FC2ブログ

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔物使いのリュカとブラウニーのやる夫 番外編 【いつか、やがて、きっと】

951◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:34:51 ID:n4tYWkF20



                                           , r '_´丶
                                      , r'´' ´ j ,'
                                         / '  , -.//-,            _
     ,A- 、                          /   / ', ', 'j .j            /./ヽ_ ,、
.    <  .ヽ  `丶 、                       /   /   ,.','___j ,'          _ ,ゝ‐' ´ / ヽ
     ヽ  '- 、    .`丶,-- .、_               /  ./   , //-‐ノノ ゙,   _, .---、' ._, --、 ,'  /
       ヽ__  丶 .'、ヽ、 ヽ', 、、.V,''''''.、,----, ,---,./ __ .// r‐.//'lj j ̄´/. .n  .,'r './  / V . ./
        \  ',  .', .',  .', `.' ノ.', ヘ.',.', .n__', .n l.l ',l .l /.i l/, ' / 丿ニ/ < --' , '/ / /ヽ, '
.           ',  .' ,  .', ',  .',  .n ヽ,' L,.',', .l , .ll .l.l .l.l  /'l ll / ,i / /_l ゝ'i  ,'τ' / ./ /
          ', .,ヘ   `-'  .ノ', .',', .',l ri__', _ノー-.',l/__l !_./ 、_/ / ‐‐,' '' / / /ヽ / /
           <  ',  _, --'/ ./'''/'''/ ̄./ /  jl /n l', l/r'/ ',/ / ̄ ‐' '---'  .j./, r ' ヽ./
           ', /´ / _ノ .ヽ- ''-.'--//フ/‐ / /¨ ` //.l / ──-、'、_  ノ',´   /
               レ -' `.´       l ',r───コ ./  r──‐コ        ´  ヽ./
                          >‐ ' ',   .', ´/  フ' /´
                       ,' ',//_ゝ   ',   // ./
                          丶__, -‐ ',   ',/ / ./
                       / l    _',   ', / ./
                       ', 丶-‐ ',- ',   ' /
                        `ー' ´   ',  /
                                  ',_/

   ───────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───────

                              ~ 番外編 ~

                           【いつか、やがて、きっと】

   ───────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───────




.

952◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:35:05 ID:n4tYWkF20

        , -'""'- 、                    _,..-'''"~""~"""''''- 、
      , -'"::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、             _,..、-''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;; ;;:;: :::''"'- 、
    , -'"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、      _,,.-‐''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':::::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、
.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''
,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;
.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...:..::.:..:...::..:..::..:..:.
'"""'''""""'''""""'''"", -'", -'"""'''"""'"""'''""""'''"""""'"", -'", -'"""'''""""""'''""""""'''
,,  ,,  ,, ,,   , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,, , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,
,,  ,,  ,,  ,,, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
  , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'" ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,   ,,
""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""
""' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" " """



""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""





       |      '    u  |
    ,ィTl'ヽ\  ⊂つ    /`ヽー;、         ハァ……ハァ……
    kヒヒど,  u        {⌒Yィ 、 ソ
      `´ ̄ヽ      ハヽ `^ー′
           ヽ      /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /
       〈、    /
        \、__ノ


.

953◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:35:30 ID:n4tYWkF20


                               ,
      |:::|:::::::::;∨:::∧       '   ノ:::!     -
      |:::{:::::::::ゝ∨::∧       。 ∠:::::!   `
.      ハ八::::/ : : ∨::: >- ... イ八::::::!             ……ん?
    ノ  \:::〉、: : ∨:::∧`ー-": : ヾ:::ハ
     メ" : イ: ヽ: : ∨:::∧ :`¨¨´:ノ: :,ヾ:∧
   / :_:_:/:/\: :`ーヾ;:::::\ : イ: : /}: ヾ::\
   `ヽ: : : : :./!: : : `ー-、:.ヾ:::::∧ーイ/:!:`ー\}
     ゝ-";イ : : : : : : : : ̄:\::∧: :イ:.ノー―-、!
     {: : /::{ : : : : : : : /: : : : }ハ:」 :x"ヽ    几h
    /: :Y/:::::ヽ : : : :./: : : :_;r‐'"    i  .イ: :´: ヽ
. /: : : :./::::::::::入_/ : : : :.人_ゞ二  ̄ヽ'ー‐┐-、}
.ムヘ : :./:::::::::::ゝ- : : : : ;イ `ー-: : : : : : ): : : 〉  )




            ___       _人 ,
        /      \        て
       /⌒   ⌒  u. \      (´         っ……!
     / (○)  (○)    \  `Y⌒
     |      ´       u.    |
      \    ̄ ̄       /
      ノ           \





     \\          | |       /'!     /
       \\..        | |      ./ !    //
        \     |\   |     //| |___
         \    |  \ |    .// .l_   /
       ____| |\\/\//  / /
        \  ____|  \/\/ / /  _______
         \ \            /   ̄ ̄  __     /
          \ \  __lV 、_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― ""   / ―――
           /  / , >  へ´  ` 、 ̄ ̄         / ――
             /  ///  Y l\    \         く ――――――
         /  /./    !  \  | ̄         \
           / / //  /! .! l\ \l   ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        // ..// / ...! l l  \     |       \
         /   //// | .l l l    \   |         \
     / /   / /   l ∥l     \ |         \\
    ./ /    //     l  .i       `        \\


.

954◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:35:45 ID:n4tYWkF20

           ./ ̄ ̄ ̄\
          /  _ノ  ヽ、_ \
         /   (>)  (<) ヽ n /^, /人
   人     |    u   __´___    | l  .^-,            ふぎゃっ!?
   \ ζ^ヽ \    (   /   / ゝ  えノ  /
    )  ヾ ど,              ̄  /   (
 - <    `´ ̄ヽ         ーー'       > -
    )        >      〈___     (
   /^      /   へ   f   ヽ    ^\
        __,∠   /   \ l   /
       〈、   /      `ー ’
        \、__ノ



           /:/::::::::/:::/::::::|:|::::::::::}::::::|:::::ヽ:::`:<: : : ミ}
          /.イ::/:::::::/:::/{:::::/|:|::::::::十::┼-::::::::::::::::::ヾ: ヽ
         〃 /::/:::::::/:::/7「`:{ l:l::::::::/}:::::ハ::::::::::i:::::::::::::∧ソ
          i{  .{:::{::::: /:::// x=ミ、l:| ::::/ i:::ノ }::::::::}:::::::ヽ::::::} _(:.\                い、いたたた……
            ヽL::::{::::{:ハ〈 ん:!  ̄  '´   〉::::::ハ::::::::ハ:::::廴:_:r-:.`---:、_
              ./::::/:::! じ'     z=-、/:::::::;'`|:i::::::::i:::::}:.  >===:、: : \      な、何ですか……いったい……?
           /::::/::::::::{     '     u /::::::/.) |:|::::::::}:::: r---`ー‐-:、: : : :ハ
    ___....:彡'::/::::::/込、   r-っ  /:::::::/-≦:|::::::/::/ `ー--:、: : : :.{: : : :.|、
 /   ̄ フ:::::::::/:::: /:::::::::::::>。.   /,':::::::/: : ://:  ̄:>、__  \_`_: : : :.ヽ
/    /::::::::/::::::/:::::::::::::/: :  ̄:/: :/::::::/:_://:/:/´: :/: : : : :`i    ヽ: : : : : : \
    ./::::::::/::::::/::::::::::::::::ミ:=: : : : x<//::::/: : :/: :./: /: /⌒ヽ-、    }: : : : : : : : 〉
   /::::::::::/::::::/:::::::::/:::r‐':`ー‐彡': :.//::::/: /: : : : /:./    / ゚/ ` ーミ: : : : : : : :/':.
  ./::::::::::::{/{(::::::: /:::ミ: >: \:_:彡'//::::/: : : : : : : /:./    / /    └----彡   ’,
 /::::::::::::::::::;::::::::/:::::::::/`ヽ: : : >-//::::/: :ー―‐:.彡'´-    {::...{       ヽ       '.
./::::::::::::::::::/:::::/:::::::: /    /´  .//::::/ ̄ ̄`¨´   .  --- ∨∧         `        }



           ____
           /_ノ 三ヽ_\
        /( ○)三(<)\         っ……に、人間……!?
      /      __'__  u \
       |  u   /___/     |       こ、こんな……こんな、時に……
       \     ,. -'"´´ ̄`ヽ
        /    (___   |
      /              |
   ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               |

955◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:36:08 ID:n4tYWkF20

: : >'::::/::::::::/::::::::::!:::::::::::::}:::::::::i::::`ヽ: : (
.´:::::::::: ::::::::::::::::-‐┼-::::::::ハ:::::: |::::::::::}\{
:::::::::::: |:::::::::{:::::::::/ |:::::::::://::::::ナ::、:::.'::::ハ
:::::::::::: |:::::::::L,xf斥ミ<::_//::::::://::::::/::::::: }
::::::: , -!:::::::: 《 ∧::(`   ̄ィ斥ミ:::/:::::::::/
:::::::/ /!::::::::::l  {:::::リ     爪,リく:::::::::/        だ、大丈夫ですか?
:::::::!  l:::::::::::!  ゞ゙'     {;;/.:::::::i⌒
::::::::ヽ l::::::::: | u     ′ ハ:::::::!            なんだかお急ぎのようでしたが……
::::::::::::::{::::::::::{       -   ノ::::::: {
∨⌒ヽ:::::::::::.>。.    . ≦二ミ: .、
: : : : : :∨::::∧  {`7´::::/::::/:::`>'´:`ー、_
: : : : : : :∨::::∧_!二二二二:r〈: /: : : :.{
: : : : \: :∨::::∧: :`ー‐―彡':} :〈:/: : : : }
: : : : : : :`¨∨::::∧: : : : : : : : : :し{:`ー=ァ :ノ
: : : : : : : : : ∨::::∧二ニ≠: : : : :ヽ : : : : :〉



             ___
        /      \
       /ノ三三ヽ_  u \           っ……う、ぅ……
     / (>)三(<)    \
     |      ´       u.    |
      \    ̄ ̄       /
      ノ           \









          ____
        /      \
       /   _,ノ三三ヽ\          き、来て下さい……!
     /     (○)三(○)\
      |      。゚  __'__   u |        助けて……僕の、仲間達を……!
     \      L::::ノ  /
      /⌒ヽ         ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |














.

956◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:36:29 ID:n4tYWkF20















    ゙l   |        ._,,,,,,,,,,、     l、  ,
 .__,,‐.,,l゙  广   .,,,x,!''''゙ア` .|   `゙',!i、   .|  ゙''''' ., ミ、
   .^ ',!'"  ..,..l′ .:シ''ー,i´゙`~广゙゙゙L,,,,,,!、  .し,! .、゙l,,、
 、 ,.、 .|  ./ _,|,、 ,|,,,ノ''゙  ̄ ゙゙゙̄'''''く .|,,,入、 `ーく_,,.
 ゙l,,.| _iヘ″ ./゙'ぐ ,ノ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'│ ゙''/゚i、   |                  __
   .゙|    |,,/゙',i´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i、ー| |   ,i´                 / r'
   |    | .:゙l,,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} ./''|   .|        _,,--、_  イ  |
   ゙l   .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|  ノ          r'    ヽ .i、  i、
    \  .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|゙ ゜       _,, ‐''''''‐ ,,_、 i、 l、  i^i
     ゙l .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|           ゝ l'ovo'l ノ|.i~^ヽ i、 | l         …………
        _,.       _,.          _,.       __ヽ.i ┬i-'__ノ ヾ_ノ l | |
   、、,,.,,.、、、、,,.,,.、、、.         _,.                 ‐'''゚'''''゚'''‐l r'^  ノ /./
         _,.       _,.                         /  | ヽ__,,イノ /
                                          i  .ヽ  ,- ‐、~<
                                       ト -、゙ーi    ノ
                                          <~_,-‐'^l-  '''ァ
                                        ~   ヽ-‐''''~










――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

             }`ヽ、_
           -='     `   、
        , ´   u        ヽ
       /         ::::::::::::::::::::::::::::ヘ       や、やべえ……あいつ、俺達がここに逃げたって
       {   u       , ― - _ ,:ュ
      ゝ           ゝ _ ノ/         勘付いてやがる……
        ` 、. ______,   '



         _
        / l
      _ノ  {
    ィ´ u  ヽ         首をつっこまれちまったらおしまいだ……
  /::::::::::::::::::: u ヽ
  {. r―- -、    j        頼む……早くどっか行……
  ヽ ` ニ二_ _ノ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


.

958◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:36:51 ID:n4tYWkF20

               {     u /::/::::::/ヽ/:::::::::::::::::::::/
              .      /::/::::::/ノ ノ::::::::::::::::::::/
            人 ̄) /イ:::::::/-イ::::::_:::::::::: {        ――待って!
          _ /:::: `ー'/::::::/」:::::{ ̄: : : :`ヽ:::ハ
      / フ:::::::r': : :〃::::::::/ ̄: \::\: : : : :ノ::::::}!
     // /:::::::::: {: : :./:::::::::/ : : : : : :\::\: : :}::::::ノi!
      {:{/:::::/ ̄ ヽ:/:::::://-―――; .:.\::\':/ |
     .}{::::/   〈: : : {:::::// : : / ̄; : : : : :.):::::}、  :!
      ノ Ⅵ   /ヽ: :|::::{:{ : ̄/ ̄: : : : :.:/:::::/ }__.ノ



                    __
                  / r'
          _,,--、_  イ  |
         r'    ヽ .i、  i、
    、  _,, ‐''''''‐ ,,_、 i、 l、  i^i          ?
    -    ゝ l'ovo'l ノ|.i~^ヽ i、 | l
    ´   __ヽ.i ┬i-'__ノ ヾ_ノ l | |
       ‐'''゚'''''゚'''‐l r'^  ノ /./
           /  | ヽ__,,イノ /
          i  .ヽ  ,- ‐、~<
          ト -、゙ーi    ノ
          <~_,-‐'^l-  '''ァ
             ~   ヽ-‐''''~










         ∠: :∠: : :/: : : : : :∧
      /:二二二二二二二二: 〉
      ): : : : : : : : _:二二二:_{
      }:二二>'´:ハヾ:::|::::::::|:::i
      {:::::|l::::: |::::| |! }::|::::::::|:::|         そこのスライムさんから話は聞きました……!
      人::」L:メ:: 」ノ_,以<:::::|:::|
      !::ハ〈弋)`  弋リ 〉:l|:::|         その穴蔵の中にいるのはこの方のお友達です……!
        |:::|:込.   '_ u/⌒|ヽ
        |:::|:::/.:.≧=-< : : :.:i|: : 〉、         お願いだから、手を出さないであげて……!
        |:::|:::).:\: : : : : : : :.:.l|/〉:ハ
        |:::|:{: : : : >: :.:--<l| :/: : :}
        |:::l〈: : ̄: : : : : : : : :.l|.ノ: : :.{
        |:::l/`ー―――=彡'i!、: : : : \
        l::人  ヽ  `ー=ミ{.リ \: : : :.ヽ



          ____
        /     \
       /  u   _ノ \        …………
     /      u (○)  \
     |               ´ |
      \    u      ̄/
     ノ           \

959◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:37:04 ID:n4tYWkF20

           r'⌒'´ `ヽ、
            ヽ     ノ
     _,,--、_   、 ,   )
    r'    ヽ  //⌒ ー'
  _,, ‐''''''‐ ,,_、 i、 l、  i^i
  ゝ l'ovo'l ノ|.i~^ヽ i、 | l            フーッ!
 __ヽ.i ┬i-'__ノ ヾ_ノ l | |
  ‐'''゚'''''゚'''‐l r'^  ノ /./
.      /  | ヽ__,,イノ /
.     i  .ヽ  ,- ‐、~<
     ト -、゙ーi    ノ
.     <~_,-‐'^l-  '''ァ
      ~   ヽ-‐''''~





――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

             }`ヽ、_
           -='     `   、
        , ´   u        ヽ
       /         ::::::::::::::::::::::::::::ヘ       あ、あわわ……やっぱり無理だ……
       {   u       , ― - _ ,:ュ
      ゝ           ゝ _ ノ/         獲物を見つけたガスミンクは、しつこいし……
        ` 、. ______,   '

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





    / :::::::::::::::::::::| ::::::|  u         ハ⌒'ヾ/:ノ
   ,/ :::::::::::::::::::::八:::::::>.:-:‐― 、`ヽ    !:|::ト、
   / .::::::::::::::::::::::::::::ヽ´: : : : : : : .:ヽ    ..イ:::|::| |              っ……!
  .' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\: : : : : : : : :\「::::::!:: |::|_|
  . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \: : : : : : : :∧::::::::: |::|
  l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\.: : : : : :.∧¨7::ハ:|
  l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\:_:_:_:_:):{ー:、}}
  | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\: : : : : 〉: }
  | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\ニ/:}: |

960◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:37:15 ID:n4tYWkF20



                     ,iー-ィ'-、
             c     ヽ,,,   .`゙''ー ..,、
                  /./ヽ,_      .`''、
                      ゛ .゙/ /','i、,    `\
                     ''''  ∪\      \
                            ヽ      `'-,
                             ヽ       . \、
                              ヽ       " .`-、
                             ヽ       ゙‐ `'-








                    __
                  / r'
          _,,--、_  イ  |
         r'    ヽ .i、  i、
    、  _,, ‐''''''‐ ,,_、 i、 l、  i^i         フギ?
    -    ゝ l'ovo'l ノ|.i~^ヽ i、 | l
    ´   __ヽ.i ┬i-'__ノ ヾ_ノ l | |
       ‐'''゚'''''゚'''‐l r'^  ノ /./
           /  | ヽ__,,イノ /
          i  .ヽ  ,- ‐、~<
          ト -、゙ーi    ノ
          <~_,-‐'^l-  '''ァ
             ~   ヽ-‐''''~



      r‐:/::::::::,:::::::::::::::::::::::::`ーミ、:_: : :`ー{
      ∨::::::/::::{:::|::::::::::|::L:::_::::!::::ヽ:::::\: : /
      /::::::::!:::::ハ::|::::::::::|::|!::::::`|:::::::}:::::::::::`!:}
        :::::::::::|:::丈}ハ:::::::::|l:|芹ミ;|:::::::!:::::::::::::f
      .{ハ:::::::!:::|x=ミ!::::::」.ノ b:::::》::::::レ、::::::::::|          あれはもっと美味しい餌ですよ……!
       { |::::::ト:::《 b::}    弋ソ|:::::::|`!}:::::::::|
      . L ::」 ∧ ゞ' ,     u ! :::::|:ノ::::::::::        欲しければ、あげますから……
         ,/八   、 ノ   .':::::::':::::::::::::::|
     ,-、   //::::::>。、   .. イ::::::ム--、::::::|
 , -'¨ヽ }   //::::::::::::/>‐三≠/:::::/: : : : ノ ヽ|
r' 、ヽ  >'¨ヽ' .:::::::::::/: : : : : :/:::::/: : : : ': : : : 〉
.  \ Y_ イ/ l:::::::::::〉: : : : ,: /:::::/: : /: : : :彡': ヽ
. ヽー'`/  ノ  .!::::::/`ヽ-:': : .,:::::::' : :/: :  ̄:./: : : \
  ゝ-=  '{  r=ミト、 : ー三/:::::/彡': : : : :彡二二ミ: }
  }   ̄ ヽ /  >、:_三{::::::{'_:_:_:三二ニ--―ミ: :ヽ

961◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:37:28 ID:n4tYWkF20
               __
             / r'
     _,,--、_  イ  |
    r'    ヽ .i、  i、
  _,, ‐''''''‐ ,,_、 i、 l、  i^i           …………♪
  ゝ l'ovo'l ノ|.i~^ヽ i、 | l
 __ヽ.i ┬i-'__ノ ヾ_ノ l | |
  ‐'''゚'''''゚'''‐l r'^  ノ /./
.      /  | ヽ__,,イノ /
.     i  .ヽ  ,- ‐、~<
     ト -、゙ーi    ノ
.     <~_,-‐'^l-  '''ァ
      ~   ヽ-‐''''~



                /:フー―ミニニ二:_: : : : : : :\: : : :\
             /:://:::::::::/::|:::::::}::::}::::::::::::: \ : : : : :\ : : :/
            ./:://::::/::/:::┼:::ナ/::::::::::::::}::::::\ : :ヽ: :\:{
           {://{:::/::/,_ノ、:::://}:::::::::::::/:::::::::::::\: : \: :〉
            .i{ i八L/ f:} \' /::/::::::/::::::::::::::::::::::ヽ :./          巣から離れた……!
                 _.ノ  {(  //::/::::::/::::/:::::::::::::::::::::}_/
               {    ー   /::/::::::/ヽ/:::::::::::::::::::::/           中の人たち! 今のうちに逃げて!
              .      /::/::::::/ノ ノ::::::::::::::::::::/
            人 ̄) /イ:::::::/-イ::::::_:::::::::: {
          _ /:::: `ー'/::::::/」:::::{ ̄: : : :`ヽ:::ハ
      / フ:::::::r': : :〃::::::::/ ̄: \::\: : : : :ノ::::::}!
     // /:::::::::: {: : :./:::::::::/ : : : : : :\::\: : :}::::::ノi!
      {:{/:::::/ ̄ ヽ:/:::::://-―――; .:.\::\':/ |
     .}{::::/   〈: : : {:::::// : : / ̄; : : : : :.):::::}、  :!





――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         _
        / l
      _ノ  {
    ィ´ u  ヽ
  /::::::::::::::::::: u ヽ        お、おい、どうする……?
  {. r―- -、    j
  ヽ ` ニ二_ _ノ



             }`ヽ、_
           -='     `   、
        , ´   u        ヽ
       /         ::::::::::::::::::::::::::::ヘ       な、なんだっていいさ! 逃げようぜ!
       {   u       , ― - _ ,:ュ
      ゝ           ゝ _ ノ/         こんなチャンスは二度とねえかもしれねえ!
        ` 、. ______,   '

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――














.

962◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:37:39 ID:n4tYWkF20










           /: : : :/: :_,:--'": : : : : : : : : : :\: :〉
            ム≠: :':": : : : : : :_;≧七二`':ーx; ; :ヾ
         /: :/: : : ;≧r‐'"::::::::ト:::ハ::::::`ーx_: : : {
          八:,: :' : : :.;/:::_{::_;;ト::::::::| }:!弋::‐:ハハ::`ヽ: )
           {: : : r":::::{´::∧:八Ⅵ::! リ--Ⅵ::::}::}:::::::\
          ゞ、/:::{::::::i!Ⅵ≠ミゝヾゝイ示ミ、:」::|ヽ:::::::::ヽ
     /    /:,:∨:メ 《う::::}    ら:::リ 》::::|::∧:::::::: :.         ……ふぅ。
     〃    ./::::/:::i:ヾ:::ゝゞ-''   ,  `~´ !:::::i/:::ハ::::::::::!
   //      八;;_{ ::::!::::::}ヘ.     _ .  u 人::::}::/:::!::::::::八         上手くいってよかった……
  /{::{        ( :_: ̄{::::::{~:.`:-、_ _ _ ..イ;;;;;{:::i!':ム孑": :.(
  Ⅵ::.      r': : :'":.∨:ハミ:、: : : : :_;_;__;_;r:‐:.ヘ::i!: : :-彡'..:ノ
   \:ゝ.   r'":7''>、; : i::::::}: : : `:-:、:_: : : : :.-:‐:}::{: :_;_彡'";_〉
    `ー==≠彡'{  `>{:::::i!_: : : :\:\:_:≠:-:'Ⅵ、:/:_:_:.ヽ.._,
        /::〃:::ハ/ ::;V::ハ::>‐、_:.ミ:、: : :`≧:<Ⅵ、: : : :_: /
      /:::://::::/::::/::{:::::ハr‐--ミニニ≧:、: : : : :Ⅵ:、ー:.‐:{
    / ::::://:/::::/::::::人::::∧     ー‐" ` ー 、Ⅵハーイ
   / ::::::::://::::/::::::/  !::::::::!      ̄ ´     :Ⅵハ::八



               ____
           /     \
           /        \          …………
         / _,ノ   \    \
          |  (●)   (●)     |
        \_   _´_    u  /
        /          ヽ



    x':_:_;孑'" ー―彡' : : : : : : : : ;_:}
   ゞ: : : : : : :_:_:x-'": : : : : /: ;_:/:::::ヽ
   { : : : : /: : : : : : : : : :_:x-:":::x弋:::::::ハ
   ヾ ー― ": : : : ; _x-'"::::::::ハ::::ハ::ト、:::::::i
    { : : : : : ;x-'"::/:∧:::ハ::::::}ノ伝ミハ::::::l   ,
     `ー‐'":::{:::::::Ⅵ::'xキミL::ノ !d {:ハ::ノ   -       ――あら?
      |:::i::::::∧:::::∧《!::::c}    ゞ'' Y::|   `
      |:::|:::::::::;∨:::∧乂_ソ    ′ ノ:::!            あなたは行かないんですか?
      |:::{:::::::::ゝ∨::∧       。 ∠:::::!
.      ハ八::::/ : : ∨::: >- ... イ八::::::!
    ノ  \:::〉、: : ∨:::∧`ー-": : ヾ:::ハ
     メ" : イ: ヽ: : ∨:::∧ :`¨¨´:ノ: :,ヾ:∧
   / :_:_:/:/\: :`ーヾ;:::::\ : イ: : /}: ヾ::\
   `ヽ: : : : :./!: : : `ー-、:.ヾ:::::∧ーイ/:!:`ー\}

963◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:38:01 ID:n4tYWkF20
            ___
        /      \
       /ノ  \   u \         ぼ、僕は、その……
     / (ー)  (ー)    \
     |      ´       u    |     彼らとは、一緒にいられないというか……
      \ u.  ̄ ̄      /
      ノ           \



           ノ:x:‐――――<_ : : : : : : : : : : : : : : ∧
          〈/ :::::::::/:::/! |::|:::::::::::::ハ::::`<: : : : : :\: : : :}
          /:::::::::::/:::/十ト|:::::::::::::|」_::::|::|`ヽ: : : : ヽ: /
          |:::::::|:::{:::x==ミx∨:::::::::| }:::::::`l::|:::::/\: : : :.〉
          l:l:::::l::::〃んハ ` ∨:::: ィ7云刈:|::/::::/:ヽ: :/
           |:|:::::|::::i| ぅ::::!     ̄ んハ 》.':::::/::::::∨
           L! :::L::」 `¨´     弋_ツ /:::::/ }::::::|           …………?
            //:::}::八      '      /:::::/.ノ:::::::!
        //:::::,'::::::l\   - 、  u . イ::::/::::::::i:|:::|
          //:::::::}:::::: !: : >。.. _ ...。<:/::::/:::::::::::i:|:::|
       //{::::::/::::::: |:\: :.>ヘ<: : :/::::/: : 〉 ::::i:ト::{
      / x:〈://::::::: !: / -- 7: : /::::/: /{:::::::i:| ヾ:.、
     i{ /: : ://::::::::://   --┐:./::::/: : : : :ヽ:::i:|  \
      /: : ://::::::::/:/    --ミ:.,':::::,': : : : :/:\|    ヽ
       |: : 〃,:::::::/: {     r ノ {::::::{>=彡: : : : ヽ     }i
      }: : i{ {:::::::{: ri     /¨´: :.|::::::|: : : : : : : : : : }_ .ノ
      人: :.`:∨:::}∧`ニニア: : : ;ノ|::::::|: : : : : : : : : :.' ̄









.

964◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:38:16 ID:n4tYWkF20



     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
            僕は、その時出会った人間に事情を話した。
                   草原で不用意に歩いていた僕は、
            野生のガスミンクに目をつけられ追われていた。
     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

        , -'""'- 、                    _,..-'''"~""~"""''''- 、
      , -'"::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、             _,..、-''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;; ;;:;: :::''"'- 、
    , -'"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、      _,,.-‐''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':::::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、
.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''
,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;
.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...:..::.:..:...::..:..::..:..:.
'"""'''""""'''""""'''"", -'", -'"""'''"""'"""'''""""'''"""""'"", -'", -'"""'''""""""'''""""""'''
,,  ,,  ,, ,,   , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,, , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,
,,  ,,  ,,  ,,, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,








            ゙l   |        ._,,,,,,,,,,、     l、  ,
         .__,,‐.,,l゙  广   .,,,x,!''''゙ア` .|   `゙',!i、   .|  ゙''''' ., ミ、
           .^ ',!'"  ..,..l′ .:シ''ー,i´゙`~广゙゙゙L,,,,,,!、  .し,! .、゙l,,、
         、 ,.、 .|  ./ _,|,、 ,|,,,ノ''゙  ̄ ゙゙゙̄'''''く .|,,,入、 `ーく_,,.
         ゙l,,.| _iヘ″ ./゙'ぐ ,ノ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'│ ゙''/゚i、   |
           .゙|    |,,/゙',i´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i、ー| |   ,i´
           |    | .:゙l,,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} ./''|   .|
           ゙l   .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|  ノ
            \  .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|゙ ゜
             ゙l .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|

   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
               逃げ切れるはずのなかった追いかけっこ。
            そんな僕を救ったのは、草原の隅にあった
           他のスライムの隠れ家だった。鼻の利くガスミンクの
           本来の活動範囲からはずれた場所に作られた、
         野生のスライムが隠れ家として作った場所だったのだ。
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

965◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:38:52 ID:n4tYWkF20
       ____
     /      \
    /_,ノ   \  \         ガスミンクはその隠れ家に目を付け、僕は逃げ延びました。
  / (ー)  (ー)   \
  |      '      u |      だけど代わりに、同族の巣がガスミンクに見つかって……
  \    ⌒     /



          ____
        /     \
       /  u   _ノ \         あの二匹はもう、あの巣には帰れない。
     /      u (>)  \
     |               ´ |         こんな場所までガスミンクを引っ張ってきてしまった僕のせいで……
      \    u      ̄/
     ノ           \       合わせる顔なんかないですよ……



            ム≠: :':": : : : : : :_;≧七二`':ーx; ; :ヾ
         /: :/: : : ;≧r‐'"::::::::ト:::ハ::::::`ーx_: : : {
          八:,: :' : : :.;/:::_{::_;;ト::::::::| }:!弋::‐:ハハ::`ヽ: )
           {: : : r":::::{´::∧:八Ⅵ::! リ--Ⅵ::::}::}:::::::\
          ゞ、/:::{::::::i!/_ノ=ミゝヾゝイ示ミ、:」::|ヽ:::::::::ヽ          ――それでもなんとか助けたくて、
     /    /:,:∨:メ 《う::::}    ら:::リ 》::::|::∧:::::::: :.
     〃    ./::::/:::i:ヾ:::ゝゞ-''   ,  `~´ !:::::i/:::ハ::::::::::!       私に声をかけたんですね。姿形の全然違う
   //      八;;_{ ::::!::::::}ヘ.     _ .   人::::}::/:::!::::::::八
  /{::{        ( :_: ̄{::::::{~:.`:-、_ _ _ ..イ;;;;;{:::i!':ム孑": :.(         私に話しかけるのは、怖かったでしょうに……
  Ⅵ::.      r': : :'":.∨:ハミ:、: : : : :_;_;__;_;r:‐:.ヘ::i!: : :-彡'..:ノ
   \:ゝ.   r'":7''>、; : i::::::}: : : `:-:、:_: : : : :.-:‐:}::{: :_;_彡'";_〉
    `ー==≠彡'{  `>{:::::i!_: : : :\:\:_:≠:-:'Ⅵ、:/:_:_:.ヽ.._,
        /::〃:::ハ/ ::;V::ハ::>‐、_:.ミ:、: : :`≧:<Ⅵ、: : : :_: /
      /:::://::::/::::/::{:::::ハr‐--ミニニ≧:、: : : : :Ⅵ:、ー:.‐:{
    / ::::://:/::::/::::::人::::∧     ー‐" ` ー 、Ⅵハーイ

966◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:39:08 ID:n4tYWkF20
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \            僕、弱くて……何もできなくて……
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     __´___      |       こうして、誰かの力を借りることしか……
  \     ` ⌒´     /










:::::::!  l:::::::::::!           {.:::::::i⌒
::::::::ヽ l::::::::: |         ′ ハ:::::::!
::::::::::::::{::::::::::{       -   ノ::::::: {           ……私だって、そうですよ。
∨⌒ヽ:::::::::::.>。.    . ≦二ミ: .、
: : : : : :∨::::∧  {`7´::::/::::/:::`>'´:`ー、_
: : : : : : :∨::::∧_!二二二二:r〈: /: : : :.{
: : : : \: :∨::::∧: :`ー‐―彡':} :〈:/: : : : }
: : : : : : :`¨∨::::∧: : : : : : : : : :し{:`ー=ァ :ノ
: : : : : : : : : ∨::::∧二ニ≠: : : : :ヽ : : : : :〉
: : : : :.\.: : :.∨::::∧: : : : :/: : : /〉「`: : : : \
: : : : : : : ヽ: : :}::::::: i}: : /: : : :// :!: : : : : : : ヽ



             ___      ,
        /      \      -
       /ノ  \   u \   `         え?
     / (○)  (○)    \
     |  。゚   ´       u.    |
      \    ̄ ̄       /
      ノ           \

967◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:39:20 ID:n4tYWkF20

       _/: : : : : _:_:\:_\: : :\
      /二二ニ : : : : : : : : : : :ニ二{
       .}: : : :_:≦ニ二二二二ニミ:_:.}
      |__/::::::/::::::/::::::||:::::::::: ハ:::::::ヽ
       |::::::::::::{::::::ハ:::‐ナ':::::::: |`!-:::::::}
       |::::::::::::l::::::{ l_ノ」|L::::::::」 L:::::: 」      あの……実はこの辺り不用意に歩き過ぎちゃって、
        :::::::::::_:|:::: | x==ミ、   r=ミ.ハ:::!
        } ::::::{ (|:::: l 、、、       、、{:::::|        帰り道がわからなくなっちゃって……
       .':::::::::ヽ.!:::::| u   、 _ .   人:::|
       /:::::::::::::ハ:::::{> ..  __ . イ:::::::::|        しゅ、修道院はどっちだったかなって……知りません?
     ./::/:::::::,r..:.Ⅵハ\_,⊥:::ノ}::::::::::|
    /::/:::::::/.: : .:.Ⅵハ: : :/.: :.⌒ヽ::::::|
   ./::/::::;r:':.ヽ: : : :Ⅵハ: : : : : : : :.:/ヽ::|
   /::/::::/ : : : : \:_:.}:::::}: : : : :_彡': : ∧
  ./::/{:::;' .: : : : : :._:.|::::i|`¨7´: : : : : : :∧
  .!:::{ |::{.: : : : : : : :._|::::i|/: : : : : : : : : :∧



       ____
     /       \
    /  ⌒   ⌒ \          …………
  /   (○)  (○) ヽ
  |  u.    '      |
  \       - ―    /
   /            \









.

968◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:39:57 ID:n4tYWkF20



    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
               人里のある方向は知っていたから案内をした。
            その人里――修道院を見つけた時のその人間は
          心の底からほっとした表情で、僕にお礼を言ってきた。
    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

                        ┼
                        |
                    /  ̄/ ̄ \
                   ∠. --┬-- ..,,\
                  /|      i    i i ヽ,
                  }::::i      i    i i  {
                  }::::i____l]____i_   ,,....!、! l]..{
               f'''''""゙ -‐―- 、    }{ ヽ、 i__,,,..._
               i f'"´ ̄i ̄ ̄i`'i  YY-´‐_――‐‐ ヽ
            r――| | i 0 |  ,. '"ニニ二二ィ'´ ̄  i {
         r―┴―i'''"゙i i r, .|   ,.r‐、      |  O  .i |ヽ、
         |     |r⌒i i |:|..|   |;;;;;;;|  _    !     .i |  `!
         |_  l].,.,..ヘ;::;!,.!_,. .,_!,..;';゙・;゙;';{  |:|   |   r,  i |  |
  r‐‐ '''''""゙´ ̄Y゙ヽ,.f   __  .___V;.;';'f;:'’;'},,.. |:|   |  .|:|  i |  | ,.,.,、
  }    ,;'゙;":.゙;;';, l:l `} f:::i Y l:::::l:;'・;;';,;';:;';'ミ;'.;ヽ   |  `  i |  |';゙:.;':;:゙:';;、
  {   ;'゙;:;゙;;゙;:';:.;.r '''''''' "" "゙゙   {;:'::。';,:;;';;'`}:.:,;’;;}、,._,, !...,,.___ } |  |:;':゙;::.;;:.';;:;'.,








                         .〉 :_:_;斗'「:::::i::::::::::::ヽ::}:::::ハ::`ーミ、.:_:.{
                         {_/ ::|::::|::|::::::|::i:::::::::::|::|::::::::|::::::|:::::::::ハソ
                          l :::::|::::|:」:::斗:|'::::::: ハ:lー:::十::::|:::::::::: !
                          l :::::|:::ハ:|i:::::ハ|:::::::: | }ト、::::ハ::: |:::|:::::::|
                          { ::八::: リL::」 ,ヾ::::: ! ミ≠彡::ノ:::|:::::::|
                          Ⅳ::;ハ::」`=彡  ̄    、、l:::::::::|:::::::|
                          l'¨7:::::∧ 、、、   '    u l:::::::::|:::::::|
                          ./::l::::r'¨二つ  ` ´  イ|:::::::::|:::::::|
                         /::: |:;' /'7、`≧=-=<⌒:|:::::::::|ヽ:::|
                         .' {:_::〈   ' /¨〉:/ ̄: : : :.:|:::::::i:|: :.〉}
                            { / : l:lヽ   }'.: : :.:≦三彡|:::::::|:!_/:ヽ
                         /: : :|:|::〉 _.ノ.: : : : : : :.:/.:|:::::::|:| : : : :\
                        {: : : |:/    {`ー-=彡'¨:.7|:::::::|:| : : : : : :}
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
            感謝の言葉を受け取ることなんて、魔物で最弱と名高い
             スライムが経験できるようなことじゃない。
      初めて味わう心地にくすぐったかったけど、嫌な気分じゃなかった。
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
         ____
       /     \
      /  _ノ   ー \
    /    (⌒)  (⌒) \
     |   、、、 、 ´   、、、 |
      \      ̄ ̄  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


.

969◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:40:13 ID:n4tYWkF20



───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
        その人間は、お礼がしたいと言って僕を人里に連れ込んだ。
      初めて見る、数多くの人間がいる光景には思わず身構えたけど、
       その人間が手を繋いでくれていたせいか、不安は和らいだ。
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
           \_                         /        /
             \_                    /         /
               \                   /        /
                \               /         /
                   \_               /        /
      \_             \___        _/        /
        \_               `ー- 、/          /
          \_                /          /
            \              ヽ    /    |
              `ヽ              \_ /       /
                \                 ヽ_      /
                 `v-、            /    /
                 〈  〉__          /ヽ  /
                  ̄〈   `ヽ       |   ,イ
                    `ー--く      ゝ一' ノ
                     (   ヽ---――ー'´





         / ̄ ̄ ̄\
       /        \          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     /  _ノ  ヽ、_     \               その夜、僕はその人間に自分の生い立ちを話した。
     |  ::::::::::::::::::::::::::::  u  |                周りのスライム達とは構造からして違う自分の体。
     \     ´      /                   この風体に同族からもなんだか警戒されがちで、
        /    ̄     \                        親しい仲間も殆どいなかった過去。
       |             )         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ


.

970◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:40:32 ID:n4tYWkF20



  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                 それを聞いた人間は優しく微笑んで、
                その夜僕を抱きかかえてベッドに潜り込んだ。
           細身の腕から伝わる、初めて誰かに優しく触れられる
        温もりは、昨日まで抱えていた寂しさを綺麗に拭ってくれた。
  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
    。 .  .。    o   .. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
            。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
     。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
        ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
     。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
      .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
     ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
    ゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
     。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚    ,     /     。   .   .
     ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚   /
    ゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .  .  ☆   .  .   。      ゚ .





    x':_:_;孑'" ー―彡' : : : : : : : : ;_:}
   ゞ: : : : : : :_:_:x-'": : : : : /: ;_:/:::::ヽ
   { : : : : /: : : : : : : : : :_:x-:":::x弋:::::::ハ
   ヾ ー― ": : : : ; _x-'"::::::::ハ::::ハ::ト、:::::::i
    { : : : : : ;x-'"::/:∧:::ハ::::::}ノ ハ:ハ:::::l       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     `ー‐'":::{:::::::Ⅵ/ V L::ノ   {::ハ::ノ                  夜中にふと目を覚ませば、目の前に人間の
      |:::i::::::∧:::::∧    ,    ゞ='Y::|              柔らかそうな首元。人間は無防備に眠っている。
      |:::|:::::::::;∨:::∧ ,=彡´   ' "ノ:::!            僕が首に食らいつけば取り返しがつかないことに
      |:::{:::::::::ゝ∨::∧ ""    。 ∠:::::!              なるというのに、警戒心の欠片も見せずにだ。
.      ハ八::::/ : : ∨::: >- ... イ八::::::!        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    ノ  \:::〉、: : ∨:::∧`ー-": : ヾ:::ハ
     メ" : イ: ヽ: : ∨:::∧ :`¨¨´:ノ: :,ヾ:∧
   / :_:_:/:/\: :`ーヾ;:::::\ : イ: : /}: ヾ::\
   `ヽ: : : : :./!: : : `ー-、:.ヾ:::::∧ーイ/:!:`ー\}
     ゝ-";イ : : : : : : : : ̄:\::∧: :イ:.ノー―-、!




       ____
     /      \             ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    /  ─    ─\                 風貌だけで僕を信用することを拒む同族達の生き方は
  /   ::::::::::::::::::::::::::::: \               今でも間違ってないと思ってる。そんな日々を過ごしてきた
  |    |  '      |                自分に信を預け、寂しくないよう僕を抱きかかえて眠りにつく
  \    ι  ⌒    /                  人間の優しさは、その夜僕の心を温かく溶かした。
.  /⌒ヽ         ィヽ         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


.

971◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:40:43 ID:n4tYWkF20








        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                             翌朝のことだ。
              別れを告げる少し前、世間話をしていた時のこと。
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───



       ____
     /      \
    /_,ノ   \  \        僕もあなたのように強ければ、
  / (●)  (●)   \
  |      '        |        他人の手を煩わせることなく生きていけるんですが……
  \    ⌒     /



       _/: : : : : _:_:\:_\: : :\
      /二二ニ : : : : : : : : : : :ニ二{
       .}: : : :_:≦ニ二二二二ニミ:_:.}
      |__/::::::/::::::/::::::||:::::::::: ハ:::::::ヽ
       |::::::::::::{::::::ハ:::‐ナ':::::::: |`!-:::::::}
       |::::::::::::l::::::{ |:::::」|L::::::::」 L:::::: 」
        :::::::::::_:|:::: | x==ミ、   r=ミ.ハ:::!        あはは、私も昔は本当に弱かったですよ。
        } ::::::{ (|:::: |          {:::::|
       .':::::::::ヽ.!:::::| u   r‐┐  人:::|       3匹のスライムに囲まれて、手も足も出なくて
      /:::::::::::::ハ:::::{> ... `__ . イ:::::::::|
     ./::/:::::::,r..:.Ⅵハ\_,⊥:::ノ}::::::::::|       泣きそうになっちゃったり……
    /::/:::::::/.: : .:.Ⅵハ: : :/.: :.⌒ヽ::::::|
   ./::/::::;r:':.ヽ: : : :Ⅵハ: : : : : : : :.:/ヽ::|
   /::/::::/ : : : : \:_:.}:::::}: : : : :_彡': : ∧
  ./::/{:::;' .: : : : : :._:.|::::i|`¨7´: : : : : : :∧
  .!:::{ |::{.: : : : : : : :._|::::i|/: : : : : : : : : :∧

972◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:40:58 ID:n4tYWkF20
       ____
     /       \
    /  _,ノ   ー \          ……嘘だぁ。あなた僕が100匹相手でも
  /   (ー)  (●) ヽ
  |  u.    '      |       負けないでしょ。見ればわかりますよ。
  \       - ―    /
   /            \



   .ノ.: _:/: :二二二二二二:ヽ.: : : : : :.〉
   .〉 :_:_;斗'「:::::i::::::::::::ヽ::}:::::ハ::`ーミ、.:_:.{
   {_/ ::|::::|::|::::::|::i:::::::::::|::|::::::::|::::::|:::::::::ハソ
    l :::::|::::|:」:::斗:|'::::::: ハ:lー:::十::::|:::::::::: !
    l :::::|:::ハ:|i:::::ハ|:::::::: | }ト、::::ハ::: |:::|:::::::|
    { ::八::: リL::」 ,ヾ::::: ! ミ≠彡::ノ:::|:::::::|        だ、だから昔のことでして……
    Ⅳ::;ハ::」`=彡  ̄    、、l:::::::::|:::::::|
    l'¨7:::::∧ 、、、   '    u l:::::::::|:::::::|
    ./::l::::r'¨二つ  ´ `  イ|:::::::::|:::::::|
   /::: |:;' /'7、`≧=-=<⌒:|:::::::::|ヽ:::|               思い出すと恥ずかしくなってくるなぁ……
   .' {:_::〈   ' /¨〉:/ ̄: : : :.:|:::::::i:|: :.〉}
.   { / : l:lヽ   }'.: : :.:≦三彡|:::::::|:!_/:ヽ
   /: : :|:|::〉 _.ノ.: : : : : : :.:/.:|:::::::|:| : : : :\
  {: : : |:/    {`ー-=彡'¨:.7|:::::::|:| : : : : : :}
   :. : : ||      !: : : : : : :./:}|:::::::|:| : : : : :八



          〈/ :::::::::/:::/! |::|:::::::::::::ハ::::`<: : : : : :\: : : :}
          /:::::::::::/:::/十ト|:::::::::::::|」_::::|::|`ヽ: : : : ヽ: /
          |:::::::l:::{:::/_ノミx∨:::::::::| }:::::::`l::|:::::/\: : : :.〉
          l:l:::::l::::〃んハ ` ∨:::: ィ7云刈:|::/::::/:ヽ: :/
           |:|:::::|::::i| ぅ::::!     ̄ んハ 》.':::::/::::::∨
           L! :::L::」 `¨´     弋_ツ /:::::/ }::::::|         ――あなたも鍛練を積めば、
.          //:::}::八 ""   '      u /:::::/.ノ:::::::!
.          //:::::,'::::::l\   ー  "" . イ::::/::::::::i:|:::|         きっと私ぐらいにはなれますよ。
          //:::::::}:::::: !: : >。.. _ ...。<:/::::/:::::::::::i:|:::|
       //{::::::/::::::: |:\: :.>ヘ<: : :/::::/: : 〉 ::::i:ト::{         正直、私なんてそんな……
      / x:〈://::::::: !: / -- 7: : /::::/: /{:::::::i:| ヾ:.、
     i{ /: : ://::::::::://   --┐:./::::/: : : : :ヽ:::i:|  \
      /: : ://::::::::/:/    --ミ:.,':::::,': : : : :/:\|    ヽ
       |: : 〃,:::::::/: {     r ノ {::::::{>=彡: : : : ヽ     }i
      }: : i{ {:::::::{: ri     /¨´: :.|::::::|: : : : : : : : : : }_ .ノ

973◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:41:13 ID:n4tYWkF20
       ____    ,
     /      \   -
    /  ─    ─\ `          たんれん?
  /    (●)  (●) \
  |        '      |
  \      ⌒   /
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



            ム≠: :':": : : : : : :_;≧七二`':ーx; ; :ヾ
         /: :/: : : ;≧r‐'"::::::::ト:::ハ::::::`ーx_: : : {
          八:,: :' : : :.;/:::_{::_;;ト::::::::| }:!弋::‐:ハハ::`ヽ: )
           {: : : r":::::{´::∧:八Ⅵ::! リ--Ⅵ::::}::}:::::::\
          ゞ、/:::{::::::i!Ⅵ≠ミゝヾゝイ示ミ、:」::|ヽ:::::::::ヽ            あれ、複雑な言葉だったかな。
     /    /:,:∨:メ 《う::::}    ら:::リ 》::::|::∧:::::::: :.
     〃    ./::::/:::i:ヾ:::ゝゞ-''   ,  `~´ !:::::i/:::ハ::::::::::!         要するに、体を鍛えれば……
   //      八;;_{ ::::!::::::}ヘ.        u 人::::}::/:::!::::::::八
  /{::{        ( :_: ̄{::::::{~:.`:-、 _´ `__..イ;;;;;{:::i!':ム孑": :.(
  Ⅵ::.      r': : :'":.∨:ハミ:、: : : : :_;_;__;_;r:‐:.ヘ::i!: : :-彡'..:ノ
   \:ゝ.   r'":7''>、; : i::::::}: : : `:-:、:_: : : : :.-:‐:}::{: :_;_彡'";_〉
    `ー==≠彡'{  `>{:::::i!_: : : :\:\:_:≠:-:'Ⅵ、:/:_:_:.ヽ.._,
        /::〃:::ハ/ ::;V::ハ::>‐、_:.ミ:、: : :`≧:<Ⅵ、: : : :_: /
      /:::://::::/::::/::{:::::ハr‐--ミニニ≧:、: : : : :Ⅵ:、ー:.‐:{



     ____
   /      \
  /  ─    ─\         きたえ、る……?
/    (●)  (●) \
|   u     ___'___    |        どういう意味ですか? それ。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |
  \ /___ /



        /:l: : >'::/:::::::/::::::::/:/:::::>: : : : \: : :.(
.       l: :l.´:::::::/:::::::/:::::∠::::/::::/::::::::::\:\:\ ノ
      l: : : : !::/::::::/:::::/::::::/::メ:::::::::::;::/::::::\:\:{
       l: : , -、ヽ.:;イ:::;xf芹ミ< /:::::::::://}|:|::::::}::ヽ: :〉
.      l: : {l´`` l.:::!::::{;し∨ /::::::::::/メ/:|:|:::::,:::::}∨
     l: : : ヽミ-:!::::L/ゞ-'   L::::::x=ミ、::刈::/::::/::}       ……………………
      !: : : : : ヽl:::::{         ∧;) 〉::::::/::::/::/
    _,l: : : : : : : |:::::| u      ' ゝ'".::::/::::/::/
.  , < :l: : : : : : : |、:::|、   ヽ     ∠:/:::://
 幺.: : :l : : : : :ヽ ,|' ::l: `:---- ...イ::{::::T´/               もしかして、概念そのものが伝わってない?
く:へ:\l: : ヽ: ./::∨ハ: : `: :`ヽ:|:|:|:::|::::i|
, -‐= 、:l: : : :y': : : :∨∧:\ : : :}|:|:|:::|::::l{
´ ヽ   \: :.\.: : :.∨∧.: : : :.ノ`ヽ:::!::::!\
`ヽ. \  r \: :\:ヽ}::::::}i :<:_: : : }::|:::ハ  ヽ
   \.)′ 、 ヽ:_:>!:::: |i\:_://`ヽ:∧  }
    /,    .    |::::::||ミニ彡′    \ .ノ









.

974◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:41:25 ID:n4tYWkF20



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
 /    ─   ─ ヽ                   その日僕は、体を鍛えて人間が強くなれることを聞いた。
 | u  (○)  (○)  |                種族の壁に万年泣かされてきた身としては目から鱗が
 \  ∩ __'__/777/             落ちるとともに、そんな都合のいい話があるのかと疑念も持った。
 /  (丶_//// \        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───





          ノ:x:‐――――<_ : : : : : : : : : : : : : : ∧
         〈/ :::::::::/:::/! |::|:::::::::::::ハ::::`<: : : : : :\: : : :}
         /:::::::::::/:::/十ト|:::::::::::::|」_::::|::|`ヽ: : : : ヽ: /
         |:::::::l:::{:::/_ノミx∨:::::::::| }:::::::`l::|:::::/\: : : :.〉
         l:l:::::l::::〃んハ ` ∨:::: ィ7云刈:|::/::::/:ヽ: :/     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
          |:|:::::|::::i| ぅ::::!     ̄ んハ 》.':::::/::::::∨          困った顔を浮かべながらも、人間は指南してくれた。
          L! :::L::」 `¨´     弋_ツ /:::::/ }::::::|              意味もなく、飛んだり跳ねたり走ったり、疲れるけど
          //:::}::八      '       /:::::/.ノ:::::::!               やってみれば何か変わるかも――と。
       //:::::,'::::::l\   - 、  u . イ::::/::::::::i:|:::|             最初はからかわれているようにしか思えなかった。
.      //:::::::}:::::: !: : >。.. _ ...。<:/::::/:::::::::::i:|:::|       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      //{::::::/::::::: |:\: :.>ヘ<: : :/::::/: : 〉 ::::i:ト::{
     / x:〈://::::::: !: / -- 7: : /::::/: /{:::::::i:| ヾ:.、
    i{ /: : ://::::::::://   --┐:./::::/: : : : :ヽ:::i:|  \
     /: : ://::::::::/:/    --ミ:.,':::::,': : : : :/:\|    ヽ
      |: : 〃,:::::::/: {     r ノ {::::::{>=彡: : : : ヽ     }i
     }: : i{ {:::::::{: ri     /¨´: :.|::::::|: : : : : : : : : : }_ .ノ
     人: :.`:∨:::}∧`ニニア: : : ;ノ|::::::|: : : : : : : : : :.' ̄


.

975◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:41:46 ID:n4tYWkF20



          / ̄ ̄ ̄\
       /ヽ_    _ノ  \            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      / (●)  (●)  ヽ                          それでもやってみた。
       |     ´     u |`ヽ                 "強くなれるのかもしれない"という言葉の響きは、
   ,ィTl'ヽ\   ̄ ̄     /`ヽー;、             たとえ騙されたってすがってみたくなる夢の言葉。
    kヒヒど, ((        (({⌒Yィ 、 ソ               世界最弱種のスライムにとって、それだけ重かった。
      `´ ̄ヽ      ハヽ/`^ー'        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
           ヽ   ` /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /
      〈、    /
       \、__ノ





      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
               半日した頃に、ふと気付く。疲れているはずなのに、
            朝方の元気な時とあまり変わらない速さで走れている実感。
            自分の体の事は、細胞ひとつひとつまで細かく把握できている。
                      気のせいではなく、明らかに何かが違う。
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───





         /: : : :/: :_,:--'": : : : : : : : : : :\: :〉
          ム≠: :':": : : : : : :_;≧七二`':ーx; ; :ヾ
       /: :/: : : ;≧r‐'"::::::::ト:::ハ::::::`ーx_: : : {
        八:,: :' : : :.;/:::_{::_;;ト::::::::| }:!弋::‐:ハハ::`ヽ: )
         {: : : r":::::{´::∧:八Ⅵ::! リ--Ⅵ::::}::}:::::::\          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
        ゞ、/:::{::::::i!Ⅵ≠ミゝヾゝイ示ミ、:」::|ヽ:::::::::ヽ              人間は『体の使い方を覚えるのが早いですね』と
   /    /:,:∨:メ 《う::::}    ら:::リ 》::::|::∧:::::::: :.            驚きの表情だった。自分に言わせれば全然違う。
  〃     ./::::/:::i:ヾ:::ゝゞ-''   ,  `~´ !:::::i/:::ハ::::::::::!                人間に教えられて鞭打った自分の体が、
 //      八;;_{ ::::!::::::}ヘ.     _ .  u 人::::}::/:::!::::::::八              明らかにその前よりも活性化した事実がある。
/{::{        ( :_: ̄{::::::{~:.`:-、_ _ _ ..イ;;;;;{:::i!':ム孑": :.(     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
Ⅵ::.      r': : :'":.∨:ハミ:、: : : : :_;_;__;_;r:‐:.ヘ::i!: : :-彡'..:ノ
.\::ゝ.   r'":7''>、; : i::::::}: : : `:-:、:_: : : : :.-:‐:}::{: :_;_彡'";_〉
  `ー==≠彡'{  `>{:::::i!_: : : :\:\:_:≠:-:'Ⅵ、:/:_:_:.ヽ.._,
      /::〃:::ハ/ ::;V::ハ::>‐、_:.ミ:、: : :`≧:<Ⅵ、: : : :_: /
    /:::://::::/::::/::{:::::ハr‐--ミニニ≧:、: : : : :Ⅵ:、ー:.‐:{
  / ::::://:/::::/::::::人::::∧     ー‐" ` ー 、Ⅵハーイ
./ :::::::::://::::/::::::/  !::::::::!      ̄ ´     :Ⅵハ::八


.

976◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:42:08 ID:n4tYWkF20



                                     |  '    ’
                                  \、_ノし//____
                                   _)r'⌒ /      \
                                _, 、 -'" ` ゝ    _,ノ    \
                               /_/    ,- (>)  (● )   u. \
                               >_ノ_l"  |    '          |
                                       \  ̄ ̄      /
                                        |         ヽ
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
           翌日から毎日人間に頭を下げて、何をすればいいのか教えを請う。
      走ったり、石を運んでみたり、手加減した人間の攻撃をその身に受けてみたり……
                       提案されたことは全部やってみた。
        痛かったことも苦しかったことも多く、人間の方が心苦しそうな顔だった。
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
.       l: :l.´:::::::/:::::::/:::::∠::::/::::/::::::::::\:\:\ ノ
      l: : : : !::/::::::/:::::/::::::/::メ:::::::::::;::/::::::\:\:{
       l: : , -、ヽ.:;イ:::::/ノ=ミ< /:::::::::://}l:|::::::}::ヽ: :〉
.      l: : {l´`` l.:::!::::{;し∨ /::::::::::/メ/:|:|:::::,:::::}∨
     l: : : ヽミ-:!::::L/ゞ-'   L::::::x=ミ、::刈::/::::/::}
      !: : : : : ヽl:::::{         ∧;) 〉::::::/::::/::/
    _,l: : : : : : : |:::::| u      ' ゝ'".:::::/::::/::/
.  , < :l: : : : : : : |、:::|、  ` 、   ∠:/:::://
 幺.: : :l : : : : :ヽ ,|' ::l: `:---- ...イ::{::::T´/
く:へ:\l: : ヽ: ./::∨ハ: : `: :`ヽ:|:|:|:::|::::i|
, -‐= 、:l: : : :y': : : :∨∧:\ : : :}|:|:|:::|::::l{
´ ヽ   \: :.\.: : :.∨∧.: : : :.ノ`ヽ:::!::::!\
`ヽ. \  r \: :\:ヽ}::::::}i :<:_: : : }::|:::ハ  ヽ










           _,,,,,__
          /   ゙ー、_
        /   ____ ヽ
       /  -‐"'' '' !r┬、_)       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       l、_r'''l¨!    ゙l'' w_                 一週間もした頃に、人間の付添いのもと草原に繰り出す。
      _-^i,ノ‐ ,ィ。i。、, i ヽ'_キ                       そこで出会った一匹のお化けキノコ。      
      キ,、__ィ t _,--、_ i ゙l                奴は僕を見つけると、餌だと感じ突っかかって来る。
        / ,'  i .! i .、 l l        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
        l_i ,, i `¨´ l i_ノ
        <ト~ー'r---、i‐''',>
         ~ ̄    ゙''ー'




           ___
         ,/      \           ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      ,,---、   ヽ_三三ノ\ ― 、                心配そうな人間を尻目に、お化けキノコに抗戦する。 
      l   l ( ○)三(○) \  |               この人間に出会う前なら、歯が立たないどころか
      |   | u  _´_    |  |            瞬殺されて丸呑みだった相手。それに一匹のスライムが
      |   |   |!!il|!|!l|  /  /                 無謀にも一対一で立ち向かっていった。
     ゝ        ` ⌒´     /        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      \          /
        /          |


.

977◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:42:36 ID:n4tYWkF20



        / ̄ ̄ ̄\_
       /:::/:::::::::::\( ;:;:;)       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      /( ;:;:;:;:;ノ:::::::<-> \               結局最後には、見かねた人間に助けられて 
    (;:;:;:;;;:;    __´ _   .:::::)                お化けキノコを撃退する形になった。
    ./ ||     `ー'´    ,/            予想はしてたけどやっぱり無茶だったみたいだ。
   / / |\/ /  /l |  ̄            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
   / /__|  \/ / | |
  ヽ、//////) /  | |
   /  ̄ ̄ /   | |
____,/  )--- ヽ   ヽ つ








   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
               それでも、あのお化けキノコに殴られながらも
        反撃を重ねていた1分間は、今思い返しても心が昂ぶる。
               お化けキノコに叩き潰され一撃でのされて、
            そのまま奴の胃袋に収まるスライムを何度も見てきた。
          それだけ、本来スライムというのは弱い生き物なのだ。
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                      |     |   .|    |
                        |ー |   l ー-  l
                /⌒ヽ   |    |   l   u .l
                l   l    |    |  |    |
                 |   l   | ー-  |   l   - l
                  |  -‐|    |    |  |      |    /⌒ヽ
                |    l    |    |  |      l   |    ヽ
                  l    _!   |    !__,! ‐  一 |   l     ヽ、
              /⌒ヽl  ‐ \  |,    . .      l    〉-‐  l
              l〉   )ヽ、   ヽノ           ヽ、 |     |
             /  人 ヽ、 u                  ヽノ     |
               l     ヽ、\,          . / ノ/      l
             ヽ  ノ \,/     /             ヽ  l
              \    /        /            |
               ヽ、       /  /   l     ι       |
                ヽ、  /   /     |           l
                 ヽ、          l          /
                  ヽ、      ι    |          /
                   ヽ          l        /
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
         魔物だって人間のように"鍛練"を積めば強くなれるのだ。
                そう確信するには充分過ぎたあの日の経験。
               あの時、一寸先は闇だった僕の人生観に、
             眩しいぐらいに強い希望の光が差し込んだ。
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

978◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:42:52 ID:n4tYWkF20









         ____
       /   u \
      /  ⌒  ⌒ \           はぁ……はぁ……ど、どうでしょう……?
    /    (⌒)  (⌒) \
     |  u      __´___    |        昨日の僕より、強くなれてますか?
      \       `ー'´  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



: : >'::::/::::::::/::::::::::!:::::::::::::}:::::::::i::::`ヽ: : (
.´:::::::::: ::::::::::::::::-‐┼-::::::::ハ:::::: |::::::::::}\{
:::::::::::: |:::::::::{:::::::::/ |:::::::::://::::::ナ::、:::.'::::ハ
:::::::::::: |:::::::::L::::/ .|::::::://::::::://::::::/::::::: }
::::::: , -!:::::::: 《:/  └‐′  ̄ /:::::::/:::::::::/         えぇ、少しずつですが確実に。
:::::::/ /!::::::::::l  _        ̄ く:::::::::/
:::::::!  l:::::::::::! ´ ̄`     -‐ミ .:::::i⌒           あなたの成長の早さは、
::::::::ヽ l::::::::: |        ′  ハ:::::::!
::::::::::::::{::::::::::{     ー    ノ::::::: {           なんだか羨ましくも感じますよ。
∨⌒ヽ:::::::::::.>。.    . ≦二ミ: .、
: : : : : :∨::::∧  {`7´::::/::::/:::`>'´:`ー、_
: : : : : : :∨::::∧_!二二二二:r〈: /: : : :.{
: : : : \: :∨::::∧: :`ー‐―彡':} :〈:/: : : : }
: : : : : : :`¨∨::::∧: : : : : : : : : :し{:`ー=ァ :ノ
: : : : : : : : : ∨::::∧二ニ≠: : : : :ヽ : : : : :〉



          ___
         /     \
       /         \        そ、そうなのかな……?
     /     \ , , /  \
      | u    (⌒)  (⌒)  |         よーし、それじゃ明日も……
     \  、、、  、 __'__   /
      ノ             \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

979◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:43:10 ID:n4tYWkF20

           ノ:x:‐――――<_ : : : : : : : : : : : : : : ∧
          〈/ :::::::::/:::/! |::|:::::::::::::ハ::::`<: : : : : :\: : : :}
          /:::::::::::/:::/十ト|:::::::::::::|」_::::|::|`ヽ: : : : ヽ: /
          |:::::::l:::{:::/_ノミx∨:::::::::| }:::::::`l::|:::::/\: : : :.〉
          l:l:::::l::::〃んハ ` ∨:::: ィ7云刈:|::/::::/:ヽ: :/
           |:|:::::|::::i| ぅ::::!     ̄ んハ 》.':::::/::::::∨         ――頑張り屋さんですね、あなたは。
           L! :::L::」 `¨´     弋_ツ /:::::/ }::::::|
.          //:::}::八      '      u /:::::/.ノ:::::::!            あなたがそんな風に頑張る姿を見てると、
        //:::::,'::::::l\   ー    . イ::::/::::::::i:|:::|
          //:::::::}:::::: !: : >。.. _ ...。<:/::::/:::::::::::i:|:::|           私もしっかりしなくちゃ、って思います。
       //{::::::/::::::: |:\: :.>ヘ<: : :/::::/: : 〉 ::::i:ト::{
      / x:〈://::::::: !: / -- 7: : /::::/: /{:::::::i:| ヾ:.、
     i{ /: : ://::::::::://   --┐:./::::/: : : : :ヽ:::i:|  \
      /: : ://::::::::/:/    --ミ:.,':::::,': : : : :/:\|    ヽ
       |: : 〃,:::::::/: {     r ノ {::::::{>=彡: : : : ヽ     }i
      }: : i{ {:::::::{: ri     /¨´: :.|::::::|: : : : : : : : : : }_ .ノ
      人: :.`:∨:::}∧`ニニア: : : ;ノ|::::::|: : : : : : : : : :.' ̄



       _/: : : : : _:_:\:_\: : :\
      /二二ニ : : : : : : : : : : :ニ二{
       .}: : : :_:≦ニ二二二二ニミ:_:.}
      |__/::::::/::::::/::::::||:::::::::: ハ:::::::ヽ
       |::::::::::::{::::::ハ:::‐ナ':::::::: |`!-:::::::}
       |::::::::::::l::::::{ l_ノ」|L::::::::」 L:::::: 」
        :::::::::::_:|:::: | x==ミ、   r=ミ.ハ:::!         そのうち私なんか追い抜いて、
        } ::::::{ (|:::: |          {:::::|
       .':::::::::ヽ.!:::::|.     、 _ .   人:::|        私よりも多くのことが出来るようになるんだろうな。
       /:::::::::::::ハ:::::{> ..  __ . イ:::::::::|
     ./::/:::::::,r..:.Ⅵハ\_,⊥:::ノ}::::::::::|        そうなっちゃうと悔しいし、私も頑張らなきゃ……
    /::/:::::::/.: : .:.Ⅵハ: : :/.: :.⌒ヽ::::::|
   ./::/::::;r:':.ヽ: : : :Ⅵハ: : : : : : : :.:/ヽ::|
   /::/::::/ : : : : \:_:.}:::::}: : : : :_彡': : ∧
  ./::/{:::;' .: : : : : :._:.|::::i|`¨7´: : : : : : :∧
  .!:::{ |::{.: : : : : : : :._|::::i|/: : : : : : : : : :∧



          ____
        /      \
       _ノ  ー     \       流石にそんなことはないと思うけど……
      ( ●)  ( ●)     \
      | 、、  '    、、、    u |        だって、あなたの強さは僕なんかよりずっと……
       \  ̄`         /
        /          ヽ
       /

980◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:43:28 ID:n4tYWkF20

:::::::!  l:::::::::::!           {.:::::::i
::::::::ヽ l::::::::: |         ′ ハ:::::::!
::::::::::::::{::::::::::{       -   ノ::::::: {              ――できる夫。
∨⌒ヽ:::::::::::.>。.    . ≦二ミ: .、
: : : : : :∨::::∧  {`7´::::/::::/:::`>'´:`ー、_
: : : : : : :∨::::∧_!二二二二:r〈: /: : : :.{
: : : : \: :∨::::∧: :`ー‐―彡':} :〈:/: : : : }
: : : : : : :`¨∨::::∧: : : : : : : : : :し{:`ー=ァ :ノ
: : : : : : : : : ∨::::∧二ニ≠: : : : :ヽ : : : : :〉
: : : : :.\.: : :.∨::::∧: : : : :/: : : /〉「`: : : : \



           ____
         /       \   ,
        /   ─   ― ヽ   -
      /    ( ●)  ( ●)'  `         うん?
      |         '     |
      \        ̄   ,/
      /           ヽ





           /: : : :/: :_,:--'": : : : : : : : : : :\: :〉
            ム≠: :':": : : : : : :_;≧七二`':ーx; ; :ヾ
         /: :/: : : ;≧r‐'"::::::::ト:::ハ::::::`ーx_: : : {
          八:,: :' : : :.;/:::_{::_;;ト::::::::| }:!弋::‐:ハハ::`ヽ: )
           {: : : r":::::{´::∧:八Ⅵ::! リ--Ⅵ::::}::}:::::::\            え、えっと……付き合いも長くなってきたので……
          ゞ、/:::{::::::i!/_ノ=ミゝヾゝイ示ミ、:」::|ヽ:::::::::ヽ
     /    /:,:∨:メ 《う::::}    ら:::リ 》::::|::∧:::::::: :.        そろそろ親しく呼び合える名前を、と……
     〃    ./::::/:::i:ヾ:::ゝゞ-''   ,  `~´u!::::::i/:::ハ::::::::::!
   //      八;;_{ ::::!::::::}ヘ. ""  _ . ""人::::}::/:::!::::::::八      いつまでも"あなた"や"スライムさん"じゃ……
  /{::{        ( :_: ̄{::::::{~:.`:-、_ _ _ ..イ;;;;;{:::i!':ム孑": :.(
  Ⅵ::.      r': : :'":.∨:ハミ:、: : : : :_;_;__;_;r:‐:.ヘ::i!: : :-彡'..:ノ
   \:ゝ.   r'":7''>、; : i::::::}: : : `:-:、:_: : : : :.-:‐:}::{: :_;_彡'";_〉
    `ー==≠彡'{  `>{:::::i!_: : : :\:\:_:≠:-:'Ⅵ、:/:_:_:.ヽ.._,
        /::〃:::ハ/ ::;V::ハ::>‐、_:.ミ:、: : :`≧:<Ⅵ、: : : :_: /
      /:::://::::/::::/::{:::::ハr‐--ミニニ≧:、: : : : :Ⅵ:、ー:.‐:{
    / ::::://:/::::/::::::人::::∧     ー‐" ` ー 、Ⅵハーイ

981◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:43:42 ID:n4tYWkF20
       ____
     /      \
    /  ─    ─\        僕に、名前を……?
  /    (●)  (●) \
  |  u      '      |
  \      ⌒   /
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



       { :_二>-イ:::::::|:::|:::|::::::::::|::::::}::::::::::`ヽ: : : (
       ∨::::::::|:|::::|::::::::|:::|:::|:::::_!:::: |::::::::|:::::::::\_{
      ハ:/::::::|:|::::|::::::::|:::|:::ハ::::::::}::::::「:::::::|::::::::::::::::|
        {:::{::l:::::レ:::弋:::: |:::|::l,ィ千ゝ、イ:::::::::|::::::::::::::::|         あ、うぁ……ご、ごめんなさい……
        |:::|::|:::::l_ノ=ミ:::」::」:ノ うハ 》!:::::::::|::::::::::::::::|
        |:::|::|::: |〈 うハ     乂.ソ |:::::::::|::::::::::::::::{         やっぱり馴れ馴れし過ぎましたよね……
        |::ハ:{:::::! 弋リ       ~´  |:::::::::|:::::::::::::::::.
       !{ リー':ハ ` /////   u|:::::::::|::::::::::::::::∧         今のは忘れ……
         }::::∧    __   u |:::::::::|::::::::::::::::: ∧
          |::::l::::丶   /:.)--' イ |:::::::::|⌒ヽ:::::::::: ∧
          |::::| ::::::::{::7:/ー< /.:.|:::::::::|: : : {::::::::::::::∧
          |::::l::::::::::,:/:/:.x: :ニフ.: : :|:::::::::|: : /:〉-:.、::::::∧
          |::::l::::::://: レ': :厶-‐_:.7 |:::::::::|: /:/: : : :\:::::∧
          |::::l::::〈:.{: : : : : : ∠:__.: :.|:::::::::|: :/: : : : : : : :、:∧
          |:::,l:::::::`!: : : : : : :.r‐--' |:::::::::|:': :}: : : : : : : : \∧



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \      ……………………
 /    ─   ─ ヽ
 | u   (●)  (●) |
 \  ∩ __'__/777/          できる夫……どういう意味ですか?
 /  (丶_//// \



