FC2ブログ

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫は女子中学生と許嫁になったようです 番外編「モブ子さんの憂鬱」

454◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:19:57 ID:+k4HCJEP
       ┌───────────────┐
       │                      .│
       │  番外編  モブ子さんの憂鬱   │
       │                      .│
       └───────────────┘


        ___  ヾ 、       '  ̄ ̄  > 、
      /      >、ヽ, <           \ \
     ,ム-―‐‐ァ''" ̄`  ´           、   ヽ  ヽ
         /   /             ヽヽ   ',   ヽ
        /   /  /  i   、 、   .| i ',..',    i.   ',
      /   / {  ,' i .| i  | |ヽ ',   ,|__|_ト_',  .l i  i          『私の名前はフェイト・テスタロッサ』
  -=ニ二.  _/ ./  ',  | .| LL__|_|  ', ヒフ L||__l .l l`  l . |  l
       ̄ /../   ヽ | レK|ヾユ、ト',.  !'| ツ=丁;;`心、  レ、|.   |          『したらば高校の二年生だ』
        ,' /   / 'レ| .|ゝャ壬ヾ` / レ  l;;;;;;;ン/  レ1',   |
         | .|   ,'   '! i 〉/ {;;;;;;;',      己:ソ|   | ノ,'   |
         ! i|   ト,  !`ヽ、 て:ス      `"",イ   レイ   |
        || |   | ', i .',. ヽ` `"  、      / |   | . i|  |
          '; ',  .| .i ト, |  ',      _ _     ./   ,'. .,'|   |
         ` \ .| l' ヽ|   ト          ,イ   / ,','  ,'
           ヾ、   .|  .| |>     /イ  / //  ,イ
                     | i | | i.  | i ` /' /  /フ`、/ / |  モブコ イウナ
                    | l | レ  ,'/ト‐/'水  //;;;;;;|‐- 、_ |
                   | | レ, < レヘ/ / /;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;; ̄`''‐- 、
                ,| / |;;;/;;,レ〉o /, ヘ/;;;;;;;;;;;ト、- 、;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ
            ,,,,<;;;ノ  ソ';;;;;;//〈,ヘ //;;;;;;;;;;;;;;;;;|  `,,,,、 、;;;;/;;;;;;;;;;;;|
             r";;;;;;;;;/ /;;;;;;;/ム- //へ、_,> " ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i |;;;;;;;;;;;;;;;|
             |;;i;;,,/ /;;;;>´//i;;;;///;;;;;;;;;>;、;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;/ | |;;;;;;;;;;;__|



455◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:20:31 ID:+k4HCJEP



               ____             『私には気になっているクラスメイトがいる』
             /      \
           / ─    ─ \          『彼の名は入速出やる夫くん』
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |         『気になると言っても色恋沙汰ではない』
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \         『私は……』




456◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:21:06 ID:+k4HCJEP


         / ̄ ̄ \             ― 、    ヽ、
        /      / ̄             `ヽ、  ヽ
.         イ       ./   /         \    .ヽ  ヽ
     /  /  /   /   /      /     ヽ、   i   i
―=´―</  /    ,'   ,'  /  |  / ∨ .l    ヽ   |   |
        /   /    i   |  |.  ,'.| ,'   i |、  | l i   |.  .|
.     ,'  〃     |    | ,'| _L_|_/  .| | |   | |、.|   |   |
     i  /|.     |   -‐卞´ |-ヽ| .   | |丁 ̄廾‐┼  |   |
     | ./ .|  ./ /|   .| .,イう ̄ト、|   リ .,イう云ュ、|  .|  |        『私は彼に負い目があるのだ』
     | |  .|  .|  | |.   〃.{::::::::う        {:::::::::ら〃  |ヽ.  |
.      N  | .|| .||.   | ` 辷__ソ        辷__ソ|  .| /.  |
         ヽ.|.| ||  .|               |   .|/  .|
             l \| |    |        j          .|  .|   |
              | .|    |人                 ∠.  | .   |
               |.|   |. \     ̄ ̄   .,イ |   |    |
                | |   |  |.| `ト 、    .∠.| |.|  |    .|
.              | | .   |  || /.|. `><´  .|、 | |    |   .|
               |  |    | /:,' \     / ヽヽ   .|.     |
            |.  |     |:.:.:.:i!   \-‐"´  /:.:.|   |     |
           |  |    |:.:.:.:.:i!   / ヽ   /:.:.:.|   |.     |



457◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:21:41 ID:+k4HCJEP


     __ ___      / /―- 、__
   _!:::´::::/`ヽ''´  ̄  -‐ 、 ―-<                             『彼との出会いは小学生のとき』
 ,ィ´_j:i:;イ´ ,           ヽ  、 `ヽ
/ <´::::::::/  / , , / ハ i  ヽ.!  、\ハ                           『縁があるのか、よく席が隣だったと記憶している』
  〉/:i :i '.: _:!:」!-|トN  !}イ:-、! ハ:.、 ヽ ヽl
 ∠、:::::| l:i:!: f,ィ:Tハ     fT:トル':i l:、:ヽ }、!
/   :「`i :ハ:ト.、! 辷リ  , 辷リi} ノノ: ,! ハ: !
    ' :! :i:{」:.ヽ.        彳 ト、 !イ レ'    やる夫くーん
     |:! ハ:. ヽ   ´`  ,.イ l i` ! |
  ,  :! .: __ハ:. ',  __..イ: i:.  l | l l    昨日のギャグマンガ日和観た?
 :/   , .; ヽ::::l:. ',   ├―‐!:  l l: ! !
.:/ .::/ /,.ィ'´::::l::. ! `U´ヾ::ハ:. V:!: l !
'  .:/ ,イ:ヽ::::::::::|:: l ̄` '´ }::ハ:  l:|:  ! |
 .:/ .:l::::::::::\:::l:. {≧、___」/::!: .:lハ:. l: !
..:/   :l::::::::::::::::`ヘ :ハ::_ハ  ̄ i:;イ :ノ::::';. N
/  /:l::::::::::::::::::、::トゝ:::::::l   !:::´::::i:::::i:. |!                           『わりと仲の良いクラスの男子といったところだった』
  / l:::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::_!   !o:::::::!:::::!: l!



