FC2ブログ

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔物使いのリュカとブラウニーのやる夫 番外編 【たとえ遠く離れても】

951◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:36:10 ID:HeuOEacQ0



                                           , r '_´丶
                                      , r'´' ´ j ,'
                                         / '  , -.//-,            _
     ,A- 、                          /   / ', ', 'j .j            /./ヽ_ ,、
.    <  .ヽ  `丶 、                       /   /   ,.','___j ,'          _ ,ゝ‐' ´ / ヽ
     ヽ  '- 、    .`丶,-- .、_               /  ./   , //-‐ノノ ゙,   _, .---、' ._, --、 ,'  /
       ヽ__  丶 .'、ヽ、 ヽ', 、、.V,''''''.、,----, ,---,./ __ .// r‐.//'lj j ̄´/. .n  .,'r './  / V . ./
        \  ',  .', .',  .', `.' ノ.', ヘ.',.', .n__', .n l.l ',l .l /.i l/, ' / 丿ニ/ < --' , '/ / /ヽ, '
.           ',  .' ,  .', ',  .',  .n ヽ,' L,.',', .l , .ll .l.l .l.l  /'l ll / ,i / /_l ゝ'i  ,'τ' / ./ /
          ', .,ヘ   `-'  .ノ', .',', .',l ri__', _ノー-.',l/__l !_./ 、_/ / ‐‐,' '' / / /ヽ / /
           <  ',  _, --'/ ./'''/'''/ ̄./ /  jl /n l', l/r'/ ',/ / ̄ ‐' '---'  .j./, r ' ヽ./
           ', /´ / _ノ .ヽ- ''-.'--//フ/‐ / /¨ ` //.l / ──-、'、_  ノ',´   /
               レ -' `.´       l ',r───コ ./  r──‐コ        ´  ヽ./
                          >‐ ' ',   .', ´/  フ' /´
                       ,' ',//_ゝ   ',   // ./
                          丶__, -‐ ',   ',/ / ./
                       / l    _',   ', / ./
                       ', 丶-‐ ',- ',   ' /
                        `ー' ´   ',  /
                                  ',_/

   ───────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───────

                              ~ 番外編 ~

                               【たとえ遠く離れても】

   ───────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───────




.

952◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:36:36 ID:HeuOEacQ0



           //. : : : : :.`ヽ、      /
          /:〃. : / :/ィ´{:.:ハ:`ヽ     /
         .イ: :':/∠:_: ィ =ミ、メ /ィ: : .ヽ、/
   . -ァ:.´{   |: :/′   {{ /:7ヽ`7 :/. :! {
'´   /.: :ノ`  |: ′     ヽ{ツ′ /:イ : 人{      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
. / ><     | l            { //  `              先立った夫が私に遺してくれたものの中で
'´| ̄ヽ ∧   } |            ヽ'                 最も大切なものを挙げるとするならば、
 }   ∧ ∧ ,' ,'     __   r ´                    迷わずこれだと言えるものが2つある。
./∨  ∧ ∧|: ト、       __` '                ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
′ V   }  l! :lヽ>.. _/
   }   !   , : | }⌒|: ヽ
   }   !  ,'. : !    !: : l
   }   ,′/ . : |    |: : |
   }  , /}: : : :|   イ: : |





                        イ /.: : : : :{: : .{:/ミ∨彡.i.: .!: :.!: : ', : : : :.
                      _..イ: :/ : : : : , i!: : :i!     j!:/ : :!ヾ : : : : : : .
                     ̄〃 /.:.: : ,': :j!:ト; :.:..!  __/イ.;イノ、:リ : : : : : : :
                      / i! : : : : :!: :i!;竓ヒ、:{ ´  /_≦_i!`:}': : :! : : : j!:
                     .iメ.l: : ! : : :!:/ムィ、ヽミx   ´て::::らソ: : :i: :i!: :リ′
                      !トl: : i: : : j!: :{!〈{::心 `     辷_ノ/: : ノ; j': /i!
                        '.: i!: : : iト:.` ヾ__J 、      ,厶イ: : /〃リ
                        ':!ト : 、 !、: ,:ヽ     _  ,.   ,イ リ: :/ ̄ ̄i ̄ ̄ `ヽ----、
                        ヽ丶メハハメ:ゝ . _    //::/ノi!、    l      `ヾ  l
                          ヾ }: : : : :イ^j/ `τ___/:ノ′   、 l      }::..  l
                          ノ'j!: : イ^' {′ ,ゝ7l{、  ̄`ゝ、__ ヽi! :::..  ...::::::/  }
                          ′/ト、:ハ      //^ヾヘヽ    .}`ヽゝ_::::::::::::::::/...:::ノ
                             メ、リ ハ ヽ ././  }、:! 丶   { .> ー‐` 、;;::::.イ/〉
    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                        あの人との間に生まれた二人の娘。
           二人がいるから私は、あの人を失った後もここまで来られたと思っている。
    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
          i: : :i \}: :/: : : |i: : : i: :|: : : }: : :|i i : } Ⅵ: }い
          |: : :|: : | : ′: : :||: : : |: :| : : | : : 川:斗- {:|: |i : i
          |: : :|: : |: :i : : :从'⌒:T: :i: : リ: :/|;リi:ノ  .i:i: || : |
         i: : :|: : |: :|: : : :ト、}\j {ハ;/|i:/,ノ ,ィ爪ヽ片从八
.          !: い : |: 从: :い爪¨汽ヽ、.レ'  {っュリ '{':〃/  ヽ
           !i{ :ヽい}∧: i {ト,っ弌}     弋ソ .i/:レ':{
.          !:!|: : : \〈'ヘ{、:j气..ン     、  ""片| : ト,
            い: : : : : iミ^>、 ""       ,   ,〃::|:! : い
          }ハ: : i : |,イ/  \    `¨   . <=ミ :!从:|
          |: ∧: | :/八    `> .  _, イヽ ヽ `Tい
          |/ヽヽ;/   \___,人    ! ‘,  ∨ | Ⅶ
          ′/`ヽ.         |{ \ |  r 、 ∨} ‘,
           /⌒ヽ `\        い_,ハ},, ヽ. \Ⅵ   ',
        .〃    \ ヽ、.___,,,ノ廴L(`ー‐一:.、 \  ∧
        //^⌒ヽ   ヽ ‘,    《   { `irー‐ 、  ` ̄`ヽ


.

953◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:36:52 ID:HeuOEacQ0



   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
             次女の美琴が1歳の頃に私の夫はこの世を去った。
            父を失ったことの意味も知らない美琴を抱きかかえながら
         涙をこらえられない私を、当時4歳だったレナが慰めてくれた。
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
            : : : : : : : : : : : : : : : : ::/   /:|   |    o         |
            _____: : : : : : : : : : : :'    / rj  |   ゚ 。         !
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ´    /ー |  |        _ ィ ,
                              /ー‐┤  | u       ( .:::/ /
            ー ── 一         /: /   |  |             /
                        /: /ヽ |  ト .        /
                       /:_-イ\ ヽ|  | イ 丁  ̄
                ..- ァ― ''´イ' |!'、 \!   |):::〉:  |
                ′ /: ー …|  | | \ |   |::/| |
             /  '   ̄ ̄弋 ノノー一 -   !' :. | |
                /                   ヽ|::::: | ├― 、
               ′. . . . . . . .            :_}__| |   |
              /: : : : : : : : : : : : : . .     γ    ̄ ヽ.  |





   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
              「お母さん、泣かないで」と目に涙をためて訴えかけてくる
              長女をもう一つの腕に抱き、強くあるべき自分の姿を
         何度も何度も思い返した。たとえあの人に二度と会えなくても、
           私はこの子達を幸せにしてあげなくてはいけないのだから。
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
             \_                         /        /
               \_                    /         /
                 \                   /        /
                  \               /         /
                     \_               /        /
        \_             \___        _/        /
          \_               `ー- 、/          /
            \_                /          /
              \              ヽ    /    |
                `ヽ              \_ /       /
                  \                 ヽ_      /
                   `v-、            /    /
                   〈  〉__          /ヽ  /
                    ̄〈   `ヽ       |   ,イ
                      `ー--く      ゝ一' ノ
                       (   ヽ---――ー'´
                        ヽ-'


.

954◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:37:10 ID:HeuOEacQ0



          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                    幼くして父を亡くした二人が、自身の境遇を
                        どう思っていたのかは計り知れない。
                    少なくとも私は両親のことが大好きだった。
               両親が他界した時、私はもう成人していたというのに
                  泣きじゃくるばかりで耐えられなかった記憶がある。
          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                   | .八! ハ            。゚ | |.∧
                   |/   !.八   ′      人 | |:∧
                   |  rf《》_ > .  ⌒   . イ./ ! !  }
                   |  i!_i!| |___,. `>, .. < / | :!人 /
                   |  l‐┐r‐┘  | {(_j _./    ! !  {
                   | _j!i!.! |   _j 「ヽ/   /| |  \
                   八に{/_ ̄_〉(a{ ̄ ̄_}ヽ/   !.!  _」 `ー、
                    |  V -`ー 、\ / ̄ー '    (|「 X_|   |
                     /  / -―‐‐r'ヽ.\ヽ/      |ト、 〉ヽ\ |
                 // _/ -―<´ヽ   /- 〉    i  /i! `ー' ヽV!
                // / |  ´〈「ヽ_〉   //     レ'/  |!    ハヘ
               / j/  \  ヽ、  ,. イ{      !/ /:|ヽ    |  i∧
               レ'/  ヽ /`ー∧    V       V   | i   !  |∧
                 // 二//    / ∧    !\   //  | |  /   !∧
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
             死の意味を深く知らない娘達が涙を流す時間は短かった。
                 同時に、涙に代わり父から得られたはずの多くの愛情を
                 その身に受けずに育たなくてはならなかった二人。
                    それでも二人は強く、たくましく育ってくれた。
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

955◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:37:28 ID:HeuOEacQ0



                        ┼
                        |              ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                    /  ̄/ ̄ \              ロベルト家の習わしに則り、二人はやがて
                   ∠. --┬-- ..,,\                修道院に行く。かつて私がそうだったように、
                  /|      i    i i ヽ,             修道院の教えを身に受け新たな人生観を
                  }::::i      i    i i  {                自分なりに見つけるのだ。
                  }::::i____l]____i_   ,,....!、! l]..{     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
               f'''''""゙ -‐―- 、    }{ ヽ、 i__,,,..._
               i f'"´ ̄i ̄ ̄i`'i  YY-´‐_――‐‐ ヽ
            r――| | i 0 |  ,. '"ニニ二二ィ'´ ̄  i {
         r―┴―i'''"゙i i r, .|   ,.r‐、      |  O  .i |ヽ、
         |     |r⌒i i |:|..|   |;;;;;;;|  _    !     .i |  `!
         |_  l].,.,..ヘ;::;!,.!_,. .,_!,..;';゙・;゙;';{  |:|   |   r,  i |  |
  r‐‐ '''''""゙´ ̄Y゙ヽ,.f   __  .___V;.;';'f;:'’;'},,.. |:|   |  .|:|  i |  | ,.,.,、
  }    ,;'゙;":.゙;;';, l:l `} f:::i Y l:::::l:;'・;;';,;';:;';'ミ;'.;ヽ   |  `  i |  |';゙:.;':;:゙:';;、
  {   ;'゙;:;゙;;゙;:';:.;.r '''''''' "" "゙゙   {;:'::。';,:;;';;'`}:.:,;’;;}、,._,, !...,,.___ } |  |:;':゙;::.;;:.';;:;'.,





/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:l:.:.l    l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:',:.:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.il:.:.:.:.:il:.:.l   _l__/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:l
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l l_:.-‐:.T !:.:.:.:l !:.l    /:/:.`ヽ、/:.:.:.;.:.:.:.:.l:.:.:.:.!
:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:, ィ´l:.:.:.:.:.:l ';.:.:.l '; l    /〃:.:.:.:.; 'l:.:.:./:.:.:.:.:l:.:.:.:.l
:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:/:.:l  ヽ:.:.:.:!  ';.:.l ',l  //:.:.:_:/ l:.:./:.:.:.:.:.l:.:.:.:.'
V:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:';.:.:.:.l   _ゝ-l.-、 \'、  ∠-二___  .l /:.:.:.:.:./l:.:./      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━───
:.';.:.:.:';.:.:.:.:.:.:.:.:';.:.:.l   , ‐ニゞニ  ヾ、   ' -― ミ、レ:.:.:.:.:./y:.:/               長女のレナはかっとしやすい性分で、
:.:.ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.! ィ/        、      ノ:.:.:.:/V:.イ                 嫌なことがあるとよく暴れたらしい。
:.:.:.:.\ヾ 、:.:.:.:.:.ヾヽ   u               ∠ ィヘ´:.:.:.イ:.:i               修道院の方々にも相当、かなり相当
、:.:l:.:.:l/ヾミヽ、:.:.:.:ヘ \      /` ー‐<!     !' ';.:.:.:.:.!:.:.!             手を焼かせたらしく、今も修道院に
|l:.:.:l:.:ll:.:.:ヽ、`iヽ、ヽ`     {: : : : : : : l    ノ:.:.:.';.:.:.:.:l:.:.l             顔を出すのは少し気恥ずかしいそうだ。
|li:.:.:!:.:ll:.:..:.:.:i`iπヘミ      ヽ、: : _ ノ  , '、:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.!:.:.l     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━───
|'ヽ:.:!:.ll:.:.:.:.:.:!:.:l:.:ト、:.:i `ヽ 、     ̄  , <:.:.:ヽ:ヽ:.:.:.:ト:.:.:.:ll:.:.!
. !' ヽ:.!:ll:.:.:.:.:.:l:.:.!, ‐‐┤   ` ー- - 7   `ヽ、i:.:ヽ:.:.:! ';.:.:!l:.:l
_ - ‐ ヾ ヽ:.:.:.:.:!:.:l  ヽ        ト 、     ヽト、:.! .l:.:l l:.l
      ヽi:.:l i:.l   ハ        l、 \    __V l:/ l:.l


.

956◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:37:47 ID:HeuOEacQ0



     / : /: : : : /: /:./:!: : : :./: : : :/: :! : | \ : : : : : ヽ
     ,′/: : :|: /: /-/:十-、:/: : : :/:-┼: |、  ゝ : ヽ: : i
     |: :i: : : :| :| / /|: /!: : /: ://: : /|: / ヽ ミ : : |: : |
     |: :|: :i : | :|:|_ムイ ! :// /.: :/ |/   ヽ.ミ\|: : |     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     |: :|: :i : |八  ィ≠=ミ   /:/´ ,ィ=≠ミ  .}ヽ∨: : |            次女の美琴は表面上は優等生だが、
    │ |: :i :∧ハ 弋てソ  /    弋てソ  ル∨: : : !                   その実かなりのイタズラ好きで、
     ∨|: :i∧小   ー    ′    ー  ('^ハ: : : : |               覚えた呪文でかなりワルさしてたらしい。
      ヽ| 八(∧ゝ  、、、、        、、、、 ノ⌒)ノ : : : |            思いついたイタズラは片っ端から実行し、
      |: i :\.ヘ、    、__,、__,    u  ^´/: : : :i: |              向こうの人も日々参っていたとのこと。
      |: i: : /: ̄\_             /i⌒´i : : : : !│     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      |: i: :,': : i : :( \      . ィ : : i: : : ! : /: :.i八
        ,: :|: |: :.:.i : :.iヽ ヽ>‐  ´  ト、: |: : i: ∨: : /:iハ
      ./ :ノ:│: :.|: : :| ∧ Y_  r‐、ノ \{: : |.:/{: : :{ノ/ \
     // i八: : {ヽ/ } ト、/ヽノ    〉、∧八 : :∨
   / r┬'─ヘ{'〈   j  /  ヘ〉   /|:::`ー∨\: ヽ、
     ./|:::!:::::::::::::::::::|\ 〈  /厂 〕  //|:::::::::::::::::::::`ヽ\





            /      |            \},/
.          ,′    |     ___        |!
         j  ┛┗  ̄了´ /レj: / 「、¨T メ、 l|
           l , ┓┏.; :/厶匕_|:/|/ j从`ト|-!∨|
          |/   レイV __ ::::::::::: __, j∧}\     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
.         /    /| :| '弋):ン ::::::::: 弋):ソ/: リ. |          話を伺うたび修道院の方々には頭を下げてばかり。
.       |  ,   人| :| u      '    ! :| |         誇張抜きであの二人には100回以上恥をかかされた。
.        j/    /:.!:| :ト、     、 _ .   . ': : | │
.     /    /: :r'| :l;/> . _  n   イi: : : | │              修道院で二人と顔を合わせる機会があれば、
     /      /: :∧| :| \,_>f. |´ : :i i: : : | │            開口一番に説教から始まった日がほとんどだ。
.    /     /:/{ | :|.     ̄{. {'7<:j: : :│ヽ|               我ながら、怖いお母さんをやってたと思う。
   /      /'´__|_:|\__ ∠゙ヽ`{  \ :│ ヽ.    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
.  /     /   、ー‐く|  \{-   Y   ∧ |
  /     / 、 j j_ノつ_:|\  ‘ヘ     l_∨ } |   │
 /    x=/ー'7 ̄ |  | :|  ヽ/ j\  ∨ ヽ|│   |
./   〃i/  ∧   j/ | :|   ∧ ┼,∧   l  ハ|    |
|   {{ i  ,' /l  /'  | :|  / 〉r'´| \/ / ∧   ,'
|\__/l| |  !/'!|∨ / | :|_,/ / l| |   / / / ハ__,/


.

957◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:38:03 ID:HeuOEacQ0



    /: : : :. : : : : : ,: :,、 /:、: !: : : : : : : : : : : ヽ
   ,イ /.: : : : : : :.,: |: i``´´Ⅶ : : : : : 、: : : : : :
  /: ;イ: : : : :.!: j: : :|!j!::| ___!_|!: : : : : :l!: : : : : :
  /,イ,': : : : : :l!:/i!: ::l:!ヾ!´   iハ:` : : : : l!: : : : : :      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
.ノ' ,: ,: : : : : :lム-゙、::i!|! ` ,ャテ气ヾ: :!: : :l: : : : : :                      やがて長女のレナが一足先に
   l: l: : : : :´l!.x=、゙、!   什  ゚;l!:/: : :, : : : : : :                    ルドルフ家に帰ってくる。幼少の頃の
   l::l: : :、: : z'㌣゚i `    ゞ=''イィ: : : /: : :/: ! :                 角の立つ性格も随分と丸みを帯び、
   .l:ト : : ヽ:ハ 辷ノ          '/: : :/: : :/ !:从             強さと共に優しさを胸に抱いた子になっていた。
   i! ゙、: : !ヽ:ヽ.  ‘    ,  /::,ィ/:: : /: ノハi!ノ      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      ト i!、ハー`   ー    ./イ::/: : :/ /、/ ''
     ノ :リ::ヽゝ.       ...::::j/: .,イ/´  ̄ヽ
    /: : x ´; : : : `. - .. イ :l!:/!::/-‐─ 、
   /: ::/j : /!: : :/j/i!ノ ヾl  :i/ /l/
  ./ / / / ノ:/  '  ノ.j / ./
  .!/   i / "     /// .,イ
  .!     i!        ノ-‘-/ / l





           ′   /              `、
        .    {`¬ァ─-    ______} i
        i    |_/ ※:/        丨|
        |    |   /         ,※}│
        |    厶< ,_____/____/__,厶j
        ∨   / // /┼i+i  i‐l┼   ∨       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
         /   /ィ爪厶弌j厶|  |ィ弌从i ト{                 長女の彼女が家督を継ぐことは初めから
       /    /7i { ヒr'ソ    Vr'ソ }|ハi从               決めていたことだった。美琴がそれを継ぎたいと
       .′   { { | '、      ,     ノ∨  i            言いだしたら話はややこしくなるけど、そこはまあ
          /i\  \ ー ‐  / ,ノ  |               上手く丸める自信があったし、懸念はなかった。
     .       {__厶,   {≧==ァ'´ _/}/  |       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     i       /\_/   /   ∧  マ《    |
     |     ∧   \_∧==='==ヘ   Vヘ   |
     |/   /  ヽ   ヽ }__/{{___}}ム/ ∧ |
.      〈   〈     \  \  /{/  /  ', |
     |\/ \_/|  \  V / __/ _j |
     |   |   |  l.     \ Y /   {  K}


.

958◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:38:17 ID:HeuOEacQ0



         /        ,'/   て/_ /⌒)    |イ!
        ′       j-‐ニ : ̄; : j: : : : ; ̄ 7 t- _イ)| !
        ′       ィ´: : : : : :/〉_ム:_:_:/}: ;ィ:{  !: : :`:ミ. ム_
      ,′     ´7; : : : ; : 77: / L/_ 「/ l!' ├- 、: :ヽ T´
      {       //i: : /ィ!:/ ィ-rfvミメノ  !  !__l:.,!: ; :ト、!
      !       レ j: /: ! " {{ んrチ:} `    ィムノl: ,! ,! ト       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      |       ハんl    つZソ      ん:ハ'り}/  |              差し当たって意識したのはレナの婚期。
      |      /   !: |      `冖^       _,)ソ i: !   i             彼女の恋と人生は彼女のものだけど、
      /|      /   {: :|            ノ `¨ !:.!   |             出会いを設ける手助けぐらいはしたかった。
    / }    ノ   ∧:|                ハ:!   |       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    /  i   /     ∧ :\                八:l   l
.   ,′ー- イ      /: l: :!: : ゝ       ~   イ:l: :.l    !
   {             /: : l: :!: 二} ゝ 、       <: : : !: :l   l!
   !         /: : : j: :!´、 !     i  へ: : : : : : !: :l   l|
.  !        /:.>くl: :ト、` ー _ ! ィ' /: : : : : l: :ハ   ',
  l        /イ   レ!: l ヘ        イ \: : : !: :ハ    !
  ,l       ∧    '!: :l ヘ       ' !  | \:.!: :∧   ',
 ,′      ∧ ',   !: :l  ヘ ` ー  - l  !   !: :!厶    ,





            ///    /     \\        ',
         //  //  /   /   /\\        !
.        〃  //  / / / /    /<!||/\\       |
        /  iイ // 7¨7/  ./-/ ヽ-、 >、.\    !
           |!i ! i |><lイ  / / \   ソ !\\ | ハ
       _, -イ´>i、l l/ハ |  /|/=tミ、 \//   \i   ',     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      /x-‐'´ / \| i_rj iハ/   /_ハ彡イ  /   |   !              手前味噌ではあるけどレナは容姿も
     //~   /    ト、``    | i::j: 》/ /   /!  ノ          可愛らしかったし、少し気性が荒いことを
    〃  / /  ∧" ´_   ゙ー'`/ /    //-‐'´               差し引いても声はかかると予見していた。
    /   / /    /! \ ヽノ   ""/      /リ              そう見積もった私はさっそく、サラボナで
        / //  //   >ー┬/  /   /                   レナの恋人希望者の募集を計った。
      i / i/!/  i_ ,-‐<__/  / / ̄\             ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      |/        /|: : :=/ /`フ、/   \ \
              ! i: :/|/ /: : : !/    /  ̄ \
 ∠ ̄ ̄` ー─- 、_ ,─+ク: : /イ: :/: : :\ /      ',
/::::::\: : : : : : : : : : _, -‐彳: : / / /: : : : : : : >:       i
|::::::,-‐i: : : : : : :/  /: : : / /: : : : : : : :/ |: :      |\_
|/  ノ: : : : :/   /: : : :/  \__/   i|: :      ノ   !


.

959◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:38:30 ID:HeuOEacQ0



           _∠ィ - ´ ̄ . : : : - `丶、 \\     ヽ
          //. : : , . /. ://: /.:/,`ム、 ヽヽ    `、
         〃,イ/. : : /. :/. /ィ: / /:.:/:ィ:.∠-L:\ヽヽ.   '.
         ////: :/: /: :/: /ハ:|: l: :l:.:////   ^7:∧'. '.   '.
         {{ l|: :/: :l! /: /7! |l!: |: :l:l' | 「` 丶、//: :∧V   }         ───━━━━━━━━━━━━━━───
         i! |l: :{: :|!: :イ:,ィ卞ト.ヽ: :ト! ,≠f- 、ノイ : /:, :∨   l              レナもお嫁さんという夢に強い
         _ムト、|! :l {{ bじ:} ヽ\!  p':::::::ハ/: :// : : l! : /               希望を抱いていたようで、
    ,  ‐= ´ .:./.:.:/.:.ヽハ ゝ-'     乂zd'ノ:/: : : : : |ノ               恋人募集にも嫌な顔もせず、
  /´  _ ィ/,イ:.://:.:.:.:./ハ 、、、 '_ __ 、、、イ//:.:. : i: : :ト、                  喜ばしく受け入れてくれた。
 /   /イ/ //{:.{/:.:.:.:./|/ヽ、       /.:./l:.:.i:. i ヽ.、ハ \       ───━━━━━━━━━━━━━━───
   // {{  {:{ l:l!:.:,:./.:.:ィ´.:.:.:>r- ‐ イ/:.:.:/ ハ:.ト、:l\ヽヾヽ ヽ
   |{  l!  ヾ ムノ/イ//.:.,≠イ「 ̄` 7ハ:.:i:.{ |{|:.ト、:.:ト、ヽヽ、\、\
    ヽ  `  /  |/リ -ハ|─ 7⌒r─ |:!_|:l:.:! l!}:.! ヽ:ハ \ヽヽ:ヽヽ`
         l!  /7: . : . : /イ: ./`ヽ: .|!: l!ヽト、 リハ  }!}|    ヘ| }|
            ,′ l: . : . ://: 7f': . : . : . : ヽ: . 7-,ァ─┴‐ 、    i!
         /   _〉: . : . : . /|:|: . : . : . : . : : {/ィ       l
       _,ノ- / l、: . : . :/ l: l: . : . : . : . : .〃       l
      /   ;    /ヽ: ._イ .l : !: . : . : . : . //        l
     /    | __..ノ: . // .l : l: . : . :_ノ´ / ,          !