   .〉 :_:_;斗'「:::::i::::::::::::ヽ::}:::::ハ::`ーミ、.:_:.{
   {_/ ::|::::|::|::::::|::i:::::::::::|::|::::::::|::::::|:::::::::ハソ
    l :::::|::::|:」:::斗:|'::::::: ハ:lー:::十::::|:::::::::: !
    l :::::|:::ハ:|i:::::ハ|::::::u:| }ト、::::ハ::: |:::|:::::::|
    { ::八::: リl_ノ ヾ::::: ! ミ≠彡::ノ:::|:::::::|        うぅ……さ、最初は出来ることも少なかったけど、
    Ⅳ::;ハ::」`=彡  ̄   ///|:::::::::|:::::::|
    l'¨7:::::∧///   '    u|:::::::::|:::::::|        頑張り屋さんで……そのうち出来ることも
    ./::l::::r'¨二つ  cっ  イ|:::::::::|:::::::|
   /::: |:;' /'7、`≧=-=<⌒:|:::::::::|ヽ:::|        増えてくるだろうなって……だから、その……
   .' {:_::〈   ' /¨〉:/ ̄: : : :.:|:::::::i:|: :.〉}
.   { / : l:lヽ   }'.: : :.:≦三彡|:::::::|:!_/:ヽ
   /: : :|:|::〉 _.ノ.: : : : : : :.:/.:|:::::::|:| : : : :\            も、もういいでしょう……? 私が悪かったですから……
  {: : : |:/    {`ー-=彡'¨:.7|:::::::|:| : : : : : :}
   :. : : ||      !: : : : : : :./:}|:::::::|:| : : : : :八
   }: : : !!    」彡': :.:/:./:|:::::::|:| : : : :/: : ヽ

982◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:43:56 ID:n4tYWkF20

           , -――― 、
.       / ⌒   ⌒ \         ――できる夫、ですね。
.      /  (⌒)  (⌒)   ヽ
      | ⊂⊃ 、__',_,   ⊂⊃|          素敵なお名前です。頂けるんですか?
     \ ___   __ /
――──(____.)─(___)─ ──  ─



        /:l: : >'::/:::::::/::::::::/:/:::::>: : : : \: : :.(
.       l: :l.´:::::::/:::::::/:::::∠::::/::::/::::::::::\:\:\ ノ
      l: : : : !::/::::::/:::::/::::::/::メ:::::::::::;::/::::::\:\:{
       l: : , -、ヽ.:;イ:::;xf芹ミ< /:::::::::://}|:|::::::}::ヽ: :〉
.      l: : {l´`` l.:::!::::{;し∨ /::::::::::/メ/:|:|:::::,:::::}∨  ,
     l: : : ヽミ-:!::::L/ゞ-'   L::::::x=ミ、::刈::/::::/::}    -
      !: : : : : ヽl:::::{ 、、、    ∧;) 〉::::::/::::/::/   `         え……
    _,l: : : : : : : |:::::| u    ' ゝ'".:::::/::::/::/
.  , < :l: : : : : : : |、:::|、   `ヽ  、、 :/:::://
 幺.: : :l : : : : :ヽ ,|' ::l: `:---- ...イ::{::::T´/
く:へ:\l: : ヽ: ./::∨ハ: : `: :`ヽ:|:|:|:::|::::i|
, -‐= 、:l: : : :y': : : :∨∧:\ : : :}|:|:|:::|::::l{
´ ヽ   \: :.\.: : :.∨∧.: : : :.ノ`ヽ:::!::::!\
`ヽ. \  r \: :\:ヽ}::::::}i :<:_: : : }::|:::ハ  ヽ
   \.)′ 、 ヽ:_:>!:::: |i\:_://`ヽ:∧  }





            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )         これから僕のことを"できる夫"って呼んで下さい。
    /     (>)  (●)ヽ
    |    //  、__',_, // | =3      そう呼ばれると、なんだか今より頑張れる気がします。
    \            ,/
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´



           ノ:x:‐――――<_ : : : : : : : : : : : : : : ∧
          〈/ :::::::::/:::/! |::|:::::::::::::ハ::::`<: : : : : :\: : : :}
          /:::::::::::/:::/十ト|:::::::::::::|」_::::|::|`ヽ: : : : ヽ: /
          |:::::::|:::{:::x==ミx∨:::::::::| }:::::::`l::|:::::/\: : : :.〉
          l:l:::::l::::〃んハ ` ∨:::: ィ7云刈:|::/::::/:ヽ: :/
           |:|:::::|::::i| ぅ::::!     ̄ んハ 》.':::::/::::::∨         ……………………
           L! :::L::」 `¨´     弋_ツ /:::::/ }::::::|
.          //:::}::八 ""   '      u /:::::/.ノ:::::::!
        //:::::,'::::::l\   - 、 ""  イ::::/::::::::i:|:::|
          //:::::::}:::::: !: : >。.. _ ...。<:/::::/:::::::::::i:|:::|                 で……できる、夫……?
       //{::::::/::::::: |:\: :.>ヘ<: : :/::::/: : 〉 ::::i:ト::{
      / x:〈://::::::: !: / -- 7: : /::::/: /{:::::::i:| ヾ:.、
     i{ /: : ://::::::::://   --┐:./::::/: : : : :ヽ:::i:|  \
      /: : ://::::::::/:/    --ミ:.,':::::,': : : : :/:\|    ヽ
       |: : 〃,:::::::/: {     r ノ {::::::{>=彡: : : : ヽ     }i
      }: : i{ {:::::::{: ri     /¨´: :.|::::::|: : : : : : : : : : }_ .ノ
      人: :.`:∨:::}∧`ニニア: : : ;ノ|::::::|: : : : : : : : : :.' ̄

983◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:44:46 ID:n4tYWkF20
         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\        はい!
    /   /// __´__ /// \
     |       |r┬ |    |       これから毎日そう呼んで下さいね! ご主人様!
      \       ゙ー'    ,/
      /⌒ヽ         ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |



      /二二ニ : : : : : : : : : : :ニ二{
       .}: : : :_:≦ニ二二二二ニミ:_:.}
      |__/::::::/::::::/::::::||:::::::::: ハ:::::::ヽ
       |::::::::::::{::::::ハ:::‐ナ':::::::: |`!-:::::::}
       |::::::::::::l::::::{ |:::::」|L::::::::」 L:::::: 」
        :::::::::::_:|:::: | x==ミ、   r=ミ.ハ:::!         …………
        } ::::::{ (|:::: | 、、、    、、 {::::|
       .':::::::::ヽ.!:::::|.     、 _ .   人:::|
       /:::::::::::::ハ:::::{> ..  __ . イ:::::::::|
     ./::/:::::::,r..:.Ⅵハ\_,⊥:::ノ}::::::::::|
    /::/:::::::/.: : .:.Ⅵハ: : :/.: :.⌒ヽ::::::|
   ./::/::::;r:':.ヽ: : : :Ⅵハ: : : : : : : :.:/ヽ::|
   /::/::::/ : : : : \:_:.}:::::}: : : : :_彡': : ∧
  ./::/{:::;' .: : : : : :._:.|::::i|`¨7´: : : : : : :∧




















.   /::,::::::::::,::,:::::::::::::::::::::!::::::::::::::|:::::::::::::|::::::::::::::::::::
 /::/:::::::::/:/|::::::::::::::::::::|::::::::::::::|::::::::::::|::::::::::::::::::::::
//:::/ ::::::::::/:/ .|::::::::::::::::::|:L::::::::::」::::::::::::|:::::::::::::::::::::::  ,
/ '/ :::::::::::'::/==|::::::::::::::::::|:::|== .|::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::   -
../ :::::::::::: :/===L|l:!:::::::::::|!::|=u=L::::::::::」:::::::::::::::::::::::::   `
i ::::::::::::::::/.___,リ|:::::::::::!==、_____|:::::::::::::::::::::::::            ……ん?
!/|:/:::::::::| | !)::! =L:::::::」== | !: :::::: : ; |::::::::::::::::::::::::::
 ' /:::::::::i l ノ::ノ ======== | i : ::: : ノ/;::::: :::::::::::::::::::             ご主人様?
  '7::/::::! ` ´ u       ` ー― '/:::: .::::: r‐、:::::
  '7::::::| 、、、          、、、 /::::: .::::::/ソ } :::::
.  /:::::: 人     ┌ -- ┐  u /:::/.:::::/// ::::::
 /::::::::::::::::\    ゝ, -‐⌒ ヽ/:::/::::::/ー ´ ::::::::::
/:::::::::::::::::::::::::`У´: : : : : : : : : ヽ<::::::/.:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽー、.::::::::::::::::::::::::::
::::::: rヘ::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : `: :ヽ::::::::::::::::::::::














.

984◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:45:04 ID:n4tYWkF20


                                            ___
                                           /     \
                                         /         \
                                       /     \ , , /  \
                                        | u    (●)  (●)  |
                                       \         '     /
                                        ノ      ̄ ̄  \
                                      /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
                                      |    l  ( l / / / l
                                       l    l  ヽ       /
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
          僕は強くなった、と過去を振り返るには早過ぎる。ご主人様は常に僕より
            強い魔物と戦い、その陰で僕が守られる日々は今でも変わってない。

                そんな日々もいつか変えていきたいから、毎日を走り続ける。
                 鍛練で身を鍛えるにしても成長の壁を感じることも多いし、
             伸び悩む頃にはいつだって焦燥感で胸がいっぱいになる。
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
            ノ: :二彡:_:_:_:_:_:_:_:_:_: : : : : : \: :.八
           r‐:/::::::::,:::::::::::::::::::::::::`ーミ、:_: : :`ー{
           ∨::::::/::::{:::|::::::::::|::L:::_::::!::::ヽ:::::\: : /
           /::::::::!:::::ハ::|::::::::::|::|!::::::`|:::::::}:::::::::::`!:}
             :::::::::::|:::丈}ハ:::::::::|l:|芹ミ;|:::::::!:::::::::::::f
           .{ハ:::::::!:::|x=ミ!::::::」.ノ b:::::》::::::レ、::::::::::|
            { |::::::ト:::《 b::}    弋ソ|:::::::|`!}:::::::::|
           . L ::」 ∧ ゞ' ,     |:::::::|:ノ::::::::::
              ,/八   、 ノ   .':::::::':::::::::::::::|
          ,-、   //::::::>。、   .. イ::::::ム--、::::::|
      , -'¨ヽ }   //::::::::::::/>‐三≠/:::::/: : : : ノ ヽ|
     r' 、ヽ  >'¨ヽ' .:::::::::::/: : : : : :/:::::/: : : : ': : : : 〉
     .  \ Y_ イ/ l:::::::::::〉: : : : ,: /:::::/: : /: : : :彡': ヽ
     . ヽー'`/  ノ  .!::::::/`ヽ-:': : .,:::::::' : :/: :  ̄:./: : : \
       ゝ-=  '{  r=ミト、 : ー三/:::::/彡': : : : :彡二二ミ: }
       }   ̄ ヽ /  >、:_三{::::::{'_:_:_:三二ニ--―ミ: :ヽ
       |     .〈   '    ヽl::::::|    ⌒ヽ /゚/ \:}
       |     八  .:       |::::::|、 /   /: :(_/    \









         ___
       /      \
      /        \              ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    /     ヽ_    _ノ\                  ご主人様に字を教わり、本を読むようになる。
     |       (●)  (ー) |  __         "勉強"すれば、呪文を使えるようになるかもしれない。
    \ u       / ̄ ̄⌒/⌒   /            そうすれば今より、ご主人様の力になれるはず。
    (⌒      /     /     /      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)


.

985◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:45:19 ID:n4tYWkF20



                              /: :/: : : ;≧r‐'"::::::::ト:::ハ::::::`ーx_: : : {
                               八:,: :' : : :.;/:::_{::_;;ト::::::::| }:!弋::‐:ハハ::`ヽ: )
                                {: : : r":::::{´::∧:八Ⅵ::! リ--Ⅵ::::}::}:::::::\
                               ゞ、/:::{::::::i!Ⅵ≠ミゝヾゝイ示ミ、:」::|ヽ:::::::::ヽ
                          /    /:,:∨:メ 《う::::}    ら:::リ 》::::|::∧:::::::: :.
                          〃    ./::::/:::i:ヾ:::ゝゞ-''   ,  `~´ !:::::i/:::ハ::::::::::!
                        //      八;;_{ ::::!::::::}ヘ.     _ .  u 人::::}::/:::!::::::::八
                       /{::{        ( :_: ̄{::::::{~:.`:-、_ _ _ ..イ;;;;;{:::i!':ム孑": :.(
                       Ⅵ::.      r': : :'":.∨:ハミ:、: : : : :_;_;__;_;r:‐:.ヘ::i!: : :-彡'..:ノ
                        \:ゝ.   r'":7''>、; : i::::::}: : : `:-:、:_: : : : :.-:‐:}::{: :_;_彡'";_〉
                         `ー==≠彡'{  `>{:::::i!_: : : :\:\:_:≠:-:'Ⅵ、:/:_:_:.ヽ.._,
                             /::〃:::ハ/ ::;V::ハ::>‐、_:.ミ:、: : :`≧:<Ⅵ、: : : :_: /
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
              スクルトの呪文を初めて実戦で使い、ご主人様の身を守れた時は、
                    戦闘中だっていうのに胸が躍って仕方がなかった。

     戦う力に乏しい僕が、戦いの場でご主人様の力になれたと強く実感できた記念日だ。
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
           ____
         /     \
        /  ⌒  ⌒ \
      /    (○)  (○) \
       |   、、、  、 ´  、、、 |
        \  u    ̄ ̄   ,/
        /⌒ヽ        ィヽ
        / rー'ゝ       〆ヽ
      /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
      | ヽ〆        |´ |








        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
               やれば、出来る。人間社会ではありふれた言葉だそうだけど、
             これがご主人様に頂いた僕の信条だ。後に出来た妹にその言葉を
                 自慢気に話す自分は、後から客観的に見ると気恥ずかしい。
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
               ____                        ,r' @  o @  ゙ヽ
              /     \                      i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,  Y
               /u _,ノ  ⌒ \                   (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ  l
           l^l^ln  (⌒)  (⌒) \                 (:::::: ,ィ'  ヽ、 (,:...(,::`}
           ヽ   L、、 、 `   、、、 |                     ):: ⌒) (⌒ ) )::::::リ
            ゝ  ノ    ̄ ̄    /                     ((i  r‐ァ ''  ハ::::ハ
          /   /             \                   Y'''f ^'il^''r' 'ノ .:y
         /   /             \                    .,' l  l  { 、
          /     /         -一'''''''ー-、.                  レ! ,ハ  '、〉
       人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))               `l`" `"1


.

986◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:45:36 ID:n4tYWkF20



          / ̄ ̄ ̄\
       /ヽ_    _ノ  \            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      / (●)  (●)  ヽ               自分の力に自信どころか卑屈にすらなっていた自分が
       |     ´     u |`ヽ               ここまで変われたのだ。変えてくれたのはご主人様だ。
   ,ィTl'ヽ\   ̄ ̄     /`ヽー;、               可能性を求めて行動に移り、夢を一歩ずつ叶えて行く
    kヒヒど, ((        (({⌒Yィ 、 ソ                楽しさを知った今の毎日は幸せに満ち溢れている。
      `´ ̄ヽ      ハヽ/`^ー'        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
           ヽ   ` /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /
      〈、    /
       \、__ノ








      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                   自分で自分の身を守れる。誰かを守れる。
                あの頃の自分には夢に描くことすら出来なかった
                  今のこの手に握る力をもっと大きくしたい。
            やれば出来る、出来るはず。そんな誇らしい名前を貰ったのだ。
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
        ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
       。 .  .。    o   .. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
               。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
        。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
           ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
        。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
         .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
        ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
       ゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
        。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚    ,     /     。   .   .
        ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚   /
       ゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .  .  ☆   .  .   。      ゚ .
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                      未だ叶えられない、大きな夢。
                   それに向かってこの身を磨く毎日。
              これを叶える日が来るまで、僕の挑戦は終わらない。
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───









.

987◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:45:49 ID:n4tYWkF20










       ノ: :二彡:_:_:_:_:_:_:_:_:_: : : : : : \: :.八
      r‐:/::::::::,:::::::::::::::::::::::::`ーミ、:_: : :`ー{
      ∨::::::/::::{:::|::::::::::|::L:::_::::!::::ヽ:::::\: : /
      /::::::::!:::::ハ::|::::::::::|::|!::::::`|:::::::}:::::::::::`!:}
        :::::::::::|:::丈}ハ:::::::::|l:|芹ミ;|:::::::!:::::::::::::f
      .{ハ:::::::!:::|x=ミ!::::::」.ノ b:::::》::::::レ、::::::::::|           ……ふうっ。
       { |::::::ト:::《 b::}    弋ソ|:::::::|`!}:::::::::|
      . L:::」 ∧ ゞ'  ,   u |:::::::|:ノ::::::::::         大丈夫ですか? できる夫。
         ,/八   、 ノ   .':::::::':::::::::::::::|
     ,-、   //::::::>。、   .. イ::::::ム--、::::::|            すぐにホイミを……
 , -'¨ヽ }   //::::::::::::/>‐三≠/:::::/: : : : ノ ヽ|
r' 、ヽ  >'¨ヽ' .:::::::::::/: : : : : :/:::::/: : : : ': : : : 〉
.  \ Y_ イ/ l:::::::::::〉: : : : ,: /:::::/: : /: : : :彡': ヽ
. ヽー'`/  ノ  .!::::::/`ヽ-:': : .,:::::::' : :/: :  ̄:./: : : \
  ゝ-=  '{  r=ミト、 : ー三/:::::/彡': : : : :彡二二ミ: }
  }   ̄ ヽ /  >、:_三{::::::{'_:_:_:三二ニ--―ミ: :ヽ



           ____
         /       \
        /   ヽ_    _ノヽ        ……………………
      /    ( ー)  ( ー)'
      |  u         '     |
      \        ̄   ,/             いつか、僕だって……
      /           ヽ



    x':_:_;孑'" ー―彡' : : : : : : : : ;_:}
   ゞ: : : : : : :_:_:x-'": : : : : /: ;_:/:::::ヽ
   { : : : : /: : : : : : : : : :_:x-:":::x弋:::::::ハ
   ヾ ー― ": : : : ; _x-'"::::::::ハ::::ハ::ト、:::::::i
    { : : : : : ;x-'"::/:∧:::ハ::::::}ノ伝ミハ::::::l  ,
     `ー‐'":::{:::::::Ⅵ::'xキミL::ノ !d {:ハ::ノ  -        ――できる夫?
      |:::i::::::∧:::::∧《!::::c}    ゞ'' Y::|  `
      |:::|:::::::::;∨:::∧乂_ソ    ′ ノ:::!
      |:::{:::::::::ゝ∨:::∧ u     。 ∠:::::!
.      ハ八::::/ : : ∨::: >- ... イ八::::::!
    ノ  \:::〉、: : ∨:::∧`ー-": : ヾ:::ハ
     メ" : イ: ヽ: : ∨:::∧ :`¨¨´:ノ: :,ヾ:∧
   / :_:_:/:/\: :`ーヾ;:::::\ : イ: : /}: ヾ::\
   `ヽ: : : : :./!: : : `ー-、:.ヾ:::::∧ーイ/:!:`ー\}

988◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:46:00 ID:n4tYWkF20

            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )
    /     (>)  (●)ヽ           ……いいえ、何でもありません!
    |   u    、__',_,   | =3
    \            ,/         ご主人様のおかげでほら、今日もへっちゃらでした!
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´



: : >'::::/::::::::/::::::::::!:::::::::::::}:::::::::i::::`ヽ: : (
.´:::::::::: ::::::::::::::::-‐┼-::::::::ハ:::::: |::::::::::}\{
:::::::::::: |:::::::::{:::::::::/ |:::::::::://::::::ナ::、:::.'::::ハ
:::::::::::: |:::::::::L::::/ .|::::::://::::::://::::::/::::::: }
::::::: , -!:::::::: 《:/  └‐′  ̄ /:::::::/:::::::::/
:::::::/ /!::::::::::l  _        ̄ く:::::::::/
:::::::!  l:::::::::::! ´ ̄`     -‐ミ .:::::i⌒              ……よかった。
::::::::ヽ l::::::::: |        ′  ハ:::::::!
::::::::::::::{::::::::::{     ー    ノ::::::: {
∨⌒ヽ:::::::::::.>。.    . ≦二ミ: .、
: : : : : :∨::::∧  {`7´::::/::::/:::`>'´:`ー、_
: : : : : : :∨::::∧_!二二二二:r〈: /: : : :.{
: : : : \: :∨::::∧: :`ー‐―彡':} :〈:/: : : : }
: : : : : : :`¨∨::::∧: : : : : : : : : :し{:`ー=ァ :ノ
: : : : : : : : : ∨::::∧二ニ≠: : : : :ヽ : : : : :〉



           , -――― 、
.       / _ノ   ― \
.      /  (⌒)  (⌒)   ヽ            …………
      | ⊂⊃ 、__',_,   ⊂⊃|
     \ ___   __ /
――──(____.)─(___)─ ──  ─

989◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:46:11 ID:n4tYWkF20








          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                ご主人様はいつだって僕達を気遣ってくれる。
                    優しいご主人様、大好きなご主人様。
                そんなあなたに甘えるばかりの自分でない、
                    そんな自分にいつか変わっていきたい。
          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                                       ロ
                                      []
                                   囗   []
                                     ロ ロ
                        , -――― 、          □
                       /  ヽ_   _ノ\    []  ロ
                         /  ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      ロ
                     |  u    ´    |
                     ヽ       ⌒    /      []
                      \_     _/
                      /          \   /⌒ヽ
                     /             \/   /
                   /   |             |      /
                    |    \           |\__/
                   \    ヽ        |
                    \_ノ        |
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                    僕は男の子、ご主人様は女の子だ。
                やがて守られる自分でなく、僕自身の力でご主人様を
                守っていけるよう、僕は変わっていかなくちゃいけない。
              それが僕を、前向きに生きられる一匹のスライムに
              変えてくれたご主人様に報いるため、掲げた僕の到達点。
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───







.

990◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:46:36 ID:n4tYWkF20
         ____
       /     \
      /   ヽ_   _ノ\            ――ご主人様! 今日も一緒に鍛錬しましょう!
    /    (⌒)  (⌒) \
     |       __´___    |        僕だって、ご主人様に負けないぐらい強くなりたいです!
      \       `ー'´  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



      ∨::::::/::::{:::|::::::::::|::L:::_::::!::::ヽ:::::\: : /
      /::::::::!:::::ハ::|::::::::::|::|!::::::`|:::::::}:::::::::::`!:}
        :::::::::::|:::丈}ハ:::::::::|l:|芹ミ;|:::::::!:::::::::::::f
      .{ハ:::::::!:::|x=ミ!::::::」.ノ b:::::》::::::レ、::::::::::|
       { |::::::ト:::《 b::}    弋ソ|:::::::|`!}:::::::::|       今日も張り切ってますね。
      . L ::」 ∧ ゞ' ,     |:::::::|:ノ::::::::::
         ,/八   、 ノ   .':::::::':::::::::::::::|        私も"できる夫"に追い抜かれないよう、頑張らなきゃ……!
     ,-、   //::::::>。、   .. イ::::::ム--、::::::|
 , -'¨ヽ }   //::::::::::::/>‐三≠/:::::/: : : : ノ ヽ|
r' 、ヽ  >'¨ヽ' .:::::::::::/: : : : : :/:::::/: : : : ': : : : 〉
.  \ Y_ イ/ l:::::::::::〉: : : : ,: /:::::/: : /: : : :彡': ヽ
. ヽー'`/  ノ  .!::::::/`ヽ-:': : .,:::::::' : :/: :  ̄:./: : : \
  ゝ-=  '{  r=ミト、 : ー三/:::::/彡': : : : :彡二二ミ: }
  }   ̄ ヽ /  >、:_三{::::::{'_:_:_:三二ニ--―ミ: :ヽ
  |     .〈   '    ヽl::::::|    ⌒ヽ /゚/ \:}















            ───━━━━━━━━━━━━━━───
                            きっと、必ず。
                 待っていて下さいね、ご主人様。
            ───━━━━━━━━━━━━━━───









.

991◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:46:47 ID:n4tYWkF20
これは一匹のスライムが一人の少女と出会い、
今日の決意に至るまでの日々のお話です。

992◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:46:58 ID:n4tYWkF20



    _,,..,,,,_ ___
  // ,' 3  `ヽーっ/\
/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\/     以下、このスレで登場した主要人物の紹介です。
  |            |/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.

993◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:47:20 ID:n4tYWkF20

  , ⌒ハ              ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .:::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ⌒) (⌒::(___
.    ハ:::::ハ ,,  、 _ . リ) )__   )
     ) ) )/⌒,   ノくハ(/  /
    (,(.( '  /  い ノ:::)) /
    ノ/)/  /ヾ ソ ̄(( /
     ,' /  /   Y    Y
     l:  /......    .....  i
     |,/.. ::::::::   ::::: .ノ

【キメラ】 やらない子
テルパドール大陸の砂漠でリュカ達と出会い、旅を共にするようになった。
物憶えがよく、知識の使い方にも秀でており、リュカ達の中では最も頭がよく
聡明だといえる存在である。グランバニアへの道では、複雑な洞窟の道のりを
マッピングしながら進み、リュカ達にとっても大きな助けとなったのが記憶に新しい。
戦闘に転じても回復呪文や間接攻撃の技に長け、白兵戦以外の分野では
幅広く戦い方を選ぶことが出来る柔軟さを持つ。また、パーティの中で唯一
翼を持つため、そういった面でも仲間達に多く貢献しているようだ。

6名無しのやる夫だお2012/09/13(木) 09:10:43 ID:t8iTkIvo0
あれ、できる子はドラキーだから彼女も翼があるんじゃ

11◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 15:32:30 ID:n4tYWkF20
     _,,..,,,,_
   ∩/ ,' 3 `ヽ_       >>6
   ∪l   ⊃ ⌒ヽ        しまった。
      `'ー---‐'') ))
         ヽ //
          ((

995◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:47:56 ID:n4tYWkF20

       /::::::::::::::::::: ::::: :::::: :::: : ::::: ::::::: :: :::',
       |:::::l:::::::|:: : :/:: /::/: :: :: ./::ハ:. :::::: :: :::ヽ
       }:|:::l :::::|::: ::/::::/::/イ : :::/::/ ∨: ::: ::::::トヽ ___
    /|   |:|:::| :::::l: ::/ ::/::/|::|: :::/∠..--ヽ.::::::|< ̄ __`_ヽ.
   / /  |:l:::l: ::::|::/7:/7/十| ::/ 7 ,ィ≦ミ、V:::|::::|\ \::::::\\
 _/ /|│   |:|:::ト.::::レ斤弌fz、リ|::/ /〃トzチタ }:: ,: ::l  ヽ 丶::::::::\\
<_/:::| |   リ}/|::r、ヽ弋ユメ┘ レ {    ̄ /:./::|::|   | |:::::::::::::::\\
 |::::::::l l      j/{ ヽ:ヽ.      ',    /::.ハ :|::|__.」 |::::::::::::::::::::ヽ/
 |::::::::| |\_____|`‐ヽ\    _'__ ∠::イ::∧ト:{   | l:::::::::::::::::::::/
  ',::::::l l        |/l:|、::トヽ  ¨ ニニ ´ イ::::|:/ リ `  │ l::::::::::::::: ::/
  V:::| |      ' リ jノ::/:}>、   /,┴┤     / /:::::::::::::: :/
   V::{ l         V}:'::`ー:≧'-:´:::::::::|      / /::::::::::: ::::/
    ヽ:ヽヽ       /^r‐/ ̄`l‐¬< ̄ ̄ヽ   / /::::::::::: ::::/
     、:\\     rl  |/ l:  | ,  ヽ.    >_./ /::::::::::::::/
     r、:::\\  /l ∨l   |  /    |___ ///:::::::┌_'__
     | \::ヽ ∨  | /: |.  |Dノ /   l  //::::::::::::: ̄:::::└、__
   l ̄:| ト、 \\\.l/  |    /   レ´/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

【ラインハット王子】 ルルーシュ
リュカとの出会いは幼少の頃、故郷のラインハットにて。ラプラスとともに
城に招かれたリュカと仲良くなるが、やがて祖国の陰謀とリュカを取り巻く
魔の宿命に導かれ、魔物に攫われ7年の奴隷生活をリュカと共に暮らす。
祖国を離れた頃は望郷の念も強く、今も祖国に対しての愛国心は強いが、
7年の苦難を共にしたリュカの存在は今の彼にとって、故郷と天秤にかけても
劣らぬほどには親しく、決して失いたくない人の一人なのではないだろうか。

996◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:48:07 ID:n4tYWkF20

        ノ/:::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::ー-:...._〉  \
      |│:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     ヽ
      |│:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      '.
      {└-  _:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j      }
     -='/: : : : /{:丁 :{: :T: ┬:-  __/      ′
     /イ: {: ∧⌒l: ハ: :\{⌒ト:ハ: : : :\     |
      / 人ハ/ イ卞iト  \{ ィァ=ミj/∨ : ト:>   j
     {/  Y } 弋)ソ      ん刃ハレヘ:∨     /
.     {   | j    ,     ゞ.ン 〃:{V    ∧
     、   |人             /:.:厶     │
.       \ |i : \  ` ー    /: :/_人       |
.      `|i: : : : > ,__.. -=彡':/:::/ 〉      |
       ヾ;. :_:r-、:〈/: : : : :/::::::/        }
.       /「 /j__ノァレ-=ニ二  ̄/          ,′
.       { ト┘ ∧       /        ∧
        トイ__,/       {        / ハ
       7´ ̄入  、     i            |
       /::::/ 八  ヽ.   |        {    |
.      /::::/  〃{ ヘ.   \  |              |

【サラボナの賢商】 インデックス
娘の結婚式の参列を一般の民にも開き、それに参加したリュカと出会う。
大富豪の器と呼ばれて相応しいほどには気前もよく、心から気に入った
相手には、お金も労力も惜しまず手を差し伸べる器量を持っている。
記憶力においては天賦の才に恵まれ、その頭には膨大な知識が詰まっており、
その経験と知恵を武器に、多くの実績と富を築いた実力者である。
日頃は温厚で優しい女性だが、本気で怒らせると実はちょっと大変なことになる。

997◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:48:24 ID:n4tYWkF20

        /.: .: .: .: .:/: :/: : : : : : : : : /.:. .: .:/ : : : : : : : : : ‘, : : : \
.       / : : : : :/: :/.: .: : :/.: .: .:./: : : : : /.: .: .: .: : : : : : : : ‘: : :. :. :.ヽ
     .′: : : :/: : :/.: :,.: .: :/、: : :/.: .: : : : :/: : :/.: .: : : : : : : : : :i: : : : :. :.‘,
.    i : : //://.: :/.: .:./.: ://.: : :.. ´/: : :/.: : : : : : : : :/: : :|: :. :. :. :. :.‘,
.    |: ,:': :/'"{/.: :/.:. .:.:i,.ィr==ミ'く  ./://.: : : : : : : : :/.:.:.:./ i: : : : ‘,:. :‘
.    |/ i: : { /.: :イi: : : :i| .んハrヘ\/'" ./.: : : : : : : : :/.:.:/.: :|: :│: :‘.:.:.:|
        |: : ∨/}从: : :.i| 戈辷夕^ヽ`ー/.: .: : :/.:.:/:/ /: : :|: :│: : :i、:|
        |: :,/:、V ‘、:.i|  `¨¨ヽ   ./__彡イニ=彡イ.:.:./ : : /: : :|: .: .:|‘,:|
        |/: : : :`7   \|            んハ,∧ |: ,:′.:./: : : :|: .: │‘|
    _/.:_.:/l/:::.      へ、        戈タ ,ノ,ノイ.: : :厶、.:.:/|: .: │ :|
.     . -‐…・…‐- . /   \      l     /.: : : :/   ∨│ : / ,ノ
.               \.     \   ノ ____彡: : ://   /  |: :/
                  ヽ       >   ⌒ア⌒ア^/   /   .|:/
.                  ‘,、____/   . イ /:/    ‐-ミ ,ノ′
.                  ‘,   .       /'"/  /     \
.                  ‘¨¨´         /   /   、    \
                   i         i  ./ ̄ ̄ ̄\     }
                   |         | ∧          /

【猟師】 前原圭一
幼い頃、6歳のリュカと出会った。年齢はリュカよりも2つ年上。
やんちゃでわんぱくだった幼少時と心根は変わらず、今も童心を忘れぬ
生き様をしているが、一方で強い芯を持って何事にも取り組めるその
熱血漢ぶりは、婚約者が認め手を繋ごうと決心したほどの彼の魅力である。
並の魔物なら撃退できるほどには戦闘能力にも優れ、呪文もいくつか扱うため、
そろそろ山奥の村雛見沢では、村の筆頭と呼べるほどの猟師になりつつある。

998◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:48:35 ID:n4tYWkF20

        ',.::::::! !     / /.:::/
        ',:::::| |   ../ /:::/
         ',:::| |_ / /.::/
         ヽ!「 _ __V ./::/
          ',」 ___,)  レく
        "´ V      `ヽ
             ! , '      ヽ
          ! ' ,.ィ        ミ
           ',  `"  ,.  -‐┼ '
           /    ィ´,.  -‐十 ''
          〈    ノ´   ,. イ ')ヽ
           `ーく_   ,.イ ´   / ',-、,,,_
            _//`y'´    / .',  .`',:=‐‐ー-:、
         __,,,.-‐'/ ,:',  .i___:::', ,:,:'_  /  /     .i
       ,.:' /  ,...!'..' .ヽ,_l゙ .!,'__!./ `">   .i        |
      ,:' /.  ,' r'r‐:、 |''i,__r:|:/  /    l        ',
      r'  .,'  l `/、 Y.| ,-l,.|'  /     |        l

【グランバニア先代国王】 ラプラス
リュカの父親であり、伝説の勇者の血を引くグランバニアの国王だった存在。
戦闘能力に非常に長け、数多くの呪文を扱い、国政を上手く回す手腕に優れ、
人柄もよく誠実で、でもつまみ食いが好きな程度にはいたずら心も持ち、
一方子供の躾にも厳しい一方その裏は愛に溢れ、おまけに嫁さんも可愛いし、
多くの国民に強く支持されたのも納得千万の、とっても凄い人だった模様。
彼の遺品である美しい宝玉は、今もリュカにとって大切な宝物である。

999◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:49:11 ID:n4tYWkF20

          |\    ___                    __
          |  \∠ _:. :. :. \                     /   /
          |  >:':.  ̄ ̄:.ヽ、:. :ヽ.             /     /
             j/:. :._:. :.--:. 、:. :. ヽ:. :.ー:. :.‐:.- 、      /       /
         /:., .: ¨:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : \   /  /  /
          /:/  :. :. /:. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ヽ j /  /
        j〃    / :./:. :. /:/:. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :ヾム.≦ _
        l   :. : , ' :. /:. :. . /. ./. ./.. ..j  i   ヽヽ  : : マj- _:. :. \
       /| :. :. / :. :/:{:. ; 斗:.十-j:、:. ハ:. , r‐-:.、!:.',:. :, :. } \  ヽ:. :. \
      /:. :.|:. :. :/l:. :. :,':. l:/ :/l: /l:. ∧:..l ヽ: l \::.iヽ}:. :.',: lヽ \. \:. :. \
    /: .:.:.:.∧:. :.l ハ:. :.lヽ:jl:. :.l l/ .j:/_ ヽj  ヽ!__ ',l:. l:. :. l:.j ヽ  ヽ   \:. :. ヽ
    /:. :. :./ ヽ:.j |.ム:. |,:. :.>、:j_r==ミ     z==.、j:./:. :.//\   l    ',:. :. :.',
.   {:. :. :./    レヘ:.!ヽ/: ハ´             ヽ/:. :〃  \  |    . l:. :. : :l
    .j:. :. :.l       `j l:. :i:ハ      _' _    ∠: イl     \j    j:. :.:.:.:.|
    l:. :. ハ           |:. l:小、   l    〉     /:. //            /:. :. :. :l
    ヽ:. :. ヽ          |:. l: |. 丶、 ヽ._ ノ   イ:. ,:./        _/:. :. :. :/
     \:_:, ゝ      ヽ l: |__ェ=i> _-_ <i=/:. :/         ̄フ:. :. :./
                ヽj  ̄ ̄ ̄   ̄ ¨/:./7       ∠  -
               ィ7.ゝ- 、   z― ,〃=く
             /// ヽ二ヽ  z― 、//  _ ヽ
           ,r≠ ┴'、     /   〈∠, /   ¨ マヽ

【グランバニア先代国王の娘】 リュカ
リュカが9歳の時の姿である。どこがどうしてああなった。
人格者であった父の教えをしっかりと心に刻み、素直で優しい女の子として
その半生を生きてきた。父親のことを誰よりも尊敬していたし、彼が無残に
世を去った時のショックは想像を絶するものだったに違いないが、それを超え
今も強く生きている彼女の姿に、父の強さは受け継がれていると言えるだろう。
唯一父に不満があるとしたらあの(もふもふした)毛深さであり、その血を引いた
自分もいつかあんなんになるんじゃないかと、この年頃まではずっと不安だったそうな。

17名無しのやる夫だお2012/09/13(木) 21:51:06 ID:MP1iHAe20
毛深いってレベルじゃねーぞw

1000◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:49:33 ID:n4tYWkF20
バックナンバーです。

第8話  サラボナ・賢商インデックスとの出会い  ~誰もが夢見るそんな未来~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/88-210
第9話  山奥の村・幼馴染の前原圭一との再会  ~俺の私の大切な人~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/263-361
第10話 テルパドール・やらない子との出会い  ~はぐれキメラとの知恵比べ~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/383-486
第11話 ネッド・幼きリュカと父ラプラスとの追憶  ~今の日々、かつての日々~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/510-634
第12話 グランバニアへの道・父を失ったリュカの過去  ~失った家族、今ある家族~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/661-771
第13話 グランバニア①・ラーの鏡とリュカ  ~そこにいる私は私じゃない~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/804-911
番外編 リュカとスライムが出会った頃の物語  ~いつか、やがて、きっと~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/951-991
主要登場人物紹介
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/994-999





              。・゚・⌒)
     _,,..,,,,_  ,.rぅ━ヽニニフ ))     次スレですよ~。
    / ,' 3  ` 丿      彡
    l   ⊃ ⌒_つ                 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1347482038/
     `'ー---‐'''''"

.

1◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:33:58 ID:n4tYWkF20
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::γ'"~~"'丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,i'  ,' 3    ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;,-~""";;;'''-;;;;__::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、    ,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(,.,;.,~-ー''''~ ̄:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ーー'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
''''-,,、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
-ー'""::::::::::::::::::::::::::::::::::::,;´""'';,, ,,,`,-;;ー,,,,,__,;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'''''-ー''"""''-ーー''~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,-"""~"''- ,,  ,,,,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミミミ:::::::::::::::::::
::::::::::::;;:::;:;;::;;:::::::::::::::::,,, -'"    ; ; ;,,-''"  ~"''- ,,,,_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ミミ::::::
__,,,, -(;);)(;);;)--'''""~               ; ; ; ;~'''-- ,,,,,,,, -'''''"ミミ~'⌒ヽ ,,,::ヽ::
    (;,(;,(;,(;,)     ; ; ; ; ; ; ; ; , , ,                    ⌒ヽ ⌒ヽ; ⌒
"''"''"ii:ii:ii::ii''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''ミミヽミミ'')"''"
",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';"`'l;",ミ'|;"ヽ
",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",'; \ヽ , '`i\ヽiヽ``

さすらいの旅人リュカと七匹の可愛い魔物の仲間達でお贈りする、
原作『ドラゴンクエストⅤ』の世界観をお借りした二次創作スレです。
近況報告としては、>>1がなんとなく禁煙を始めました。


【まとめて頂いているサイト】
 Apple‐Polishing Articles様:http://applepolishing.blog.fc2.com/


【過去スレ】
 #リュカQuest (豪快にスレタイを間違えた1スレ目)
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1343645151/
 【DQ5】魔物使いのリュカとブラウニーのやる夫【2スレ目】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/

2名無しのやる夫だお2012/09/13(木) 05:35:51 ID:auA6EBag0
スレ立て乙。
真紅さんの正体がマジ気になるわー

4名無しのやる夫だお2012/09/13(木) 07:13:54 ID:k7kscaPc0
たて乙ですー。

できる夫も男の子じゃのう。

9名無しのやる夫だお2012/09/13(木) 14:23:16 ID:ZqyVlaiw0
スレ立て乙です

できる夫いいなあ。

10名無しのやる夫だお2012/09/13(木) 14:29:00 ID:Z7UwgB020
スレ立て乙
>>1は毎度毎度謎の時間帯に投下するなwww

12名無しのやる夫だお2012/09/13(木) 18:07:27 ID:w2p7JriA0
スライムはどこまでも強くなれるんだぜ!

13名無しのやる夫だお2012/09/13(木) 19:29:10 ID:eaofz9Kc0
女の子の服を溶かしたりな!

現行スレ:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1347482038/
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

これは灼熱の炎使うタイプですわ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://applepolishing.blog.fc2.com/tb.php/723-77335d45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ryokusai

Author:ryokusai
正直見づらいので自前のスタイルシートを用意した上で閲覧されることを推奨いたします。
ウィルコムから光回線に乗り換へましたがやつぱり更新の頻度と量は期待しないでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
2ch (18)
やる夫スレ (1178)
いけない!ルカ先生 (29)
炎の記憶 (70)
ドクオの失われた絶対時間 (12)
チャージマンできる夫! (10)
替天行道の書が天下を動かすようです (166)
短編・チラシの裏等 (53)
やる夫は例大祭に参加するようです (4)
やる夫は君子を全うするようです (2)
やる夫は女子中学生と許嫁になったようです (26)
やる夫とタンポポと恋 (12)
やる夫がハゲの借金王になるようです。 (13)
やる夫がドラゴンクエスト5の勇者?になるようです (29)
やる夫が課金兵になるようです (9)
やる夫が艦隊これくしょんを始めるようです (17)
やる夫が艦娘たちと戦うようです (30)
やる夫が第一人者になるようです (21)
やる夫がお絵かきするようです (9)
やる夫がモバマスを始めるようです (25)
やる夫達の村に羆嵐が吹くようです。 (7)
やる夫でドラクエ5っぽいのやるよ (74)
やる夫で戦うドラクエ6 (61)
やる夫で学ぶ甘粕正彦 (3)
やらない夫は祖国統一のためには手段を選ばないようです (5)
やらない夫は宇宙移民の指導者に選ばれたようです (19)
やらない夫は週刊誌記者のようです (14)
やらない夫と惑星のさみだれ (54)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (6)
やらない夫が竹中半兵衛になるようです (29)
やらない夫たちでやる「まんがで読破 水滸伝」 (19)
やらない夫deドラクエ5~やらない夫は魔物使いになる様です~ (45)
やらない夫de幻影都市 (48)
魔物使いのリュカとブラウニーのやる夫 (47)
できる夫はユキが好きなようです (2)
ありふれた御伽噺 (15)
暁美ほむらが魔法少女になる様です (4)
黄色い小鳥と秋空と。 (13)
真紅の茶席に奇客が集うようです (18)
新選組列剣伝 (132)
水銀燈は花街の頂点に立つようです (18)
ストレンジライフス (8)
このブログについて (1)
一般の方へ (1)
企業の方へ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。