FC2ブログ

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泡姫

831名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:29:41 ID:.hVAoCBg
ちょいと投下してもいいでしょうか?

832名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:30:14 ID:to2DfAY2
いいんじゃない?

833名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:30:36 ID:.hVAoCBg
では、投下させて頂きます
一部、R-18っぽい描写があるかもかもです

834名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:30:48 ID:.hVAoCBg
     ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|         ‐|  ||  |;;/  /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;
     ;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |============.\||  /  /;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;
     ;;;;::::::::::::::: :::: :: | ____   :| :|  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;;;
     ;;::::::::::::: :::::: :: | | //  |   | :|/;;;;;;::::::::::::::┌─────────────────┐
     :::::::::::::::::::  :::: | | //  |   ::|  |:|;;;:::::::::::::::::::│とある地方都市の、寂れた歓楽街。  ....│
     :::::::::::::::  :::::::::: |  ̄ ̄ ̄ ̄    ゙|  |:|   ::: ::::│                         .│
     :::::::::::::::  :::::::::: | _______|\|:|    :::::::::│下品な原色のネオンが、          .│
     :::::::::::::::::::  :::: |                  |   ::::: ::│                         .│
     :::::::: :::::::::::::  |                  |   ::: ::::::│暗い路地をギラギラと照らしている。    │
     :::::::::::: :::::::::::  |                  |  :::: :::::::└─────────────────┘
     ;;;:;;:::::::::: :::::::/:::::::::              \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
     ;;;;;:;;;;::::::::.../;;;;;:::::::::::::::::             \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
     ;;;;;;;:::: : /;;;;;;;;;;::;;::::::::::::::::::::::::::         \:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
     ;;;; ::::/;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::           \:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;
      ;;;:/;;;;;:::;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::        \:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ../;;;;;;;;:::;;;;;:::;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::   \:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

835名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:30:58 ID:.hVAoCBg
               _ ,. .-‐ ´ . ..:: :::::::::::::::::|:::::::::::::::: .:. ..
         _ ,. .-‐ ´      . :. . :.::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::. :. . .
    _ ,. .-‐ ´        . :. . :.: ::::::::::,. .-‐ ´´`‐- ._::::::::::::. :. . .
-‐,- i              _ ,. .-‐ ´      l       ` ‐ - .,._
  l . |        _ ,. .-‐ ´             l   _
  l : l _ ,. .-‐ ´                   |  i `'i‐-
  | `.l                  _       .l  l‐-l ,._
  l  |    ,.= 、、   i'`ー‐-クk´ ヽ        l
    l   , /ムl!lゝ: .     、,-γ´ - ヽ l 
    l,  l l L|l!「」 ll  .  i´`i( i;:l )レ′
    !  _.i_l_,li__ll__     、 ヾ_ヵ_-'ゝ    .|     .┌─────────────────────────────┐
    l  l__   l 」  ___  ̄ __ヽ! _   .|    . │その街の片隅に、とあるソープランドがある。              ....│
  i  l      ̄ ̄   i (¢ats. I. times. ll  .l     .│                                           .│
  l  |   ────    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         │値段もサービスもいまいち。                         .│
  |  l   l|「 ̄」|i|「     ________ ,   i   _ .│                                           .│
  l  |   ||「 ̄」|ll      l ‐- ,,._.___i  ,|  |  │他の街に行けば勿論、この街にも、もっと良い店はいくらでもある   │
((::.,) l .    l|i      .|    |「 ̄ ̄ .| 「C ! | l三│                                           .│
  l  l       .l     i   |    l「 ̄   .l l A l . l |ニ│でも僕は、その店に通い続けている。何故なら――          .....│
  |  |   |l       l   |    |l   . 二| | T l . l l  └─────────────────────────────┘
  |  l  l|_  l.i _」|   !     l  _  | l S |
  i  |     ‐ ‐ -- '   !     l __  | l<I>|
  l  l            |    |l____,| l T l        ,、 ,、
,. _l_ ,. |            |  ,. --'== = l | .I .!     (:::.. ,,)
    ` ‐-   _      l  l ̄ ̄ ̄ ___! !.M.|     _,.l iヮゝ
,. _            ̄    ‐‐--   _   .l.Esl_,. -‐ '" ムl__,.>
 ,ー、 ‐‐--  _                  ` ´       (ノ 
 i::.. ヽ         ̄  ‐‐ -     _           _,. -‐'"
-': .: . ヽ                     ‐-=  ‐

836名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:31:18 ID:.hVAoCBg


               、___  , -―  ̄ ̄ ー- 、
                    //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
                  / /.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              // /.:.:.:.:// / /ll.:.:.:.:.:.:.:.::.l.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:ヽ
              / / /.:.:.:.:/// // || !.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.::.:..:.:.:.:ヽ
              /  l /.:.:.:/-、  | |  || ヽ.:.:.:.:.:.| ,:.;/.:.:..:.:.:.:.:.:.:.l
            /  /l|.:.:.:/, -、 | l ⌒ヽ!、.:..:.:/ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:|
             /入.:.:.:|b:::|   l,!  彡、 |:|.:./:./:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::..|
             //.:.:.:_./,!__!      /::::\l:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::.:.:.:.:.:./
              //.:.:.::'y        〈::::::::::::ゞ:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:/.:.:/
             l l.:.:.:.:| ヘ  、、     `"// /ー、:.:.:.:.:./.:.:/
               | l.:.:.:.:|.:.:.:\ヽノ    / / /: ,ノ:.::.:.:../.:.:/
           | l|.:.:.:.:!.:.:从\    // /:/_)'.:.:.:..:/.:/
           |! リ リl,リ!     ̄フ/~ //:.:.:.:.:/.:.:/
              _|!_ノ 冫>へ   /ノ―ソノノソ///    「あっ…お客さん、また指名してくれたんですね」
            _,f--℃/ ̄ヽη/⌒`ヾ_   フ
      r '  ̄     _ ィー^ケフ      Y  〈       「今日もめいいっぱいサービスしますから、
     l      ,,/........|  l/           ヽ      楽しんでいってくださいねっ♪」
     |     ト/..............|  /             ヽ
      |     | |...............| ./                l
      |     | レ..............Y       /     | /       そこには、彼女がいるから――
      |       |j........../        /       | /
     |    __\/         /\     //
      l /  /       /\  \ ./ /

.

837名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:31:30 ID:.hVAoCBg







                      「泡姫」






.

838名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:31:41 ID:.hVAoCBg


         ↓
         _,.-─‐- 、                ___  _
      ,ィ"=~ー-一=ヽ __,rェ -─く`vュ     フ"-、` '`ヾ \
     ;' ,' //ノリハ ヾ ',{れ~~‐'" ⌒ヽ   /  ~-─一'ヽ
     ', "イ友" ",弍ノlノ/ 〃川トヾ_ヽ ',  i从_〃/ハヽ   i !
      ', il|└' ,└'i´| ,'  州な  み゙i リ  {j 芬" 州リ、ノ /
      i从i、" c ノ リi l  l、'└' 、´` !ヽ|  キ、ーへr迄ネi/、,,
      /ゝ! r< `ヾi| l iゝ " ー  /ノリ    i!ゝ 冖 ィヘrmツ
    rく.   ヽ ,! ヽ、 ′', トメ`Ⅶ‐个メ彡':ベ´`ヽ`7´ リ"´
   {:::゙:、`:┬-rYl-ァ'',i:}  彡ゝ,/ミf  /"\》〉::::!`i 、 ヽ!\′   , へ、_,ィ_
   |i::::ヾ::::::V、ミヾ:::!::i  r':、ー{ rY、〃 ̄`¨`!:::;::::i >tィ}   /::::::゙ー:r:::"7
   !j:::::::゙}:::ノヽ、 |ノ::::|  i::ヾ:;〉 ノ〉〃    /i"::::::i  r'∧〉  /::rn:ハ:r、::::/
    !:::_/ゝ、八 }t-:i  |::::∧、ハ 〃-- 一 !::|:::::::::i ` , イ └丿i'//j__/
     }'::::::::::::。j::'i:Y/::::::〉 レ':::::ゝ〉〃|\r'三ヽi::::::::::ト、_,' i::',__ノ´  /
   /=ヾ:/o::::::d:ト゚-'′ {::::::::゚/:::: ̄弋`=y::::}::::::o:〉┴'ユVヽ/´
.   /:::::::::::::::::::::::/::::!     ヾ_:ノ:::°:::°':ヘ∨。/:::::::/ナ--'、::〉_j   萩原雪歩、デビュー当時は16歳。
  〈:::::::::::::::::::::イ:::::::i     /::::::::::::/、::::::::ヘ ̄:::::::/、十l┼弋     とあるB級アイドルグループのメンバーの一人だった。
  /佐┬---′`-‐イ    /::::::::/佐イ\:::::::ト、__/┼゙、ナ ┼iヘ
 /佐左井十┼十ナ!   ナー'"左十左主へ::i |佐┼十'、┼佐',    グループの中では、一番人気が無かったけど…
く佐 左 井十┼十ナi ,ノ左ア'´  `Y´  `ヽ弋!佐 ┼十\イ佐ヘ
└ェ左 井十┼/_@=≠へ、   ,!   _,ム-/左┼十ナ-、佐イ   .僕は、深夜のくだらないバラエティ番組で一目見た時から、
   ',` ̄ T厂└┬r── /   ハ   ', ─L佐十r'´   \ ',   彼女に一目惚れしてしまった。
    ',   i   /|│   /   ,'  i.   ',   {_ソ''´\     ヽ ',
    ',   ;   l |└─‐ ,'、_ ,' ─ !_ ノ:i ───   \   ヾ',
     i   !   ',| |「 ̄ i:::::::::;'  ̄ ',::::::::::!  ̄ ̄ ̄ :l|  ヽ   i ',
     /  ,ハ   '| |l i  i::::::::;'     ',::::::::i       ::i l| | ,'  | ',
.    /  /  ',   | |l i  i:::::::;'       ',:::::::!     ::i l| | ,'   i   ',
   /''ー-/   ';-‐| |l i   i::::::;'      ',::::::i       :i l| | ト--イ-‐' ヽ
  ,'::::::::/    i:::::| |l i   !::::,'       ',:::::!     :i l| | |  ハ   ',

839名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:31:51 ID:.hVAoCBg


                   ,.  ´ ̄ ̄`   、
                   / |i    (⌒ヽ,. - 、\
             / |i |i    \   ノ  丶
                /    i |i     \/      ',
            /   ,. ‐   ̄   ‐       !
              〈 /               ` 、   /
              '       /        \,/
             /  ,   ,             \
          / , /   / ,   // , 、     ヽ
          ,  / /  ィ′/ / / / ハ      '
           / / /ィ'/_l /∠_  / / i′ Vハ    '  CDを買った。写真集を買った。
          ,     イ  レ′    〈  」_  丶i  | i !  彼女達が表紙を飾っている興味の無い雑誌を買った。
          /  '  /7  ` ̄`ヽ         `ヽ,ハ ;! ,ハノ  ファンクラブに入った。握手会やコンサートに行った。
        ,  / /`i  "''        '⌒ヽ / }ィ' /
        / ,. /  !                 / / レ′   とにかくとにかく、彼女に関するものを何でも集めた。
      , / /    、    r‐- 、   "' / i' /
      / / /´ ̄`ヽ\    、 _,/   / , j /      .いっぱいいっぱい時間とお金を使ったけど、
     ,   /      `i 丶     _,. イ  ///      .まったく後悔はしなかった。
      { / ,ハ._     /|  `二7ヽ─-/{⌒ヽ
    / `´   ,>ァ'´ 〈 !/´      \' }   \
.   /     / /  /|         /_,>'⌒ヽ.  j>、
  /     / /   ,  |   / イ         \   Y -‐─‐‐-  .._
  〈      / ,ハ_/   |  / / ノ        丶ノ    _  _     `  、
.  \   ' /      ¨´ ' / /            ヽ ´     `  、   ヽ
     ヽ //` ‐-  _  / /, イ               ,  `  、     _,ノ
     V/        7 /,ノ ヽ                 j 丶     、_,ノ
.     〈.{           / /{                 /     j、__丿
      ヾ:,      / /,ノ    、       ,. ‐〈‐---‐'′
       }i        { {       \    /    丶

.

