国統一のためには手段を選ばないようです (5)
やらない夫は宇宙移民の指導者に選ばれたようです (19)
やらない夫は週刊誌記者のようです (14)
やらない夫と惑星のさみだれ (54)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (6)
やらない夫が竹中半兵衛になるようです (29)
やらない夫たちでやる「まんがで読破 水滸伝」 (19)
やらない夫deドラクエ5~やらない夫は魔物使いになる様です~ (45)
やらない夫de幻影都市 (48)
魔物使いのリュカとブラウニーのやる夫 (47)
できる夫はユキが好きなようです (2)
ありふれた御伽噺 (15)
暁美ほむらが魔法少女になる様です (4)
黄色い小鳥と秋空と。 (13)
真紅の茶席に奇客が集うようです (18)
新選組列剣伝 (132)
水銀燈は花街の頂点に立つようです (18)
ストレンジライフス (8)
このブログについて (1)
一般の方へ (1)
企業の方へ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。