      __
     /― ―\
   / (● ●)\    おっおっ
   (   (_人_)  )
   ./  ∩ノ ⊃|  |    うさみちゃんで引き付け起こすほど笑ったお
   \ V_ノ_|  |
     \/__/    フェイトちゃんはどうだったお?
                                                   『そう、あの事件が起こるまでは』



458◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:22:16 ID:+k4HCJEP



              ⌒ヽ、
                : \
     、              }  }
      \` ー─── =ミメ  ′
       \       -=ミ  厶,_ _       ____              『ある日の授業中、シーンと静まり返った教室で』
      <//>  ´  />       \  //////,/
.        /⌒ア // / |   i       `く//////               『私は妙に響き渡るオナラをしてしまった』
         / /イ  /| /|   | \   ヽ | ∨77∧
        ∠/   | />x人  :|x<\ ハ! ∨//\
            イ  |/  ◯三\| ◯ Y}ノ|ノ  }><,ハ
.       Σ  レ八  j|   三三三三  |  |勹 /     |\
           {  ハ八 ∪  △    |  |,ノ/}     :|    \ ぷぅ /




459◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:22:51 ID:+k4HCJEP


               /;;;;;;;;;;;;;/
    r 、       {;;;;;;;;;;;;;∠             ,----- 、
    |;;;;`ヽ    i;;;;;;;//_ヽ__ _ _ / //  __`ヽ_
    .∨-=ニ ̄ヾ、/ イ      `    ヽ、 /;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ-- __
     ヽ;;;;;;;;;;>-、 ヽ                  /ヽ_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/
      ヽ/                   ヽ、ヽヽ、 ̄ ̄ テ‐‐‐´
     / / .// /              |   l    i/};;;;;;`ヽ   ヽ                 『クラス中の視線が私の方に集まるのを感じた』
  -=ニ-‐''/   /|, / .i │ l ./  l .l   |l│l | j  ゝ\--------‐ 、
       |  / イ .|.  .| ..∟l_レ   l/ リl ,|,ハト、ノノ`ヽ ' \       \              『どうやって誤魔化そう……』
       | ,'  |  |  _レ            ̄リl〈',Y l      \\     \
       l l  .i  |///ヽ二二ニ   ニニ二〈ヽ. ヽ | l`ヽ、  \\      \           『半分涙目で頭を振り絞る私だったが』
        l  l  ll// / )/ l       | 〈 .} l | ||   `ヽ、 .\\      \
            | ハ| l ! |/  |  ___ l  l / ! ! .|      `ヽ  \`ヽ、   \         『次の瞬間、隣から異様な音が聞こえた』
          レ' |l !  ヽ | ト'`'`'`ヘ .l ∨:    /‐-、     `ヽ、 \ `ヽ、   \
           l  \   \ レ、r、r、,j /    /|::::::::::ヽ      `ヽ \  `ヽ、  \
           /l  l\   ヽー-- 'ハ    /  |:::::::::::::',          ヽ、\  `ヽ、 \
.         //l  l:::/:\___|/´;:;:;ヽヽ--‐':::ヽ  |::::::::::::::i            ヽ、.\  `ヽ、 \
         | l:::l  レ'\:::::::::::/i;:;:;:;:;ハ:|::::::::__/ヽ.|::::::::::::::!          ヽ、.\  `ヽ、 \



460◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:23:26 ID:+k4HCJEP






                         ぶもっ







461◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:24:01 ID:+k4HCJEP






                       ぶももももっ







462◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:24:37 ID:+k4HCJEP



         , =--=≡ミ、    __  __
       / ̄ ̄>   >´        `丶 /⌒\
          ,.ィ´                  ヾ _ \
     ー=≦-=彡  '            、   く:::::::\ ',           『何が起こったかは本編で述べられたので、私からは語るまい』
         /  //            ヽ   ,::::::::::::\!
         / /            ∧     :!   ー=彡,<:::::::::::\         『実は、そのときの光景をあまり覚えていないということもある』
.        / /  / / /| /! /!/  ! / /! |   !ー=彡,::::::\::::::::::\
      //|  ./ ' /-|- 」_/ :|  |,斗/‐/|   | ー=彡,.:::::::::\::::::::::\      『私自身、相当混乱していたらしく』
        |´ :| / ,'〃, ,レァ=トx、:|  | V=ヽ{、!  ,-、  八::::::::::::| ̄ ̄ ̄
.         | :!| |:|:| |《{!  i}   ノ {!   i}》  !ヘ } ,'  \:::::::!          『覚えているのはクラスメイトの怒号が飛び交う中』
           ! :!| !:!:! !、`="      `='":!   !_ノ/!     \:!
.         ヽ|:! :|:|:| | ⊂⊃     ⊂⊃|   |: / :|      |`          『ああ、やる夫くんは助けようとしてくれたんだろうなあ、と』
           ヾ|:|:| |∧     `          :|´  |      |
.            ノi!:| | :|\.f二二 コ  , :!   !        !           『ボンヤリと考えていたことだけだ』
           //   ! :!  >  _  イ  !   !   :!      !
            /   :! :!´ /   〉     .,  , \ |     !
               /,  ,' / - 、   __  /   /   ',      :!
            / / /  \    ´   /  / /∧    :|
.           / / /     `ー=‐一/  / ´   ∧   :!




463◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:25:11 ID:+k4HCJEP



       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /        『その日早退した彼は、三日程学校を休んだ』
      r "     .r  /゚。
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"




464◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:25:46 ID:+k4HCJEP



    ,.,‐‐‐、、
   / ○ ○ \                         『お調子者で明るかったやる夫くんだが』
  l  (_人_)  l
   >  `´  <                         『再び登校した彼はオドオドとした態度で黙ったままだった』

                                   『周りもどう接したら良いかわからず、彼は孤立していった』

         |\           _            『からかおうにも、笑い飛ばそうにも』
      _, - ̄ ヽ|=.、,  ̄'´ ̄` ヽ / /
     ` ーー-ァ‐           /, -、'' 、           『それは子供の私達にとって重すぎたのかもしれない』
     / //  // | ∧/リ/リ.ヽ  ̄ \ `、
      ̄/ l !{ レ | l l  l | |‐.|、ー--‐` |
       \!ヘ∧レノ    `ヽ | |  |   |
       |  |ヽ} ●   ● ハ .| .|   |
       |  | ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃ | .|   |
       |  | | /⌒l __, イァト | . |   |
       |  | |/  /'i.|.i''":::::{  ヽ |   |
       ヽ ヽ ||  |-山-::::::{  i .|  /




465◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:26:21 ID:+k4HCJEP


                       -.、
                 ゝ.ー---‐ヽ:ヽ,
                        >:.:.:. ∧:.:.:ー===..、
                      /:.:.:.:.: /:.:.∨:"ヾ、:.:.::.:.:ヽ                     『しばらくして、私は家の事情で隣の市に引っ越していった』
                   /:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.',
                     i:./:./:.:./:.::.:.:.:ルハ:.:.:.:.:.:.:、:.:.i:.:!
                     i/i:.i.:.:/:.i:.:i:廴__ i:.:.:.:.:.:.:.ハ:.j:.:!
                      Ⅵ:.i:i:.:Ⅵ マぅ ル人:.:i:Ⅳ:.!:.i
                     V ト:.:.:.ヾ  ,   レイ:.:. |:.j                フェイト
                    _/i:.:.:.:.:.i\ -- /:.:.:.:|:ハ_,.. -‐-、
                 ,. .<: : : : :.:i:.:.:.:.:.i.j=>.<=i:.:.:.:.i ̄: : : : : : >.、         お母さん、転職することにしたの
            ,...<::::::::::::>-‐-ノ:.:.:.:.:j/ ` ― ´ !:.:.:.:j‐/:/‐-、::::::::::::>..、
       -.=::≦:::::::::::::::::/: : : /:.:.:./ ー-  -一ヽ:.:.\:.: :. :. : :Y::::::::::::::::::≧:=.-   あんなバカしかいないブラック企業なんてウンザリだわ
            ̄ ̄ ̄i: : : :/: : : : :i:.\       /ヽ: : ヽ: : : :.:|  ̄ ̄ ̄
.                i : /::::::〉: : : :〉:::::\_ヽ_ /:::::::::}: : :.}::\: :i
                ;/::::::/: : :/::::/:/ーr‐Y:i:::::::::i: : : \::ヽj
                 /::::i::: 〈: : :.:/:::::::::::::/i.  j .j:::i::::::::::\: : : i:::∧
             /::::::::::::: \: i:::::::::::::/∧..人 /i:::i::::::::::::::}: :./:::: ∧
               /:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::/:::j∧ . / .i::::i::::::::::::ルレ:::::::::::∧
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::iハ._∨_/.i::::i:::::::::::::::::::::::::::::::∧
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::i二{: : }二!:: i::::::::::::::::::::::::::::::::∧
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i: : :.∧: : :i:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::: ∧
         ー―- 、::::i:::::::::::::::/:::::::::::i:.:.:./ V: :.i:::: i::::::::::::::::i::::::::iー‐i"´
.            i:::::::/; ;L::>::::_::/:::::::::::::i.:.:/ _ .V: :i::::::i:::::::::::::::i:/:::::::::j
            i:::::/: : : : :.i ̄: ∧ミ:.ー:'ー.T´ `Tーr=―r-‐'´i: : ii::::::::::i
         i:: /: : : : : :.レ:.:./ V: :ー-=ニ| _ |ニ=-‐/ヽ: : :.i: : :i::::::::::i
            i::/: : : : : : /i: :,′ V: : ヽ: : :\/: /:.:/ .i: :.:/!: :.:.i::::::::::i
         i/: : : : : : / .i: :i.  /: : : : \: : : :/: :.:/  i:.:/ .i: : : V:::::::j
.         i': : : : : : : i  ー'i  /: : : : : : : ヽ: ': : : :.∧   !〈  i : : : V::::::i
.          /: : : : : : : : ヽj: :.i._/: : : : : : :ヽ: : :/: : : : :∧_..j: ヽ/: : : :.:.V::: i
         / : : : : : : : : : : {: :j: : : : : : : : : : :∨: : : : : : : : Y.:./i : : : : : :.V:∧
.        /: : : : : : : : : : : : Ⅵ: : : : : : : : : : :.i:i: : : : : : : : : iノノ : : : : : : :V ∧
       /: : : : : : : : : : : :i: :.`i: : : : : : : : : : : i:! : : : : : : : : i‐': : : : : : : : : i:::::∧
.      /: : : : : : : : : : : : i: : : :i: : : : : : : : : :.:.:ii: : : : : : : : : !: : : /: : : : : : :.!:::: ∧



466◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:26:56 ID:+k4HCJEP


          |\    ___                    __
          |  \∠ _:. :. :. \                     /   /
          |  >:':.  ̄ ̄:.ヽ、:. :ヽ.             /     /
             j/:. :._:. :.--:. 、:. :. ヽ:. :.ー:. :.‐:.- 、      /       /
         /:., .: ¨:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : \   /  /  /          『新しい学校に転校して』
          /:/  :. :. /:. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ヽ j /  /
        j〃    / :./:. :. /:/:. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :ヾム.≦ _            『新しい友達もできて』
        l   :. : , ' :. /:. :. . /. ./. ./.. ..j  i   ヽヽ  : : マj- _:. :. \
       /| :. :. / :. :/:{:. ; 斗:.十-j:、:. ハ:. , r‐-:.、!:.',:. :, :. } \  ヽ:. :. \        『でも、私の心の隅には重く苦しい物が残っていた』
      /:. :.|:. :. :/l:. :. :,':. l:/ :/l: /l:. ∧:..l ヽ: l \::.iヽ}:. :.',: lヽ \. \:. :. \
    /: .:.:.:.∧:. :.l ハ:. :.lヽ:jl:. :.l l/ .j:/_ ヽj  ヽ!__ ',l:. l:. :. l:.j ヽ  ヽ   \:. :. ヽ
    /:. :. :./ ヽ:.j |.ム:. |,:. :.>、:j_r==ミ     z==.、j:./:. :.//\   l    ',:. :. :.',
.   {:. :. :./    レヘ:.!ヽ/: ハ´ wwx     xww ヽ/:. :〃  \  |    . l:. :. : :l
    .j:. :. :.l       `j l:. :i:ハ      _' _    ∠: イl     \j    j:. :.:.:.:.|
    l:. :. ハ           |:. l:小、   l    〉     /:. //            /:. :. :. :l
    ヽ:. :. ヽ          |:. l: |. 丶、 ヽ._ ノ   イ:. ,:./        _/:. :. :. :/
     \:_:, ゝ      ヽ l: |__ェ=i> _-_ <i=/:. :/         ̄フ:. :. :./
                ヽj  ̄ ̄ ̄   ̄ ¨/:./7       ∠  -
               ィ7.ゝ- 、   z― ,〃=く
             /// ヽ二ヽ  z― 、//  _ ヽ
           ,r≠ ┴'、     /   〈∠, /   ¨ マヽ



467◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:27:31 ID:+k4HCJEP


             /        /       \ / 二ニ=‐―
           /           /    /         ̄ ヽ、
           .         i    / / / /    、   ヽ、____
            ,′           |   / / / / /ヽ‘, ヽ____/
         ′    /  r 、 |   i/ ≧ュ、___/ /  .  ヘ
           i     /  {   :!    || 《えュ、/ / } l  l ヘ
           |:     /  ヘ  :|    |   ら /  r、/ /  }', i         『それは、彼に対する罪悪感なのだろうと思う』
           |    /     :l  |    |   ゞ/  ん' / }  i i |
           |:   /  /   :l  |    |:      {/ / i  ! リ         『私を助けようとして、でも彼自身が傷ついてしまって』
           |  /  /     : |   !      ゝ/ :| /
           |: /  /    /  :|    |    ー,イ /  | /            『その彼を置いて私は去ってしまった』
           |/  /    /   |    |   /И   И
           |  /   ノ     |    | ___/ |                   『私は彼にありがとうもごめんなさいも言えていなかったのだ』
           |: /  /\    :|    ||   :!
           |/‐=7: :{   \  !:  |   |
     ,x≦    |: : ヘ    / |    | {   :|
,x≦    > ´:.:.:.:|: : :.ヘ  /ゞ !:  |i   :|
\  >:.:.´:.:.:.:.:.:.: : |: : :.:.:.Ⅵ〈 /|    |:. ‘, !、
:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ: : : : ヽ ¨ ノ    : ヽ:.ヽ:|:.:.\
:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \: : :.:.ヽ/    /: : :}:.:.ヽ:.:.|:.:i
:.:.:.:.:.:.:.:‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ: /   /|: : :,':.:.:.:.i、:.l:.:.l
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{  /ヽ: :|: :./:.:.:.:.:} ヽ:.:.|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/二ニ=‐‐===---i 〃ヽ: :ヽ|: /:.__:.:/ /:.: !
:.:.:.:.:.:.:.:.//: : : : : : : : : : : : :| / ̄ ̄ヽヽ/: : :.//: :ヽ|



468◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:28:06 ID:+k4HCJEP


          ____
        /     \
       ‐   ─     \
       (  ( ●)     \
      (人__)    ∪    |
       `⌒´         /                               『高校に入学して偶然再会したけれど』
       `l          \
        l           \                              『私は彼に話しかけることも出来なかった』