840名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:32:05 ID:.hVAoCBg
            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \       「あ、あっ、あのっ!」
       /  (○)  (○)  \
      : | u   ___'___      |:   「は、初めて見た時から、雪歩さんの大ファンでっ…!」
        \   `ー'´ u  /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |  初めて握手会に行った時の、
        |\ /   人  .\!  彼女が僕にかけてくれた言葉は、今でも忘れられない。
        |  \___/  \__/:
         |        /     僕は、初めて彼女を間近で見れる事に興奮し過ぎて、
         |         /     途方も無く緊張してしまっていた。





            . <:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:>、
             .:." :.:.:.:.: ,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:\
          /.:.:.:.:.:.:.:.:/.{.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.
       〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:/l Ⅳ:.:.:.:.:.:.7 ∨_.:.:.: ヘ:.:.:.:.:.:.:.
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ厂| ∨.:.:.:.:1.´ ゞ.:`.:.:.:.',.:.:.:.:. ヘ
       ,'.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.j! xz、  丶:.:.:{ γ竺:、.:.:.:.:', .:.:.:.: ヘ
.      l.:.:/:.:.:.:.:.,'.:.:.:Y了ハ    ヾヘ 廴rリ ト、.: l.:.:.:.:. トヘ
.      |:/:.:.:.:.:.:.|!:>、ヘ乂ン   ,       リ ヽ| :.:.:.:7、
      / .イ.:.:.:.: |!ヤr.\.            ノ 7.:.:.:./:.∧
    _ イ.:.:.:.:.:.:.:|:/:.、 ',    r  、  u /ー.イ.:.:.:/.:.:. ∧  「あ、あの…顔色が
      /.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:/ヘ   ゝ ノ   イ.:.:/.:.:.:./:.:.:.:.:. シ  あまりよろしくなさそうなんですけど…
.     /.:.:.:.:.:. イ/.:.:.:.:/.:ハ.:>      <l_:.:/.:.:.:.イ .:.:. /   本当に大丈夫なんですかぁ…?」
   ,'.:.:.:.:.〆.:./.:.:._:イ.:.:.:.j.:.:.:.:_〉.:. ¨ _ イ l/ :/レヘ:イ
    |.:.:/  V  ̄ .レー ' ̄/ Y´    j/ ー チ´ ヽ
    |:/        _ r=〈  |^ヽ  .イ : : : : /
    |      <   ,': : :.∧ .! : : l/: : : : : :7       l
         ,'     j!: : : : :.\!      ',: :7       !
            .:/ : :     ', _ z -  .ヘ7        リ
       l    .:/ ー   リ      : :l!       /!
.        !   .:/       :/         :|      ,' ,

841名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:32:20 ID:.hVAoCBg
          (ヽ三/) ))
       ___ ( i)))       僕だけに、かけてくれた言葉。
     :/::::::::::::::::\: \      僕だけを、心配してくれた彼女。
    :/ ⌒三 ⌒::::::\ )
  /  (○)}ililli{(○ )::\:
 :|  ///  __´___::::///:::::| =3    「い、い、いっ、いえ…大丈夫ですっ!!」
  \      `ー'´::::::::::::/
⊂ヽ γ         ヽ    .僕は完全に舞い上がった。
i !l ノ ノ            !    そのまま太陽まで掴んでしまいそうな程に。
⊂cノ´





                        __
                   ー‐´: : : : : : : : : : > .、
               , ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
              , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.,
.            /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ハ
.            !: : : :イ: : : : : : : : : : : :.|: : : : :.ト、 :l: : : ト、、 : : : : :,
.            !: : : :|: : : : : : : : : : : : :|: : : : :.! ヽ:.!ヽ: :! ヽ\: : : : :!
.            !: : : :|: : : : : : :l: : : : : :.!: : : : :l  'l ヽL ヽ: \: : :!
            ,: : : :l: : : : : : :!、: : :__.!、: : :.l    ´,ィ㌃ヽ: : |\!
             ,: : : ',: : : :l : .! '.,/ ノ ヽ: :l     .hJ;}  }: : |    「そうですか…なら心配はいりませんねっ。
.            , ⌒ 、: : : l: :l/ /, z=ミ、.    `¨´  |: : !    これからも応援、よろしくお願いしますっ♪」
           / ,イ ┴.、:./ / 〃       、      |: : |
          ,イゝ' ,r㍉z-∠  ,イ               .,.!: : !
         / .ゝイ乂 ヽ  (_:,j____    r   ̄}  /::!: : |
     ,. .-ァ´      ノ  }   ______,)  ゝ  ノ .,1;;;;!: : |___       この時僕は、誓った。彼女を一生応援し続けようと。
   /::,.イ         ,.ィ´ ̄: : :.ヽ  .`N-     _./ソ  L.ノ   `}- 、   彼女をこの先もずっと、愛し続けようと。
  /:::::く ヽ ,,__  __,. イ  \: : : : : :ヽイ´¨ヽ    ̄    ,}       .,!::::::\  
 イ::::::::::::ヽ、__ソ  .__ ...\: : : : :ヽ   .{        !       /l::::::::::::ヽ そう、固く心に誓ったのだ。
'::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ´ ̄::::::::::::::::::::::: '  ,: : :ヽ  .、      ,'      ./::::!:::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i >ー`  ヽ     ./      /:::::::!:::::::::::::::::::

842名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:32:44 ID:.hVAoCBg


             -───-   、
          /::.::´ ̄ ̄::.::.::.::.::.::.::.丶、  _rl「|
        /'´::.::.::.::.::.::.::、--::.:. ̄ ̄`\\ヾ   V)                     _
         /::.::.::.::.::.::.:、::.::\::.::.::.::.::.::.\::`ー-ゞ=-'                /)_/ }
      /::.::.:/::.::!::.、:ヽ\ヽ>‐ミト、:ヽj::::::::::::::二≧=-             // / /
       l::.::.::{::.::.:トj厶ヘ' 、´rf芹ミ ハ::._::.::.::.:_彡'ヽ}              //ァ /
       |::.::从:ヽ:!´xぅミ     ゞ'′イノ-=:厂  Ⅵ|                 ///  }
       |::ト、::.:\ト{{弋り   、    l:て/    /ノ             /  /:::::...ノ´)
       Ⅵ::.\::.:\     _  -‐ }  八≧、  /´       _  ィ´   /::.::::. ´/
         `⌒ト、:ゞミ、  \_ノ イ┴┴ ミx/   -ァァ7::7´/::/ /´    ,.:    /
          j\::.::.::.::>- ─-彡}- 、´  >─/ /::/ /:::/ {:::{ {   _ ノ __ "′ それからのニ年間は、本当に幸せだった。
            ` ー‐ァ≧=-二>-'"´   { l:::l l:::::|  ヽ:\ >─ ''´
                  //7´ ̄ ̄´       ヽヽ::ヽ\::>-'"´          冴えない自分の日々が、
               {/_{          __≧ゝァ'"´              ,まるで黄金色に輝く麦畑の様にきらめいていた。
              l|__l     ___ ィ≦>、 ヽ Ⅵ       ___
               \\   Y}   \:/\ '. ヽ、__  /     `丶、
                      ̄ト---'′     \/| | l\_ト<  _  ィ´「 >-\
                  `丶、        }/ _」 ! 、r=ミY辷厶彡'二ニ、
                        \     /_  '´  {ト:::.:ヘ:::::::::: ̄:::// ̄ ̄¨ ──--  _
                        \ / ̄ ̄  /\ヾ::::`}}:::::::::::::://

.

843名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:32:56 ID:.hVAoCBg


             r‐ュ―‐ -- 、
              Y- - 、   `  、 ___
              ',   ヽ,  '´  ̄    ` ー―- ,、
               \ /                ヽ、_____
               /                   `i     ` ー , 、
                 /                      ヽー――- 、 \\
               / /  /                     ヽ     ヽ j ノ
            /:./  /    ,ィ!   ,  i、            '.    //
            /::::i ./   ,ィ / l ,イ  |',  ! ',            ',__,,/'´
            l:::::::i/::  // i/  !.l l  l ', | ',              ',
               l::::;':::::i /'  ̄` i.i ! ! ', !  ',         i    i
            l/ l:::::ト/     ! ヽ!  -‐- 、',   、     l i i i
            l l:::::l ヽ'⌒ヽ          `\!  il     l ! !ノ
            / i:::::l xx         ,-- 、    l ノl  |   !/l /
             / /:::::i               `ヽ レ' /  !  //!/
          / /::::::::l     ヽ       xxx   /,i  l   /
            / /:::::::::::',    _            /'ュ!    i
         / /:::::;:::::::::ヽ   ヽ  ` 7        / L_j    l
          / /:;/ヽ-―‐\  ヽ_ノ       _ノ   !     i 彼女の顔を見るだけで。彼女の声を聞くだけで。
       /  /´       \       _, -‐ヘ;:::::::::::l  ,   / .僕は、幸せ。
       |/!/          `T´ ̄ ̄   |  ヽ;;;;;;;/ /  /
       ' '            |   _ -‐ '´|    ̄/ /  /   .彼女は僕の女神であり、僕は彼女の崇拝者だった。
                    /i,r '´   _ イ     / /  ノ
             ,=ニ二 ヽ //  . -    ヽ  / /_/     彼女に関する全てが、輝いてた。
            i'   _ ヽ、l-‐ '´        \´
            i ( ) `i i             i
            ヽ//__ノ'      , i       l
             /'´7       / !        l

844名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:33:14 ID:.hVAoCBg

┌─────────────────────────────────────────┐
│          / l     // /     ∨ レ!                                .│
│        /У  l     /  { ∧     l  l |                              ....│
│       /               /   {   ′  |           ___               ....│
│.      !            /             |       ,,..-‐'"・・・・・・・・・゛'''-.,_            │
│      |      r‐==- ..   ヘ. ィ´!    |     /・・・・・・・・・・・・・ _,,..---ヽ          │
│        |    」\|         `´      レL_  〈    /・・・・・・・・・・_,..-‐'":::ヘ:::::::::゛''-.、       ...│
│     |  /´                  ヽ |  /・・・・・・・・,.-' :::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::ヘ       .....│
│       |  l                       l | /・・・・・・・/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::: i       ..│
│      l   |  __             _   | /・・・・・./::::::::::::::::ヘ::ヽ::::ヽヽ::::::::::ヽ:::::::::: |      .....│
│.      l.  |    二ニー-     -‐ニ二     | /・・・・//|/|:::::::|!:iヘ_ゝ.,,,,_::::ヽヽ:::::::::',::::::::: |       .│
│        ,ヘ |  ィ´7ひ:}ヾ       ´ラひ:}ヾ   ! |・・・ /:::;;|-|!"ヾ:::|ヾ  __、゛''.,,::ヽ:::::::|:,::::: |       .│
│       {  l |    `¨´           `¨´     |/ \ /:::〈  .,x=xヾ.  '"゛|:::ヾゝ|ヘ|:::i::::/|!:::: |       ..│
│.     弋 !|                      | / \::|:',〈弋`i     弋_リ |:::|'ヾ|/:::::::/::|        │
│          ヽ!             |::      u    'ノ    .|:::',. `"     iiji  |:::|::::::::::::::/::/      .....│
│            ;          '        ,′     |:::::',   ゛       .|:::|::::::::::::://       ...│
│             ,       , ‐-、,__       /        |::::::ヽ   ,、  u   .|:::|:::::://        ......│
│          \    弋,__,/               ',:::::::::::\  ゛   ,.-,':::/:::/゛''‐-.、         .│
│               >、            /           ',::::|∠_-''゛''- r'"__,/::/_,.'o ,' ,' ノ          │
│           ハ ミ、      .... /ト、           .',::|,' ,' ̄,' ̄ ,' ,//:  0,'  _ - 、_       │
│              /  ゞ、   ̄      | \         __ヾ' ', ', ', ', ', ', ', :_,..-," ツ :|_/ ヽ    ..│
│        _Χ     \       |   \      ,'", -':(', ).', ', ', i i r彡 ///  i :',  ',    │
│--― == ̄    へ.      \     ト 、  ヽ、   /,' , '/ ,'゛‐..,,___,,..-彡//-"(___  :|. ', ', ', ',   ..│
└─────────────────────────────────────────┘


だけど、現実はあまりにも悲しく、非情だった。

ある日、彼女と某人気イケメン俳優が交際している事を、三流芸能雑誌にスクープされたのだ。
アイドルが異性と恋愛しているという、当たり前だが純然たる残酷な現実。
偶像が虚像となり、そして実像になった。

彼女の所属している事務所からは、早々に彼女のグループ脱退と、ソロ転向が伝えられた。
だけど、彼女…「萩原雪歩」個人での活動は、少なくとも僕が知る限りは見受けられなかった。

彼女は芸能界から、あっと言う間に姿を消した――


.