        /     !:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : | .|
       ,'      |  _,  --r― r――‐ヘハ
       i      |/: :!: : : ハ:.!.| ヽ」」:_: : :.ト、
       |      |: : 斗ヤT ヽヽ´___VV!从          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       |      |:NV  ___    ⌒`i: |  !                    レナの気持ちはどうかという一番の
   __,ノ      ハ:ハ  ' ̄`   ,   i:.:{  |                  懸念も晴れたし、あとはレナが気に入る
 //     /    人 |: |         人:.',  \               男性を見つけるかどうかだ。上手くいけば
 |:::レ    /    /:/Y|:.:ト、    ー ' ,.イハ: ハ   \           後は当事者に任せる。そういう予定だった。
r::::/        /イ:. リ: :!` ミ - rく:| `ヽV:.',    !\    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
|::::|  /    /  ヽ/:./\   ̄ イ:.!    Vハ    |:::::|
|::::|/    /    /:/ヽ::::::\-  |:.:|   /\\  |::::|
.Y::|     /: :.|\  /V   \::::::\_/::::|     !\\ム:/
/:::|   /: : : : |   {: |     \::::/::\!  ',   !  \\
|:.:::\_/: : : : : |    ヾ      \::Vハ  ',   ',   ヽ::ヽ


.

960◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:38:49 ID:HeuOEacQ0



               /             / ̄≫x.   '.
            /               ≫x.      ≫x._}
          ′        、__ _彡    ≫x.      /
          .          `7    ∠L./ ≫x.  /    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
        /|           从 /i/ 、_//∨ ノ爪             レナと話をしてみて縁談を断った者もいた。
        |          〃 iヘ{    ヾミ ノイ}/              実際に話せば、性格の不一致なども含め
         /            ./| |        ( |                   結婚に踏み切るのは違うと踏むこともある。
       /            〃 | |    、   ノ |                 それだけ真剣に考えてくれていたということだ。
      /             /、\| l、   ` r'′ |            レナはしょんぼりしてたけど、私は礼を述べた。
                  /  \| |i≧=-イ´i   !       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
   /              /\  .| |レ.<  | l
.   /             /   \.:| |L} ヽ | l   /
  ′             ヘ,     `| |i⊇  i.| l /
.  |           /  i     | ||  \li| l./
 /|             /        | |l/丶.}| 「





                   イ /.: : : : :{: : .{:/ミ∨彡.i.: .!: :.!: : ', : : : :.
                 _..イ: :/ : : : : , i!: : :i!     j!:/ : :!ヾ : : : : : : .
                ̄〃 /.:.: : ,': :j!:ト; :.:..!  __/イ.;イノ、:リ : : : : : : :
                 / i! : : : : :!: :i!;竓ヒ、:{ ´  /_≦_i!`:}': : :! : : : j!:
                   iメ.l: : ! : : :!:/ムィ、ヽミx   ´て::::らソ: : :i: :i!: :リ′
                 !トl: : i: : : j!: :{!〈{::心 `     辷_ノ/: : ノ; j': /i!
                   '.: i!: : : iト:.` ヾ__J 、      ,厶イ: : /〃リ
                   ':!ト : 、 !、: ,:ヽ     _  ,.   ,イ リ: :/ ̄ ̄i ̄ ̄ `ヽ----、
                   ヽ丶メハハメ:ゝ . _    //::/ノi!、    l      `ヾ  l
                     ヾ }: : : : :イ^j/ `τ___/:ノ′   、 l      }::..  l
                     ノ'j!: : イ^' {′ ,ゝ7l{、  ̄`ゝ、__ ヽi! :::..  ...::::::/  }
                     ′/ト、:ハ      //^ヾヘヽ    .}`ヽゝ_::::::::::::::::/...:::ノ
                        メ、リ ハ ヽ ././  }、:! 丶   { .> ー‐` 、;;::::.イ/〉
            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                       レナはめげずに人生のパートナーを探し続けた。
                 出会いはある。これなら早晩レナも相手を選ぶだろう。
                     いつまでも遊んでいないように期限も設け、
                            やがて来たるべき時に相手を選ぶ。
                         それでこの話はまとまるはずだった。
            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

961◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:39:34 ID:HeuOEacQ0



            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                  恋人探しの最終決定を下す3日ほど前、
                        夜中にレナが私に声をかけた。  
            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━───





.  /   /    . .:i   : .:i: : .:| ___  | . : ,′ . .:/ : : : : : :i
  ′ /   i  . : :ヽ  : i.: : :|´   `ヽ!: : ハ  . .:/ . : : : :.::|
  !/ '   八 . : : {, く: :| \l   笊そミメ、 :i.:|. :/  . : : : : : !
 八  |   . : \. :∧ _ヽ!   ヽ " r'.:::jハヾ刈i/  . :/ : : :,′
   ヽ Ⅵ : i   : :\:{ィ斧ミ     i:::し.::::}ノイ/  . :/ : : : :!         ……お母さん、ちょっといい?
     ヽト、:{\   : : {i r.:ハ      弋ー゚シ′/  . : :/ . : : 八
        ヽ \ : :.ヘ弋::j       ー一 /  .: イ . : : /
          > : : :\  ,       u ´厂  . : : :.:/
           , ′ . : :一    _     /   : : : .:/
        /     . : :>ー 、_     ,′  . : : j/
        ,′    . : / / 〉ト..-ヘ. ,   . : : : く⌒ヘ、
.        ′     . i 〈    /`Y    }   . : /l//  /
        i     . : : ! ∧   {ノ  /{ . : : //  /



      |│:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      '.
      {└-  _:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j      }
     -='/: : : : /{:丁 :{: :T: ┬:-  __/      ′   ,
     /イ: {: ∧⌒l: ハ: :\{⌒ト:ハ: : : :\     |     -
      / 人ハ/ イ卞iト  \{ ィァ=ミj/∨ : ト:>   j   `
     {/  Y } 弋)ソ      ん刃ハレヘ:∨     /         ん、どうしたの?
.     {   | j    ,     ゞ.ン 〃:{V    ∧
     、   |人             /:.:厶     │
.       \ |i : \   `       /: :/_人       |
.      `|i: : : : > ,__.. -=彡':/:::/ 〉      |
       ヾ;. :_:r-、:〈/: : : : :/::::::/        }
.       /「 /j__ノァレ-=ニ二  ̄/          ,′
.       { ト┘ ∧       /        ∧
        トイ__,/       {        / ハ

962◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:39:50 ID:HeuOEacQ0

.   l  ::l    | .::::ト :::::ハ .::ノ|  、 ,/:::./ i  .:,':::   ,' l
.   |  .:::| :    l.:::::::|_ヽ_;;! ィく.::::!  `/::メ、_  | .::/::::  / ,'
.   |  ::::! :::.  ハ::::::l ´丈≠ミ\{  /イ テ≠ミ!、:::/::::::  / /
    l  ::l| ::::::..  ヽ::レイ_j:::::::::}     !_j:::::::::>∨:::::  / /
    ! :|ヘ :::\: .   ヽf代 ::::_rソ     { ::::_rソ jツ::: / /        あ、あの……あのね……
    ヽ、i. ヽ:::::::\:..  \ゞ-‐′      `‐- '/.:::/ f /
.     `  \::::.::`ヽ、 __ \_    ,    u ∠-ァ‐'´   ! {           正直、言っても仕方ないことなのは
         ヘ、\ :::::: ゝ ̄   _ _      ,.イ:::.   N
        /   .:::::`ゝ: / `ヽ ヘ     ィ<::::ヽ::..:  ハ            わかっているんだけど……
       ,'  .::::::.:/ l/   ,/ /´>< |   \:ヘ::::..  :',
        !  .::::ル'  ____ ィ/ '  / ,!、 |、_  `ヽ:::.   !
        !  ::/V丁 .:.:.:.:. !     ' ツ  ト、-,.:ヽー-ヽ::   |__
         |  / |│.:.:.:.:.:. |    f′   7 .:.:.:.:.:.:. ',:   !'.:.>、
       /゙l  ,'  l|│:.:.:.:.: |    /-―-、/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i: //  ヽ



        /     !:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : | .|
       ,'      |  _,  --r― r――‐ヘハ
       i      |/: :!: : : ハ:.!.| ヽ」」:_: : :.ト、
       |      |: : 斗ヤT ヽヽ´___VV!从               ――どうしたの?
       |      |:NV  ___    ⌒`i: |  !
   __,ノ      ハ:ハ  ' ̄`   ,   i:.:{  |             不安になることもあれば、わからないこともある。
 //     /    人 |: |         人:.',  \
 |:::レ    /    /:/Y|:.:ト、    ー ' ,.イハ: ハ   \       何でも、相談してくれていいんだよ。
r::::/        /イ:. リ: :!` ミ - rく:| `ヽV:.',    !\
|::::|  /    /  ヽ/:./\   ̄ イ:.!    Vハ    |:::::|
|::::|/    /    /:/ヽ::::::\-  |:.:|   /\\  |::::|
.Y::|     /: :.|\  /V   \::::::\_/::::|     !\\ム:/
/:::|   /: : : : |   {: |     \::::/::\!  ',   !  \\



     / : : : : : : : : : :./: : : :/.l : : : : : : /      .l: : : : : : : : : :.'
     ': : : : : : : : : : :.l! : : /  ',: : : : : ,′     l : : : : :ノ: : : : ',
      l: : : :l : : : : : : :l!: : ,'´ ̄ \ : : l ` '' ー--丿: : :/: : : : : :l
     l: : : l!: : : : : : : l∨:!≦=ヾ\: l  ,,x=≧、.: ;イ: : /: : : : :,'
     ∨: :l!: : :、: : : : ',zX⊂う::ハ  ヽ!  んう:::.ハヽ/.: :/: : : : :/
     ∨ l∨: : \: : :ヽ!弋:─丿     乂ー-.ノ}!〉/: : : ノ:/           …………
      .∨! ヽ: : : :',、: :\  ̄         ̄´ノイ: : : ,イ :/
       ヾ /\: : ',`ハ`       ‘     u ∠:_:_:.<: : Y
          /: : : :ゝ-`: :ゝ      ̄`    / l: : : : : 、l!
       /: : : : : :,イ: : : _: :> _      _ ィ ∨: l: : : : : :i!
       ,': : : : : :/,': :/ .'′ r=ゝ .ー__l 、   ヽ!: : : : : l
        i: : : : : / l/   ____j       }   ∨ヽ : リ
       l : : : :/ ___,, ィ‘  >-、___   j`ヽ _   i /

963◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:40:02 ID:HeuOEacQ0

.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l i:.:.:.:.: :.' '.:.:. : : :.'    l:.:. : /:.:. : : : : : : : : : : ハー‐`
. ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:._l__l_:.:.:. .'  '.:.: : :.'     l_,イ:.:. : : /: : : : : i: : : :'.
 '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.l ,ゝ≧エ=.ーヽ:. : i  ー,=ニ/:/i`:.: : :/: : : : : : i: : : :i
. '.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:ヽ:.:.:,ィ//、:.lC ` ヽ: i   イ:::/cヾ:、l:.:. : /: :. : : : : :l: : : :l      ……私がお母さんの娘じゃなかったら、
.  '.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.`//ヘ. {::::ヾ:::!   ヽ'. .l::::':::::} ヽメ: /: :l:.:. : : : /l: : :/
  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.ヘ`ヾ弋)_:ノ      弋)-ノ //: : : イ:.: : : :/ i : /      みんなは私に興味を持ってくれてたと思う?
  l:|:.:l:.:.:.:.:.:.:.:. :丶、\ー-- ‐ '      -ニ.../:.:.:,:.<´.':.:.: : :/ .//
  /イ:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:. :ヽ `ヾ、       __'     -'ィ:.'' ´: : :V:.:.:./  '
 '  i:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :ハ丶、          ./:.:.:. : : :/:./
   ハ:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : Vヽ 丶、     ,,.:.:'':.:.:.:.:.:.:.:.:. ' ´:ハ
    ヽ:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :ハ. :`丶、 ` ー_イ:/ヽ:.:ト、:.:.:.:.:.:.:. : : : i
, --―‐ヽl:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : i. : . : . :  ̄: . : /  V ヽ:.:.:.:.:.:.:. : : l





      /|      /   {: :|            ノ    !:.!   |
    / }    ノ   ∧:|  u               ハ:!   |
    /  i   /     ∧ :\                八:l   l
.   ,′ー- イ      /: l: :!: : ゝ       ´  ̄   イ:l: :.l    !         …………
   {             /: : l: :!: 二} ゝ 、       <: : : !: :l   l!
   !         /: : : j: :!´、 !     i  へ: : : : : : !: :l   l|
.  !        /:.>くl: :ト、` ー _ ! ィ' /: : : : : l: :ハ   ',
  l        /イ   レ!: l ヘ        イ \: : : !: :ハ    !
  ,l       ∧    '!: :l ヘ       ' !  | \:.!: :∧   ',
 ,′      ∧ ',   !: :l  ヘ ` ー  - l  !   !: :!厶    ,













            /      |            \},/
.          ,′    |     ___        |!
         j    / ̄了´ /レj: / 「、¨T メ、 l|
          l   ∠/: ; :/厶匕_|:/|/ j从`ト|-!∨|
          |/   レイV 斗テ圷   ィテ圷j∧}\
.         /    /| :| '弋):ン     弋):ソ/: リ. |         ――自分に、自信が持てない?
.       |  ,   人| :|          '   ! : |  |
.        j/    /:.!:| :ト、     、 _ .   . ': : | │
.     /    /: :r'| :l;/> . _  n   イi: : : | │
     /      /: :∧| :| \,_>f. |´ : :i i: : : | │
.    /     /:/{ | :|.     ̄{. {'7<:j: : :│ヽ|
   /      /'´__|_:|\__ ∠゙ヽ`{  \ :│ ヽ
.  /     /   、ー‐く|  \{-   Y   ∧ |
  /     / 、 j j_ノつ_:|\  ‘ヘ     l_∨ } |   │
 /    x=/ー'7 ̄ |  | :|  ヽ/ j\  ∨ ヽ|│   |

964◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:40:16 ID:HeuOEacQ0

.   l  ::l    | .::::ト :::::ハ .::ノ|  、 ,/:::./ i  .:,':::   ,' l
.   |  .:::| :    l.:::::::|_ヽ_;;! ィく.::::!  `/::メ、_  | .::/::::  / ,'
.   |  ::::! :::.  ハ::::::l ´丈≠ミ\{  /イ テ≠ミ!、:::/::::::  / /
    l  ::l| ::::::..  ヽ::レイ_j:::::::::}     !_j:::::::::>∨:::::  / /
    ! :|ヘ :::\: .   ヽf代 ::::_rソ     { ::::_rソ jツ::: / /
    ヽ、i. ヽ:::::::\:..  \ゞ-‐′      `‐- '/.:::/ f /         それも、あるけど……
.     `  \::::.::`ヽ、 __ \_    ,    u ∠-ァ‐'´   ! {
         ヘ、\ :::::: ゝ ̄   _ _      ,.イ:::.   N
        /   .:::::`ゝ: / `ヽ ヘ     ィ<::::ヽ::..:  ハ
       ,'  .::::::.:/ l/   ,/ /´>< |   \:ヘ::::..  :',
        !  .::::ル'  ____ ィ/ '  / ,!、 |、_  `ヽ:::.   !
        !  ::/V丁 .:.:.:.:. !     ' ツ  ト、-,.:ヽー-ヽ::   |__
         |  / |│.:.:.:.:.:. |    f′   7 .:.:.:.:.:.:. ',:   !'.:.>、
       /゙l  ,'  l|│:.:.:.:.: |    /-―-、/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i: //  ヽ



              .                 ∠       .
                 /             / ̄≫x.   '.
              /               ≫x.      ≫x._}
            ′        、__ _彡    ≫x.      /
            .          `7    ∠L./ ≫x.  /
          /|           从 /i/ 、_//∨ ノ爪      先日、ちゃんとあなたや私とお話した上で
          |          〃 iヘ{    ヾミ ノイ}/  `
           /            ./| |        ( |          縁談を断った人もいた。誰も彼もが、
         /            〃 | |    、   ノ |
        /             /、\| l、   ` r'′ |          私達の家柄を見ているわけじゃ……
                    /  \| |i≧=-イ´i    |
     /              /\  .| |レ.<  | l
.     /             /   \.:| |L} ヽ | l   /
     ′            ヘ,     `| |i⊇  i.| l /
.     |          /  i     | ||  \li| l./



     / : : : : : : : : : :./: : : :/.l : : : : : : /      .l: : : : : : : : : :.'
     ': : : : : : : : : : :.l! : : /  ',: : : : : ,′     l : : : : :ノ: : : : ',
      l: : : :l : : : : : : :l!: : ,'´ ̄ \ : : l ` '' ー--丿: : :/: : : : : :l
     l: : : l!: : : : : : : l∨:!≦=ヾ\: l  ,,x=≧、.: ;イ: : /: : : : :,'
     ∨: :l!: : :、: : : : ',zX⊂う::ハ  ヽ!  んう:::.ハヽ/.: :/: : : : :/       ――でも、そうでなかったら、
     ∨ l∨: : \: : :ヽ!弋:─丿     乂ー-.ノ}!〉/: : : ノ:/
      .∨! ヽ: : : :',、: :\  ̄         ̄´ノイ: : : ,イ :/          みんなが私をここまで見てくれるきっかけは
       ヾ /\: : ',`ハ`       ‘     u ∠:_:_:.<: : Y
          /: : : :ゝ-`: :ゝ      ̄`    / l: : : : : 、l!        無かったと思う。そうじゃない?
       /: : : : : :,イ: : : _: :> _      _ ィ ∨: l: : : : : :i!
       ,': : : : : :/,': :/ .'′ r=ゝ .ー__l 、   ヽ!: : : : : l
        i: : : : : / l/   ____j       }   ∨ヽ : リ
       l : : : :/ ___,, ィ‘  >-、___   j`ヽ _   i /

965◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:40:35 ID:HeuOEacQ0

      r' /               |
       | |        _____│         l
       | |  >  :7 「: : :.j、__ヽ: : : :\         |
       | {_/ : : : / {: : }八\: :}\}∧j          |
      l /: : : |-八  \{  ヽィ==ゝ、_ |          |         ……それを、単なる幸福と
      |厶/: N_ノ=ミ.       {{//ハ Y|、       ヘ
.      | 八从Y{{//ハ        う:ソ  |: '.       丶         捉えることは難しいこと?
       │ `∧ヾ うり          |: :|`:、      \〉
      │ / ∧ ´  '         |: :|: { \     /
         | ./ l:小    _  ノ      j : !: }  ヽ   〈
        |/   |l: : ゝ._        ィ/: 厶イ        \
       /   |: : :|: :{ >  .__.., イニ/: :/ │     丶    ヽ
        /  i  |: : :|: :'. : : : /  //: :/,//     i    l
.       /   :l  |: : :|: : :\/  / /: :/´ │     │   │
      /     |  |: : :|i: : : : ∨/_, /: :/    |              |



  : : : : :.l: : : : : : : :l: : : : : : : /       l : : : : : : /: : : : l: : : l
  : : : : : ∨ : : : : : ', : : : : : /      l : : : : : /: : : : : l: : : l
  : : : : : : ∨ : : : : : ,: : : : .,′ ̄ ` ー=j=='':.:/ : : : : :.リ : : リ
  : : : : : : : :\: : : : :∨: : :,   ,,r≧==/: : : :;イ: : : : : : /: : :/
  : : : : : : : : : :\: : : :∨: :l. x7冫/´/: :;彡': l: : : : : /.: :/     お母さんはお金持ちの家に生まれたから
  : l! : : : : : : : : : \: : :∨:,Ⅳ./::/ ' ´./: : : リ : : /-イ
  、!l : : : : : : : : : : : \: :\. ゝ'    〈 : : :∠ ィ'             何も悩みが無かった。
    `ヽ: : : : : : : : : : : :Yゝヽ       ヽ: : : ',
  \  \: : : : : : : : : : ', u       /: : : : .,             ……そんなはず、ないでしょう?
   \/ \: : : : : : : : :.,     -/ : : : : : : ,
  、   \   ヽ: : : : : : : :i   ,。イ: :ヽ : : : : : : i
  ヽ  /   ',: : ヽ: : : .lー.'  ',: : : :i!: : : : : : l
    \-、     , : : ト、: : l   丶: : :l!: : : : : :j
      \`ヽ.  i : :.l j: リ    ヽ: :l!: : : : :.リ