                                                   『今更、彼になんと言えばいいのだろうか』

          ,――――             / \       ヽ            『彼が、あの後どんな学校生活を送ったかは』
        /       /\               ヽ        ‘,
         /   /   /              \    \     i          『当時の友達からだいたい聞いている』
.       /  / / ,' /            ヽ  ヽ     i      l
     /  /  /   / /    / /ヽ ヽ !  ヽ  ヽ  i     i|     |
  ―ニニ --/  /   i / /  l i i ', i  l  i | }  l   il   |   |
         ,'  ,'    !i i ! |  | !  l |  |l   l l | i|   |   |    |
       / /   |  リ | 廴_⊥_  -┼┼‐┼┼‐┼   |  |   i|
       i / {   | | | l l l 廴__ リ | / ,====≧、.| |   i|⌒i !   i|          『そんなことになった原因は、私なのだ』
       | i !  ! !  ! ! ヽ〃いハ   〃. ヘう:::ハ 》.|   i|  }|   |
       | | |  ,'| |  |', ', {ヽ`辷シ /    ゞ===′/|   i|/ !   !
.       リ  ! . i ! !', !ヾヽ ヘ    ,        / i|   i|  |   |
            ∨ { ', l ヽ|   ヽヘ   、           |   i|  l    il
          ∨i ヾ、 |    | 人   -=-      イ    |、  |   |
             Ⅵ   i|    |  ヘ、       ,イ |   i| ヽ |   |
               |    |   | ヘ、_  <    i|     | ∨\   |
               |    |   |   | /\ , - ´ i|    | /: : : :/ |
               |    |   |.</ | / ヽ  |    |,': : : :/  `ヽ
               |    |.<´  /: : / /ヽ/ ヽ |    |: : : :/
                 r-|    | .> /: : / / / /ヽi|    |: : :/



469◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:28:41 ID:+k4HCJEP


             _
            ∠二: : : :`ヽ/´  ̄ ̄ `丶                         『そんなある日』
         , '" ̄: : : : : : : : : : : : : : : :、:\/⌒\
        /:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:ヘ\.:.:.:.: ヽ                  『親友のなのはが勢いよく駆け込んできた』
       l://.:.:/.:./ .:./ .:l.:.:,'.:.:{:.:.:.:.l.:.:ヽ.:.:.Vl:/ \.:.:.:.:',
         /.:.:/.:. l:.:.:.!>ト/{.:.ハ.:.:斗<:l:.:.:.l.:l.:.:.:.:.ヽ.:.:.l
.         l.:.:/.:.:.:.|:l.: レ仟圷ヽl ヽfチ圷 |.:.:l:|.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |
.         |:/!.:.:.: 从.:.{. V;;リ    V;;リ 'j.:.,' |.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |
.          j:ハ.:.:..Ⅳト :.ゝ   '    /.:/レ|.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |     フェイトちゃん!
              \:{ヽ|:小    V 7  彡'.:.|│l.:.:.:.:.:.:.:.:.|
               ` Ⅵ:| ヽ、  ´ ,.イ! .:./ |.:l.:.:.:.:.:.:.:. |     入速出くん大丈夫だよ!
               ヾ:ゝ ト≧≦ュ| リ/   |.:l.:.:.:.:.:.:.:.:|
             ____, /| >tく |ヽ、____|_l.:.:.:.:.:.:l.:.|     なんか女子中学生に囲まれてウハウハだったし!!
          /ヽ::::::::::::::::/  |/ l只lヘ|  l:::::::::::::::: ̄ヽ.:l.:|
          |:::: ヘ ̄ ̄ {____|{{<ハ>}}_j ̄ ̄`メ:::::::::|.:l:|
          |::::{ \   / ∨⌒∨ \   / l::::::::|.:.l|
        /ll::::}\ ∨ \  ,VCV  ∠ _∨ |::::/ハ :l|
        { }}:::::ン  ̄}__/ ̄`^<_/ /,弖  l ::{{ }:|                  『女子中学生?』
        V__/   / /   /:/`\r'〃ニフ   }::V/ :|
        {´ /了 ̄|l   /:/      ̄ ̄`ヽ ヽ:/:.: |
          ∨     |l   |::|         /  /.:.:.: |
          ∨      `ヽ、_,|::|            /.:.:.:.:. |
           \      ,イゝ=≧ト、     _/ l.:.:.:.:. |



470◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:29:16 ID:+k4HCJEP



         /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>、i.:.イ´.:‐..:.:.─ 、               『曰く、やる夫くんは過去を乗り越えて愛に生きているとのこと』
       ,、イ.:./.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:::.:´.:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.\
      nヘ.:.:;.:'.::.::.:.:.:,イ.:.:..:.:,イ.:.:.:.:.:.:.:.:;l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:j¨`ヽ.⌒ヾ:.、            『よく意味はわからないが、デタラメというわけでもないようだ』
     ,イj、.:.v.:.:.:.:.:.::/:/.:.:,イ/.:.:.:ノ!.:.:i.:..:j.:.:.:.:.ヾ;,.:.:.:.:.:.:ヾ.:.:.ヽ  `ヘ
    /ll!ハ:.:′.:.:.:.:/././.:/.:/.,ノ.;/l:.:;!.::l.ヘ;.:.:.ヽ,:.:.:.:.:.:.ヾ,:.:.';   !           『そういえば昨日も許嫁がどうのと騒いでいたし』
    ∧jハ.:′.:.:.:.:.′〃xfz左z,;,X, .j:/ !:;|:.:.:l.:.:.:.l.:ヘ.:.\.:.::.':;.:.';
    l.l.ヽ.:.:|.::::.:.:.:|{:.:.,仆乞芸て卞 >′l./j.:,リ.:./.:l.:.ヘ.:.::.ヽ.:.:.';.'|
    '.:.:.:;:升∧::.:.|.:.:{イ ,伐::::::斥′  ノクサトxj:.:.li.:l.:.ハヽ.:.';.:.:;.!
    ∨  !′l:.:.:|:.:.! 、辷ークノ     ケ云x.:ノメi.:/.:.:.:.:l.:.:.:.:.l:.!
.     ゞ、)l::.:.:ゝ:ヘ、:! `¨¨゙`     /.::ヌリケ;´.:;リ..:.:.:.∧:l.:.:ハ!     いやー、ああいうのをプラトニックとか言うのかな
      'iーl;:.:.:.::.个`         匕゙.ノ_ノノ/!:.:.:.;/ レノ !
        l.:人::.:.:.゙l             ¨`て.._`V.ハ.:::/   !′      相手は中一の女の子だけど老け……大人びてたし
     _,、n<  '.:.、∧       c。   人__,¨\:l/
  イ´.:::.ハヘ '、l?∧          .,/: :.j  /}′           男の子なんてヤリたいだけとか思ってたけど
/ l:::::::.,  \ ´、?「>、     , イ´.  .:.イ´.:l.:.|
   j::::::::.ヘ  \  \ヘf>.ー イ. . . :<.:.:.:.';.:.:.:|.:|            入速出くんのこと見直したな
/¨ ヘ:::::..∧ /\` >ー<cハ. . . . . . .fヽ,¨ -ナヘ.';.:.:|.|
////∧::::..∧\/∧ Y∧:ll. . .,,..イ".ソ ',////,j.:.';.:.||            でも伊藤くんはヤリたいだけっぽいから桂さんでも紹介して……
/V//,∧:::::..∧、/  >介イー"´ /.:::.∧//zj.:.:.';.:.|
j∧V//∧:::...∧  jメヘ__ -イ.::::::::::::.∧//j.:.:.:.';.|
j:iV∧//∧:::::::..\ ヽ´.:::::::::::::::::::::::::::::::::人/j.:.:.:.:';|




471◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:29:52 ID:+k4HCJEP


             ,,..-‐'' " ̄ " ''ー-.._/ ニ__..=-‐ ´
           /    ./ .,     ´  ´ > 、
          /     ./  / ./ .// ,..、  ....___ `''ー---‐,'
          /    .,'  / ./ ./,' /',  .} | i ヽ tー '' ´
         ,'     ,'  ム,/i {,' .{ i ノ l| .i } .iヽ
         |  / ,/ l i .i|行心iハ | j/,'-jl. |. j  l ハ            『私は、少し体が軽くなった気持ちになった』
         │ ,' /ヘ卜l| l{ 辷ツ ` /'仍.,'.i .l. !  }', .}
          .,'i.,' ,'込彳.i| |i丶     :ヒソ| i .i/j .ノ ,ソ            『やる夫くんは、ちゃんと前を向いていたのだ』
        / ,' ,' / { .i.| ハ     '  .ム〕/,'//
        ./ .,' ,' /  ハ_i.| _ハ.   `  - /.i. イ/                『引き摺っていたのは私だけだったのかもしれない』
       / .,' ,' /,.:':´::::/::::::..ハ、   ,∠i .i |'
      ./ .,' ,' イ/::::::::::i!:::::::::::lハ.` ¨  .} i .|
     / ./ ./l / ,'::::::::::::i!:::::::::::|', ',    .| l!│
    ./ ./ ./ ,'.{ ,|:::::y::::::i!:::::::::::!ム.ハ   { .i!.{                 『私は、急にやる夫くんと話をしたくなった』
    / ./ ./ ,' i〈.|:::::|:::Y⌒:Y::::|. ヾ∧   マ.i!ハ
   ./ ./ ./i ,'i .i |::::|::::弋_乂:::|:\ ヾヘ   .} i! }                『流石に嫌がるかもしれないが、あの時のお礼を言いたいのだ』
  / ./ .,' l' .i !. .|::::|:::::::::::::::::::|:、::ヘ `i  ノ リノ
  ,' ./ ./i .i .i .il |:::|:::::::::::::::::::|::::\::ヘ   巛.〈 .
  ! .! .,' .i! | .i i ! |::::|::::::::::::::::::l::::::::∧:::〉   ヾヽ



472◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:30:27 ID:+k4HCJEP


         /   ,              --     ヽ
       ,'    /   /            、 i   、  \
        i    ,'   / / / / l   l ∧ 、   ヽ| ヽ ヽ__\
         |    i   i// i  i | /! i } i|  ', ‘, ヽ ヽ  ̄ ̄
         |    |   | i | ⊥ l / | |  | | | i  }!  ‘, ',
         |   |  i|    T丁 | 丁/ l/`l l  才l-、} ! ii  ! ',  }
         | | |   |    | |,イ芋圷ヽ|  リ ,イ心|/ /〃  i| i i
         | | l / ヽ   | 《 {:::: : |     .ら}/// / }   ! | /
         | | ! { |   |.! 辷zシ      .ヒリ / | i  ! /  リ        ……やる夫くん
         | | ,' ヽ !   i|ヾ、            ! ! { l/
         | !  / i|   l            ,  ,' lヾ、/
         | / / /|   |       r‐ァ      !
         |/ / / |   |>    `´ イ |   l
       ,′/ / ll   l   >t- イ |  |   |
.      / / /  | |    | ――-|ゝ/ |  |  |
     / //___/ l l   lヽ   l l\ ! l  il
     / /____/ !   ! \  !ヽ/!: :| |  |
    ,'/       |   ヽ ヽ| / / |: | |   !_
    /       /::!    \ヽ /ヽ| | |  ヽ /|
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/:::::::ヽ     ヽ  | | |   ヽ|



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \        お、おう?
|  ∪   (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /        (なんだお、急に……)
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  | ビクッ
  \ /___ /



473◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:31:06 ID:+k4HCJEP


                  /   /   /               `ヽ、
                   ,′  |   :/ / / /         ヽ \   `ーイ
               l   │  l | /  /   /|  |  l   |\ー 一'´
                |    /l   -| 十! /- イ /  |  |  ,'  j  ヽ
                |    l |   Ⅳ|_l_/| / |l ,'  / メ/|: /   /ハ: |
                |  :/こ|   レ行仡fヾ八{ /xく/ |/  /   | j
                |  {{^ |   |!込,,ソ    イf巧トV  /   :/∨
                |   |ヽ.|   |   `      込,ソ/ /   /
                |   l  |   |        ,  `ア7/ / j/         ……あのときは、ありがとう
                |   l  |   |     r- _   / レ/
                 /  l _/|   |\  `ー ´  イ │
                  / j_ 斗{ |   l   ヽ、_. < |   │
       _,, -=二¨ ̄| : : :.∨|   |\_| \ l | |   |
    r<          |: : : :.ヘ|   |  ̄ ∧  l\ ,|   |
    |  `丶、       |: : : .: :|   |、> /小  l: :.`|   |
    |     \    |.: : : : |   | / >oヘ |.: :│   |\
    /         \  │: : : :|   |./∠/|ヽ|│: :.|   |∨|



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (○)  (○) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



474◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:31:41 ID:+k4HCJEP


                  /   /   /               `ヽ、
                   ,′  |   :/ / / /         ヽ \   `ーイ
               l   │  l | /  /   /|  |  l   |\ー 一'´
                |    /l   -| 十! /- イ /  |  |  ,'  j  ヽ
                |    l |   Ⅳ|_l_/| / |l ,'  / メ/|: /   /ハ: |
                |  :/こ|   レ行仡fヾ八{ /xく/ |/  /   | j
                |  {{^ |   |!込,,ソ    イf巧トV  /   :/∨
                |   |ヽ.|   |   `      込,ソ/ /   /
                |   l  |   |        ,  `ア7/ / j/         …………
                |   l  |   |     r- _   / レ/
                 /  l _/|   |\  `ー ´  イ │
                  / j_ 斗{ |   l   ヽ、_. < |   │
       _,, -=二¨ ̄| : : :.∨|   |\_| \ l | |   |
    r<          |: : : :.ヘ|   |  ̄ ∧  l\ ,|   |
    |  `丶、       |: : : .: :|   |、> /小  l: :.`|   |
    |     \    |.: : : : |   | / >oヘ |.: :│   |\
    /         \  │: : : :|   |./∠/|ヽ|│: :.|   |∨|



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (○)  (○) \
|       (__人__)    |       …………
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



475◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:32:16 ID:+k4HCJEP



     ____
   /      \
  /  ─    ─\          おっおっ、気にするなお
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |         あの程度の黒歴史
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃
(  \ / _ノ    \/ _ノ     ライトに比べりゃ屁みたいなもんだお
.\ “  /  . \ “  /
  \ /      /\/
    \       \
     \    \  \  ヘトイウカ ミトイウカ
       >     >   >
       /    /  /