845名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:33:24 ID:.hVAoCBg
         / ̄ ̄ ̄\
       /        \
     /  _ノ  ヽ、_   \.
     |  o゚⌒   ⌒゚o   |    僕は、泣いた。
     \::::  __´___  :::: /
        /  ` ⌒´    \     あまりにもどうにもならない現実を突き付けられて。
       |             )
.     |  | .    . /  /     僕にとって彼女は唯一人の女神だが、
       |   |       /  / |    彼女にとって僕は、顔さえも知らない
       |  |      /  /  |    沢山いるファンの一人にしか過ぎなかったのだ。
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ




         / ̄ ̄ ̄ \       .選ばれたのは僕でもなく、ましてや同じファンでもなく、
      /   :::::\:::/\      整った顔立ちとスタイルを持って生まれ、明るく如才に富み、
     /    。<一>:::::<ー>。    .演技が出来るだけでなく唄を歌い小説も書ける、圧倒的に恵まれた男だった。
     |    .:::。゚ __ ´ _~ ゚j
     \、   ゜   ̄ ,;/゜    例え僕と彼女が知り合う機会があったとしても、彼に勝てる筈もなく。
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \      僕はひたすら、どうにもならない絶望の中で泣き続けた。
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

846名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:33:37 ID:.hVAoCBg
                                 ______________________
                                /l ∥|∥ ∥|∥ ∥|∥ l\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_
                               /l/l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\l\_\_\_\_\_\_\_\_\_\
                             /l// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\l\_\_\_\_\_\_\_\_\_
                           /l//    目≡≡≡≡目:::::::::::::::\l\_,\_\_\_\_\_\_\_
                          _|//               :::::::::::::::::\|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           \_/|                   ::::::::::::::::: |\/ ̄ ̄ ̄l__l ̄ ̄ ̄
                              ├┘                      ::::::::::::└┴─┤ ||   | ||  ̄ ̄
..──────────────────├──────────────────┤ ||   | || 特急
                              │                              │ ||   | ||  ≫≪
..──────────────────│                              │ ||   | ||  イッテ
..==================│                              │ ||  //.| ___
     凵    凵                 │                              │ || _//.└───
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\           │ || ̄
   |______|         .│ ――ふぅ…また今日も残業か……  │    __   │ ||
         〟――- 、       \_______________/    /_@_ヽ │ || ,,,____.
        /       \            │ │      |.  ┌─┐       |BUSl │ || ||⊂⊃⊂⊃|
       /       _,ノ  ーヽ           │ │      | .  │l⊃.|        ヽ.二.フ │ || || ロロロロロロ |
.. ̄ ̄ ̄ ̄!       (●) (●) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄│ └───┴─.| ll  |             ||   │ || || ロロロロロロ |
_____ !.           '   }_________|__________|..駐│       | ̄ ̄| │ || ||.・・・・・.o[]|
XXXXXXXX!         ─_- ノXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX |..輪│       |降車| │ || || DRINK.│
::::::::::::::::::::::::xヘ.ヽ.       /XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX |..場│       |専用| │ || ||口口口口|
::::::::::::::::::/、  \ `'ー─‐,, 'XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX|  │       |__| │ || ||====|
::::::::::::/ /\   \ `Yh\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.  / /     \   \ハ辷」                                 (て ̄)
∠ィ⌒ヽ.       \  /万]>、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
′     \       ∨ゞミ|,ハ} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
...:::::::::::ト、   ヽ       ノ |/V
  . ::::::い   |      {. |/{
   :::::ヽ.  | ト、    } |/ハ
.   '   :::::\ | 川     {  |く〈
      ::::|.Y ノノ     i  | | \
   ,   :|ノY´     j  | |  )


それから、数年経った。

僕はとある地方都市の小さな企業の会社員になっていた。

彼女に関するものは、全部捨てた。
だけど、彼女に関する想い出は決して消え去る事はなく。

侘しい日々の底の方に、常に沈殿していた。

.

847名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:33:48 ID:.hVAoCBg
     ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|         ‐|  ||  |;;/  /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;
     ;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |============.\||  /  /;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;
     ;;;;::::::::::::::: :::: :: | ____   :| :|  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;;;
     ;;::::::::::::: :::::: :: | | //  |   | :|/;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;
     :::::::::::::::::::  :::: | | //  |   ::|  |:|;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;;;
     :::::::::::::::  :::::::::: |  ̄ ̄ ̄ ̄    ゙|  |:|   ::: ::::::::::::::::┌──────────────────────────┐
     :::::::::::::::  :::::::::: | _______|\|:|    :::: :::::::::::::│ある夜、僕は金と時間を消費して、                ...│
     :::::::::::::::::::  :::: |                  |   ::::: ::::::::::::::│不味い飯と薄い酒と必要以上の疲労感が            ..│
     :::::::: :::::::::::::  |                  |   ::: ::::::::::::::::::│手に入れる飲み会の帰り、酔いが回った会社の先輩に、   ..│
     :::::::::::: :::::::::::  |                  |  :::: :::::::::::::::::::│強引に誘われ場末のソープランドに連れていかれた。    .....│
     ;;;:;;:::::::::: :::::::/:::::::::              \:::::::::::::::::::::::::::::└──────────────────────────┘
     ;;;;;:;;;;::::::::.../;;;;;:::::::::::::::::             \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
     ;;;;;;;:::: : /;;;;;;;;;;::;;::::::::::::::::::::::::::         \:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
     ;;;; ::::/;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::           \:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;
      ;;;:/;;;;;:::;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::        \:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ../;;;;;;;;:::;;;;;:::;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::   \:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

848名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:34:05 ID:.hVAoCBg


      / ̄ ̄`''──、
     /;;;;人._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\  
     l;;;/  .,,,,,ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ   
     ヽト;; ゙゙゙__`─、;;;;;;;;;;;;;;l、    
     ┝!〉 ゙゙ ̄`  ミ、;;;;;;;;;;l.         「ほら、早く来いよ! どうせお前だって溜まってるやろっ?」
      `/ ゝ、    l;;;;;;;;;;l   
      / ' 、 、  xxx /l;;;;;;;/         
     (.,、_,ノ゙`ヽ_.   l;;;;;〈       
      `_))____、` l  〉;;;;;;l、.           僕は正直あまり気が進まなかったが、
       〉`'´/` l  /;;;;;;;ヽ厂 ̄`\、       体育会系の風潮が強く残る社内において、
      (ニ-'  .ノ, ノ.i⌒i/, -'"~  `ヽ、      先輩の意向に逆らう事は難しかった。
       `、_ )  i--i        \     例えそれが、プライベートと呼ばれる時であったとしてもだ。
       `〈ヽ, -'"~T  ヽ、 , -'" ~ `ヽ、
       / ( ̄ T   iヽ、__     \.  僕はアルコールの混じった溜息を吐きながら、
     /    ( ̄T   |   `ヽ、    } 年甲斐も無くはしゃぐ先輩の後をとぼとぼと付いて行った。
    く       ̄ `ヽ、/__        /
    / `ヽ、/|       `ヽ、 __ノ
       /  |          T

.

849名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:34:26 ID:.hVAoCBg
          ____
       / ノ  \\           「うーん、一体誰にしようかな…」
      / (●)  (●)\
    / u   ___'__    \
    |       `ー'´     |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)  先輩は店に入るやいなや、そうそうに一番人気だという嬢を指名して
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /   そそくさと個室に入っていった。
   /    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
   |  l  |     ノ  /  )  /    一方僕は、初めてではないが決して慣れてはいないが故、
   ヽ  ヽ_ヽ    /'   /    /     誰を指名するか受付でまごついていた。
    ヽ __  /   /   /





                  \_
           ーテ¨´ ̄ ̄ ̄  `丶、
         .  ´               \       そんな僕を見かねたのか、
        /                  ∨      それともトロさにいらついたのか。
     ー=''´                   ヽ
      7/      /  /|           .!    受付の陰険そうな男は、僕にこう言ってきた。
      /  / // 〃  |,ハ             ',
      ノ //,.x< ///  ||            !
      7/xヘ`tv`   ___,,..    |/|    j    ハ{
      /ィ|          ¬tz-,. |     从    |   「先月新しく入って来た子などはいかがですか?
       l{   /       ̄   |    /  }  ハ|    可愛らしくて、気立ても良い子ですよ」
       ハ              |/| /   八 {
       |∧                |/ / /
            丶  ..___       z‐'゙ /|/
           ',         _.    }j  /     どうせ適当に精を出す事が出来れば、相手は誰でも良いのだ。
         'ー   -=≦     ^ヘ{     僕は顔写真もロクに見ずに、「じゃあその子で良いです」と頷き、
             ',  _,,.. -=''"¨´ ̄ ̄{  『落合ユリカ』という嬢を指名した。
             }/      _、 <._
           _,,∠ ~'⌒´ ̄   ̄⌒ーヘ.__
       __厂⌒                  \_
      ノ   、_,、_ 、_ノ^ヽ.._,,.__          `

850名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:35:14 ID:.hVAoCBg



                       ●


                       ●


                       ●


                       ●


.

851名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:35:25 ID:.hVAoCBg


           ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ         「ふぅ……」
      /    ( ー)  ( ー)'
      |        __´ _   |      .狭い個室に入り、そう言えば最後に
      \        ̄  ,/   ( ::)  異性を抱いたのはいつだったかなと考えながら
      /      ー‐   ヽ ( ::)   嬢が来るのを待った。
     /      /^ー r ̄ ̄ ̄i
     |   i   /    ノ、___ノ     『落合ユリカ』…一体どんな人なんだろうか。
     |   l /  r‐´    ̄ |      .まあ、特に期待は抱いていなかったけど。

.

852名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:35:36 ID:.hVAoCBg
               ___ _
            . < : : : : : : : : : : > .
           , r ´ : /: : : : : : : : : : : : : : > .
.        . : : : : : / : : : : : : : : : : /: : : : : : : \
        / : : : : : : : : : :/ : : : : /:/ : : : : : : : : : :ヽ
.       / : : : : : : i : :_:/_ : /: :/ : : : / : :j : : : : : : .
.     . : : : : : : : { ´:/ : : / `/イ: : :/:_: :/: : } : : : : :.
.      { : : : : : : : |: /: :.∠=ミ、/ | : / }:/Tメ:i: : : : : :i
.     l : : : : : : : |/ イ:芹丐 ヽ | / -≠ミ  lヽ: :j : :l
      l: : i: : : : :.|: : |.∨少    /  笊ハ  : : :/| : ′
     ', : |: :i: : : : : :|  ¨¨ `      んソ ' / : / .!/
.       Ⅵ: :|: : : : : :|         j ¨ ` ,' : :イ /
       Ⅵ : : : : ∧   「   ,     //| |
         丶: : : :∧>  ー    . イ: : : :! !  「お客様、ようこそいらっしゃいました、『落合ユリカ』です」
.           j\: : ∧__  > <  \: :. :.| |
      ___ ノ、 > -\ヽ∠ヘ ― -.、 \: |リ
     ´ - .    \  /`>≠<rヘ    l  .}/ 「精一杯頑張りますので、
.   /    ヽ    \/ {////} 〈   :|  ′ お客様も、めいいっぱい気持ちよくなってくださいね」
.    !            `ー.∧  \.:|
   r、             l///∧   \
    j ヘ    ゝ i、      !/// ∧    . :
   /        Y     |//// ∧. . . : :}       部屋に入って来たその子は、
.  /         |: . . . . : :l///// ∧ : : /       .僕が愛した唯一人のアイドル――
.  \         ノ: : : : : : :|//////.∧ イ!       『萩原雪歩』に、とてもそっくりだった。
    ` ー‐┬一1 ` : : : : l:///////∧{j f´ ̄ ̄`ヽ
          l   .j.       \///////:l |ガチャ… .|
          |  〈.           \//// :l! .廴__ ノ
         :  }:、         \/  l
         l  ∧: : .              ,'

853名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:35:46 ID:.hVAoCBg
                     ,ィ
         ____     / '--ァ
        /   u \    ヘ   '-ァ
     :/  \   / \:   ヘ=-┴
    :/ U (@)  (@) \
    |    u  __´,_  U |:   「…ああっ! あ、あっ、ああっ…!」
    :\u    ./__/   /:   
.    ノ     / )ヽ    \    彼女の姿を一目見た途端、
   (  \  /__ノi )     )   息が詰まり、苦しい動機に襲われた。
.   \  ゙  /  ヽ ヽ / /
     \_/     \_ ノ    .まるで、彼女を初めて見た時の様に。





         ,.  ´ ̄` ー‐-
      ,. ´               丶
    / ̄                ヽ
   /    /   ,/           ヽ',
.  / /  ハ   〃 {         i
  {  |   | {-‐┼!  ト、 ┼-      | i
.  ', ト、 ,イ \. | \! \! \ `y′,'│
   Y  \! ,ィf示x    ィf示ミx/ レ′!
.   |  il { トィハリ'    トィハリ }} ハ │  「…? お客様、どうなされましたか?」
.   |   ハ,  `ー'′     `ー'′   i ,′
   ', .i八  .         u  ,′}./
    \!  >、     ○     , く 〃  心配そうに、僕を見つめる彼女。
       Y   >─r┬‐ <.   _j/′
        / } {_/___\/ { ヽ      似ている…似過ぎている。
        ,' {/    ',  }  !     いや、似ているなんてもんじゃない。
         l/  、__ノ┘ ,' │     この『落合ユリカ』は…『萩原雪歩』、そのものだ。
.       |   イ       〈{   ',
         し' /   o    ヽ  _rュ  
         /           ',___フ  
.        /     o      \    
       /             \
.      /      o        〉

854名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:36:04 ID:.hVAoCBg


                  __ _
             . <: : : : : : : : : : : : : :> .
             . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
          /: :人 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
.           .: : : :( J) : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
       .: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i、: : : : : : : : : : : : : : : ヘ
.      /: : : :/ : : : : : : : : : : 八: : rヽ: \ : : ` : : : : :ヽ: : : .
        ,': : : :,' : : : : : : : : : : /j ∨:!  \ > . : : : : : : : : :.:∧
.       {:.: : : : : : : : : :__: :/ノ  マ   丶 : :__: : : : : : : : : .
.       |!: : :{: : : : Ⅳ : : : /. `   ',     ´.\ : j: : :! : : : }: : :l     「…お客様? もし体調が悪いのなら、
.       |!: : : : : : : l 〉r斗≠ミ、      ,r斗≠ミ:、 :l: : : ,'l: : リ      料金は入りませんので、病院にでも行った方が…」
.     .Ⅳ: : ∨.: :.| .Ⅵ芹い        .f芹い  ハ|: : : :.l : l′
.        レ: : : ヘ: : i   込rリ         込rリ   レ': : i : l
.       l.l : : : :Ⅵ{  ´´  ̄           ̄ ``  'Y : : !: :|
.       l: : : : :l ミ!                   ,'ノ! : : i : l  確かに、化粧だってケバケバしてるし、
         l: : : : :l ∧         r        ∧ l : : :!: :!  アイドル時代の瑞々しさだってもう無いけど、
        l: : : : :l: : : .               u  . : : :l: : : !: '  あの柔らかく儚い雪の様な声は、間違いなく彼女のそれだった。
.        ', : : : :!: : :ヘ.     ´  `       イ_ : : l : : : ,'
.          V : : :Y´ ̄ > .        . <   `ヽj: : : ,'   この僕が、彼女を崇拝していたこの僕が、間違える訳もない。
           \ : ヘ        」、 : .ー. : : 「、     ,': /
           > \    /  ヽ  _ .ノ ヽ    /イ_
           . ― - r― イ  /ヾ、ム     .〉ー≠"   ヽ
          /       :l   ', ./    }ヘ.   /    i      .
        .        j    ∨  o .| ヽ /    {
        i       ,          |  `      :l        l
        |       ,'           :{        l       

.

