FC2ブログ

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔物使いのリュカとブラウニーのやる夫 第5話 【ラインハット地下  魔道の目覚め】

582◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:06:28 ID:Au6Amy8g0





                                           , r '_´丶
                                      , r'´' ´ j ,'
                                         / '  , -.//-,            _
     ,A- 、                          /   / ', ', 'j .j            /./ヽ_ ,、
.    <  .ヽ  `丶 、                       /   /   ,.','___j ,'          _ ,ゝ‐' ´ / ヽ
     ヽ  '- 、    .`丶,-- .、_               /  ./   , //-‐ノノ ゙,   _, .---、' ._, --、 ,'  /
       ヽ__  丶 .'、ヽ、 ヽ', 、、.V,''''''.、,----, ,---,./ __ .// r‐.//'lj j ̄´/. .n  .,'r './  / V . ./
        \  ',  .', .',  .', `.' ノ.', ヘ.',.', .n__', .n l.l ',l .l /.i l/, ' / 丿ニ/ < --' , '/ / /ヽ, '
.           ',  .' ,  .', ',  .',  .n ヽ,' L,.',', .l , .ll .l.l .l.l  /'l ll / ,i / /_l ゝ'i  ,'τ' / ./ /
          ', .,ヘ   `-'  .ノ', .',', .',l ri__', _ノー-.',l/__l !_./ 、_/ / ‐‐,' '' / / /ヽ / /
           <  ',  _, --'/ ./'''/'''/ ̄./ /  jl /n l', l/r'/ ',/ / ̄ ‐' '---'  .j./, r ' ヽ./
           ', /´ / _ノ .ヽ- ''-.'--//フ/‐ / /¨ ` //.l / ──-、'、_  ノ',´   /
               レ -' `.´       l ',r───コ ./  r──‐コ        ´  ヽ./
                          >‐ ' ',   .', ´/  フ' /´
                       ,' ',//_ゝ   ',   // ./
                          丶__, -‐ ',   ',/ / ./
                       / l    _',   ', / ./
                       ', 丶-‐ ',- ',   ' /
                        `ー' ´   ',  /
                                  ',_/

   ───────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───────

                              ~ 第5話 ~

                       【ラインハット地下  魔道の目覚め】

   ───────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───────




.

583◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:06:52 ID:Au6Amy8g0



::::::::::::::::|       、      /: : : : |
::::::::::::::::|        、、 , ': : : : : :/
::::::::::::::::|         厶/: /: :./         ───━━━━━━━━━━━───
::::::::::::::::| rュ      /  V√V                 僥倖じゃと思うとった。
::::::::::::::::|      ,. ィ                   ───━━━━━━━━━━━───
::::::::::::::::|_,.  -r<:.|  !
::::::::::::::::|: : : :./: : : :! .!
::::::::::::::::|: : :./!: : : /  !
::::::::::::::::|: : / | : :/  /





     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     |:.:.l:.:.:.:.:.:!:.:.:|:|:.:.:|:.l:.:.:.:.:.:.:.|\:.:.:|:.:.:.:.:.:\:.:.l
     |:.:.|:.:.l:.:.:|:.:/l:l:.:厶|:l:.:.:.:.:.l「 ̄ヽl\:.:.:.:.l:.lヽ|
     |:.:l|:.:.|:.:.:l厶斗r¬い:.:.:.:.ルx欠メト、い:.:ト|
     }:./:.:.ハ:.:.「 ,:キ=ミl|:.:.:ハ| '゙ r仆} }「 ト|
      /厶イ:l:.|:.:| 〈〔 r仆{ l/    ゞ '′ j/        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       l|/∧:{ ` ヾジ           !                  まさかラインハットの君主様が、妾へお声を
          いl、         ′    !               かけて下さるなど、夢にも思わぬことじゃった。
            `¬ヘ、        _,     人          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
           r‐|∧丶、    ̄    イ  丶
            |ハ   ヽlV>:..   __/{ハ   冫、__
     ,.-‐¬| ∧  〃^}     !∧  / /  ` 丶 、
    ,     /´ ノ ,〈  丿     / / \{        ヽ
.    /       /  / \   -‐¬ /             `、
   /       {  /\  ` ─-‐'´{ /             l


.

584◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:07:17 ID:Au6Amy8g0



   从イ、、、                / / ::i:i /  ..:/   |
.    !    '         、、、 / /  :!从ハ .:::/  _.ノ
                      'ー'7^ク/ .::::::/  ̄
     人   `   _         ー .イ   :::::/      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    . .::::\            イ:了 |  .::/              国王様は、正室様を亡くして久しかったものの、
    !::::/:::::\     _ .. ´ イ  !  !  ::イ              新たな人生を送るための伴侶に妾を選んでくれた。
    i ::i!:::::::::i:::丁 ¨\  /  `ー!  !  !::!                  これに勝る幸せはないと思うておった。
   |:i!:::::::::i:ノ   イレ'´    イ  !  !::|       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
.    !:ハ:/_ ..イ´ ̄    / |    !::ハ
     !::|/'´  _j、__....-<:..:ヽ. |    !  |
     レ'   <: : : : : : : : : : : : | |    ! ¦





.          |::::l::/::::/:::/:::/:::::::ト、:::|:::::::::|::::l:::::::::|
         /:::::::l::::::l:::/::,イ∠|:| l:::ト、::::::|::::|:::::::l::ヽ
        ノl:::::::::|:::::|///‐、 リ` .|::|=≦、|::|::::::::|:ト:l\
       |:::::::::ハ::::::l==、 /   レ' '´ヽ |:|:::::::/:|.リ
.       |::::::::l ヘ:::::l  `     ァ==、 ,リ:::::/:リ         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
        \l:l:ヽ_ゞ_l             /ソ::/::l:l                     亡き正室様の忘れ形見のルルーシュ、
         `゙ー-ゝ   __ '_   /"::/l::ハl                       そして国王様と妾の3人の家族。
    , ―-、___ ,.ィ\ `=´_ , イ_/ l/. !                 必ずやこの家族を――国王様の治める
.    |    \   /::::ト-≧=チ_|\____,、                  この国を幸せでいっぱいにしようと誓うた。
.    |     l ∠_:::::::\/^l^ヽl-、::>   , / |           ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     |   /,へ,/::::::::/| |、 \\__ | /、 |
.    ゝ,// ハ::::::::::::| | | \l \\:| |′ |
     〈_/ / ,ハ:::::::::||    `   \\ | ̄ \
    /    /  ヾ:::::| ヽ   / ̄l  |/   〈


.

585◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:12:38 ID:Au6Amy8g0



          _ -‐─ -
        /        `ヽ
       /    /  /  i   ヽ_ ,ィ
       l   /  ,{ / / イ ハ   ヽ_ノ
       {  l  /‐レ{ r' ノハ }   ト、
       ', ! { :/_ リ   `>ィ i ハl      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       } l Vイいi`   ィtぅ、ノ / ノ                       転機が訪れたのはその数年後。
        ハ ゝこソ   tり !イイノ               妾が長男、ロロを産んだその日だったように思う。
          ヽ、 、__'   / リ            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       /ヌ‐┘j> __ . イ
       メニ: l: :0: : : :l0:.ヽ
       /: : :/: il: : : : : ll/: !
     /: : ::イ: : ll: : : : : il : l
    /: : : / l : :il: : : : : :ll: :ヘ





        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.      ,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.、.:\_
      {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:/!:∧:.:.:.:.:い.:.:ト-‐'′
     !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:厶H‐1!:.:.:.:.l:.:、:.|
.      }:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:|/' ムヵl|:.:∧|.:.バ
.     ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>|:.:.:.:.:.:.:{  《 i{ jr弋ハ|      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    ⌒ヽ:.:|.:.:.:.:.:{ { |:.∧:.:.:.|   `   j                  ルルーシュは弟が出来たと喜び、
        }ヘ:.:./:\lム |∧|        ム            あの人も妾の息子の誕生を心より祝ってくれた。
         |∧:.:/:ト-ヘ、     ー /               今にして思えば、あの時が妾にとっても
.            }∧ハ   丶 ____ノ               最も幸せだった日々だったようにも思える。
           厂 ̄`丶、__  〔 〈           ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
          / ̄_二⊃‐-、`¬‐-ヘ.
.      / ─-、_   ` ─-、{ 丶、
      /        ̄      `、 l
       {               l !
      }         丶    !!


.

587◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:12:50 ID:Au6Amy8g0



                          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
                          /∧:::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                      ∠i l /::::::::::::::///  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                       | |l:::::::::::::::く / ̄ヽ、|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::il
                       | |    |  =ヽ、ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                       |  l| ∧ | ´lノトヾ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i|
                        ヽ、|ヽ| い  |::| |ト  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヽ
                            y ゞ/   iソ ll /::::::::::::::::::/lヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                             く    `¨´ //:::::::::::// ) 〉::::::::::::::::::::::::::::∥:|
                             \ ,__    /:::/l::::// /::::::::::::::::il:::::i:::::八ヽ、
                              ヽ\`i  ////  7::::::::::::/|:::::/|:::::/|
                                  \´____ -,_-┐  l/´/:::i入/ヽ .,..,,.:.:.:
                                    ∠  〈 |ヽ//  V.,.,.,.,..:.,.,/゙`゙゙゙r
                             イ´  / l /::: | /´  /-こニ≠´¨´ ̄`il
                             |  l  /::::  ヽ、/ i__ __, --=≠i|__
     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
          義理の息子ルルーシュと、血の繋がった妾の息子ロロ。
           共に育った二人の姿を見るのが毎日の楽しみだった。

               やんちゃで、遊んでばかりのルルーシュ。
                      努力家で、よく勉強に励んだロロ。
            対極ながら仲の良い兄弟じゃと当時は思うておった。
     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       /    /  /  i   ヽ_ ,ィ
       l   /  ,{ / / イ ハ   ヽ_ノ
       {  l  /‐レ{ r' ノハ }   ト、
       ', ! { :/_ リ   `>ィ i ハl
       } l Vイいi`   ィtぅ、ノ / ノ
        ハ ゝこソ   tり !イイノ
          ヽ、 、__'   / リ
       /ヌ‐┘j> __ . イ
       メニ: l: :0: : : :l0:.ヽ
       /: : :/: il: : : : : ll/: !
     /: : ::イ: : ll: : : : : il : l
    /: : : / l : :il: : : : : :ll: :ヘ
   〈: : : :/ |: : ll: : :: : : :ll: : :\
   と入_/  l三{l二{二二lヘ:_:ィう
        |: : ||: : :__:_:_ヽ, ̄


.

588◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:13:03 ID:Au6Amy8g0



 ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
.         しかし、時が経つに連れそれを潔しと出来なくなる。

            王位を継ぐのは、長子であり国王様の血を直接  
       その身に宿すルルーシュであるという確約された未来。
 ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

  |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : :  |/|     |     |/|: : : :  |     |  | : :|
  |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : :  |/|     ┼     |/|: : : :  |     |  |: : |
  |  |  |: : : : : : : :|    |/|: :    |/|     |     |/|: :    |     |  | : :|
  | ヽ |_|_,;,.:. -‐'':::|    |/|: :    |/|    山      |/|: :    | ‐- ...,,,_|_|/|
  |  |  |: : : : : : : :|    |/|: :    |/|  /><\    |/|: :    |     |  |: : |
  |  |  |: : : : : : : :|    |/|     |  //  .\\   |/|     |     |  | : :|
  |  |  |: : : : : : : :|    |/|      ∠エエエエエエヽ |/|     |     |  |: : |
  |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|        |_;;l| |/|     |     |  | : :|
  |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|____|_;;l| |/|     |     |  |: : |
  |  |  |: :∧ :∧ :|    |/| /\ |_;;l|____|_;;l| |/| /\.:|  , 〈〉:..|  | : :|
  | ヽ |_|_,;| ||-| ||::|    |/    |_;;l|____|_;;l| |/    ゙:|‐ /(_,||ィ:|_|/|
  |  |  |: :|_||: |_||::|            |_;;l|____|_;;l|        | |.┌|ト( |  | : :|
  |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | \|:|| . |  |: : |
  |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | rrー、|| . |  | : :|
  |  |  |: : ||: : ||: :|          /_::/| :+: :+:  |!_;;;!       | ト|-:|:|| : |  |: : |
 ̄|  |  |: : ||: : ||: :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| ::l| :| :+: :+:  |:| ::ll:..  ̄ ̄ ̄| | |:::|:|| : |  | : :| ̄
─|  |  |: : ||: : ||: :|─────:| ::l|/| :+: :+:  |;| ::l|::───‐| ヽV::[| : |  |: : |─
 ̄ \ |_|_,;,:.: -‐'''"  ̄ ̄ ̄ ̄ /エ7|/'⌒⌒⌒⌒:|:|エ| ̄ ̄ ̄ ̄゛'' ‐-: ..;_|_|/ ̄
                    〔三〕イ  ´  ´  :|〔三〕... ... .. .
                     |  |/|三三三三三|:|  |:::::::::::::::::::::.::....................
                    〔三〕/         ゙〔三〕::::::::::: :





    !:.:.:.:!   ,         ゝ '  ' /:.:.:.:.:.!
    ヽ ノ!         u   /Τ|:.:.:.:.:.:.:.|
     _r‐゙――-、       . '  |:.|:.:.:.:.:.:.:.:|          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    } ミュ     }      . ィ  人|:.:.:.:.:.:.:.:.':,                 あの方の国政を見守り続けてきた妾には、
     ( ー<     !==-ャ‐    /  ),:.:.:.:.:.:.:.:.:.',                    やんちゃ坊主のルルーシュに将来
    (ー!´    }/  ∧   //  / ヽ_:.:.:.:.:.:.:.:',                 国王が務まるか、疑問ではあった。
     ゝ| ァ―‐'、! // ' / /  /     ̄`ヽ:.:ハ
    λゝ-`ソ  \!|! /  /ヽ/ /      ヽ:.:!               ……ロロが、後継者ではいかんのか? 
    //ヾヽ     ヽ/,   //:/ !        '.:!        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
  / ,'  \__    V   //:/  ノ         }}
  / !    //:.`、    }ヽ/:.:./   ! /    /   |:|
 /  l    //:.:.:∧  /  \:!  |/    /     !:!


.

589◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:13:18 ID:Au6Amy8g0



      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
             邪まな考えがお家騒動を起こし、国家を傾かせた史書は
             いくつも読んだことがある。妾がそんな老害となって、
              ラインハットを危機に瀕しさせるようなことはしたくない。
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

                                   ∧
                            / :|
                             ____/    |
                        \        |     ____
                        /. ̄ ̄ ̄ \     .|  /       \
                      /            、   | ./         \
                       ̄ ̄\        |  |/     / ̄ ̄\
             / ̄ ̄ ̄ ̄. \       |   ./    //三三三{
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.  \    .|  /   ///三三三Z
             / ̄ ̄ ̄ ̄ . \   \ |./  ////    \
               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ V.////             |
            }:三三三三三三三.×\\l.///×三三三三三三三:{
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ー――'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





.(〈   ` '           ヽ、
`^ーj               ノ
|`‐f    u              ′       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
| l ∧            _ ノ               ラインハット王国の妨げになるわけにはいかぬ――
',.!{              /                 己に何度もそう言い聞かせ、妾は日々を送る。   
!',ヽ   丶、        /
⌒ヽ     、        ノ                    そして自身にそう言い聞かせるという行為そのものも、
  ヽ     ,r`フーr ´!|                   自らの胸の内にある暗黒を自ら認める証でもあった。
、  ヽ    ,!´ .! /|  |          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
丶  ヽ   |.!  ! |  |
 ヽ   ヽ  | !  !/|  |
.  ヽ  ,r┴、 ト、!  .!|  |


.

590◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:14:02 ID:Au6Amy8g0





          /       / `-:.、:ハ.::.::.:ト                 /イ.:/リ.::.::.、::l  `ヽ  ヘ
            /            `、ヽ.::.:lヾ、      i        /リ:/:./.::.::.:ト.:l      ヘ
            /              ヽヽ、 ゞ、     ___     イ/ ,'  ̄`´ `      ヘ
          ̄ ̄ ゙゙̄-- 、          l. .ヽ    ゝ   /    イ /. l            /
                 `-、        l: : :.ト >  `¨´ , <, l. : : :l            /
                リ   `-、      l: : :.l 、ヽ `--' "  /l: : : :l          / l
               /     `-、     l: : :.l  / /  l ',/  l: : : :l         /   |
               |        `、   l: : : l /. /  l ',   l: : : :l     , ィ '"      |
  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                聞けばルルーシュはロロを子分と称し、あれこれ指図しているという。
         今にして思えばあの程度、兄弟同士でよくある可愛らしい掛け合いだったのだろう。

           当時の妾がそのルルーシュに感じた嫌悪感は言葉では言い表せない。
               生まれた星をかさに着て、あまつさえ妾の愛するロロを子分呼ばわり。
            やがてはルルーシュが、家臣としてロロをこき使う未来が訪れるというのか?
  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                        ヽ  V/l   l /ハヽ       /
                        _/´ 丶   , --、     ´ l ハV   っ
                        ノ―‐ミヽ、__\ゝ __ ` ーァ   /
                       /: : _: : ´二: : :  ̄`ヽ‐`¨´_  ´   。
                    ///: :/ : : : : : : : : : ヽ<
                     / /: :/: : : : : : : : : : : : : レ…―― 、
                       / : : /: : : : : ::::::::::::::::::::::::::::! : : : : : : : ∧
                   / : : / : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::{: : : : : : : /: :l
                     /: : : :l: : :ー::::::::: : :ー―――く: : : : : : / :::::|
                  ': : : : :|: : :、: : : : : : :::::::::::::::::::::::ノ: ::: : : /: :::::ノ
                 l: : : : ::::、:::: : : : :::::::::: : : ::::::::::::く=、i::::: /: ::::::{
                 |: : : : : :::ヽ::::::: : : : : : :::::::::::: : :〈: c!:::/: ::::: /`>
                 |: : : :::::::::::::\::::::: : : : : : : : ::::::::ヽ Ⅳ:::::: :::: :{




.

591◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:14:37 ID:Au6Amy8g0





                     //_....:‐‐:.:.:─,:.:-:...、 ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.丶
    ───━━━━━━━━─── .:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:`ヽV:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          なぜロロが――       :.:.:.:.:.:.j!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
    ───━━━━━━━━─── :.:.:.:.:l:.||:.|:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.!:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                  /:/:.:.:.:.:.:.:.::/|!:.:.:.:.:.:.|」 | |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.!:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
                 ,:./:.:.:.:r― ´ ー―'´   `ー 、:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
                ,:.:リイ´              `ヽ:.:.: ───━━━━━━━━━━━━━━───
                .':./:.:.:!                  \      生まれた順番が違うだけで――
───━━━━━━━━━━━━───     ,ノ__      / ───━━━━━━━━━━━━━━───
     継ぐ資格は無いのか――           ' ,:::::::::::::::::::::/:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.'
───━━━━━━━━━━━━─── ::::::::::::::::: ───━━━━━━━━━━━━━───
                   ト、∧                 あんなやんちゃ坊主より――
                   |:.:.:.:.:,              ───━━━━━━━━━━━━━───
                   |:.:.:.:.:..,    `      ι   .ィー:.':.:.:.:.:.:.:.|
                   |:|:.:.:.|:.ヽ.   ‐-         !:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:|
                   |:|:.:.:ハ  ───━━━━━━━━━━━━━━───
                   |:|:.:.:|:.}'      この国の未来のためには――
                   ||:.:.:.|:.l.  ───━━━━━━━━━━━━━━───
                   ||:.:.:.|:.|  | ̄`_Y⌒ヽ==- 、_ /   /:.:.|:.|:.:.|:.:.||
   ───━━━━━━━━━━━━━─── ::::::/   , ` ー :._!:.:.l|
        やはり、ルルーシュでは――         、_,'   /       ̄` >、
   ───━━━━━━━━━━━━━───  /-、ノ         /彡´⌒ヽ
               /    |   /:.:.:| /::::/   |:::::! /:.:.:.}         //     !





          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                    歴史が過ちだと語るような思想が徐々に脳裏を焼く。  
               だが、盆暗が王位を継いで衰退した国家も実在するのだ。

                    史実という名の詭弁は頭を巡り、妾の闇を広げていく。
          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───




.

592◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:16:03 ID:Au6Amy8g0










       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                            丁度、そんな頃であった。

             妾が城下へ赴いた際、可愛らしい詩人が妾の足を止めた。
       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───



            (( ヘ     、_ '_       厶ク
              辷⊇>x、.ry     ∠廴))
             >'´⌒{>//zxz‐‐ュ≦ミ三⊇        ――あら、これは王妃様。
         Y´    ,/)' ^,ニ⊃コ} ̄`\⊇
           {   x'^^^ス  ,二)./    \       よろしければ一興、如何でしょうか?
          > / 幺 幺x‐ュ,)〈       〉
          / ^   幺 幺・i」 .ノ〉八_r=、 /
        {        〉〉 〉〉-<´/   「i|iト、v、
        \    乃 乃|i」》/   .|」i」x、幺
         \  勹勹《∧/     |」\/
            /ゝ彡{ヾ/ハ /     .|  \


.

593◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:16:17 ID:Au6Amy8g0



   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
            詩人の奏でる楽器の音色は実に美しく、そこにいた聴衆すべての
             心を掴んで離さぬものであった、そう確信できるほどだった。
        実際に妾も、悩み疲れた心が洗われる心地であったのをよく憶えている。
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                     /彡 ',    、          !.!,ソノ彡ヽ
                      /´{彡'〈ヘ,   、 _         ;'イ∠..,彡 L..,
                    l   ゝ-く  >.         _,.イ     `ヾ彡}
                   !  { 彡}  _>- ¬.ァ'  ≦≧;、     |! く  , ≦>
                     _ ..」   `フ彡′(σ ∧ソ/    `'气圭ュ、   ,」! ≦> ´
                   [´-‐┴′ `ソ , ' 7://l !: l!       `气斧≦><ミ}
                f´           /  .!イ': :L!: 廴     ..≦>≦ュ、   `ヽ,
               |         `く     l: : O : :人>≦> Y´   `气ュ、   }l
              i         \._  ,ゝ、: ;.≦> ^ーマ」    `气ュ、 ,イ'>rf(Y>、
                __!         ,イ´ `ヽ≦>'Y       ,人ヘ,       `气ュ!ト. ̄ ̄`) !┐
            ,r(Y>|      _rf∧ ,、ヽヽY_;ハ;:」     (...:. \`  ̄ ̄ ̄`气ュ、,_\,.,_ `i/ソ┐
            ,r(Y>' !     r^{j´,':!.j:;l | |J,            `T ´  ̄`;.イ汽圦\寸;、 ! トJ
        ∠^ソ>'  ∧     |rテ > `Y´^^′ヽー'ニニヽ       l    rfう | レ^圦、)`}ハ } く
          rfソ 〉′   ∧   ,,r(Y/ ,((┘  `,フ Λヽニ〈        |   {Yソ´ Y_/ /代ュトハしリ
          ゝ┘}     ∧  L;J /〉′  ,イ /、_〉 〉rtウ、      !   {ムj′ ゝ'_ノ '弍ト,Jイ′
       /´├J、      ∧_j下イ>′ ,.イrVrソ | !L十ァ.、      ∧  fソ〉      犾圭ュ、
        └‐t′〈       `rfソ′, イハJ_(,ソ  | !└しリ入,    Λ ゝY〉    ,イ `斧圭圦
        ├し/ 、      _,.<.! 爿 ノ´ \  V/  廴ナ `カュ、_.∧ Lマ、_ _ , .イ _し´`'冬圭;〉
         `ー仁{ムュ一人rう_,し‐′し′   ` ーi     `ー仁わ、うノ∧しー{ { _,し‐′
              `└し/ぅr(J′              !  ',         `ー ´`ー^'i`ー′








            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                  やがてその詩人は、妾に近付き話しかけてくる。
            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

          ``i{、_     ,、 ,   .{= 、
              人、__メ   { ソ   ノ   〉
         ,. ┴‐ < ̄ }、...`" .ィ'´`ヽ /
       r'´     V⌒ヽ水コゝ‐<- 、          ――顔色がすぐれぬようですね。
       i: 、: . .    ゝ ィl」 ヽヽr-」  \
       ヽ: :、: :__ . . :くく.ィ  o゙"ゝ_ゝ . r: }           私の音色でごゆるりと、心を落ち着かせ下さいませ。
       /  /T: . : \ 、    ̄ }i:、 :i レノ
      /ー- v  |: : : : . . `丶、、゚_/ ト、  ヽ
.     〈    \  ,レ. : : : :  く./i、\L_ヽ__ \
.     }: .    ヽ〉 _  _     ノi、`" ` 、-‐ \
.      |: : : .    \V {   .ィ__r ヘヽ   \  : :}
.      i: : : : : .    ヽ⌒7イr┘: i: : L\   丶: :ヽ
     'i: : : : : : : .   i}_ノr.┘:i: i: : i: ヽへ  丶: : i
     ,}; : : : : : : : .  〃_j: : : 、: i: :/: : ゝ_\  ヽ: i


.

594◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:16:31 ID:Au6Amy8g0



.(〈   ` '   ι      ヽ、
`^ーj               ノ      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
|`‐f                 ′               詩人の奏でるメロディは妾の心をわし掴みにした。
| l ∧            _ ノ
',.!{              /                   気を緩めれば、あわや大衆の前で涙さえ
!',ヽ   丶、        /                   流してしまいそうなほど胸に沁み込むその音色。
⌒ヽ     、        ノ            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
  ヽ     ,r`フーr ´!|
、  ヽ    ,!´ .! /|  |
丶  ヽ   |.!  ! |  |
 ヽ   ヽ  | !  !/|  |
.  ヽ  ,r┴、 ト、!  .!|  |





    ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;,,,        ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
      ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,      ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
     '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
                ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;       ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
''''';;;;;;;,,,,,,,                ''';;,                     '''              '     ''';
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,                                       ,,,
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    ,,,;;           妾の迷いが少しずつ、少しずつほぐれていく気がした。                ,,,;;''
,,,,;;;;;;''''''         いったい妾は何を迷っていたのだろうか。為すべきことなど       ,,,,,,,,;;;'''''
            決まっている。国の未来を案じるなら、道はひとつしかない。       ;;;''
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───   '';,,,;';,,;''
        ''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;''''''''
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''                                  ';,       ,;
                                                ''''';;;; ,,,;;;''';;'
                                                    '''';;;;;    ,,,,;'';,
   ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'                               ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''                                         ,;''   ;'  ''';;;;,,,
;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;''';                                             ,,,;;;    '''''';;,,,,
      ;;;'';                                              ''''';;;;,,,,,,  ''';;,


.

595◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:16:50 ID:Au6Amy8g0










    l_,,.  l l | (`-                l l/l_ノ
          l  l.、            ,     l .|
         |  l ` - 、                l .l
          l  ヽ, - ヽ   ' ‐- ....._     ノ l          ――そうとも。
        l   l   |.ヽ     `` ''"   イl .l .l
          l    l.|   .|  `  、    イ  .l l .l .|         ルルーシュなどにこの国を任せられるものか。
         l   l |   |       ̄/ l |   .l  ト..l
        l   l, ‐|   .|        l、、 .|  ヽ .l l l
        l_,-‐ '"  .|   .|         ヽ 、.l , ‐.、| | .l l
      /  ヽ、   レ⌒ l― 、    _ヽl   l、l l l
    /      ヽ   |    |  `  '´   |   | |ヽl l
    l      ヽr=、l   l____, ― 、__l   l l  ヽ









.

596◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:17:02 ID:Au6Amy8g0



             l: : : : : : : : :| :l: : : : : : : : :| //: : : : /: : : : : : :l:|  |: : : : :|: : : : : :|: :|
             l: : : : : : : : :| :l: : : : : : : : :|〃: : : ://: : : : : : /:l  |: : : : ハ: : : : : |: :|
             {: : : : : : : : :| :|: : : : : : : : :|: : : :.:.//: : :._: :. :イ_」    `丶」 \: : ::|: :|
             |: : : : : : : : :| :|: : : : : : : : :|: : : :.//>'"└'´           入 j: :|
             }: : : : : : : : :! :|: : : : : : : : :|: : /                   /: :`|: |
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                 今にして思えば、それは天使の歌声などではなく
                悪魔の囁きだったのか――あれほど理性でもって
               抑えていた悪意が、あの日を境に解放されたのだ。
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
              | |: : : : : : :\`丶 \|                  ヽ  /: :/
              | ハ: : : : : : : `ヽ- 、                    ` ノ: :/
             /: :.ハ: : : : : : : : V  \                    イ: :/
             /: :. :/ ヽ: : : : -―}\             __, ' / | /
               /: : : : : : 入/   ヘ \  ヽ、         /   K――、
           /: : : >‐'" \   \l  > 、  ‐- 、 _ イ |    ハ   |
             /: :./      \   \     > 、」/   | |    l |    |





                      ,-――――-、
.           |十|        ム==‐-‐==ソ、
.           |十|           |li||;;;;゚; ;'|l|;;;゚;o;||i、{
.           ト'┤        :|k||;゚:::: ;:|l|;::.;;..;||ui|       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
        /l -ト、         |lf||;;;;;.:;;;|l|_, : ;;||,l;l}              その日から妾の夜更かしが増えた。
          |┼┴|        |i!||;;;;;;;;;;|l|;::..'.;;||il,」             暗い部屋で、ルルーシュを亡き者にし、
          |┴┬|         ヾ||;;;::..;;;|l|;;;;..;:;||,ン´           我が息子が差し支え無く王位を継げる画策。
          |┬┴ト----、    l二二二二二二l                 それを毎夜毎晩、緻密に練り上げていく。
       斤江エエ工エエ丸  : ..         ..  : .     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
...    ├+イ_,|_|_|_,ト-|   :: ; ::: ::
       |十|: ..:)ノ: )',,.::.:|┴|. :: :::.. :::....
.       |┴|:.:.::(.'(;):) :';:.:|十| ::   ...
=======」工|':,ヘ/Yベヾ`.|工L_===========================
       :; :   :: .  :::           :. . ;      ...


.

597◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:17:21 ID:Au6Amy8g0





                ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                        計画がある程度固まってきたその頃、
                   城へ訪れた一人の旅人と話す機会があった。
                ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───



         `ヽ:::| ∧ 、 _     /  /| |   `ヽニゝ
        < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
       -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
        /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\          ――お会い出来て光栄ですわ、王妃様。
         /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ
         ヽ:::::::| ハーr'゙Y//:::::::::::::::::::}:::::::::::::::::< ! \
         ノ 〉:::| /:::: ̄`/:::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::\  ヽ
        / /::::::{ハ::::::::::/::::/::::::::/::::::::{:::::::::::ト、:::::、ー-ゝ  ',
         / /:::::::::::∧:::::::ヽ/_/:::/::::::::::::〉、::ト、! | \::〉    l
       / r'::::-::、:/ {:::::::/´::::`ヽ:/ ̄:「、 レ'  !  ハ !    !
      ,'_ノ_::::__::/ ノ:/::::::::::/::::::::::::::| }/|  ,' / l |   l
      lゞ//\〈//:::、__:/:::::::::::::::::::ノ  |  /! /  l ハ  /



       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                遠い記憶ゆえ顔も思い出せぬが、只者ではなかった。

                  仮にも王家の要人である妾を相手に一歩も物怖じせず、
                    それでいて癪に触れるようなこともせぬ節度ある振舞い。
             一介の旅人にしては"出来過ぎ"な心象を抱いたのは否めない。
       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

598◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:17:34 ID:Au6Amy8g0



                                lⅥ 、ヽ            ´}   ! ヾl
                                 | 〉ハ ー\     ` ,   イl  !   i        _/
                        ヽ---≧ー、}\ヽ \    `  /jヽl  ハ ⊥イ- 千三干- 、 _
                     _`三Zニ三ヽニ . ̄ ̄ \ 、ヽ}:.:.::zニ <´:.:./! r-/ィー 、三三三Zー ´
                    ー ニア三三./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ jヾイ7 Y Vン l/ l.:.:.:.:.:.:.:.:.\二三三≧、
                    ィ千三三三./.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:|r-vう / !ヽヽ r-v-}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽニ三三三ヽ
                      /三三厂}三/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/}> ´/ .公 \^-<}\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ヾ三三ハ
                   ´  リ ムイ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.-/ / i  -'__人_ヽ    !ヽ ヽz、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽリ  jソ
                         /ハ:.:.:.:.:.:.:.:八   .⊥ ィ ー‐.个ーへ _勹、 / i.:.:.:.:.:.:.:./
                           /// ヽz.:r-'  ヽ /l }.:.!  ヽ f   ィ ニ{ _ ーi、 マ.、:.:./ヽ ヽ
                       /// /!l⊥ヘ  イ   ヽ-i:.\ノ人/.:.:}_)  下  _ノ ヽ!l:} 、!  l
                         /// / ソ }. \ !∠ /}_.j:.:.:.:.ンく:.:.:.:l {   ー  }_  }从l:l !  l
                      i ! l ! ノ ! イ_  __} -{ l.:.:.:.:((:l:!!l)):.:.:.「i  , - } 、 〉、 ヽ !l:l !  l
  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
             その旅人は、妾と二人きりでの会話を望むと申し出てきた。
            不思議な魅力を放つその旅人の誘いに乗り、妾は彼女を自室に招く。

           部屋で妾と旅人の会話は弾んだ。旅人の心地良い語り調子に乗せられ、
          妾も相槌を打つ。名も知らぬ出会ったばかりの者を相手に関わらず、
         何十年も一緒にいた友人と久しぶりに会って話しているような心地であった。
  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
.    V:人 い\:|                     /: : :./: /
    }: : : \_                、    ん: :./∨
    |: :|: : : : :込               ハ: ∨!
    |: :|: : : :/ : :.\    `ー- 、_     人: : : :|
    |:八: : : : : : :.|. \         , ィ: : : :/|: |
   〃: :>‐、: :/:.!  ` 、    ,. <: : : : :./: ∨
   /: : : {   }/|     ` T: :.ん--、 /: : : |
  /: : : :.|   |         `/   人_ : : : |
_,/ ̄ ̄/   /         /   /::::::::::>┴- 、
::::::::::::::::/   / ⌒  ー   ‐' /    /::::::::::::::::::::::::::::_}
::::::::::::::/__,/         厶--、_,/::::::::::::::::::::::::/ \










.

599◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:18:13 ID:Au6Amy8g0










                  / //| |  l           / /| l/ イ | | | | |:| 、
                 //-┴ 、 lヽ _     彡イ// ||∥l | |:|.  \
            //   r‐┐ ト ヽ `こ´      //:/  ' ||∥l | |:| \  \
    (⌒f´ ̄> //´   /^くイしク 〉 \       イ |::{ / ∧l 八丶l_/厶 ― 、\      ……なるほど。
   _|_)├┐| 〈(    ノ -‐= 'ーく \ `丶 _ く |ハ:∨ ∧_j___>':/.::::::::::::::::..\
 , ´   r┴┤| ーヾ―'´   _x┬―'  |>-、r―ヘ | | ヘ:.\'.::::::)::::_:::イ:::::::::::::::::::::::::::     長子のルルーシュが邪魔、と。
〈_ ―ト- ⌒ヽ  >-―< l |┌ヘ  l::::::::::: |:::::::::∧| | \(:: /| ̄:::::::|::::::::::::::::::::::::::::
 }  _丿 _,.イ  ト----く廴」ノ|::..\ヽ:::::::::|::::: /.:::l| | l::::::/ |/.::::::: |::::::::::::::::::::::::::::
 ル'´   | (_, ┴┐| /こフ⌒ヽ__〕|::::::::::..\:::::::|::::〈 ::::∧ | |:::/  /.::::::::::.ヽ:::::::::::::::::::::::::
〈〈___ノ⌒ヽ    /| |′  ̄}/<f::::::::::::::::::::::::/.:::::l>イ |:| | |/  〈::::::::::::::::::..\:::::::::::::::::::
∧ ̄) __ノ   卜⊥L. r<厂ヽ_人::::::::::::::::::r~/ィ┐|:l人{   |\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



          /  /lハ             / /´}   !
.        / / / ハ       ,       // l )ノ   |
      / ′ /   ∧             ィ7厂   |
          |    ヘ、    ´`      /  | | |          うむ……出来ることなら……
          |   / ノ> 、    _ イト、  /  / |
          |   |⌒|   ≧ て   / |⌒| ./  j
          |   |  |_.へ_ノ     ト、!  ! /  /
          |  _|  ||  \      |  |,'  /
          // /|⌒||    l__       |⌒ト‐-〈
        //   l |  ||    |     ̄ヽ ∨ ヘ\
      /  |  ヽ!  !!_  \      \ \ヘ \
     /   |   |  ||   ヽ__ヘ       |  ヽヘ.  \
    /    |  / /!\_|l⌒l|ヘ、___ノ|  | |    )
  /      l  / |ヽ |匚l 囗二l|   ヽ|  | |  /



    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                       いつからこんな話をしていたのだろうか。
             たとえ王妃とはいえ、こんな企てをしておるとなれば当然ただでは済まない。

          それを初対面の旅人に語っている。本来なら、絶対にあり得ぬような出来事だった。
    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

601◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:18:28 ID:Au6Amy8g0

        〈 .〃 |  |h、》,      、    ∠_,.イ .ト、   \  ),._,ノ リ
.\       《/ /|  | 「h、ス  __,x-、イ   /〔リ  l \   >'゙ /         ハ
\.`ミ=、___,/ / j|  | : l从 |`'ノ x,ヽヽ.トイ  ̄]  人  ,>'´::: : :∠_     _,ノ }         ここまで親しくなれたのも
_,>      ̄ ̄从人  气┴个7   .,r仍. / / ̄ ̄\:::::: : : :      ̄ ̄  _彡゙
_,二ニ=-  : ::::::::::::/ \__ >-/   / 「》 〉/ /: : : : : : : \::::: : : : :   -=二. _         光栄であり、何かの縁。
_    ,. -‐ : ::::::/: : : : : : : /⌒゙V⌒゙〉」《// /: : : : : : : : : : \::::::: : : : :         ,二ニ=-
_,.>   : : : ::::::)': : : : : : : : :厶      |┐_/ イ: : : : : : : : : : : : : :),::::::: : : : : ‐=ニ二 ̄         御力になりましょう。
__,彡イ   イ:::::《: : : : : : : /⌒ _/⌒V⌒|⌒ \: : : : : : : : : : : : : :/:::::::: : : :    < ̄
`'==彡リシ'⌒7⌒7\: : : : ,ゞ  _ゞ   ,  ト、   〉 ⌒: : ヾ: : : : : ,イ'-r──‐< ̄ ̄`
    /   / .厶イ》r .:Y⌒ 〉  ,ゝ-v─| ゙ 勺: : : : : : :r=ッ≪゛::|: ト、      \
.   /   /  / /《《|: : |  「  .ゝ   |\_,/: : : : : : ,《/《__》〉::|: | \      \
  /   /  ,  ///》|: :〈  〈  Y´      : : \: : : : : ,《/r=冂:} ::|: |          \





λ、fヽ、ヾ ゝ           丶
.(〈   ` '           ヽ、
`^ーj               ノ           ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
|`‐f                ′                      旅人は、妾の預けた計画を胸に秘め去る。
| l ∧            、 _ ノ                    その後ろ姿を、不審ではなく信頼を以って
',.!{              /                      見送った当時の妾の目は未だに信じがたい。
!',ヽ   丶、        /
⌒ヽ     、        ノ                 あの者の言葉に、魔法でもかかっていとしか思えなかった。
  ヽ     ,r`フーr ´!|             ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
、  ヽ    ,!´ .! /|  |
丶  ヽ   |.!  ! |  |
 ヽ   ヽ  | !  !/|  |
.  ヽ  ,r┴、 ト、!  .!|  |









.

602◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:19:15 ID:Au6Amy8g0



           ,'           /〉 、`"ー  Y
          ィ'      `';.     'ワ"、 ̄`  " l
         _ゝ      ..    / イ;ト<-    l         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━───
          _゛ニ_‐-   "゛   `´  l`   _}                 運命が示し合わせたかのように、
          >'´::"゙ッ、  ヾ__ノ' ==キ{、   _L、                  一週間後に来客が来た。
         /:::::::::::/::::| テx,,ノゝ- ,,,,,='´:::::∧__  ソ ト             ラプラスという旅人が国王様によって
     , - '  : : : :::/::::::| l 一` サ゛´ー〉::::::::/k_//::::\             ラインハットに招かれたのだ。
, - ' ´  . . : : :::::::::l:::::::::l `―'´! l>-' 〉:::::ゝー...'..´::::::::::::::      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━───
ヽ  . . : : : : ::::::::::::::l:::::::::::l ,'   //  /::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::
.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::∨ ,l_/ レ-‐./:::::::::::::::::\::::::::::::::::::
 〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::∨_l 〈 7/:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::
./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::〉 l  〉 /::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::





.     |:.:.:.:.}              |:.:.:/ノノノ:.:.:.:./
     !:.:.:.:!   ,         ゝ '  ' /:.:.:.:.:.!
     ヽ ノ!               /Τ|:.:.:.:.:.:.:|        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      _r‐゙――-、       . '  |:.|:.:.:.:.:.:.:.:|                 年頃のルルーシュの話相手として
     } ミュ     }      . ィ  人|:.:.:.:.:.:.:.:.':,                招かれたそうだが、妾は興味はなかった。
.     ( ー<     !==-ャ‐    /  ),:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
     (ー!´    }/  ∧   //  / ヽ_:.:.:.:.:.:.:.:',             いなくなる予定の我が子などどうでもいい。
      ゝ| ァ―‐'、! // ' / /  /     ̄`ヽ:.:ハ              何年も愛を注いだはずの息子に対して
     λゝ-`ソ  \!|! /  /ヽ/ /      ヽ:.:!               ここまで思えていたことが、妾が既に
     //ヾヽ     ヽ/,   //:/ !        '.:!         人の道からはずれていたことを物語っていた。
   / ,'  \__    V   //:/  ノ         }}     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
   / !    //:.`、    }ヽ/:.:./   ! /    /   |:|
  /  !    //:.:.:∧   /  \:!  |/    /     !:!
. /  |   //!:.:/ ∧ /    \ !   /        !:|


.

603◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:19:38 ID:Au6Amy8g0



    |:! !.:::::|:::ヘ        j         〃: ィ´}::::::::| ヽ
   l{ リ.::::|::::::ト、  u    `       //ノ /.:::::i::ド、       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     |.::::|!::::{ヽ\    rァ==ヘ  /  /_ノ|:::i:::|::|  \                   その日、策謀は実行された。
    イ:::/ ト、:ヽ,_、    }L.. -‐′  /i::::::::|:::|::Ⅳ                   数人のならず者が城内に潜入し、
      }/  |:::ト、:、:`r:....   ` __ .∠L:::ハ::::::|::ハ!                ルルーシュを誘拐して去っていったのだ。
    ノ   ,ノ' |:!:::}:::|::::::::> .  ト、     {ノ二,リ -‐‐─‐‐,、    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
.      /  从イ_/}__::「 |L}  | !    7  /      /
              /| V   ! !    /  /      /
      , -‐ァ¬イ  」  ト、 | |  /  /      /





                                            ' ┼‐-  u       ,'
                                            '' 十‐-  .,`ィ    ゙i
                                             、  .,   `!、    〉
                                           '´::::::::::::::: ト、  _ンー`
                                         ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈 ,ィシ´
                                         /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ
                                        ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ',
                                       ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__;vヘl ',
                                      /::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::`ヽ、:ヽ ',
                                     /、:::::ニニ二二フ::::::::::::::::::::ヽ::', l
 ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
            ラプラスは誰にもそれを告げぬままルルーシュを救出すべく城を去っていった。
           騒ぎを大きくしないためのその判断が、何より都合よく妾の計画を助けてくれた。

      そしてこれを予見して策を講じたあの旅人を思い出し、計画は成就したと確信したのだ。
 ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
              |  '           z,彡kj/}  /ー‐┘
              八   、 __           - ソ  ,′
           /   >、       / ̄匚彡 |
            / //`'ーr―ァ' ´   イ    |
         ///   / /\_/  |  ¦   |
        // (   ( /   /\  |  ¦   |
.      //    \ / x-<.: : .:∧ {      '.
   //  ,x==彡'  /    ヽ: : :.| ヽ     \
   { /   ,《   / /        i.: .:lノハ\ \   \
    '(      / /.:| i        |/:.:,'|,小.  \   \
         ,イ   / : : | |     ;' j : : / |/// !   )、   \
        〃|  /|: : :∧_|      !ノ.:., '  |// |   | \   \


.

604◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:20:34 ID:Au6Amy8g0



          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                     日が沈み、夜が明ければ計画は完了だ。
                   ルルーシュが消えたと知れれば騒ぎになる。
               同時に客人のラプラスも消えた、疑いはそちらへ向く。
          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                     |.:|トミ.!                レノ.i.:.:′
                     |小: :.:.:、     '   、   ノ:.: :/:/
                     |:.:ハ :_ :\   ー、―‐ノ  /--v':.l{
                     |/:.:.:i´ i`{:.i`i .   ̄ ィ:´i:.j  }:.:.|
                     }:.:.:.:.|  |:.|i:}    ̄  {:.:.l|:|/ ハ:.l
                     ノ:.:.:._:|  レ'         ` ー|  ト :.:.|
                   f:. ̄::.::.|, -、} ___      __/  j::.::.` ー..、
                  /⌒ヽ::.::.::|: :ハ  ` ....  ´ /⌒{::.::.::.::.::/ヽ}
                 .′  },.‐┤ : : i        i : : :レ‐ 、::./   .
                  |    l{(::.| : |: :ト.... ___ .|: : : |⌒j }'    |
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                ルルーシュを誘拐した連中にはあの旅人が一枚噛んでいる。
              そちらが上手くラプラスを葬り、ルルーシュを亡き者にすれば
            あとはロロが王位を継ぐだけ。夜明けの楽しみな一夜だった。
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

605◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:21:00 ID:Au6Amy8g0





  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

        歯車が狂ったと初めて思ったのは、その夜中のことだ。

  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───



               >〈ミミ>_ソ爻              彡<ミ〉彡〉ミ〉=ミ〉
              〔三〉ζ 〔彡>    ┌―┐ r‐´ ヽ Y =ミ〕Y ≪
            ((__,    て_,,>   V__ノ/ ̄   ノξ´  }、__))           ――おばさん、おばさん。
            〈 ̄    ゝ=<   `ミ=v={   _. :介   ー-〈  ̄
                 ゝ      }  「 ̄ヽfひwrx彡'ト 、    〉           起きてなの。
           /     -=ミノ  ヽ /ゞ=な  〃 リ \___-=ミ、
_______〃         {__∨_j j_《'     /   \ ヽ {_______
: : : : : : : : : : : : :′      ´ ̄ ̄ ̄`}》 : :// 《'    /       ヽ } \ : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : :八              }》 ̄`ヽ《               }   〉 : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : :\          }》  ヽ}《__            / : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : . 、        }》‐- ソ: : : : : : .` : . 、      / : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : ゝ      彡': : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄ : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. ̄ ̄ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.