   『気のせいか、やる夫くんの顔はどこかふっ切れたように見えた』




477GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/10 23:33:11 ID:prpZJmp6
月ェ…

476◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:32:53 ID:+k4HCJEP


          ̄二ニ=.、,  丶、  ―― __
         /     ` ー  ´       `丶、
       /      ,.へ          ー‐-、` 、
__ _,. ‐'´/      /                ヽ/ !                 『なにはともあれ、私は長く踏み止まっていた足を』
`ヽ、__/     /  / / / /            ヽ ∨ !
     / /  /  ,' / / / /  , ヘ、       ',   |                 『ようやく一歩踏み出せたような気がした』
.    / /  /   l ,' | i_!__| |  | |__|_| !  |  i | |
    |イ  /   ' | !  ィ'∧ハ∧!  |,ハト、ノノ`ヽ  ,' | ,'|
      |   !  | .| |  N,            / / N |
     '., ト、 l  | ト、  r ‐=ミ     ィ=- 、//  ! |      あはは
.      ヽ|. \ト, |  ヽ|             7  ∧ |
           | |   ',      、       /  ,'   |     夜神くんって中学校のとき酷かったんだって?
.            レ∧  ハ     r ァ     /   ,   |
           / ',   ! ` 、       イ   l     !
.           |  !  |/く/ `=  - ≦=|_|  |    |
        -―――|  |/::.{  /^\.  } |  |`ー-  |_
     〃::.::.::.::.::.::.::.::.|  |::.::.::.| /\V/, |::.:|  |ヽ::.::.::.::.::.::  ̄ヽ
     ∧::.::.::.::.::.::.::.::./:| |.::.::.::Ⅳ/∧\.Ⅵ::.|  |:.',::.:.::.::.::.::.::.::./::|
     |::.ヽ_ -――/::.ヽ|:.::.::.∧く_./ ヽ._>∧:| /:.::.〉――-- _/.:.:|
    _|::.::∧ /::.::.::.:: `ヽ _/::.マ¨ ̄ ̄¨フ\}__,/ ::.::.::.::.::.::.∧:.::.|   キュン♪
.  〃^|::. |::.∨::.::.::.::.::.く::.::.::.::.::.::.\::.::.::./::.::.::.\ ::.::.::.::.::.::.::∨::.|.::.|^ヽ



478◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:33:31 ID:+k4HCJEP


          ̄二ニ=.、,  丶、  ―― __
         /     ` ー  ´       `丶、
       /      ,.へ          ー‐-、` 、
__ _,. ‐'´/      /                ヽ/ !
`ヽ、__/     /  / / / /            ヽ ∨ !
     / /  /  ,' / / / /  , ヘ、       ',   |
.    / /  /   l ,' | i_!__| |  | |__|_| !  |  i | |
    |イ  /   ' | !  ィ'∧ハ∧!  |,ハト、ノノ`ヽ  ,' | ,'|
      |   !  | .| |  N,            / / N |
     '., ト、 l  | ト、  r ‐=ミ     ィ=- 、//  ! |
.      ヽ|. \ト, |  ヽ|             7  ∧ |
           | |   ',      、       /  ,'   |
.            レ∧  ハ     r ァ     /   ,   |
           / ',   ! ` 、       イ   l     !
.           |  !  |/く/ `=  - ≦=|_|  |    |
        -―――|  |/::.{  /^\.  } |  |`ー-  |_
     〃::.::.::.::.::.::.::.::.|  |::.::.::.| /\V/, |::.:|  |ヽ::.::.::.::.::.::  ̄ヽ
     ∧::.::.::.::.::.::.::.::./:| |.::.::.::Ⅳ/∧\.Ⅵ::.|  |:.',::.:.::.::.::.::.::.::./::|
     |::.ヽ_ -――/::.ヽ|:.::.::.∧く_./ ヽ._>∧:| /:.::.〉――-- _/.:.:|
    _|::.::∧ /::.::.::.:: `ヽ _/::.マ¨ ̄ ̄¨フ\}__,/ ::.::.::.::.::.::.∧:.::.|
.  〃^|::. |::.∨::.::.::.::.::.く::.::.::.::.::.::.\::.::.::./::.::.::.\ ::.::.::.::.::.::.::∨::.|.::.|^ヽ



479◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:34:06 ID:+k4HCJEP


          ̄二ニ=.、,  丶、  ―― __
         /     ` ー  ´       `丶、
       /      ,.へ          ー‐-、` 、
__ _,. ‐'´/      /                ヽ/ !
`ヽ、__/     /  / / / /            ヽ ∨ !
     / /  /  ,' / / / /  , ヘ、       ',   |
.    / /  /   l ,' | i_!__| |  | |__|_| !  |  i | |
    |イ  /   ' | !  ィ'∧ハ∧!  |,ハト、ノノ`ヽ  ,' | ,'|
      |   !  | .| |  N,            / / N |         あれ?
     '., ト、 l  | ト、  r ‐=ミ     ィ=- 、//  ! |
.      ヽ|. \ト, |  ヽ|             7  ∧ |
           | |   ',      、       /  ,'   |
.            レ∧  ハ     r ァ   ∪/   ,   |
           / ',   ! ` 、       イ   l     !   「キュン」ッテ?
.           |  !  |/く/ `=  - ≦=|_|  |    |
        -―――|  |/::.{  /^\.  } |  |`ー-  |_
     〃::.::.::.::.::.::.::.::.|  |::.::.::.| /\V/, |::.:|  |ヽ::.::.::.::.::.::  ̄ヽ
     ∧::.::.::.::.::.::.::.::./:| |.::.::.::Ⅳ/∧\.Ⅵ::.|  |:.',::.:.::.::.::.::.::.::./::|
     |::.ヽ_ -――/::.ヽ|:.::.::.∧く_./ ヽ._>∧:| /:.::.〉――-- _/.:.:|
    _|::.::∧ /::.::.::.:: `ヽ _/::.マ¨ ̄ ̄¨フ\}__,/ ::.::.::.::.::.::.∧:.::.|
.  〃^|::. |::.∨::.::.::.::.::.く::.::.::.::.::.::.\::.::.::./::.::.::.\ ::.::.::.::.::.::.::∨::.|.::.|^ヽ



480GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/10 23:34:14 ID:R0NGYdJt
>>キュン♪
www

481GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/10 23:34:20 ID:9URu0G4f
キュンった!キュンったよこの娘!

484GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/10 23:36:44 ID:wFXCydi5
「キュン」とか可愛いじゃないかあああああああ

482◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:34:41 ID:+k4HCJEP
       ┌───────────────────────────────────┐
       │                                                     │
       │  罪悪感とか余計な気持ちが消えたとき、そこに残ったのは……? というお話  .│
       │                                                    │
       └───────────────────────────────────┘


           ,. ‐ 、                                   /´\
         /   \                              /   \
        /         \                           / _    \
       /     /    \                      _/'´  `\   \
      /     /    /´ ̄`ヽ==、 _,, -―‐- 、,.-―‐‐- 、,==/ i `\  ̄`ヽ、ヽ.   ヽ
    /       l    イ  ,!   !/´ニ二二`ヽ '´ ̄ ‐=ニ`ヾ、  `ー‐}    \     ヽ
    /     !   |l    |`-'   /= ,. -―‐-、 `ヽ_ニ―-二´ ̄,.\   丿       ヽ     !
    !    l    |l   ゝ、 __ /ー/        ` ´      `\ ノ,ヽ‐'´|!  、     |    |
    !     !   l{|    i|:::: //        ,.、,.、       \ノ゙l:::::|}、  i     ! i  |
    |    |   | l|     {|:: '/   /  , / / |、Y゙| 、 \ 、  \ \!:::l! ヽ  }     |   !     一番星目指すなら
    |   /|    | i|    ゞ/ , / / , // /  l} ゙"{l lヽ  ヽ ヽ   ヽヾl'゙  l  |     |  |
   |  / l      ! l|     / // / /, i| |! |l  |!   |!| }   |! |、i  l ヽ、 l  | l     ! l     今度生まれ変わった時にしてくれませんかね
   | ./ !    | |.  / / | /_,,.l-|=|=|=-|- |!   i|l|‐|===|i‐!|i-|、 } ト, }  ! i| |    ||
   l/  ! /     | {   l /| {|| l | |! |!乂 |! ト、 /|! /}/,!ノ_,!,,!,,!,,_,イ i l |    |! }    |}
   /  ! /     !|  !  |.! | |`ヾミ孑ミニ==、ヾ  ノ',-=廾ニ㍉`彡'",イ !,!    |! ト、    ヾ
.  /   '/ i     |i  | ゞ、ヾ | | l`゙ヾ近ヒヴ‐      `弌迄ア'"//_ノノ   /   ヽ \  ヽ
 /   ,イ  |     |    !  l_,.-,-_ゞ\ 、、、       、、、 ,.べ゙\`ヽ、 /    ゙、 ヽ  |
 !  / | ,. i|    |      i´ / / /´\        i      /,´\\\. ! /       !  }  l
 |   | !|./|i    |     | / / /  、 `ー -、   _     く ート、 ヽ ヽ i |.'      |i  |i  |
 |   {  |{ | |   |     i/ {. ,!  ノ`ー‐<'´         ,.-‐'`⌒ヾ、 ヽ `Y ,  /   | } l |l  !
 ’、 ! ゞ l \   !   _,人 ´ ´  '     `ヽ、_   ,/       ` /´//    / || }l /
   \\  \ ヽ、|   l`ヽ、` ‐- 、_     l、 ̄ ,l      _,. イ´/ //`ヽ  / /  ノノ |i./
    \\   ゝ }ゝ  |  \      `i    | \/ |    r '´    { ///´| { / /´ |!

                    ( メインヒロインからの一言 )

                                                         ┌──────┐
                                                         │         │
                                                         │  お わ る │
                                                         │         │
                                                         └──────┘

485◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:36:50 ID:+k4HCJEP
以上、番外編でした

本編ではモブですが、番外編ではヒロインもやれるモブ子さんです
でも本編ではモブです

483GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/10 23:35:42 ID:4nz9sd4c
乙です。
ルリの嫉妬が見られるなら
モブ子さんの活躍があってもいいかも。

486GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/10 23:39:44 ID:YxRJO4NI
乙津
ヤンデレて監禁な方向に逝かなければいいがw

488◆.jIn6/I.FE12/05/10 23:49:39 ID:+k4HCJEP
>>486

             _
            ∠二: : : :`ヽ/´  ̄ ̄ `丶
         , '" ̄: : : : : : : : : : : : : : : :、:\/⌒\
        /:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:ヘ\.:.:.:.: ヽ
       l://.:.:/.:./ .:./ .:l.:.:,'.:.:{:.:.:.:.l.:.:ヽ.:.:.Vl:/ \.:.:.:.:',
         /.:.:/.:. l:.:.:.!>ト/{.:.ハ.:.:斗<:l:.:.:.l.:l.:.:.:.:.ヽ.:.:.l
.         l.:.:/.:.:.:.|:l.: レ仟圷ヽl ヽfチ圷 |.:.:l:|.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |
.         |:/!.:.:.: 从.:.{. V;;リ    V;;リ 'j.:.,' |.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |       監禁!
.          j:ハ.:.:..Ⅳト :.ゝ   '    /.:/レ|.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |
              \:{ヽ|:小    V 7  彡'.:.|│l.:.:.:.:.:.:.:.:.|       そういうのもあるのか
               ` Ⅵ:| ヽ、  ´ ,.イ! .:./ |.:l.:.:.:.:.:.:.:. |
               ヾ:ゝ ト≧≦ュ| リ/   |.:l.:.:.:.:.:.:.:.:|
             ____, /| >tく |ヽ、____|_l.:.:.:.:.:.:l.:.|
          /ヽ::::::::::::::::/  |/ l只lヘ|  l:::::::::::::::: ̄ヽ.:l.:|
          |:::: ヘ ̄ ̄ {____|{{<ハ>}}_j ̄ ̄`メ:::::::::|.:l:|
          |::::{ \   / ∨⌒∨ \   / l::::::::|.:.l|
        /ll::::}\ ∨ \  ,VCV  ∠ _∨ |::::/ハ :l|
        { }}:::::ン  ̄}__/ ̄`^<_/ /,弖  l ::{{ }:|         【なのはさんが親友の為に一肌脱ぐそうです】
        V__/   / /   /:/`\r'〃ニフ   }::V/ :|
        {´ /了 ̄|l   /:/      ̄ ̄`ヽ ヽ:/:.: |
          ∨     |l   |::|         /  /.:.:.: |
          ∨      `ヽ、_,|::|            /.:.:.:.:. |
           \      ,イゝ=≧ト、     _/ l.:.:.:.:. |


                  /   /   /               `ヽ、
                   ,′  |   :/ / / /         ヽ \   `ーイ
               l   │  l | /  /   /|  |  l   |\ー 一'´
                |    /l   -| 十! /- イ /  |  |  ,'  j  ヽ
                |    l |   Ⅳ|_l_/| / |l ,'  / メ/|: /   /ハ: |
                |  :/こ|   レイ ̄¨fヾ八{ /xく/ |/  /   | j
                |  {{^ |   |!廴_     イ   トV  /   :/∨     お願いだからやめて!
                |   |ヽ.|   | |lll ii爪     ト-´/ /   /
                |   l  |   |        ,  `ア7/ / j/
                |   l  |   | u,   r- _   ij/ レ/
                 /  l _/|   |\  `ー ´  イ │
                  / j_ 斗{ |   l   ヽ、_. < |   │
       _,, -=二¨ ̄| : : :.∨|   |\_| \ l | |   |
    r<          |: : : :.ヘ|   |  ̄ ∧  l\ ,|   |
    |  `丶、       |: : : .: :|   |、> /小  l: :.`|   |
    |     \    |.: : : : |   | / >oヘ |.: :│   |\
    /         \  │: : : :|   |./∠/|ヽ|│: :.|   |∨|

487GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/10 23:41:11 ID:9URu0G4f
なぜかフェイトそんはヤンデレが似合う気がする

489GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/10 23:59:57 ID:erV6vDPZ
そして、うっかり鍵の閉じ込めをやって・・・・・・・・
加害者も被害者たちも皆仲良く監禁ライフを送りましたとさ・・・・・・・・とか。