855名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:36:18 ID:.hVAoCBg
                     , ────- 、
                     /      ‐- 、 \
                       /        ( ●)  `、
                     {  u            (●l
                    ゝ            '   !  「…いや、ごめん。
                     \       ー- , '  ちょっと、昔の初恋の人に似てたんでね…」
             _,, -‐‐‐‐'/.. lヽ      , ____/
            ,-‐'、  ヽ  L.::丶:::: ヽ--'` 、
          /   ヽ ..::l:::::::<´:::::l:::::ノ‐‐l.l z 、
          /  ...... l:::::::l::::::::丶  l‐'`t-l'l´  /l丶、    嘘は、ついていない。
         r'l...:::::::::::::::l::::::l::::  `、 l / .l/ / l .l     嘘じゃないけど、嘘みたい恋だった。
        /l,ヾ:::::::::::::::l:::::l    `、 .l  ./ ./   l /l     虚像を虚像と知りつつ愛した、虚ろな恋だっただけ。
       /:::::`..:::::::::::::/:::/...    ヽ .l_.//   l/ .,t
      / :::::::::::::::::://:::::::::....   `y '    ./..::::.:f
     /ミ ::::::::::::イ;;;T:::::::::::     l.0    /:::::::  l





          -─- .
      ,. ´ ̄       ` 、
.   /              z≧、
   / /                 ヽ
.  / /         、
  ′,′      }   ハ  .l       |
. l l   {{     /i  / j/ト、 │   l
. | |   ||   -≠ j/  ' ̄ ̄` ト、 /
. | ヽ,  レ'´/       ,ィf示x V jイ        「ほっ……なんだ、そうだったんですか…」
  ',  \i ,ィf示㍉   トィハj } l   |
      │{ トィハ}      `ー'′ l   |       「もう、驚かさないでくださいよ。
      ト ``ー'′       u  〈   ′       私、とっても心配しちゃったじゃないですかぁ~」
    \│ ゝ    `__´   イヽ /
      `ヽ{ r‐ミT フヽ_ `Y´ヽ j/
        l   ヽ { 、 }  ト、 ',
         |  / ,'  il  \ l     そう言って彼女は、心底安堵した様な顔を浮かべた。
         |   レ'  /\  ', |
         l '´ /  o \  |     確かに、あの男の言う通り、気立ての良い人のようだった。
         、_/      {   ┘
        /       o ヽ
       /          \
     〈        o     〉

856名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:36:31 ID:.hVAoCBg


               、___  , -―  ̄ ̄ ー- 、
                    //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
                  / /.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              // /.:.:.:.:// / /ll.:.:.:.:.:.:.:.::.l.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:ヽ
              / / /.:.:.:.:/// // || !.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.::.:..:.:.:.:ヽ
              /  l /.:.:.:/-、  | |  || ヽ.:.:.:.:.:.| ,:.;/.:.:..:.:.:.:.:.:.:.l
            /  /l|.:.:.:/, -、 | l ⌒ヽ!、.:..:.:/ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:|
             /入.:.:.:|b:::|   l,!  彡、 |:|.:./:./:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::..|
             //.:.:.:_./,!__!      /::::\l:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::.:.:.:.:.:./
              //.:.:.::'y        〈::::::::::::ゞ:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:/.:.:/  「でも…初恋の人と似ていた、のかぁ…
             l l.:.:.:.:| ヘ  、、     `"// /ー、:.:.:.:.:./.:.:/   ウフフ…きっと、私なんかとは違って、
               | l.:.:.:.:|.:.:.:\ヽノ    / / /: ,ノ:.::.:.:../.:.:/    とっても素敵な人だったんでしょうね」
           | l|.:.:.:.:!.:.:从\    // /:/_)'.:.:.:..:/.:/
           |! リ リl,リ!     ̄フ/~ //:.:.:.:.:/.:.:/
              _|!_ノ 冫>へ   /ノ―ソノノソ///
            _,f--℃/ ̄ヽη/⌒`ヾ_   フ
      r '  ̄     _ ィー^ケフ      Y  〈     …うん、確かに素敵な人だったよ。
     l      ,,/........|  l/           ヽ    まるで、君みたいな――
     |     ト/..............|  /             ヽ
      |     | |...............| ./                l   …浮ついたセリフは、胸の中に押し込めた。
      |     | レ..............Y       /     | /   .僕なんかが、彼女に言っていいものでもないのだから。
      |       |j........../        /       | /
     |    __\/         /\     //
      l /  /       /\  \ ./ /

.

857名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:36:42 ID:.hVAoCBg


                ____
       ,.  ´ ̄      ` 、
     /               \
     /              ⌒ヽ
.    / /                     \
   / /          }   、          ',
.  / /           ハ {   ヽ\   }.  |
  l {     |   / j/\  ',斗- /  /
  |  ',   斗匕/ ̄   `<ゝj/i , く
  |  \   /  _       x==x ト、  }
       `T  x'´ ̄ `          l   |   「それじゃあ…そろそろはじめましょうか。
        │              ´´ } | │  時間もあまりないですしね。
    \  ト、´´´    マ フ   , く, | ′  ではお客様、ベットに横になって下さいね♪」
.       \\>   ___  < _ヽj/
       ` \, へ  X ト¨ V<⌒ヽ
           ∧  _) '  `′} i! `y'  ……ああ、そうだった。
          ,' /`  〉 o  i! | i¨
           レ'  /      ハ.{ }   僕と彼女はもう、アイドルとそのファンという関係ではなく、
.        └‐y    o  ヽ `¨   .ソープ嬢…『泡姫』と、彼女を抱きに来た客という関係。
           /        ',     30分間25000円の過ちと引き換えに、一時の快楽を得る。そんな、関係。
.          /      o
.        /              ただ、思いは常に一方通行な事だけは、変わっていなかった。
        〈        o    〉

.

858名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:36:54 ID:.hVAoCBg


            ,  -‐v‐…‐-
            /            丶、
            /                 ヽ
.        /    /            ヽ   ハ
       /    '    |   i_}i   }    ',
.       i|     {  |_」八  i\「i`ヽ | } }|    「エヘヘ…スタイルにはあまり自信がないんです」
.       i| {   ィ'i 八l八|\ハ ィテミl八∧ノノ|
       八八 ヽト、xテ圷    ヒ:::リ ゙Y   |   「でもその代わり、精一杯サービスするつもりですから、
        Y ヽハ〃弋:ツ   、 .:::`  |i    |    とっても気持ち良くなってから、お帰りになって下さいね」
           |  i l',   .::::    _   ハ    |      
           |i l l |_ヽ.    く   丿  .' l | i|   
         八l  八i个ト .    . イ、 ; ' ,リ
          >、i{ ヽK´ ]≧=‐ '" | У//        ,…初めて見る彼女の裸体は、キレイだった。
         ,.-――‐<´     /  ` --――-、
        /        ̄ ̄ヽ '  ̄ ̄ ̄     ヽ    本当に本当に、キレイだった。
        |   V                     |
        !   {                !/    !
        |   У             ヾ/    |
        |   /                 ..  V   ,
        |   ! f-;:           ::ーィ; }   !
        |   ヽ      _ _        ,'   |
          |    ,>――一'人`ー―─ 、 -1   |
          !   /   ` ー='  `ー 、    \    |
        ! /       \  /      \   |
       i /   ヽ    、 \_Y ,.イ     /   \ |
       |     |\ _ Y_//,.   /ヽ     ヽ|
       ヽ    ,'  ー―∧. Vーー‐'  |     |
        ゝ---/      {_∧_j     ヽ、   ノ

859名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:37:06 ID:.hVAoCBg



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
:.:.:.::::::::::::::::::::::::  ',               ,---、
:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::  /',              /   ヽ
:.:.:.:.::iヽ:::!:::::::/::  !: ヽ        _   __,!'´  イ':.:!
:.:.:ヾミミミミ:::ノ/_,.イ:. |      r'´:.:、,>'´   :.:',-―― 、
ミミミミミY\〃〃:.: |      |:.:.:イ:.:.:     :.:!     ヽ
三三三ミヽ \_::Y'ヽ|      i:.:.:.:.:.:.:.:     :.:!:... :.:.:.:.:.:.ノ!
三三三ニf=-、 \ヽ \  ,. -イ:.:.:.:.:.:.:.:.     :.:i:::::::.:.:.:./:/
三三三三ヽ-'イ`_ ヽヽ- ' ´. .....',          ::}:::::::;:ノ-'
三三三三三彡Z´ ..........:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.::.      :.!`´ /
三三三三三三.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.::...       /
三三三三三三ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:..     _/ アイドル時代よりも更に細くなった体の線と、
三三三三三三ミ:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:_,',:.:.:.:.:.::.:    /  僕のあそこを握った手に刻まれた皺。
三三三_,,,,,,_三ミミ::::::::::::..._,.. -‐'''''´ ト:.:.:.:.:.:    /
三三r'´-、 `ト、ト-' ´    !    /:.:.:.:.:.:     !    それらが、彼女が辿った苦労を無言で物語っている様に思えた。
彡彡ミ ̄`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.    ',   /:.:.:.:.:.::.     !
彳彡彡彡彡ト、:.:.:.:.::..    ヽ、_ /:.:.:.:.:.:.     !
イィ彡三三三ミ \:.:.:.:.:.:.:.....    /:.:.:.:.:.:     !
イイ彡三三三ミミ ヽ:.:.:.:.:.::.::.:  /:.:.:.:.::.:      !
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

860名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:37:20 ID:.hVAoCBg
               _ ,. .-‐ ´ . ..:: :::::::::::::::::|:::::::::::::::: .:. ..
         _ ,. .-‐ ´      . :. . :.::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::. :. . .
    _ ,. .-‐ ´        . :. . :.: ::::::::::,. .-‐ ´´`‐- ._::::::::::::. :. . .
-‐,- i              _ ,. .-‐ ´      l       ` ‐ - .,._
  l . |        _ ,. .-‐ ´             l   _
  l : l _ ,. .-‐ ´                   |  i `'i‐-
  | `.l                  _       .l  l‐-l ,._
  l  |    ,.= 、、   i'`ー‐-クk´ ヽ        l .┌───────────────────────┐
    l   , /ムl!lゝ: .     、,-γ´ - ヽ l        │それから僕は、彼女がいるこの店に通い詰めた。   ..│
    l,  l l L|l!「」 ll  .  i´`i( i;:l )レ′      ..│                                  │
    !  _.i_l_,li__ll__     、 ヾ_ヵ_-'ゝ    .|   │月1回が、2回となり。                     │
    l  l__   l 」  ___  ̄ __ヽ! _   .|   │月2回が、いつの間にやら週1回。            ...│
  i  l      ̄ ̄   i (¢ats. I. times. ll  .l   │時には2,3程通った事もあった。               │
  l  |   ────    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       .│                                  │
  |  l   l|「 ̄」|i|「     ________ ,   i   │安月給の身でこの出費は正直キツかったが、       │
  l  |   ||「 ̄」|ll      l ‐- ,,._.___i  ,|  | │どうせ趣味など特にないのだ。               │
((::.,) l .    l|i      .|    |「 ̄ ̄ .| 「C ! | │僕が恋に焦がれた『萩原雪歩』に逢えるのなら、     │
  l  l       .l     i   |    l「 ̄   .l l A l . l │まったく惜しくない。                     ...│
  |  |   |l       l   |    |l   . 二| | T l . l └───────────────────────┘
  |  l  l|_  l.i _」|   !     l  _  | l S |
  i  |     ‐ ‐ -- '   !     l __  | l<I>|
  l  l            |    |l____,| l T l        ,、 ,、
,. _l_ ,. |            |  ,. --'== = l | .I .!     (:::.. ,,)
    ` ‐-   _      l  l ̄ ̄ ̄ ___! !.M.|     _,.l iヮゝ
,. _            ̄    ‐‐--   _   .l.Esl_,. -‐ '" ムl__,.>
 ,ー、 ‐‐--  _                  ` ´       (ノ 
 i::.. ヽ         ̄  ‐‐ -     _           _,. -‐'"
-': .: . ヽ                     ‐-=  ‐
: :. :. .  l
: : .:.   ノー-、