        /: : /: :/'.                     厶: : : : :/:/   >
.       / : :/ : /八              ι     //∧/:/\/
      / : :/ : /  /                 ,__,ノ: : :/            な、何じゃ!?
.     / : :/ : /  /: :/:.>、  二)        ィ/\/: : :./
    / : :/ : /\/:_:/_/:___/>r---z‐=ァ<: /  /:/ : /               ここを誰の部屋じゃと……
.   / : :/ : /: : /_______,入 ̄  ( : : /  /: {: : :|
  / : :/ : /: : /{         / ノ\  `゙7\/l : |: : :|



      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

            寝静まったはずの妾の部屋に、音もなく侵入した輩がいた。

      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

606◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:21:58 ID:Au6Amy8g0

    `「:>ミ:l l l _:ヽ‐- 、l          ,   lニ三‐-、
     ヽ_ヽヾ l l/ l:.:.:l=z_-|     ` ー   lュ_┘__|
       ヽヽ   \!:.:T⊥         ノつ-‐ フ        お疲れ様でしたなの。
         `>、    Y.:ノ      , ィー--‐ 彳
      ,. '´ /ヾュ.  |ヾュ  `Tニ´イk   r‐ '          ルルーシュ王子追放のため、
       |  ,ハヽ、ヾュl  ヾュ、_,>´  ! ヾュ !ヾュ
      l   | ヽ、ヽ、`ヾュ `冂ニ、/:ヽ. ヾ」  ヾュ          よくぞ今日まで働いてくれたの。
     /` l    ヽ、ヽ、 ヾュT、 l \\ヾュ_ ヾュ
     '、   |       ヽ、ヽ、ヽ:ヽ.l   ヽ:ヽ ヾュ ヾ}
        ヽ  |         ヽ/!|:ヽl     ヽヽ、`7′
.        `lV           / !l:::::|         ヽ/
       / l       /:|  !l::::l       /





          /  /lハ             / /´}   !
.       / / / ハ     ,    u  // l )ノ   |
      / ′ /   ∧             ィ7厂   |                な……
          |    ヘ、   マ ̄ ヽ    /  | | |
          |   / ノ> 、    _ イト、  /  / |
          |   |⌒|   ≧ て   / |⌒| ./  j
          |   |  |_.へ_ノ     ト、!  ! /  /
          |  _|  ||  \      |  |,'  /
          // /|⌒||    l__       |⌒ト‐-〈
        //   l |  ||    |     ̄ヽ ∨ ヘ\
      /  |  ヽ!  !!_  \      \ \ヘ \





        ヒ_二ニ い'ー┴ァ              /ご===ニ´
        ,ニ=フ''⌒ヽちフズ   _、   '   ノ_二く-‐'''´
       /≧>    乙.\ヽ/´ `ニ´`ヾ〔=ニ之≫
       { 〈〈__,ノ   ≪_,ノ/n∟、/  ヽ ,..」((´〈〈__))        でもね、あなたのお仕事はここまでなのよ。
         ヽ.  ̄       )‐、/゙r''づ、ヽ__/(^ヽ∨   ̄
    _,.. -─〈/ 丶、 /} _l  '"r'う___ (^i〉 !           さ、おやすみなさい♪
  /, -‐''ア /      フ_{イ|′  _/ / {´ `_ノ
 ヽ〈 ///´ヽ、 ─/´ |{   /| } !   / i
  } l/ .//    ヽ     Nヽ′ ! T| _,ノ j
  L/'/     ヽ     Nヽ / | N   /
  / /        L__  N_V  ! N_,/
 ,//′         /7「     \、__
/ /           ヽ./|: |  ヽ     `ヽ  ̄`ヽ、

607◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:23:21 ID:Au6Amy8g0



  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
        その者の手刀が妾の首の裏を捕え、妾は気を失った。
  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

                  `
                   \ ,,_人、ノヽ
                    )ヽ    (
                 - <       >─
                    )     て
                   /^⌒`Y´^\








  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
            目を覚ました時、妾は牢獄の中にいた。
         見覚えのある牢獄――ラインハットの地下に
        人知れず設けられた、今はさほど使われていない
            地下牢と気付くまで、時間はかからなかった。
  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


/ || || || ,/ .|| |; : " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;";゙|; ; ::  : :;: ;": :"#
| |l || ||,/|| || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   ;:゙: ;": :;  ゙;  |: :  ;; |\ :: ゙::
| |l ||,/|| || || || | ;  :   ;:゙:# ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :;   | ::   | ||.\ ; ;"
| |l/.|| || || || || |; : " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;"゙;| ;; " .| || || \ ;
/..|| || || || || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :; ゙|;; ; ゙  \ || || |
| || || || || || || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   ;:゙: ;": :;  ゙;  |: : ; ; ": \.|| |;
| || || || || || || || |;  :   ;:゙: ;": :;: ;": :;  ; ;:: .:  " ;; ゙:::| :: ; ::; .; ゙\! :
| || || || |レ|| || || | ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :;  # |;;";;゙ ;; " :: ; ::
| || || |レ|レ|| || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :; ゙| :: ;: :;: ;": :; ; ;
| || |レ|レ||_|| || || |;; :  " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  : ": :;  ゙; |:: :;:  :: ;
| |レ|レ||_|| || || || | ;;: ; ,;   ;:゙: ;": :;  ;  :   ; ;": :;   | : :;: ;": :
レ|レ||_|| || || || ||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  : ;": :;
レ||_|| || || || ||                               \: :;: ; ;; ":
|_|| || || || ||                              \: :;:: :;  ;


.

608◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:23:40 ID:Au6Amy8g0



───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     うろたえる妾に、鉄格子ごしに話しかけてくる一つの声。
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───



        /:/: : : : :./: ://: : : : : /: :l: : : : :|: : : : : :|: : : ',
.       /:/: : :/: : :/: :///: :. : :.イ: : ll: : :.| :|: : : : : :|: : : :.',
      /:/イ: :/''" ̄ ̄   ̄\/ |: : ||: :.:.|: |: : : : : :|: : : : }
      イ/ └r'    `ヽ    _,.>' L: :/: |: : : : : :|: : : : l
      |: : : :|  _            `ヽl : : : : : |: : : : l
      |: :. :.ll '"7ヌzミ            〉: : : : :l: : : :/          ――おはようなの。
      レ___」.} 弋_cノ     -テモ=z、 ,': : : : : l: : : ,'
.         | `"        弋゚cン` /: : : : :/l: : : l           気分はいかが?
.         l     ,      `゛¨  //: : :,イ::|: : : ',
           ',              〃―" ,ノ:::l: : : :ヽ
.         人   r、__        -r '": : :ハ: : : : :\
         f: :.> 、 ` ‐―┘    / j_: : /__ゝ_: : : \
         |: /  \           /   ∨::::::::::::/ ̄`ヽ
         レ'   /:::ト―r‐<      /   /::::::::::: /
         l   l::::.|  |   ヽ   /   /::::::::::::: l
         |   |r‐|  |      /   /:::::::::::::::::|





        /: : /: :/'.                     厶: : : : :/:/   >
.       / : :/ : /八              ι     //∧/:/\/
      / : :/ : /  /                 ,__,ノ: : :/          な……き、貴様は……!?
.     / : :/ : /  /: :/:.>、  二)        ィ/\/: : :./
    / : :/ : /\/:_:/_/:___/>r---z‐=ァ<: /  /:/ : /
.   / : :/ : /: : /_______,入 ̄  ( : : /  /: {: : :|
  / : :/ : /: : /{         / ノ\  `゙7\/l : |: : :|



───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
            そこには、妾と瓜二つの者がいた。
     毎日鏡で見ておった妾の姿と、一寸違わず違う姿。
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

609◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:23:56 ID:Au6Amy8g0

          ´: /二二二二二`丶
        /: : :.:/ : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: : : : :/: :/: :/: : : : ハ: : :ヽ: :\: \
.     /: : : : :,' : /: : {: : : : :ノ:ハ : : }: : : } : : ヽ
     ': : :i: : :{__/ー┘ ̄ ̄    ̄`ヽノ:j: : : : '
      |: : :l: : :|   ノ        ヽ  Ⅳ: : : :      ――おっと、今はこんな話し方ではいかんかったのう。
 ∧___j: : :| : l:|  __     __ !: : : !:Ⅳ
 |    | .: ;レ:.八  ─┰     ─┰ : : : :N        そちの口調はなかなか慣れぬわ。
 `ー一'| : { ( ̄               ': :レ'┘
      |: :{\ノ           '    {: :|
     |: :\: ーヘ.             ,' : |
     |: : : :Y⌒゙ト 、   ⊂`    イ: : :|
.      ,': : : /|  |  >  __ , イ  .|l : : |
     /: : : /│  |      /: : |   |: ∧|





          /  /lハ             / /´}   !
.       / / / ハ     ,    u  // l )ノ   |
      / ′ /   ∧             ィ7厂   |         な、何じゃ貴様は……!
          |    ヘ、   マ ̄ ヽ    /  | | |
          |   / ノ> 、    _ イト、  /  / |        いったい何のつもりで……
          |   |⌒|   ≧ て   / |⌒| ./  j
          |   |  |_.へ_ノ     ト、!  ! /  /
          |  _|  ||  \      |  |,'  /
          // /|⌒||    l__       |⌒ト‐-〈
        //   l |  ||    |     ̄ヽ ∨ ヘ\
      /  |  ヽ!  !!_  \      \ \ヘ \





         ./  /'   ./  l |     \
        /   / / /   .| ハ   lllヽ \
       ./  | ||l イ .L -―ル |‐-、」.l | l.  ヽ
       f l | ||L/└┘        `ヘij   }
       l | |l |.|   _, -‐'   ヽ、  ト'  ト|
   r‐――| .| .||  | -┬‐‐=    z、__ ,'   リ
   |    | | fル、ト  弋ノ     弋ノ ヘ、 /        同じ穴の狢じゃろうが。
   ` ―‐イ { l〈              { /`
        }  \         '    l .}            長子を陥れ我が子に王位を継がせる――
        l  \ニヽ    ' 、__    ノ |
       ,'   「 `|\   ` ‐ '´   イ l |           そちを嵌めてこの国を牛耳る妾と、そう変わるまいて。
       /   ハ  |     、 _ イ  .} | |:|
      ./   .ハ  |      /:::|{  | .|.l:|
     / , -‐'"|  |     トヘ|  | .|.l.|
     /`ヽ    ト-┤_     ヽ} ⌒|、|.}.|                           よう似とるじゃろ? この風貌♪
.    /    \  | | |   `  ' ̄ |  | ト、|
   /      } -j  |_____|  レ′\

610◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:24:14 ID:Au6Amy8g0





           ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                 その時、初めて気が付いた。ルルーシュを葬り、
                 大国を我が意のままにしようとした自分だからこそ、
                誰よりも目の前の存在の企みを理解できたのだろう。
           ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


         / :.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:|:.| !′ !:.:.:.:.::.:.::.| |:.:.::.:.:.|:.:.::.Y:.:.:.!:.:. ハ
       ′:.:.:.:.:.::.|:.:.:.::.|:.|_!   !ハ:.:.:.:. 从 !:.:.:.:.:.::|:.:.:.:.|.::.: !:.:.:| |
      | :.:.:.:.:.::.:.:.|:.:/       ´ ̄      ̄`ヽi:.:.:.: !:. /:.:.: ! !
      | :.:.::.:.::.:.:.:l/                  \:/./:.:.:.:.: リ
      | .:.:.:.! :.:.:.:.!    _         ...     |/:.:.:.:.: ハ
      | .:.:. | :.:.:.:.!        `     ´   _       |:.:.:.:.:.:/ !
      | .:.:.::!:.:.:.::.|勿テ三 ミ :::::::::::::::::::::: xzテ云ォミ、i:.:.:.:.:∧:|         ――人間は年老いるからのう。
      |V⌒!:.:.:.:.:|  弋う少 :::::::::::::::::::::::´ らz以イ/:.:.::.:ハ! !
      | !⌒从:.: ハ                    /:.:./:/ ノ:| !        そちは殺さぬ。せいぜい長生きするがよい。
       j人/   ヾ!           ,         /:.:./:/  八ト、
「  ̄ ̄ ̄ ! :个 ー::!           ! .        ´ ̄7ーイ: :. ! `ー──ァ
ヽ       | :.:.|:.:.:从                     ′: :.! : : !      /
  \   | :.:.|:.:.:.:.:.ヘ       ー  一        ハ: . : | : . ト    ノ
.    ` ─‐| .::从:.:.:.:.::.:.!\             イ7: : : :: 人 : :|  ̄
       |:.:.:.:.Y' ⌒ v:.:.:.:`         イ:.:.:.:|.'´⌒ヽ':.:.:. : :|
        | :.:.:.::.:!   |:.:.:.: |   ` - ´ |:.: /    ハ:.:.:..:: |
      ノ .::.:.:. |  ヽ|:.:.:.: |           |:. /   /:.:.:.::.:.: ハ
       ′:.:.:.::ハ   ヽ:.:.ノ           レ′  /:.:.:.:.::.. /.:.:ハ


     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
           目の前にいた妾の姿をした何者かは、まるで妾の中にある邪悪を
             そのまま映し出したかの如く、その性悪な笑顔を浮かべてみせた。
     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───









.

611◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:24:40 ID:Au6Amy8g0



     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
           妾の牢獄生活が始まる中、その者は事あるごとにここへ来た。
             年月とともに少しずつ変わる妾の風貌を真似るためというが、
            そのたびに持ってくる土産話が妾の心を何より揺るがす。
     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


              _ ___
             ,. :'´: :,. -―‐-ミ:ヽ、
            /: : : :厶ィ': ´ ̄ ̄ヾ : :\
         /: : : : : :.!: :M: : : : : }、: ヽト、:.\
        i: : :.!: : : レ‐' ` ̄⌒ ⌒" トヘ:ハ!
      ト--|: : :.!: : 、|  ー‐'' ´ `'ー  }: :.ト
      `ー‐!: : :!: : : :! z=≡   ≡z.{: :.ハ       ラプラスと縁のあったサンタローズを焼き払っておいたぞ。
         ',: :.ハ :_Nとつ \\\ C VVリ
         i: :弋こ \ヽ __,.   }         これで妾らが疑われることはあるまいて。安心して給れ。
         |: ハ: : :}\  /   1  /
        />=くf⌒Y ` {_  _,ノイ|
          /:.|   ヽ ヘ,、  _「 |::!:::}
        /: :.|  ,r‐┴く:ト、__i⌒!::|イヽ ,. -‐ 、
     /: : :∨ / 、    }:::::!C|: :|:イ | :}/ 、   \
   /: : :./:/ /  `ーv-J:::::!::::|: :|/ V  し、__,__}
  /: : : : /:./    /i::|: : |:::::::::|: :| /   /
 /: : : : :/:.人   ノ::::::|: : |:::::::::|: :|\  /!
/: : : : :./: : : :`ー<::::::::::|: : |:::::::::|: :|: : : ̄!: :∧





       |\  ヽ          ,     u  / <   l
     /|  ',`>、    _  _,、   /   / \ l
    /  !   ',  \  (_    _ノ  /  /   \            そ、そんな……!?
    !   l   '、   |丶 、    / /   /    / \
    ',   \  _',   | _ >- ´  /   /   /          何も、そこまで……
    ',     ∨ ',__|          _/__/   /  /
     ',   / ヽ__」 ̄|       // ̄/ _ /  //
      ',  〈二ヽ/|  |\__/ /  / / \//
       i   ̄/ |  l  〃    /  /⌒丶 ∨
      |   〈   |  l  //    /  / ヽ    |

612◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:25:02 ID:Au6Amy8g0


           _ ___
        ,. :'´: :,. -―‐-ミ:ヽ、
      /: : : :厶ィ': ´ ̄ ̄ヾ : :\
.      /: : : : : :.!: :M: : : : : }、: ヽト、:\
     i: : :.!: : : レ‐' ` ̄⌒ ⌒" トヘハ!
   ト--|: : :.!: : 、|  ー‐'' ´ `'ー  }: :.ト
  ミ ミ ミ : :!: : : :! z=≡   ≡z.{: :.ハ    ミ ミ ミ
 /⌒)⌒)⌒.ハ :_Nとつ \\\ C VVリ   /⌒)⌒)⌒)
 | / / /:弋こ \ヽ __,.   } (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\  /   1  /  ゝ  :::::::::::/
 |     ノくf⌒Y ` {_  _,ノイ|    /  )  /
 ヽ    /  ヽ ヘ,、  _「 |::!:::::}   /    /
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||l
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      国王様の崩御、ロロの王位継承――やがてその者は太后として実権を握り、
         来るたびラインハットの政治に関わり国を動かす自慢話を長々と語る。
            まるで、与えられた玩具の乗り心地を誇る成金の子供のように。
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                                    ノ            ン/,イノ}/ h
                                   ,r´           u      r')ノ
                                  ヽ               r '^ /
                                   ゙,            u    7 ´|
                                    丶 ‐っ          ∧ l |
                                    ヽ              ソ∧
                                     丶 u         ,     // ,!
                                         !、     , '     /⌒〈
                                         | l t‐ r≦、、    /   ,!
                                         | l |ヽ|   |!    /   ./
                                      | l l | V   ||   /   ./
                                     | ,l l ト./   |.|  /   /
                                    ノ/!./ レ   レ| ノ‐ 、  /


.

613◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:25:59 ID:Au6Amy8g0



 ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
              その都度言われるのだ。『くれぐれも長生きするように』と。

      妾の姿を真似るために、妾という参考対象には長生きして欲しいらしい。
 ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      | : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : / / .!: : : : : : : /   i  |: : : : N: : : : : :ハ
      | : : : : : :!: : : : : : :/: : : : : / /  レ--‐―┘   !  |: : : : ! !: : : : : !: :!
____!: : : : : :|: : : : : : :|レ-―'               ハ: : : | i: : : : : !: :|
\     |: : : : : :|: : : : : : :|         \          \| |: : : : : !: :|
  \_,/! : : : : :i: : : : : : :|           ヽ           !: : : : :.!: :!
      ',: : : : : |: : : : : : :!                 /      \: : | !:!
       |: : : : :.| : : : |: : | -=弋ぅト 、 ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::         /: :\N |
       |: : : :/ |: : :.|从!   んf:::::::}トヽ :::::::::::::::::::::::::: ,..        /: : : : : :い
      ,': : : :.{  |: : ::|    Vに辷ソ  :::::::::::::::::::::::: ,.rヤテト、  /: : : : : : :.!: !
      /: : : : ::\ \ |          ::::::::::::::::::::::::::  {ハ::::r'ソ  / : : : : : : : :|: |
     /: : : : !: : :|\                     `' マ  ∧: : :!: : : : : |リ
    /: : : : ::/: : /: : `Tヽ                      /: : ∨|: : ハ: /
   /: : : : : /: : :/: : : : :|  、            "      /: : : : : |\| V
―<`ー―‐'  ∧: : : : :.|       ` ー-―‐ 、__,.       /: : : : : : :!
    マヘ: : : : :/  ∨:_」    、              ノ: : : : : : : :.!
     マヘー‐'    V  !    \          ,. :<: : : : :.!: : : : :|
      マヘ     V  |     `  、 __ ,. .:<: :|\: : : : : :.!: : : : :!
      マヘ     |  |      /    \/Y  \: : : :!: : : : :|
       マヘ    |  |     /       |  |    ∨: !: : : : :|
 ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
             妾がいなくなれば、奴の化ける対象がロロに変わるだけだ。

          ロロがこのような暮らしを強いられぬためにも、生きねばならない。
 ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

614◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:26:15 ID:Au6Amy8g0



     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
           どうしてこうなってしまったのか――答えは見え透いていた。
               全ては妾の浅ましい野心が全ての歯車を狂わせたのだ。
     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                  ハ: ∨_:∧     !              っi: : : :|ノソ
                 ハ: : :|  ∧  ;j      .:.:ツ      /。ソソ´
                 ハ: : :|  | ヽ                /: : :|
                  ハ: : : : ',  ヽ \      ´  ̄ `    .イ:: :i :|
               / : : : : ::∧  .ヽ  \          イ: : : : !::|
                 /: : : : : : : :∧   ヘ.  `   -. . :<:|  i: : : : ::゚::|
              /: : : : : : : ≧/:〉-=≦i     /:∧: : :i  ヽ: : : :。::|
             ノ_ <ニニニニニ/: : : : : :i     (.\ ∨_|, . . ┤:: : : ::|
             γ    ∨ニニ/ : : : : : : i     ` ヾニ i : : : ト、.:: o::|
               /     ∨ニ/ : : : : : : : i          }ニi : : : :| ヽ:: :|
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
              あの日妾を後室に迎え入れてくれたあの人ももういない。
                    その死に目に手を握ることすら出来なかった。
                   ロロはあのような妾の偽物をそばにおいて、
                何か妙なことを吹きこまれておらぬだろうか。

                 晴れぬ悔いは、ただ胸の中で渦巻くばかりだった。
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───









.

615◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:26:32 ID:Au6Amy8g0




















  ||  ||¨ '! ‐-  . :: _::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::┌- ::: :_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| ll¨ '! : ‐-::::.:::_:::::::::::::::::::::
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l|_|| l| l| || l| l| || || |::::::::::┌-
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l|::::] |j || || l| l| || || |::::::::::|||:...
_||_||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l|゙「 || l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
  || ̄||  ̄||  ||冖||¬||=|:::::::::::::|i=l|'=l| ||:-l| l| ..|l....l|,,_l|_||_||_|::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
_||_||__||_||_||_||  |:::::::::::::|__||__|| ||__||__||_,」|__||__||_||_||_|::::::::::|||:...
゚::::::::::::||  ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|:::::::::::::| ̄!¨「 || ll  ̄  ̄|l::::::::|| || |::::::::::|||:...
゚::::::::::::||__||_||_||_||_|:::::::::::::|_!_,|| ||__||_ ___|l::::::::||_||_|::::::::::|||:...
 ̄|| ̄||  ̄|| ̄|| ̄|| ̄||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| ̄「|| || |::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::|__||__|| ||,, l|.. l| ||=:l|-:l| || || |::::::::::|||:...
  ||_||__||_||  ||==||=|:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::::l.......
 ̄|| ̄||  ̄||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l|::::] |j || || l| l| || || |::::::::..
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| ,」! !! ''¨
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || 」 l! '' ¨
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::|_, j.- ^

616◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:26:47 ID:Au6Amy8g0

      |:.:|l:.{ヽ:./        //:.://  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|
      ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ
         \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l
          |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|        ――それがラインハットの真実なのか。
          |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ
          l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
              `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
    _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
   /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
 /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
{  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
..l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \





      N__ハ              / !:.:.:.:/ ⌒| :.:.:.:.: |
        ! i             / └‐|'ノ  .イ:.:.:.:.:.:.: |       事実じゃ。そちを攫わせ亡き者にしようとしたのも、
        ! i  '           u   r‐イ:.:.| :.:.:.:.:.:.:...!
        !人              イ:.:.:.|.:.:.| .:.:.:.:.:.::. :!         ラプラスどのがいなくなる遠因を作ったのも妾……
        !:.:.:.\ ー_-       イ:.:|:.:.:. /: | :.:.:.:.:.:. 八
        !:.:.:.:.:.:r> .. ___  -‐'´  | ⌒V ヘ从 :.:.:.::/:.:.::\     ……釈明できることなど何もありはせぬ。
         i!┌─┤  / \     /   //: : : ` v____:.:.:.::: '.

617◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:27:06 ID:Au6Amy8g0

 ノ´ ト.:.`r、ヽ:.:ヽ         . 〉     /:.ノ:.:/:.:.:.!
.    |:!:.:.|l ヽ丶:.:\      _´   //、:.:./:.:ハ:.{
     i:|:.:ノ\'\`‐-ヽ  -´‐─`    / /:/|:/ ヽ! ,-ヘ ̄ヽ─────      ここで貴様を批難しても始まらん。
    リ:/|:.:./:.了ヽ        ̄    /ノ!/ ̄ ̄ ̄ ̄| ',  ',: : : : : : : : : :
    j/ j:./:.ハ:.`、 丶、        ∠:.:.:イ      /   .l  |  |: : : : : : : : : :       俺の目的はただ一つ。
     ノイ:./ j:.:..トヽ  > 、_ イ:.r '´  ____ ノ-‐  |  |  |: : : : : : : : : :
       j/ ノ从|__r───‐/ノ / ̄  / / ̄ ∨ (_|  |: : : : : : : : : :        ラインハットをあるべき姿に戻すこと。
         /, ─| | ̄ ̄/ _/ /  /   /      ̄l│ |: : : : : : : : : :
        (/∧ :| |: : r/ // /___   /   __/| |  |: : : : : : /: : :
         |/、Y/:| |:./ // /|└┤ ./-‐´/:.: : : : :.| |  |: : ム≠´: : :
         |}}〈〉{:|r┴ ´ ∠.ノ| |: / /: : : / : : : : : :.ヽ!_!/:. : : :/: :
       /:ヽ∨/|`¬'´: : : : :| !/_/: : : /: : : : : : /: : : : : : /: ://: :





.        / / / ハ       ,       // l )ノ   |
       / ′ /   ∧           u   ィ7厂   |
          |    ヘ、    ´`      /  | | |
          |   / ノ> 、    _ イト、  /  / |            …………
          |   |⌒|   ≧ て   / |⌒| ./  j
          |   |  |_.へ_ノ     ト、!  ! /  /
          |  _|  ||  \      |  |,'  /
          // /|⌒||    l__       |⌒ト‐-〈
        //   l |  ||    |     ̄ヽ ∨ ヘ\
      /  |  ヽ!  !!_  \      \ \ヘ \
     /   |   |  ||   ヽ__ヘ       |  ヽヘ.  \
    /    |  / /!\_|l⌒l|ヘ、___ノ|  | |    )
  /      l  / |ヽ |匚l 囗二l|   ヽ|  | |  /





   // }:.l:ヽrヽl:.l:.ヽ:ヽ      ヽ, ,}\       ヽ
 /´  .':.ハ.:.{=l:.'.:.ヽ:.',-\     {_ ̄ ̄ ̄ヽ      ',
     /:/ }:.:|FT〕、:.\        ヽ ̄ヽ        l        そのためには、貴女に成り代わった偽太后に
    // /|:.:l|{≡}|ヽ-、\ __ _  / .|  | ',
    /´   l:.|}:|f i:|. \    ___ ¨ヽ {  l ',                 王室から消えて貰う他あるまいな。
        /´l:ハヽヽ、 \    ¨   `才:.ハ
        ノ _}:.:|\\ \   , ' ´/:.:./ /,ヽ                貴女への処分は、その後じっくりと考えよう。
         }二二匁≡⊃><ヲ‐≠ォ{! ./´  \
        /:∧: : / /: :  ̄7 / ̄ ̄l ヽ     _〉___
         /: ∨: :/ /: : : : :/ /-、〈〉/     __|____
____/ 《〈〉》 l { : : : : { {^}} }{}ヽ_   |_____
.: : : : : : : : : :.≧≦ / /: : : : : | |: :巛r: : : 卜-'|: : : : : : : : : :

618◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:27:29 ID:Au6Amy8g0

.(〈   ` '           ヽ、
`^ーj    u             ノ
|`‐f                ′         あれは魔物じゃ……人ではない。
| l ∧            _ ノ
',.!{              /             話したところで――正体を暴いたところで、言うことなど……
!',ヽ   丶、        /
⌒ヽ     、        ノ
  ヽ     ,r`フーr ´!|
、  ヽ    ,!´ .! /|  |
丶  ヽ   |.!  ! |  |
 ヽ   ヽ  | !  !/|  |
.  ヽ  ,r┴、 ト、!  .!|  |





.   /:::::ハ:::::ヽ  !     .:: i       /::::::::/レノ::|ヘ::、
  /::/}::::、::::::\.      '      ./::://匕::::::ト、\
  / /::::::/ヽ.::::::\   _,......._  ノ//:/::::::ハ::{ ヽ `      おめでたい方だな、貴女は。
.   /:::/ |::::ヽ、ー`- ´ 二´   //イ:/::::/i|` \、
   //  /::/|:::/::...、        /|:::/i::::{ |‐-、. ヽ       ラインハットを支配しようという不届き者を相手に、
  ノ  //:/´ }::ハ:::::| ヽ      /  .|_:{ |:::i  ヽ-、\
    r'´ノ   |j r‐}   > .イ   _.|>`}l/  _,ノ  〉       話し合いで解決など求めるものか。
    `7l`i ‐-、  |::`ー-、   _,. -'''"_ 」 イ´_, イ´
      {.| |  | }  }::::::::::: ̄ ̄:.:.:.:.:.:r' ,-┬i´   .|
     >〉〉 } |_ノ:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.| 「   | |    {_





      N__ハ              / !:.:.:.:/ ⌒| :.:.:.:.: |
        ! i             / └‐|'ノ  .イ:.:.:.:.:.:.: |       力ずく、か……?
        ! i  '           u   r‐イ:.:.| :.:.:.:.:.:.:...!
        !人              イ:.:.:.|.:.:.| .:.:.:.:.:.::. :!         魔物は強い……そち一人が抗うたところで……
        !:.:.:.\ ー_-       イ:.:|:.:.:. /: | :.:.:.:.:.:. 八
        !:.:.:.:.:.:r> .. ___  -‐'´  | ⌒V ヘ从 :.:.:.::/:.:.::\
         i!┌─┤  / \     /   //: : : ` v____:.:.:.::: '.

619◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:28:11 ID:Au6Amy8g0

      |:.:|l:.{ヽ:./       //:.://  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|
      ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ
         \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l         俺は一人ではない。城を去り7年の間に巡り会えた、
          |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|
          |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ           誰よりも信頼できる友人がいる。我が弟ロロに
          l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
              `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l        勝れど劣らぬほど、強い信頼を預けられる者がな。
    _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
   /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
 /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
{  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
..l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \





.(〈   ` '           ヽ、
`^ーj    u             ノ
|`‐f                ′           …………
| l ∧            _ ノ
',.!{              ´  /
!',ヽ   丶、        /
⌒ヽ     、        ノ
  ヽ     ,r`フーr ´!|
、  ヽ    ,!´ .! /|  |
丶  ヽ   |.!  ! |  |
 ヽ   ヽ  | !  !/|  |
.  ヽ  ,r┴、 ト、!  .!|  |





  |./ il .:/ .::::|               //.:  .::::::/.:::::/.:/.::::::::/
  |:! ¦:i:{ ::i::|    ヽ   ____,`ヽ, /イ.:::: .:::/.:::, くY:::::::::::,゙
  |{  | :リ ::{::|    、ニ, -‐─‐‐ァ′ /.::::://.::/〉 l::::::::::::{       そいつが今に、偽太后を打ち倒す足がかりを
.    | !  :!ハ    V       /   /.::///  _ノ.::::::::i::|
.    l 小 :! .:ヽ、   }    .ノ  ///'" ノ`7.:::::::::::i::::|::!      持ってきてくれるさ! ラインハットの救出は間もなくだ!
    _ノ | ト. !.::::/ \ └-‐ ´     ´      /.:::::::::::::|:::{リ
     リ} {:::/  }:ト、 ` ̄      .  ´  /.:/::::::::!:::ト、|        貴女はただ、安心して刑を待っていればいい!
       ノ.: メ、 /.::i::.ヽ  _  -‐ ´     /:,イ:::|:::::ト、|≧-‐ ´
.      '⌒´  ノ イ::/ 二二二`仁二二二/二|:::ハ> ´      /
                |ハ {    } |  _〈 〉- 、 -'‐ ´       /
   .           } |     | | {r┐!.」⌒          /
  `ヽ、__, _      」 {    } |  └、{.__,ィ         , ´
      > 丁7´` く    ノノ  /ー' r‐'        /

620◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:28:27 ID:Au6Amy8g0

 `ー一'| : { ( ̄   |           ': :レ'┘
      |: :{\ノ    ι     '    {: :|
     |: :\: ーヘ.   r、___    ,' : |        変わらぬのう……他人任せのくせにその余裕ヅラ……
     |: : : :Y⌒゙ト 、  `ー -'´  イ: : :|
.      ,': : : /|  |  >  __ , イ  .|l : : |
     /: : : /│  |      /: : |   |: ∧|
.   /: : :_/ -|  |       {rヘ|   |:│ |                今となっては、それすらも懐かしく感じるわ……
   /x<::::::::::L___j _      \{__ト│ |
  /  ヽ ::::::| : : |   ヽ.  /  ̄|: : :|:::}`\
. /      Y⌒| : : |~ー─-~─|: : :|ー|  ヽ





 ノ´ ト.:.`r、ヽ:.:ヽ         . 〉     /:.ノ:.:/:.:.:.!
.    |:!:.:.|l ヽ丶:.:\      _´   //、:.:./:.:ハ:.{
     i:|:.:ノ\'\`‐-ヽ  -´‐─`    / /:/|:/ ヽ! ,-ヘ ̄ヽ─────      指導者とはかくあるべきさ。
    リ:/|:.:./:.了ヽ        ̄    /ノ!/ ̄ ̄ ̄ ̄| ',  ',: : : : : : : : : :
    j/ j:./:.ハ:.`、 丶、        ∠:.:.:イ      /   .l  |  |: : : : : : : : : :      手段と形はどうあれ、結果を出すことだ。
     ノイ:./ j:.:..トヽ  > 、_ イ:.r '´  ____ ノ-‐  |  |  |: : : : : : : : : :
       j/ ノ从|__r───‐/ノ / ̄  / / ̄ ∨ (_|  |: : : : : : : : : :
         /, ─| | ̄ ̄/ _/ /  /   /      ̄l│ |: : : : : : : : : :           ……ロロにもそう何度も
        (/∧ :| |: : r/ // /___   /   __/| |  |: : : : : : /: : :
         |/、Y/:| |:./ // /|└┤ ./-‐´/:.: : : : :.| |  |: : ム≠´: : :            教えてきたつもりだったがな。
         |}}〈〉{:|r┴ ´ ∠.ノ| |: / /: : : / : : : : : :.ヽ!_!/:. : : :/: :
       /:ヽ∨/|`¬'´: : : : :| !/_/: : : /: : : : : : /: : : : : : /: ://: :



















.

621◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:28:48 ID:Au6Amy8g0























~神の塔の北 旅の扉があるほこら~

                -――――――-、
              /____|_____|_____|_____|___\
          -―――――-、____|_____|_____|____ヽ
        /____|_____|_____|______\____|_____|_____|____ヽ
       /____|_____|___|_____|_____|__ヽ___|_____|_____|_____|ヽ
      /____|_____|__/::::::::::ヽ_____|_____|__ヽ___|_____|_____|____|
      |__|_____|_____|:::::::::::::::|__|_____|_____┃____|_____|_____|__.|
      |_____|_____|__|:::::::::::::::|_____|_____|__┃__|_____|_____|____.|
      |__|_____|_____|:::::::::::::::|__|_____|_____┃____|____|_____|___.|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.

622◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:29:06 ID:Au6Amy8g0

            //,/           .._,,,,,,,,,,,,,,,_,_               | | .|
              //,/       ,,,,,,-'''"⌒'ー-.,, .゙'-,. ̄''ャ-,,         | | .|
           //,/      _/゛ `_二"'¬ー、,└、. \ :゙l ゙''ッ,,       .| | .|
             //,/     .,r冖''"゙゙_..--ニ二'ヽミヽ,ヽ ヽ }  | :'┐      | | .|
         //,/      ,/ ._,-‐'"_.-ニニ゙l゙liSii゙l,!ミ'i,゙l ゙l .| l゙ ,i´ ./'i、    | | .|
         .//,/      .ゃ'^ ,//ン''ニニilll||i())|//,ノ,ノ.,ノ ,/ .,,i´ }}   | | .|
        //,/        |  / ,/ ,/ /゙//゙/|'||《|)))i二ン彡''ン'′,,.-||.    | | .|
       .//,/          ヽ/ ./ l゙ | .l゙ |.゙l,ヽ介i巛ニニ―'゙_,.-‐'゛ ,l゙     .| | .|
       //,/          ヽ、l゙  ゙l ゙l, ヽ\ヘ二ニ¬''''''二,,,,、-ッ″    | | .|
      .//,/             ゙''く、 .゙l  \.`'-.,"'ー-、二,,__ ,,/        | | .|
     //,/             ‘‘'ー.ム_ .`-、 `'''ー-,,_ ._,,-‐”        | | .|
    .//,/                     .`゙'''''''┴―ー'''"~             | | .|
   广'''''゚'''''''''''''''''''''''''''''''¬――ーi、              |''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''""'゙l
  广"'''''''メ''''''''''/''''''''''''''''''('''''''''''''| ''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''|'''''''''フ'''''''''l冖''――t ;ーリ





           ____
         /       \
        /   ─     ―        ――リュカ、これからラインハットに行くのかお?
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '



           ノ:x:‐――――<_ : : : : : : : : : : : : : : ∧
          〈/ :::::::::/:::/! |::|:::::::::::::ハ::::`<: : : : : :\: : : :}
          /:::::::::::/:::/十ト|:::::::::::::|」_::::|::|`ヽ: : : : ヽ: /
          |:::::::|:::{:::x==ミx∨:::::::::| }:::::::`l::|:::::/\: : : :.〉
          l:l:::::l::::〃んハ ` ∨:::: ィ7云刈:|::/::::/:ヽ: :/
           |:|:::::|::::i| ぅ::::!     ̄ んハ 》.':::::/::::::∨        ええ。ラインハットの王子様――
           L! :::L::」 `¨´     弋_ツ /:::::/ }::::::|
            //:::}::八      '      /:::::/.ノ:::::::!           ルルーシュがラインハットへの近道、
        //:::::,'::::::l\   ー    . イ::::/::::::::i:|:::|
          //:::::::}:::::: !: : >。.. _ ...。<:/::::/:::::::::::i:|:::|          旅の扉を開いてくれています。すぐに着くでしょう。
       //{::::::/::::::: |:\: :.>ヘ<: : :/::::/: : 〉 ::::i:ト::{
      / x:〈://::::::: !: / -- 7: : /::::/: /{:::::::i:| ヾ:.、
     i{ /: : ://::::::::://   --┐:./::::/: : : : :ヽ:::i:|  \
      /: : ://::::::::/:/    --ミ:.,':::::,': : : : :/:\|    ヽ
       |: : 〃,:::::::/: {     r ノ {::::::{>=彡: : : : ヽ     }i
      }: : i{ {:::::::{: ri     /¨´: :.|::::::|: : : : : : : : : : }_ .ノ
      人: :.`:∨:::}∧`ニニア: : : ;ノ|::::::|: : : : : : : : : :.' ̄

623◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:29:19 ID:Au6Amy8g0

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (⌒)(⌒)/;;/          その王子様いわく、魔物の偽太后がいるんだろ?
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l         正体を明かしたところで、平和的解決は無いと思うがね。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /



        ___
       /      \
     /   _ノ  ー \          やり合う気マンマンの顔で何言ってるんですか。
    /   ( ⌒)  (⌒) ヽ
    |  u     `     |        結局斬った張ったになるのわかってるくせに。
    ヽ、       ⌒    /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /



   r 、.       ,、
   l ヽ,,, -ー ー-', l
   /   @  o @ ヽ
  Y , ヘ^ ⌒ ^^^⌒ヽ ヽ
  l γ::..:::::..:::...、 : : : ハ j
  `ノ :ノ...:ノ::::::ノ  ヘ:::::::::)          (頑張らなきゃ……
  リ::::::(::ノ -  - :::(
.  ハ::::ハ ( ー) (ー):) )         上手くいけば、お姉ちゃんもきっと喜んでくれるんだから……)
    Y ヽ u ⌒ イ' y
      ,(  マ 〆 `)
     ./  ゝ ノゝ_ノヽ
     i   ノ Y i   )
     `ー ´  i! `ー'





                    ∧ _,,
                     (#゚;;-゚)      …………
                    /;; ;;;|
                  ~(メ;_;;;ノ


.

624◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:30:30 ID:Au6Amy8g0

             )二二ニ≠: : : : : : : : : : :.`ヽ : : : :\ハ
                /:フー―ミニニ二:_: : : : : : :\: : : :\
             /:://:::::::::/::|:::::::}::::}::::::::::::: \ : : : : :\ : : :/
            ./:://::::/::/:::┼:::ナ/::::::::::::::}::::::\ : :ヽ: :\:{
           {://{:::/::/,二ノ:::://}:::::::::::::/:::::::::::::\: : \: :〉
            .i{ i八L/ f:} \' /::/::::::/::::::::::::::::::::::ヽ :./        さあ、旅の扉よ……
                 _.ノ  {(  //::/::::::/::::/:::::::::::::::::::::}_/
               {    ー   /::/::::::/ヽ/:::::::::::::::::::::/
              .      /::/::::::/ノ ノ::::::::::::::::::::/
                人 一 /イ:::::::/-イ::::::_:::::::::: {               私達をラインハットへ……!
          _ /:::: `ー'/::::::/」:::::{ ̄: : : :`ヽ:::ハ
      / フ:::::::r': : :〃::::::::/ ̄: \::\: : : : :ノ::::::}!
     // /:::::::::: {: : :./:::::::::/ : : : : : :\::\: : :}::::::ノi!
      {:{/:::::/ ̄ ヽ:/:::::://-―――; .:.\::\':/ |
     .}{::::/   〈: : : {:::::// : : / ̄; : : : : :.):::::}、  :!
      ノ Ⅵ   /ヽ: :|::::{:{ : ̄/ ̄: : : : :.:/:::::/ }__.ノ





              `'-, `!、            ./   !
                \ ヽ,           /   ./                  /
                ,,,,,,_.  ..\ヽ.    、    ./   ,/             / ,
    ________       .`゙'‐、 `' !、    l   /  ,/                ,/ /
  ‘゙ ̄゛ ._______,゙_;;'ー-..,,_.   `'-,゙'.li、  .! .",,/             ,,/ /
 ―''''"´       ゙゙゙̄'''ーニニ、  .゙-    "      . /       .,, ‐´., /
               -――- ..,,           _./     . _..-'´.,..-"
                 _,,.. -¬'、            `゛    ,,.. ;;ニ―'''"゛
          _..-''"゛ _、ー''"               -=`-''″             _..-''"゛
       _..‐"  . /    /  ,i                    _,,.. -''". _,,.. -‐''
     ,/゛   /    ./   /           ................ -‐;;二.... ー''''"゛
   .../    ,,ヾ     !  / :!   .! .,   -,¬¬―ー''''''゙゙´
  /     /       .゛  ! l   .゙l、`''ー..,,..`''- ,,,
 '"    /              ! ..!   .ヽ、  . `'''ー ..,~''ー ..,,_
     /              l  .!、           `゙''ー、,_ ´゙'''ー ,,,、




.

625◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:30:43 ID:Au6Amy8g0



                \  ゚  o 。| 。   /  。  /
                  ○  。 ゚  |゜ O / o  / 。゜
              ゜   。 \   o ゚ O ゚ 。 /゚  。   O
                ゚  。  \     |   ゚ o /  ゚  。 ゜
               。 ゜  。   。 。 ゚      。o   ゜
            __。___   ゚ 。   ゜  ―O――――
              ゜ o 。    o   ゚   。  ゚  。 ゚
              ゚ 。 O  /  。 |゜ 。゚ \゜  O  ゜
             ゜  。   / 。 /  ○゚   O \ 。 ゜
                 O ゜。 / ゚ | 。゜  ゚ 。 o
                /   o  。゜ |   o ゜    \














.

627◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:31:14 ID:Au6Amy8g0
短いけどとりあえずここまで。
ただし次回はけっこう長くなります。

6268月11日に短編祭りだお2012/08/10(金) 01:31:03 ID:TYCze13A0
銀様ってもしかして……

632◆V/FGdX7aTo2012/08/10(金) 01:48:04 ID:Au6Amy8g0
      _,,..,,,,_ ___
    // ,' 3  `ヽーっ/\         戦闘シーンが以外と長くなっちゃっててんやわんや。それでも来週には
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\/       完成させられそうなので、14日(火)の20時に次回投下と予告しておきます。
    |            |/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               VS偽太后です。ぶっちゃけ原作の偽太后って、あんまり強くないよね。

6338月11日に短編祭りだお2012/08/10(金) 02:22:38 ID:bBDGpAYE0
ピエール最強伝説の始まりだな偽太后戦

6348月11日に短編祭りだお2012/08/10(金) 02:42:01 ID:2ryyEGwM0
乙です
本物の太后が生きていたのはそういうことだったのか。
偽太后は…弱くはないよ…うん。

6378月11日に短編祭りだお2012/08/10(金) 08:40:42 ID:aQAMTYSQ0


偽太后、強くないよね。
そう思っていたらPS2版の初回プレイではやられちゃったZE!
3人から4人になってSFC版より強いだろうことはわかってたのに…

6388月11日に短編祭りだお2012/08/10(金) 08:44:34 ID:5UBnU97s0

誰にでもあるような小さな闇に付け込むか。ナイス悪党だ

現行スレ:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1343645151/
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://applepolishing.blog.fc2.com/tb.php/669-97e4d00f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ryokusai

Author:ryokusai
正直見づらいので自前のスタイルシートを用意した上で閲覧されることを推奨いたします。
ウィルコムから光回線に乗り換へましたがやつぱり更新の頻度と量は期待しないでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
2ch (18)
やる夫スレ (1178)
いけない!ルカ先生 (29)
炎の記憶 (70)
ドクオの失われた絶対時間 (12)
チャージマンできる夫! (10)
替天行道の書が天下を動かすようです (166)
短編・チラシの裏等 (53)
やる夫は例大祭に参加するようです (4)
やる夫は君子を全うするようです (2)
やる夫は女子中学生と許嫁になったようです (26)
やる夫とタンポポと恋 (12)
やる夫がハゲの借金王になるようです。 (13)
やる夫がドラゴンクエスト5の勇者?になるようです (29)
やる夫が課金兵になるようです (9)
やる夫が艦隊これくしょんを始めるようです (17)
やる夫が艦娘たちと戦うようです (30)
やる夫が第一人者になるようです (21)
やる夫がお絵かきするようです (9)
やる夫がモバマスを始めるようです (25)
やる夫達の村に羆嵐が吹くようです。 (7)
やる夫でドラクエ5っぽいのやるよ (74)
やる夫で戦うドラクエ6 (61)
やる夫で学ぶ甘粕正彦 (3)
やらない夫は祖国統一のためには手段を選ばないようです (5)
やらない夫は宇宙移民の指導者に選ばれたようです (19)
やらない夫は週刊誌記者のようです (14)
やらない夫と惑星のさみだれ (54)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (6)
やらない夫が竹中半兵衛になるようです (29)
やらない夫たちでやる「まんがで読破 水滸伝」 (19)
やらない夫deドラクエ5~やらない夫は魔物使いになる様です~ (45)
やらない夫de幻影都市 (48)
魔物使いのリュカとブラウニーのやる夫 (47)
できる夫はユキが好きなようです (2)
ありふれた御伽噺 (15)
暁美ほむらが魔法少女になる様です (4)
黄色い小鳥と秋空と。 (13)
真紅の茶席に奇客が集うようです (18)
新選組列剣伝 (132)
水銀燈は花街の頂点に立つようです (18)
ストレンジライフス (8)
このブログについて (1)
一般の方へ (1)
企業の方へ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。