490◆.jIn6/I.FE12/05/11 00:09:37 ID:17GaEDLc
ヤンデレなフェイトそんも良いですが、私としては駄目エロ娘なフェイトそんも捨てがたい

                              r'⌒  ⌒ヽ._
           ̄二ニ=.、,  丶           /        ヽ
          /     ` ー            {         ノ
        / / ,                ヽ          j
       /  / /                   l    _,ノ
     / / .// /      ヘ    |   l  ヽ `ー‐'
  -=ニ-‐''/   /|, / .i │ l ./  l .l   |l│l | j     |
       |  / イ .|.  .| ..∟l_レ   l/ リl ,|,ハト、ノノ`ヽ  |          もう、やる夫くんってば
       | ,'  |  |  _レ',.=ァ元、    ,ィフハ ̄リl〈',Y l   |
       l l  .i  |///ヽ に心     |ヘト! 〈ヽ. ヽ |  |  r'⌒ヽ      私の胸を見てるのバレバレなんだから!
        l  l  ll// / ) V_ソ     ヽ-┴ .} l | ||  | (   ,)
    r'⌒ヽ   | ハ| l ! | /////// / ! ! .|  |  ヽ.__ノ      言ってくれれば後で直接見せて触らせて
   }   )   レ' |l !  ヽ    ___,、   /    /‐-、
   ヽ-、_ノ    l  \   \.   V__ノ /    /|::::::::::ヽ         そしてやる夫くんのしんかい2000が
           /l  l\   ヽー-- 'ハ    /  |:::::::::::::',
.         //l  l:::/:\___|/´;:;:;ヽヽ--‐':::ヽ  |::::::::::::::i         私のマリアナ海峡に……キャッ! 私ってば!私ってば!
         | l:::l  レ'\:::::::::::/i;:;:;:;:;ハ:|::::::::__/ヽ.|::::::::::::::!
          lノ::::l //:::::::::` ̄:|.〉ヘノ::::〈: ̄:::::::::::l ';:::::::::::::|
          !l::::::l /::::::::::::::::::::/;:;:;:;:l :::::';::::::::::::::::i  V:::::::::i

492GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 00:15:02 ID:6eSbKg93
だめだこりゃwww

493GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 00:20:52 ID:5gGqTDbN
某電子の妖精「あまり私を怒らせないほうがいい…」

494GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 00:22:40 ID:DUFFzIyb
おつでした
借りとか負い目がきっかけだと重くなっちゃわないかと思ったけどこうきたか
かわいいのう

495GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 00:23:45 ID:z5tUVSei

モブ子に出番があることを信じて

496GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 00:28:52 ID:RtI19CJ6
モブ子が愛人になる日を信じてw

508GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 07:21:50 ID:XLvRt0IF
>>496
モブ子「受人・・・そういうのもあるのか!」
ゆうきまさみなんてしりません___

497GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 00:47:11 ID:rz44wVWx
乙でした。色々と手遅れだなあモブ子さんw

498GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 00:55:27 ID:fhxTc009

モブ子さんは本編で残念にならずにおまけで頑張るべき

499GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 01:21:15 ID:a6pg31v7
今追いついた乙
それにしてもルリルリヒロインのやる夫スレとはね
時代は変わったもんだねえ
俺もなんか書いてみようかな

509GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 09:31:49 ID:ctMFR+N7

予想以上に可愛いモブ子さんw

>>499
ルリヒロインの作品は少ないけどあるよ


500GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 02:51:07 ID:zh8IbHrr
乙でした。

マリアナ海峡に対ししんかい2000と比喩する…
これはつまりやる夫のサイズはポークビッツクラスという事なんだよ!

501GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 03:40:43 ID:PZ3jpXWv
誠に言葉紹介しても世界の二の舞になる可能性あるよね。
阿部さんの見てたらだけど

502GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 03:40:52 ID:X6A1NN00

200.0mm級だと思ってしまった。
流石に2000mm級だと化け物だしなぁ。


503GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 04:12:22 ID:v//zzM/u
乙です
処女の耳年増の妄想が爆発したと考えれば、化け物サイズでも納得できる
入れるとか考えてないぞたぶんw

505GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 06:25:44 ID:7VUjZEMF
乙ですー

単に形状と割れ目に潜るところから来ただけで2000=サイズじゃないだろw

506GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 06:47:06 ID:B3F7exvX
乙でした。
モブ子は犠牲になったのだ、電子の妖精を引き立たせるための美味しい出汁にw。

507GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 07:13:21 ID:4XLF24EZ
何がきっかけでこんな残念なキャラになったんだ?フェイトは

510GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 10:15:27 ID:Mv4NCqLY
乙でした。
キュンでやる夫じゃなくてライトにフラグが立ったと思ったw

511GW短編祭の投票結果出ました@参加お疲れ様でした12/05/11 11:17:21 ID:Derr/BsE
しんかい6500じゃなくてあえて2000にしたところが深いな乙

現行スレ:http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1334978407/
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://applepolishing.blog.fc2.com/tb.php/502-2dcf0ab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ryokusai

Author:ryokusai
正直見づらいので自前のスタイルシートを用意した上で閲覧されることを推奨いたします。
ウィルコムから光回線に乗り換へましたがやつぱり更新の頻度と量は期待しないでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
2ch (18)
やる夫スレ (1178)
いけない!ルカ先生 (29)
炎の記憶 (70)
ドクオの失われた絶対時間 (12)
チャージマンできる夫! (10)
替天行道の書が天下を動かすようです (166)
短編・チラシの裏等 (53)
やる夫は例大祭に参加するようです (4)
やる夫は君子を全うするようです (2)
やる夫は女子中学生と許嫁になったようです (26)
やる夫とタンポポと恋 (12)
やる夫がハゲの借金王になるようです。 (13)
やる夫がドラゴンクエスト5の勇者?になるようです (29)
やる夫が課金兵になるようです (9)
やる夫が艦隊これくしょんを始めるようです (17)
やる夫が艦娘たちと戦うようです (30)
やる夫が第一人者になるようです (21)
やる夫がお絵かきするようです (9)
やる夫がモバマスを始めるようです (25)
やる夫達の村に羆嵐が吹くようです。 (7)
やる夫でドラクエ5っぽいのやるよ (74)
やる夫で戦うドラクエ6 (61)
やる夫で学ぶ甘粕正彦 (3)
やらない夫は祖国統一のためには手段を選ばないようです (5)
やらない夫は宇宙移民の指導者に選ばれたようです (19)
やらない夫は週刊誌記者のようです (14)
やらない夫と惑星のさみだれ (54)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (6)
やらない夫が竹中半兵衛になるようです (29)
やらない夫たちでやる「まんがで読破 水滸伝」 (19)
やらない夫deドラクエ5~やらない夫は魔物使いになる様です~ (45)
やらない夫de幻影都市 (48)
魔物使いのリュカとブラウニーのやる夫 (47)
できる夫はユキが好きなようです (2)
ありふれた御伽噺 (15)
暁美ほむらが魔法少女になる様です (4)
黄色い小鳥と秋空と。 (13)
真紅の茶席に奇客が集うようです (18)
新選組列剣伝 (132)
水銀燈は花街の頂点に立つようです (18)
ストレンジライフス (8)
このブログについて (1)
一般の方へ (1)
企業の方へ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。