861名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:37:31 ID:.hVAoCBg
                       /     `丶、
                        /     , /ヽ、  \
                    ,__ノ   / /|/L.._ },ハ|  ト、
                    `7   /|/´   ,_  |  |     「いらっしゃいませ~今日も『ユリカちゃん』のご指名ですね~』
                      レ ハ{ ,ノ        j |
                      |ハ j、  !   __   ハN             この一見陰険そうな男とも、
                        `|,ハ.  、'´ /  八|              .すっかり顔馴染みになってしまった。
                          \  ̄   / |リ
                                - ゙   |               今では彼女の出勤日や急な休みなどを
                             _」       |、_             連絡してくれるようにまでなった。
                  _,、____ ,. -‐ヘ,寸 }     _} 厂` ー- 、
                  }: : : /    V '、   ‐,ァ゙ /      `ヽ      ここでも人気がいまいちな彼女にとって、
                  ,_,,」: : j       \\ _//           }、___   僕は一番の上客になっていた。
                  r'^ 〈 : : /  }      \_,/          _」ン . : : 八_
    /⌒ ー- .._   _,≧ン゙/ ___」                 //. : : : : : >'⌒´ ̄
  ,ノ. : : : : : : : : : `'<.._ ̄ ̄ ̄  !                  /_... : : : /. : : : : : : : :
  |: : : : : : : : : : : : : : : : : :二` : : : ;ハ                /. : : : : :/. : : : : : : : : : :
  !: : : : 、: : : : : : : : : :`¨ニ=- : : : : :,                 /. : : : '´. : : : : : : : : : :/
  }、: : : : .\: : : : : : : : : : : : : : :`ヽ: :}     ``           ム._/. : : : : : : : : : : :/. :
  {: :ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|              厂 : : : : : : : : : : : :/. : : :
  {ゝ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|             , : : : : : : : : : : : : : : : _:ノ^´

862名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:37:42 ID:.hVAoCBg
            ,  -‐v‐…‐-
           /            丶、
           /                 ヽ
        /    /            ヽ   ハ
       /    '    |   i_}i   }    ',    .彼女に気付く人はいないのか、とも思ったけど。
        i|     {  |_」八  i\「i`ヽ | } }|
        i| {   ィ'i 八l八|\ハ ィテミl八∧ノノ|    5年も前に脱退した、今ではもうそのグループ自体も
      八八 ヽト、xテ圷    ヒ:::リ ゙Y.    |    解散しているB級アイドルグループの、
        Y ヽハ〃弋:ツ   、  `  |i    .|    世間をほんの二週間…芸能週刊誌が人気俳優との熱愛を
          |  i l',               ハ    |    記事にしていた期間だけ騒がしたメンバーになど、
          |i l l |_ヽ.     ー  '   .' l | . i|    気付く人間なんて誰もいなかった。
        八l  八i个ト .    . イ、 ; ' ,リ
         >、i{ ヽK´ ]≧=‐ '" | У//
             __. イ  |      { }∨      彼女を猛烈に、そして一方的に愛していた、僕以外には。
          r<´  / /!     /  |ー-   
         /{     {/ヽ }   ー「ヘ、 |    `ヽ、
    __ | 、        ヾ    ノ′ ヽ|     /\
   ./  ∧|   { /     `、  /          /   }
  /   ∧  ヽ!/      ヽ /     ヽ   /  亅
  /    ∧   ′      ∨        V __」==ッ、
  丁ニ=-、 ∧ .!        |・         } ィ7/    } }
   {_ニニニ ヘ!.:        ゞ      ..::::::/  /     ∨
    };;;;::    ハ:::::.ヾ ー-‐' | ー‐‐'..:::::::::/ ;/-==ニ二}
    };;;     }:::::::.. .     |・   ...:::::::::::{  ....:::;;;/

863名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:38:37 ID:.hVAoCBg
            ,  -‐v‐…‐-
            /            丶、
            /                 ヽ    そんなある日の事。
.        /    /            ヽ   ハ
       /    '    |   i_}i   }    ',   いつもの様に30分間25000円の過ちを
.       i|     {  |_」八  i\「i`ヽ | } }|  終えて、そそくさと服を着替えている僕の背に、
.       i| {   ィ'i 八l八|\ハ ィテミl八∧ノノ|  彼女があの時と変わらぬ、儚く優しげな声をかけた。
       八八 ヽト、xテ圷    ヒ:::リ ゙Y   |
        Y ヽハ〃弋:ツ   、 .:::`  |i    |
           |  i l',   .::::    _   ハ    | 「あの、お客様…ちょっと聞いても良いですか?」
           |i l l |_ヽ.    く   丿  .' l | i|
         八l  八i个ト.     . イ、 ; ' ,リ
          >、i{ ヽK´ ]≧=‐ '" .| У//
              _./`\__/`ヽ_
          , -‐l ̄  .\__/\__/.   ̄l‐-、
        /  、!       ゜|       !, 





                _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
               ,r'        \
              / ⌒         ヽ
                ( ●)   `―    ..i     「…えっ? 何をですか?」
              i.      ( ●)    |
                \ _´___       /
                 \`ー'´   __/
               ,-'"X ヽ  ̄,イ !:: ヽ __.
             __イ:::::::|l, \/  | !:::::ゝ::::::::::::::~゙l
             ,-‐'":r┤::::/|,イソ\ ! ヽ: ̄!::::::::::::::::ヽ
         |::::::::|:::::::::,! .' / l     〈:::::::|:::::::::::::::!::::``ー-、
          |:::::::::::|:::::::j    !-|     ', :::: !:::::::::::: !:::::::::::::::::::`ー 、_
          !::::::|:::|:::::::j    |-┤     !:::::l,:::::::::::::,!:::::::::::::::::::::::::::::::::`ー-、
         ,!:::::::,|:::|::::::|    ├┤      l,::::|:::::::::::::|_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         !:::::::::l:::l:::::,!    |─|      ', : !::::::::::!  ``‐--、__::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,!:::::::::::l:: !:::|     ├┤      .!::,|:::::::::|        .~`ー-┐:::::::::::`、

864名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:38:51 ID:.hVAoCBg
           ,.  ´ ̄ ̄ ̄
          /             \
.       / /                \
      /  /                    ',
.     /  /     //   ./ ト、  、
    i   {,   / / ト、 ∧ │   }  }
    |  ヽ  /´ ̄j メ j/  <T¨ト、 ./l ′
    |    V ,ィf示㍉    ,ィ=x j/ _j/
      ',.   | { 込ソ      トィリ } y  |
      ',.   |         `´   {  ,′   「ほら、初めて私を指名した時に言っていた、
.         ト、´´   、 , ,  ⌒Y  ′    私に似ている初恋の人ですよ」
         \{ >    _, レ   八/
            ハ {  >‐< {   《
          i  } `ー'    ',   v   「その人って、一体どんな人だったんですか?
           l  i!     o  ',      あれから私、ずっと密かに気になっていて…」
            |  ヽ      ト、  }
         \ }     o { `¨
              y'      ヽ
          /           \
            /      o    \





       ___
      /     \      「…ああ、なんだ、そんな事ですか」
    /  ノ '  ー‐ \    
   /  (●)  (●)  ヽ 「いいですよ、彼女は、彼女は……」
   |         '       |
   ヽ、    ‐‐-‐    /  …こういう場合、何と言ったら良いんだろう。
    /             \  僕には、よく分からなかった。

865名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:39:02 ID:.hVAoCBg
          ____
        /     \     考えに考えて、残りの時間があまり無い事に気付き、
      / ―   ― \    結局、思いのたけをありのまま語る事にした。
     /   (●)  (●)   \
     |       '       |    「…僕の初恋の人は、とても素敵な人でした。
    \      ̄     /     僕なんかじゃ釣り合わない、手の出せない人でした。
     ノ           \     結局僕は、彼女と話した事すら、殆どありませんでした」





            ,  -‐v‐…‐-
           /            丶、
           /                 ヽ
        /    /            ヽ   ハ
       /    '    |   i_}i   }    ',   「…話した事が、なかったんですか?」
        i|     {  |_」八  i\「i`ヽ | } }|
        i| {   ィ'i 八l八|\ハ ィテミl八∧ノノ|
      八八 ヽト、xテ圷    ヒ:::リ ゙Y.    |  「なのにどうして、好きだったんですか?」
        Y ヽハ〃弋:ツ   、  `  |i    .|
          |  i l',               ハ    |
          |i l l |_ヽ.      -    .' l | . i|
        八l  八i个ト .    . イ、 ; ' ,リ
         >、i{ ヽK´ ]≧=‐ '" | У//
              _./`\__/`ヽ_
          , -‐l ̄  .\__/\__/.   ̄l‐-、
        /  、!       ゜|       !,

866名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:39:13 ID:.hVAoCBg
      / ̄ ̄ ̄\     「…初めに見染めたのは、彼女の可愛らしい顔でした。
    / ノ    ヽ \    次に、優しく儚げな声に心を惹かれました」
   /  (●)  (●) \
  |        ´      |   「そして、それから彼女の人となりを追う内に、
  \      ー=‐'   /    彼女の努力家で、真面目で、優しい一面が見えてきて…」
   ノ           \




          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \    「その頃にはすっかり、彼女に心を持っていかれてました…」
    /   (●)  (●)  \
     |      __´___     |
    \      `ー'´    /   「彼女は僕の女神だと、本気で思っていました」
     ノ           \

867名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:39:34 ID:.hVAoCBg
                  __ _
             . <: : : : : : : : : : : : : :> .
             . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
          .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
       .: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i、: : : : : : : : : : : : : : : ヘ
.      /: : : :/ : : : : : : : : : : 八: : rヽ: \ : : ` : : : : :ヽ: : : .
        ,': : : :,' : : : : : : : : : : /j ∨:!  \ > . : : : : : : : : :.:∧
.       {:.: : : : : : : : : :__: :/ノ  マ   丶 : :__: : : : : : : : : .
.       |!: : :{: : : : Ⅳ : : : /. `   ',     ´.\ : j: : :! : : : }: : :l  「…話した事もないのに、どうして分かるんですか?」
.       |!: : : : : : : l 〉r斗≠ミ、      ,r斗≠ミ:、 :l: : : ,'l: : リ
.     .Ⅳ: : ∨.: :.| .Ⅵ芹い        .f芹い  ハ|: : : :.l : l′
.        レ: : : ヘ: : i   込rリ         込rリ   レ': : i : l 「彼女が素敵な人だったって、どうして分かるんですか?」
.       l.l : : : :Ⅵ{  ´´  ̄           ̄ ``  'Y : : !: :|
.       l: : : : :l ミ! """             """ ,'ノ! : : i : l
         l: : : : :l ∧         r        ∧ l : : :!: :!
        l: : : : :l: : : .                  . : : :l: : : !: '
.        ', : : : :!: : :ヘ.     ´  `       イ_ : : l : : : ,'
.          V : : :Y´ ̄ > .        . <   `ヽj: : : ,'
           \ : ヘ        」、 : .ー. : : 「、     ,': /
           > \    /  ヽ  _ .ノ ヽ    /イ_
           . ― - r― イ  /ヾ、ム     .〉ー≠"   ヽ
          /       :l   ', ./    }ヘ.   /    i      .
        .        j    ∨  o .| ヽ /    {
        i       ,          |  `      :l        l
        |       ,'           :{        l       





        ___
       /     \     「さあ…僕にはよく分かりません」
     / ⌒   ⌒ \
    /  (⌒)  (⌒)  \  「でも、分かっちゃったんです。分かってしまったんです」
    |     ___´___     |
    ヽ、   `ー '´   /   「彼女が素晴らしい人だって、分かってしまったんですよ」
     ノ          \

868名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:39:47 ID:.hVAoCBg


              ,. ― z 、 __
.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
.         〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,
         /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘ
.        ,'.:.:/.:.:/.:.:.://:从.:.:トヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
       l.:./.:.:/!.://_.イ |! l.:.| Ⅵ.:.:.:.:.:.:.:.: l
.         Ⅵ!:/ イ__ .`  ヾ ‐什リ.:.l.:.:.l.:.l  「ウフフッ…♪ お客様ったら、おかしな人ですねぇ」
       |.:.:ト:!.r≠z、    _ _  Ⅵ.:./!/
       |.:代!       ` ̄ ` /l/.:i
       |.:.:!.:!     '       ,'y.:.:.,'  「話した事もない人を、そこまで思ってしまうなんて…」
       |:.:.!.:.\   ー    /.:j.:.:.,'
       l.:.:l>-ヘ    _ .<:. /:.:/
       ∨!  /i、_  ̄ __.l、― ,'.:./      彼女は僕の話を聞いて、朗らかに笑った。
       _ rメ―〈   〉〈 _ 〉、/.:/
    γ  j   〃7 >"´ イ、./イ 、 _     そこには、僕を馬鹿にした様な気持ちなど、
       7  /  '   ´ ィ.j    |  ヽ    一切込められていない様だった。
    l.  ,'  /      /     !   l
    l    /   r ー "l!      |  

.

869名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:39:57 ID:.hVAoCBg


               ___
         , -─一'´: : : : : : :`丶、
       /: : : : : : : : : : : `ヽ: \: : \
.      / : : : : : : : : : : : : : : : ',: : :ヽ: : :ヽ
      / : : : : : !: : : : : : : : : : :: ',: : : ',: : : :',     ひとしきり笑った後、
     ,' : : : : :/:| : ::|: : : :l : : : : : l: : : }: : : ::l     .彼女は、静かに呟きはじめた。
     l: :/: : /:斗: : |: :─|- 、: : :::| : : l: : : : }
     |/ l: : :lィ=ミ',: :|ヽ:テ=ミ: : : : ! : :,' : : : ,'
        V :| ヒク ヽ|  ヒ:::クヽ/l/:∨: : : :/   「…私にはね、友達がいたんですよ。
       /:ヽ|  l    `ー/ :/:: : : : :/: :/     その子ね、昔、アイドルグループに入っていたんです」
        /: : :ハ 、      / : : : : : : /: :/
     /イ : /:/ヘ  ̄  ./ : : :/: /_/,/
      |: : :/|/  ̄ ̄/: //´ ̄\       誰に向かって語りかけている訳でもない様な、
      |/      /イ´ , ' ⌒ヽく       『友達』の話を。
             く  /      \
              ∧ ,'       \
             〈〉l}ハ           ',
             / | ∧       | l
               / .| / ∧       /ヽl_
              ,'_/_ノ'─-〈ヽ、__ノ /ヽl
            /     ∧  __ノ  〉、
            ,'       \        / ∧

.

870名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:40:08 ID:.hVAoCBg


               ___ _
            . < : : : : : : : : : : > .
           , r ´ : /: : : : : : : : : : : : : : > .
.        . : : : : : / : : : : : : : : : : /: : : : : : : \
        / : : : : : : : : : :/ : : : : /:/ : : : : : : : : : :ヽ
.       / : : : : : : i : :_:/_ : /: :/ : : : / : :j : : : : : : .
.     . : : : : : : : { ´:/ : : / `/イ: : :/:_: :/: : } : : : : :.
.      { : : : : : : : |: /: :.∠=ミ、/ | : / }:/Tメ:i: : : : : :i
.     l : : : : : : : |/ イ:芹丐 ヽ | / -≠ミ  lヽ: :j : :l
      l: : i: : : : :.|: : |.∨少    /  笊ハ  : : :/| : ′
     ', : |: :i: : : : : :|  ¨¨ `      んソ ' / : / .!/
.       Ⅵ: :|: : : : : :|         j ¨ ` ,' : :イ /
       Ⅵ : : : : ∧   「   ,     //| |  「まあ、アイドルって言っても、
         丶: : : :∧>  ー    . イ: : : :! !  大して人気はなかったんですけどね。
.           j\: : ∧__  > <  \: :. :.| |  特にその友達は、グループの中でも全然人気がなくて…
      ___ ノ、 > -\ヽ∠ヘ ― -.、 \: |リ  事務所からも、お荷物的に扱われていたんです」
     ´ - .    \  /`>≠<rヘ    l  .}/
.   /    ヽ    \/ {////} 〈   :|  ′ 「それでもその子、自分にはこれしかないって、
.    !            `ー.∧  \.:|     彼女なりに頑張っていたんですけどね」
   r、             l///∧   \
    j ヘ    ゝ i、      !/// ∧    . :   「でも正直、全部無駄な努力だったんじゃないかな、って思います」
   /        Y     |//// ∧. . . : :}

.

871名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:40:18 ID:.hVAoCBg


                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,   「…その子はね、昔から引っ込み思案で、
               ///:::::::/:::::イ:|:::::::  ::::i      ::ヽ::  :',   友達なんて殆どいなくて…
              / /:::::::/::/ |::ト,::::i:::::::|::::|::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::',  そんな自分が、凄く嫌だったらしいんです」
              ! .|::/:イ::/‐- ',::| ヽ:|!:::::|::ハ:::|::::::::::::::::::::::|:::::::::::|
               .i:::/|/γテミ,ヾ ヾi.',::|/- ',::|:::::i:::::::::::|:::|:::::::::::|
               /::'|:::|:i .i:::::|    .|/=x,, ',|:::::|::::::::::i',/::::::::::/ 「その子は、もうこんな自分は嫌だと、変わりたいと思って、
              //::::::/:i.  ゛"     /::::|》 |!',:::||::::i://:::::::::::/ .明るく輝いて見えた芸能界に入ろうと考えました。
             //::::/::::|.   '      ゝ" /::',/|::/:::/:::::::::/  そこでならば、自分みたいな人間ですら輝けるだろうと、
           ///i:::/_>i 、         ./::::::':::|/::::::::::::/   本気で信じていたんです」
          _  /'/⌒_,`ゝ,ヘ  ` ‐     //:::::::::::::::::::/ 
     , -=-,- '  >' r‐' "   ノ-'"),   _ .//::::::::::::::::/
 _ - "/(⌒)/ ./  ./    ./ ./-.ニi_ ̄_/ ::/::::::::/   「幸いな事に、顔だけは悪くなかったから、
   /   ./  |  /      /     "  ///;>-<    何とか小さい事務所のオーディションに合格して、
   .i    ヽ  ヽ' /     ノ            ζ     そこに所属する事は出来たんです」
   i    γ ̄ ̄ `= -/_     _        〉

.

872名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:40:28 ID:.hVAoCBg


           / : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.           ' : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
          |: : : : : : : / : /: : : :/: : : : :}  「でも、所属しただけで仕事がすぐに来る程、
          |: : : : :/.:/_: /」: : :/!‐:-: : :'  芸能界なんて甘いものじゃありませんでした」
.            i: :∨/ ´:x≠弌/.ィチミN/
             ', : : : : |ヒソ    ヒリイ: :|  
             Ⅵ : : : l     ,  ._/ : :|  「ある日彼女は、事務所の偉い人に選択を迫られました。
              イ∨: :ト  ー:r 、」_\: |  事務所やテレビ局の偉い人に抱かれて、
           〆   \:!  >-\ヽ` Y  アイドルグループに入れさせてもらうか。
       〃 `\  、 _ .ノ‘,:`∧   !  .それとも、このまま飼い殺しにされるか、どちらかを選べと」
       /     \ ´    ‘, ∧  !  
.        .        ヾx.    人 .〉  }  
.        :.     { /.:.:.`ヽ.;/.:.:.:∨   '   「…彼女はね、偉い人に抱かれる事を選んだんです」
       ‘,    :l/!.:.:.:.:.:.:.:.: ':.:.:.:.:.:/   .′ 
         :.    込 .:.:.:.:.:.:ノ、.:.:.:イ   /   
.        ∧   Ⅵ二三三三/   ./    
.        / ∧   ',ー――一'  ./
       / / .',   ∨ /  i{   /

.

873名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:40:39 ID:.hVAoCBg


               . ―─ ‐  .
            . <: : : : : : : : : : : : : : > .
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : :丶    「それからは、トントン拍子に話が進みました。
       ,.イ, : : : : 、 : : : : : : :!:、 : : : : : : : :ヘ.: : : : :.    少なくとも、彼女にはそう思えました」
      ̄ / : : : : :ム.: : : : : :|= -: : : : : :.トヘ: : : : ヘ
.         ,': : : :.才´ \: : : :| , zz\`: : : l :\: : : : :.
.         l/: : : : レz 、  \: :l"γヾ ヽ: : :リ: : : : : : : ハ   「アイドルグループの一員としてデビューしました。
        ハ: :∧: |Yヘヽ.  ヽ! 込ノ ノ W/ : : : : : : : : :   いっぱい写真を撮られました。いっぱい唄を歌いました。
        ト: :∧! Ⅵj  ノ     ``   :| : : : : : : : : :|   色んな所に行きました。色んな所で仕事をしました。
        |ヘ|:.  `   ゝ          :| : : : : : : : : :|   そんな彼女にも、とっても少ないながら、ファンも出来ました」
        |: : :',                  :| : : : : : : : : :|
        |: : :.ヘ                .:|: : : : : : : : : :
        |: : : : 丶   ´ `     イ :|: : : : : : : ,'l/ 「彼女は夢を叶えた。嫌な自分を変えられた。
.          Ⅵ : : : : :>       . :   | !: : : :/ /   少なくとも彼女は、そう思っていました」
.           ∨: :!: : : : : : :≧≠.       リ|: : :イ /
          \|ゝ> "´  ,r1      |/ >≠z ,
            __  ,.イ{ l! '       /' / .///   >.
          /   l/{! l! l! 、 , ― /' / .///      .ヘ

.

874名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:40:49 ID:.hVAoCBg


           ,.  ´ ̄ ̄ ̄
          /             \
.       / /                \
      /  /                    ',
.     /  /     //   ./ ト、  、
    i   {,   / / ト、 ∧ │   }  }  「…だけどね、アイドルなんかになったくらいじゃ、
    |  ヽ  /´ ̄j メ j/  <T¨ト、 ./l ′ 人間なんてそうそう変われないんですよ」
    |    V ,ィf示㍉    ,ィ=x j/ _j/
      ',.   | { 込ソ      トィリ } y  |
      ',.   |         `´   {  ,′「それからも、仕事の為だと嫌な男の人に抱かれる度に、
.         ト、´´   、 , ,  ⌒Y  ′ 彼女は吐き気と後悔に襲われました。
         \{ >    _, レ   八/  自分は一体何をしているのだろうと。
            ハ {  >‐< {   《    これがあの日夢見た光輝く芸能界なのかと」
          i  } `ー'    ',   v
           l  i!     o  ',
            |  ヽ      ト、  }    「それでも彼女は、頑張りました。
         \ }     o { `¨    これが自分の生きる道だと信じて、頑張りました。
              y'      ヽ      でも彼女の心は、壊れてしまいそうでした。
          /           \    …いえ、その時にはもう既に、どこかが壊れていたのかもしれません」
            /      o    \
.           /             }

.

875名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:41:02 ID:.hVAoCBg


        ____
     ,.  ´      `  .
   ∠             \
.  /                  ⌒ヽ
.. /.       /             ',
  i    〃 ∧  ト、  ト、       l
  il   | ', {  \! \! ヽ ト、   ! 「…ある日、仕事で一緒になった男の人に声をかけられました。
.  ト、  レ匕´ ̄`  ´ ̄ ̄`ヽ',   イ その人は、彼女が芸能界に入る前からの憧れの人で、
  Y'\! ,ィf尓x    ,ィf尓ヽ. iレ'   明るくてイケメンで才能もあって、とっても素敵な人でした。
.  |  ハ { トィ'/リ    トィ/リ } ハ ./  少なくとも当時の彼女は、そう思っていました」
.  | .{ },,,, `¨´     `¨´  ,′./
   ', { >     、 ,  ´´´イ //
   Vj/   > .__ <\j// 「舞い上がった彼女は、その男の人に乗せられるがまま、
        / l ヽ 入___ハ ヽ    気がついたらベッドの上で腰を振っていました」
.       / {/ ̄ ̄Z  } i
     ,' /  _r‐┘ / .|
      | ´  イ  ° {  {        「素敵な恋だと、思っていました。
     し  /   o   \ ',___      運命の出会いだと、錯覚していたんです」
      /        \ 、 }
     /       o        `¨
.    /                 ',

.

876名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:41:13 ID:.hVAoCBg


            ,  -‐v‐…‐-
           /            丶、
           /                 ヽ
        /    /            ヽ   ハ   「…でもね、才能ある人にとって、
       /    '    |   i_}i   }    ',  人気のないB級アイドルなんて、
        i|     {  |_」八  i\「i`ヽ | } }| 所詮は遊び相手の一人にしか過ぎなかったんです」
        i| {   ィ'i 八l八|\ハ ィテミl八∧ノノ|
      八八 ヽト、xテ圷    ヒ:::リ ゙Y.    |
        Y ヽハ〃弋:ツ   、  `  |i    .|   「彼女はただの、彼が暇な時に呼ばれて、抱かれて、
          |  i l',               ハ    |   時には叩かれたり縛られたりする様な、都合の良い女だったんです」
          |i l l |_ヽ.     ー  '   .' l | . i|
        八l  八i个ト .    . イ、 ; ' ,リ  「なのに彼女は、付き合っていると彼女が思い込んでいる間は、
         >、i{ ヽK´ ]≧=‐ '" | У//    ずっと気がつかなかったんです。本当に、馬鹿な女ですよ」
              _./`\__/`ヽ_
          , -‐l ̄  .\__/\__/.   ̄l‐-、
        /  、!       ゜|       !,  ヽ

.

877名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:41:23 ID:.hVAoCBg


            ,  -‐v‐…‐-
           /            丶、
           /                 ヽ
        /    /            ヽ   ハ
       /    '    |   i_}i   }    ',
        i|     {  |_」八  i\「i`ヽ | } }|
        i| {   ィ'i ノ l八|\ハ ィテミl八∧ノノ| 「…ある日、どこかの週刊誌のカメラマンに、
       八八 ヽト、xテ圷    ,.z=ミ、゙ Y   | その男の人と一緒にいる所を写真で撮られて、
         Y ヽハ〃弋:ツ   、   `  |i    | 彼女の短いアイドル生活は終わりを告げました」
           |  i l',        _   ハ    |
           |i l l |_ヽ.   く   丿  .' l | i|
         >、i{ ヽK´ ]≧=‐ '" | У//     「事務所からはあっという間にクビになりました。
             __. イ  |      { }∨      ソロ転向なんていうもっともらしい理由を騙られてね。
          r<´  / /!     /  |ー-    きっと、男の人が所属している事務所と揉めたくなかったんでしょうね」
         /{     {/ヽ }   ー「ヘ、 |    `ヽ、
    __ | 、        ヾ    ノ′ ヽ|     /\
   ./  ∧|   { /     `、  /          /   }   「男の人からも、すぐに捨てられちゃいました。
  /   ∧  ヽ!/      ヽ /     ヽ   /  亅   だってその人、他にも付き合っている人がいたんですから。
  /    ∧   ′      ∨        V __」==ッ、スキャンダルを起こした遊び相手なんて、ウザいだけですもんね」
  丁ニ=-、 ∧ .!        |・         } ィ7/    } }
   {_ニニニ ヘ!.:        ゞ      ..::::::/  /     ∨
    };;;;::    ハ:::::.ヾ ー-‐' | ー‐‐'..:::::::::/ ;/-==ニ二}
    };;;     }:::::::.. .     |・   ...:::::::::::{  ....:::;;;/

.

878名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:41:36 ID:.hVAoCBg


               ___
         , -─一'´: : : : : : :`丶、
       /: : : : : : : : : : : `ヽ: \: : \
.      / : : : : : : : : : : : : : : : ',: : :ヽ: : :ヽ
      / : : : : : !: : : : : : : : : : :: ',: : : ',: : : :',
     ,' : : : : :/:| : ::|: : : :l : : : : : l: : : }: : : ::l
     l: :/: : /:斗: : |: :─|- 、: : :::| : : l: : : : }
     |/ l: : :lィ=ミ',: :|ヽ:テ=ミ: : : : ! : :,' : : : ,'   「全てを失った彼女は、実家にも頼る事が出来ませんでした」
        V :| ヒク ヽ|  ヒ:::クヽ/l/:∨: : : :/
       /:ヽ|  l    `ー/ :/:: : : : :/: :/
        /: : :ハ 、      / : : : : : : /: :/  「元々家族との折り合いも悪かったですし、
     /イ : /:/ヘ  ̄  ./ : : :/: /_/,/   芸能界で問題を起こした事で、完全に見放されちゃったんですね」
      |: : :/|/  ̄ ̄/: //´ ̄\
      |/      /イ´ , ' ⌒ヽく
             く  /      \     「何とか一人で生きて行く術を探した彼女でしたが、
              ∧ ,'       \   このご時世じゃあ、顔だけが取り柄で他には何の能も無い女が
             〈〉l}ハ           ',  出来る事なんて、限られてますよね」
             / | ∧       | l
               / .| / ∧       /ヽl_     「…いつしか彼女は、体を売って金を稼ぐ職を始めました。
              ,'_/_ノ'─-〈ヽ、__ノ /ヽl    その方がお金にもなりましたり、何より、アイドル時代も
            /     ∧  __ノ  〉、   似た様な事をやっていたので、慣れていましたからね」
            ,'       \        / ∧

.

879名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:42:32 ID:.hVAoCBg


               ___ _
            . < : : : : : : : : : : > .
           , r ´ : /: : : : : : : : : : : : : : > .
.        . : : : : : / : : : : : : : : : : /: : : : : : : \
        / : : : : : : : : : :/ : : : : /:/ : : : : : : : : : :ヽ
.       / : : : : : : i : :_:/_ : /: :/ : : : / : :j : : : : : : .
.     . : : : : : : : { ´:/ : : / `/イ: : :/:_: :/: : } : : : : :.
.      { : : : : : : : |: /: :.∠=ミ、/ | : / }:/Tメ:i: : : : : :i  「彼女はそんな職業に就いた癖に、
.     l : : : : : : : |/ イ:芹丐 ヽ | / -≠ミ  lヽ: :j : :l  何故だか無性に寂しくて寂しくて、
      l: : i: : : : :.|: : |.∨少    /  笊ハ  : : :/| : ′ 色んな男と付き合いました」
     ', : |: :i: : : : : :|  ¨¨ `      んソ ' / : / .!/
.       Ⅵ: :|: : : : : :|         j ¨ ` ,' : :イ /
       Ⅵ : : : : ∧   「   ,     //| |   「でも、みんなダメでした。
         丶: : : :∧>  ー    . イ: : : :! !   きっと悪い男を引き寄せる何かを持っているんでしょうね。
.           j\: : ∧__  > <  \: :. :.| |   初めは優しい人でも、みんな最後には、彼女を殴ったり、
      ___ ノ、 > -\ヽ∠ヘ ― -.、 \: |リ   金をせびったりする様になりました」
     ´ - .    \  /`>≠<rヘ    l  .}/
.   /    ヽ    \/ {////} 〈   :|  ′
.    !            `ー.∧  \.:|        「今彼女がこの店で働いてるのも、
   r、             l///∧   \       前の男から逃げて来たからなんですよ?
    j ヘ    ゝ i、      !/// ∧    . :       しつこくて、暴力を振るう、最低な人でした」
   /        Y     |//// ∧. . . : :}
.  /         |: . . . . : :l///// ∧ : : /

.

880名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:42:42 ID:.hVAoCBg


              ,. ― z 、 __
.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
.         〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,
         /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘ   「…でもね、一番最低なのは彼女なんです」
.        ,'.:.:/.:.:/.:.:.://:从.:.:トヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
       l.:./.:.:/!.://_.イ |! l.:.| Ⅵ.:.:.:.:.:.:.:.: l
.         Ⅵ!:/ イzュ.、`   ヾ ‐什リ.:.l.:.:.l.:.l 「だって彼女、数少ないファンの人達を、
       |.:.:ト:!.r了:リ!`     r气、Ⅵ.:./!/  ずっと騙してたんですよ?」
       |.:代! ー '      込メ 〉/l/.:i
       |.:.:!.:!     '       ,'y.:.:.,'
       |:.:.!.:.\   ー    /.:j.:.:.,'    「虫も殺せない、セックスのセの字も知らない様な顔をして、
       l.:.:l>-ヘ    _ .<:. /:.:/     裏では偉い人達に抱かれまくっていたんですから」
       ∨!  /i、_  ̄ __.l、― ,'.:./
       _ rメ―〈   〉〈 _ 〉、/.:/
    γ  j   〃7 >"´ イ、./イ 、 _    「下腹の出た親父達に散々舐め回されたその体で、手で、
       7  /  '   ´ ィ.j    |  ヽ  笑いながら、彼女なんかを慕ってくれているファンの人達と
    l.  ,'  /      /     !   l  握手を交わしていたんですから」
    l    /   r ー "l!      |   j

.

881名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:43:10 ID:.hVAoCBg


            ,  -‐v‐…‐-
           /            丶、
           /                 ヽ    「…知ってましたか?
        /    /            ヽ   ハ   彼女ね、嘘ばっかり付いてたんですよ?」
       /    '    |   i_}i   }    ',
        i|     {  |_」八  i\「i`ヽ | } }| 「本当は18歳なのに、16歳と言ってデビューしました。
        i| {   ィ'i 八l八|\ハ ィテミl八∧ノノ|  だから彼女は今、25歳の筈なのに27歳なんです」
       八八 ヽト、xテ圷    ,.z=ミ、゙ Y   |
         Y ヽハ〃弋:ツ   、   `  |i    |
          |  i l',               ハ    |    「恋愛なんてまだした事ないなんて言ってた癖に、
          |i l l |_ヽ.     ー  '   .' l | . i|    実はその時既に処女ではなかったんですよ?」
        八l  八i个ト .    . イ、 ; ' ,リ
         >、i{ ヽK´ ]≧=‐ '" | У//     「中学の頃、学校の先輩達に
              _./`\__/`ヽ_       半ば無理矢理抱かれちゃいましたからね」
          , -‐l ̄  .\__/\__/.   ̄l‐-、
        /  、!       ゜|       !,  ヽ

.

882名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:43:22 ID:.hVAoCBg


        ____
     ,.  ´      `  .
   ∠             \
.  /                  ⌒ヽ
.. /.       /             ',
  i    〃 ∧  ト、  ト、       l
  il   | ', {  \! \! ヽ ト、   !     「彼女は、全部嘘だったんです」
.  ト、  レ匕´ ̄`  ´ ̄ ̄`ヽ',   イ
  Y'\! ,ィf尓x    ,ィf尓ヽ. iレ'
.  |  ハ { トィ'/リ    トィ/リ } ハ ./     「アイドルという名の、虚像だったんです」
.  | .{ },,,, `¨´     `¨´  ,′./
   ', { >     、 ,  ´´´イ //
   Vj/   > .__ <\j//       「ずっと、みんなを騙していたんです」
        / l ヽ 入___ハ ヽ
.       / {/ ̄ ̄Z  } i
     ,' /  _r‐┘ / .|     あの頃と同じ様に笑いながら、
      | ´  イ  ° {  {     『彼女』の過去を語る『ユリカ』。
     し  /   o   \ ',___
      /        \ 、 }  懺悔をする様に、自分に言い聞かせる様に、
     /       o        `¨  『彼女』の知りたくもなかった実像を、『ユリカ』は僕に見せつけていた。
.    /                 ',
..   〈      o           〉

.

883名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:43:39 ID:.hVAoCBg
       ____
     /      \     「……ゆっ、『雪歩』ちゃん…!
   /  _ノ  ヽ、_  \    僕は、僕はっ…!」
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     __´___      |   いつの間にか『ユリカ』が『雪歩』となっていた。
  \     ` ⌒´     /   それ以外は、何も言葉にならなかった。





            ,  -‐v‐…‐-
            /            丶、
            /                 ヽ
.        /    /            ヽ   ハ
       /    '    |   i_}i   }    ',
.       i|     {  |_」八  i\「i`ヽ | } }|  「…泣かないでください、お客様。私だって、覚えていましたよ。
.       i| {   ィ'i 八l八|\ハ ィテミl八∧ノノ|  だって私、ファンが少なかったから…
       八八 ヽト、xテ圷    ヒ:::リ ゙Y   |  特に、熱心に会いに来てくれた方の顔は、大体覚えているんです」
        Y ヽハ〃弋:ツ   、 .:::`  |i    |
           |  i l',   .::::    _   ハ    |
           |i l l |_ヽ.    く   丿  .' l | i| 「握手会の時、とっても顔色が悪かったですよね?
         八l  八i个ト.     . イ、 ; ' ,リ 何だか、初めてのオーディションの時を思い出して、
          >、i{ ヽK´ ]≧=‐ '" .| У//   後で思わず笑っちゃいましたよ」
              _./`\__/`ヽ_
          , -‐l ̄  .\__/\__/.   ̄l‐-、
        /  、!       ゜|       !,  ヽ

884名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:43:56 ID:.hVAoCBg
       ____
     /      \       「雪歩ちゃん…雪歩ちゃぁんっ…!」
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \   彼女が僕を、覚えていてくれた。
  |     __´___      |   砂浜の小粒の様な僕を、覚えていてくれた。
  \     ` ⌒´     /   それだけで、嬉しかった。嬉しい、筈だった。





          -─- .
      ,. ´ ̄       ` 、
.   /              z≧、
   / /                 ヽ
.  / /         、
  ′,′      }   ハ  .l       |
. l l   {{     /i  / j/ト、 │   l
. | |   ||   -≠ j/  ' ̄ ̄` ト、 /
. | ヽ,  レ'´/       ,ィf示x V jイ    「…雪歩ちゃんだなんて、呼ばないでください」
  ',  \i ,ィf示㍉   トィハj } l   |
      │{ トィハ}      `ー'′ l   |
      ト ``ー'′          〈   ′ 「だって私はもう、アイドルの『萩原雪歩』なんかじゃなくて、
    \│ ゝ    `__´   イヽ /   ソープ嬢の『落合ユリカ』なんです」
      `ヽ{ r‐ミT フヽ_ `Y´ヽ j/
        l   ヽ { 、 }  ト、 ',
         |  / ,'  il  \ l     「虚像としてすらの役割すら果たせなくなった、
         |   レ'  /\  ', |      ただの馬鹿な女なんですから…
         l '´ /  o \  |
         、_/      {   ┘
        /       o ヽ
       /          \
     〈        o     〉

885名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:44:11 ID:.hVAoCBg
         / ̄ ̄ ̄\
       /        \   「…で、でも…君はもうこの手で触れられる。
     /  _ノ  ヽ、_   \.  僕なんかの矮小な手でも触れられる…」
     |  o゚⌒   ⌒゚o   |
     \::::  __´___  :::: /   「ただそれだけで…僕は嬉しいんだ…!」
        /  ` ⌒´    \
       |             )





            ,  -‐v‐…‐-
            /            丶、
            /                 ヽ
.        /    /            ヽ   ハ   「…ありがとうございます、『お客様』…」
       /    '    |   i_}i   }    ',
.       i|     {  |_」八  i\「i`ヽ | } }|
.       i| {   ィ'i 八l八|\ハ ィテミl八∧ノノ|   「私なんかでよければ…
       八八 ヽト、xテ圷    ,.z=ミ。゙Y    |   これからも、また会いに来てやってください」
        Y ヽハ〃弋:ツ   、 .:::`  |i    |
           |  i l',   .::::         ハ    | 「私を使って、いっぱいいっぱい、気持ちよくなってください」
          |i l l |_ヽ.     ー  '    .' l | . i|
         八l  八i个ト.     . イ、 ; ' ,リ  「…そしていつか、私なんかよりも、
          >、i{ ヽK´ ]≧=‐ '" .| У//    もっと素敵な人を見つけて、素敵な恋をしてください」
              _./`\__/`ヽ_
          , -‐l ̄  .\__/\__/.   ̄l‐-、
        /  、!       ゜|       !,  ヽ

886名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:44:24 ID:.hVAoCBg


                        __
                   ー‐´: : : : : : : : : : > .、
               , ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
              , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.,    「これが、『萩原雪歩』から言える、
.            /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ハ   あなたへの最後の言葉です」
.            !: : : :イ: : : : : : : : : : : :.|: : : : :.ト、 :l: : : ト、、 : : : : :,
.            !: : : :|: : : : : : : : : : : : :|: : : : :.! ヽ:.!ヽ: :! ヽ\: : : : :!
.            !: : : :|: : : : : : :l: : : : : :.!: : : : :l  'l ヽL ヽ: \: : :! 「ずっと私なんかを覚えていてくれた
            ,: : : :l: : : : : : :!、: : :__.!、: : :.l    ´,ィ㌃ヽ: : |\! あなたへの、精一杯の気持ちです――
             ,: : : ',: : : :l : .! '.,/ ノ ヽ: :l     .hJ;}  }: : |
.            , ⌒ 、: : : l: :l/ /, z=ミ、.    `¨´  |: : !
           / ,イ ┴.、:./ / 〃       、      |: : |        こうして僕は、『萩原雪歩』から、
          ,イゝ' ,r㍉z-∠  ,イ               .,.!: : !        別れの言葉を告げられた。
         / .ゝイ乂 ヽ  (_:,j____    r   ̄}  /::!: : |
     ,. .-ァ´      ノ  }   ______,)  ゝ  ノ .,1;;;;!: : |___      .僕は家に帰るまでも、
   /::,.イ         ,.ィ´ ̄: : :.ヽ  .`N-     _./ソ  L.ノ   `}- 、  家に帰ってもずっと、泣き続けていた。
  /:::::く ヽ ,,__  __,. イ  \: : : : : :ヽイ´¨ヽ    ̄    ,}       .,!::::::\
 イ::::::::::::ヽ、__ソ  .__ ...\: : : : :ヽ   .{        !       /l::::::::::::ヽ
'::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ´ ̄::::::::::::::::::::::: '  ,: : :ヽ  .、      ,'      ./::::!:::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i >ー`  ヽ     ./      /:::::::!:::::::::::::::::::

887名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:44:34 ID:.hVAoCBg



                       ●


                       ●


                       ●


                       ●


.

888名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:44:45 ID:.hVAoCBg
               _ ,. .-‐ ´ . ..:: :::::::::::::::::|:::::::::::::::: .:. ..
         _ ,. .-‐ ´      . :. . :.::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::. :. . .
    _ ,. .-‐ ´        . :. . :.: ::::::::::,. .-‐ ´´`‐- ._::::::::::::. :. . .
-‐,- i              _ ,. .-‐ ´      l       ` ‐ - .,._
  l . |        _ ,. .-‐ ´             l   _
  l : l _ ,. .-‐ ´                   |  i `'i‐-
  | `.l                  _       .l  l‐-l ,._
  l  |    ,.= 、、   i'`ー‐-クk´ ヽ        l
    l   , /ムl!lゝ: .     、,-γ´ - ヽ l        ┌───────────────────────┐
    l,  l l L|l!「」 ll  .  i´`i( i;:l )レ′       .│今日も僕は、彼女に会いに、この店を訪れる。      │
    !  _.i_l_,li__ll__     、 ヾ_ヵ_-'ゝ    .|   │『萩原雪歩』ではなく、『落合ユリカ』に会う為に。     .│
    l  l__   l 」  ___  ̄ __ヽ! _   .|   │                                  │
  i  l      ̄ ̄   i (¢ats. I. times. ll  .l   │相変わらず人気があまりなくて、              │
  l  |   ────    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        │僕以外の指名が少ないと、                ....│
  |  l   l|「 ̄」|i|「     ________ ,   i   │店長によく小言を言われている彼女に会う為に。   ....│
  l  |   ||「 ̄」|ll      l ‐- ,,._.___i  ,|  | └───────────────────────┘
((::.,) l .    l|i      .|    |「 ̄ ̄ .| 「C ! | l三三
  l  l       .l     i   |    l「 ̄   .l l A l . l |ニ
  |  |   |l       l   |    |l   . 二| | T l . l l 
  |  l  l|_  l.i _」|   !     l  _  | l S |
  i  |     ‐ ‐ -- '   !     l __  | l<I>|
  l  l            |    |l____,| l T l        ,、 ,、
,. _l_ ,. |            |  ,. --'== = l | .I .!     (:::.. ,,)
    ` ‐-   _      l  l ̄ ̄ ̄ ___! !.M.|     _,.l iヮゝ
,. _            ̄    ‐‐--   _   .l.Esl_,. -‐ '" ムl__,.>
 ,ー、 ‐‐--  _                  ` ´       (ノ 
 i::.. ヽ         ̄  ‐‐ -     _           _,. -‐'"
-': .: . ヽ                     ‐-=  ‐
: :. :. .  l
: : .:.   ノー-、

889名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:44:55 ID:.hVAoCBg
               ___ _
            . < : : : : : : : : : : > .
           , r ´ : /: : : : : : : : : : : : : : > .
.        . : : : : : / : : : : : : : : : : /: : : : : : : \
        / : : : : : : : : : :/ : : : : /:/ : : : : : : : : : :ヽ
.       / : : : : : : i : :_:/_ : /: :/ : : : / : :j : : : : : : .
.     . : : : : : : : { ´:/ : : / `/イ: : :/:_: :/: : } : : : : :.
.      { : : : : : : : |: /: :.∠=ミ、/ | : / }:/Tメ:i: : : : : :i
.     l : : : : : : : |/ イ:芹丐 ヽ | / -≠ミ  lヽ: :j : :l
      l: : i: : : : :.|: : |.∨少    /  笊ハ  : : :/| : ′
     ', : |: :i: : : : : :|  ¨¨ `      んソ ' / : / .!/
.       Ⅵ: :|: : : : : :|         j ¨ ` ,' : :イ /   「ようこそいらっしゃました、お客様」
       Ⅵ : : : : ∧   「   ,     //| |
         丶: : : :∧>  ー    . イ: : : :! !
.           j\: : ∧__  > <  \: :. :.| |  「それじゃあ今日も、精一杯サービスしますから、
      ___ ノ、 > -\ヽ∠ヘ ― -.、 \: |リ  とってもとっても、心から気持ち良くなって、
     ´ - .    \  /`>≠<rヘ    l  .}/   お帰りになって下さいねっ♪」
.   /    ヽ    \/ {////} 〈   :|  ′
.    !            `ー.∧  \.:|
   r、             l///∧   \
    j ヘ    ゝ i、      !/// ∧    . :
   /        Y     |//// ∧. . . : :}  『虚像』ではなく、『実像』としての彼女を抱く為に。
.  /         |: . . . . : :l///// ∧ : : /  .彼女が僕にとっての『素敵な人』となってくれるなんて、
.  \         ノ: : : : : : :|//////.∧ イ!   .決して有り得ない夢を心のどこかで抱きながら。
    ` ー‐┬一1 ` : : : : l:///////∧{j
          l   .j.       \///////:l
          |  〈.           \//// :l!    今日も僕は、彼女を――
         :  }:、         \/  l
         l  ∧: : .              ,'

890名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:45:06 ID:.hVAoCBg
              _
              \ヽ, ,、
                `''|/ノ
                 .|
             _    |
             \`ヽ、|
              \, V
                `L,,_
                 |ヽ、
                .|
                /
               /               ,、
               .|                ヽYノ
               |             r''ヽ、.|
               |             `ー-ヽ|ヮ
               ヽ,    _ __ _      .`|
                  .ヽ,<: : : : : : : : : : :> .  ..|
                 /. . . . . . : : : : : : : : : : : : : : ::、ノ .
     ノ l l       . : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : . . . . . . . .
     ヽ       /: : : : : : : : :| : : ∧: : : :i : : : : : : : : : : : : ヽ
        い   /イ: : : :!: : ノ ! : / ∨: :キ: : : : : : : : : : : : : :.
          / .| :/ : l: : : /|: /   .∨: :ト、 : : : : : :|i: : : : : :∧
              И: : 」: : /.」/    ∨ ! .\.: : : :.|: : : : : : : :
            |∧ : |≦三!      {三≧\: : l : : : : : : :.i
             |: : /に三ノ        ‘守ニニ.\l: : : : : : : :|
.         ⊂     |: /        、        ̄ ` ,': : : : : : : :.|
        ⊂   | ゝ      Lヽ          /.: : : : : : : :.:|
             | : : > .             /: : : : : : : : : :j
            Ⅵ:_:_:_:_:_r―ュ.、__  _   /: : : : : : :>イノ
     じ      γ:::::::::ゝ  ̄ ‘< __ `Y入フ > "´  /
.      ゃ       i::::::::::::::::::: ̄::::::::::: ノ! `ヽ  \   ヽヽ
      |         .|ゝ .____ <::|       \     ぐ
            `廾r─‐一 :::::::::::::::|        7      ぃ
                 | |.|:::rv:::::::::::::::::::::::|         /
            ⊂ニ≠⊃:| | :::::::::::::::::::: |___, <〈
            ! ∠|   || | :::::::::::::::::::: |zzzzzzzz `zz-、
          .|       |Li:::::::::::::::::::::: |三三三三三{()}  _ _
.          ゝ __ ノ、 ____.>'. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ノ\ ノ
                          「 ̄ }     ゚
              / ヾ~ヽ      く` ̄              ┼ヽ  -|r‐、. レ |
              \/                        d⌒) ./| _ノ  __ノ

891名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:46:00 ID:.hVAoCBg
http://www16.atwiki.jp/awaho/pages/1.htmlのサイトを見てたら
何だかムクムクと作りたくなって思わず作っちゃいました
ちなみに、某人気ゲームとは一切関係がないかもです

ごまえ~ごまえ~

892名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:46:04 ID:V0oYpU7s
泡歩か……。乙。きっついなぁ

893名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:47:11 ID:to2DfAY2

堕ちたアイドルってこういうもんかねェ…


あとこっちで投下した方が良かったかもしれんな
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1294996997/

894名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:48:20 ID:87MTf3hw
乙、内容は重いけどすんなり入ってきて面白かった。

895名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:49:56 ID:OV5nf./.
乙でしたー。
この作品を読めて良かった。
ひたすら余韻が心に沁みたよ。

896名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:50:17 ID:TF1EgpNE


ネタが色んな意味でタイムリーすぎる・・・・w

897名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:50:18 ID:kp3AOICk
乙でした

できる夫は雪歩のすべてをさらけ出してもらえたんだ・・・いびつな形でも幸せではあるだろうさ

だからきっと、男を見せてくれると信じているんだぜ・・・!

898名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 22:56:34 ID:HyCXlyQQ
切ないけど、幸せなんだよな?

乙です!

899名無しのやる夫だお2011/02/23(水) 23:07:31 ID:PEpTViNA


せつないな・・・
でもそのあとも会うことができることにほのかな安心感が・・・

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://applepolishing.blog.fc2.com/tb.php/40-830e933e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ryokusai

Author:ryokusai
正直見づらいので自前のスタイルシートを用意した上で閲覧されることを推奨いたします。
ウィルコムから光回線に乗り換へましたがやつぱり更新の頻度と量は期待しないでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
2ch (18)
やる夫スレ (1178)
いけない!ルカ先生 (29)
炎の記憶 (70)
ドクオの失われた絶対時間 (12)
チャージマンできる夫! (10)
替天行道の書が天下を動かすようです (166)
短編・チラシの裏等 (53)
やる夫は例大祭に参加するようです (4)
やる夫は君子を全うするようです (2)
やる夫は女子中学生と許嫁になったようです (26)
やる夫とタンポポと恋 (12)
やる夫がハゲの借金王になるようです。 (13)
やる夫がドラゴンクエスト5の勇者?になるようです (29)
やる夫が課金兵になるようです (9)
やる夫が艦隊これくしょんを始めるようです (17)
やる夫が艦娘たちと戦うようです (30)
やる夫が第一人者になるようです (21)
やる夫がお絵かきするようです (9)
やる夫がモバマスを始めるようです (25)
やる夫達の村に羆嵐が吹くようです。 (7)
やる夫でドラクエ5っぽいのやるよ (74)
やる夫で戦うドラクエ6 (61)
やる夫で学ぶ甘粕正彦 (3)
やらない夫は祖国統一のためには手段を選ばないようです (5)
やらない夫は宇宙移民の指導者に選ばれたようです (19)
やらない夫は週刊誌記者のようです (14)
やらない夫と惑星のさみだれ (54)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (6)
やらない夫が竹中半兵衛になるようです (29)
やらない夫たちでやる「まんがで読破 水滸伝」 (19)
やらない夫deドラクエ5~やらない夫は魔物使いになる様です~ (45)
やらない夫de幻影都市 (48)
魔物使いのリュカとブラウニーのやる夫 (47)
できる夫はユキが好きなようです (2)
ありふれた御伽噺 (15)
暁美ほむらが魔法少女になる様です (4)
黄色い小鳥と秋空と。 (13)
真紅の茶席に奇客が集うようです (18)
新選組列剣伝 (132)
水銀燈は花街の頂点に立つようです (18)
ストレンジライフス (8)
このブログについて (1)
一般の方へ (1)
企業の方へ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。