                     |    戊  ̄ Xノ へ⌒ハ L
                     |    |二゚= -― -= ミ  〉
                     |  -=彡 : : 厶/: : : : : : : :У_
                    _人   イ/: 仄|イ|ィ:/: :/\ : : 厂⌒
                 ノ   ∨イイイ示ト|イノィ示ヽソ|ハ        ……確かに、そうではない。
      / ̄ ̄> ´ ̄У   _;人l|:.:|弋ツ   弋ツハイノ|
     /   //    / 厂<  |:.:| u       ノ:.ル:八          だけど、その上で生きる道を見つけたのが……
    /   / /   /┌‐┴   }  ハ:.トへ  _´’ イ:./ノ \_ \
  /     ./  /   {レ     o‐tァ }ハ   V 厂 ノ:/     |  〉
//     ./   {   / ―┴   厂 /: :|      ,ノ:/     |  |
 {     /   从  トー   ヽ/   /: :/;|ー- イ/      ヘ {
  ヽ    \    ∨         \ /: :/|∮ /イ八 /    |〃
          厂   ゝ  - ―… >ニニ7 /_|∠ ̄ ̄ヽ  |⌒ヽ









.

966◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:40:49 ID:HeuOEacQ0



  / : : : : : : : : : :./: : : :/.l : : : : : : /      .l: : : : : : : : : :.'
  ': : : : : : : : : : :.l! : : /  ',: : : : : ,′     l : : : : :ノ: : : : ',
  l: : : :l : : : : : : :l!: : ,'´ ̄ \ : : l ` '' ー--丿: : :/: : : : : :l
  l: : : l!: : : : : : : l∨:!≦=ヾ\: l  ,,x=≧、.: ;イ: : /: : : : :,'     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
  ∨: :l!: : :、: : : : ',zX⊂う::ハ  ヽ!  んう:::.ハヽ/.: :/: : : : :/             『富豪の家に生まれた自分を見て
  ∨ l∨: : \: : :ヽ!弋:─丿     乂ー-.ノ}!〉/: : : ノ:/                 声をかけてきた人と生涯を共にする。
   .∨! ヽ: : : :',、: :\  ̄         ̄´ノイ: : : ,イ :/             それは本当に幸せな結婚なのだろうか』
    ヾ /\: : ',`ハ`       ‘     u ∠:_:_:.<: : Y                 結婚に夢を見る少女にありがちな発想だ。
      /: : : :ゝ-`: :ゝ       ̄`    / l: : : : : 、l!       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    /: : : : : :,イ: : : _: :> _      _ ィ ∨: l: : : : : :i!
    ,': : : : : :/,': :/ .'′ r=ゝ .ー__l 、   ヽ!: : : : : l
    i: : : : : / l/   ____j        }   ∨ヽ : リ
    l : : : :/ ___,, ィ‘  >-、___   j`ヽ _   i /





           //. : : : : :.`ヽ、      /
          /:〃. : / :/ィ´{:.:ハ:`ヽ     /
         .イ: :':/∠:_: ィ =ミ、メ /ィ: : .ヽ、/
   . -ァ:.´{   |: :/′   {{ /:7ヽ`7 :/. :! {
'´   /.: :ノ`  |: ′     ヽ{ツ′ /:イ : 人{      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
. / ><     | l            { //  `             恋に恋する年頃なんだ。心が通じ、愛を育み、
'´| ̄ヽ ∧   } |  u       ヽ'                  掛け値なしに互いを求め生涯幸せに暮らせる
 }   ∧ ∧ ,' ,'     __   r ´                    恋人を見つけ、素敵な結婚生活を歩みたい。
./∨  ∧ ∧|: ト、       __` '                     私にもそんな頃があったから、よくわかる。
′ V   }  l! :lヽ>.. _/                 ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
   }   !   , : | }⌒|: ヽ
   }   !  ,'. : !    !: : l
   }   ,′/ . : |    |: : |
   }  , /}: : : :|   イ: : |


.

967◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:41:19 ID:HeuOEacQ0



          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                    私の財産と家元が、レナの抱く理想への道の
               最大の障害になったのは最大の誤算だった。
                  レナの言ってることは子供の発想だ。

                    それが子供にとっては、今の全てなんだ。
          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
γ⌒ヽ,i___ :";;::、;;:。
,i;:;:;:;:;:;,i    \:";;::、;;:。  :";;::、;;:。
.I_______I      \_:.:.__::、;;:。  :";:'`::'::';;::、;,:,。,,, ,
           \ \ロ;;::、;;:;;::、;;: ':'`;'`::'::',:'':'`;
_______________i`、  | :|_:'`::_',:'_'`;___ _:'_'`:_:'';;`;_____ ___ _____________
=:.=.=i〔〕〔〕i=====i\ヽ、,:|\   :/\` 、     ___    /\` 、    ____     /\` 、
   |____|     |  `.、ヽ、.:.\.:.:..|i田l;|___l   /\` 、   |i田l;|___l    /\` 、   |i田l;|___l
-.─-.─-─-─.、::..;|    |\ヽ、-',_____/xXx \ヽ_____./xXx \ヽ________
=========='.:.:|`.、.:.:.|  \|:.: |==== ==|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ :
____  ○  |.:i |:.i  |:..::`.、|:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ :
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... |:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ :
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... | ` 、|  | --─-─--|..====::|::| --─-─--|..====::|::| --─-─-
 | ,., ||.:.:. |.:i/J,.,.,|. ,.,.,...|.,..;.:.|  |.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|::..:.ロ.:.ロ..:
";`;`::'::',:;:;::"''":。;:";;::、;;:。-..,"'., |.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ :
;;:: ,:'':' `::':: ',:;:: ,:''':'`::'::',:;:` "'"';: ;|.─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/:─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/─---─-
:,:'':'`::'::',:' ':'`; ;::、;`: :'::',:;:;;::,:'":;'/         ̄ ̄ ̄ ̄  、。、..。     ̄ ̄ ̄ ̄
,:'':'`::'::;;::',:;::,:''':'`::'::',:;:`"'"' ;:。;:                :"; ;:;、;::;:,
;;::、;`::'::',:;:;:,:'':'`::'::',:'':'`;::,;:;:' "'"'              :"; ;:.;:: 、;;:。
"'゜"'゜”"'""'゜"'゜”"'""'゜"'゜                "'゜" '゜ ”"' ゜""'"'
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                先見ある大人の言だけで全てが納得できるなら、
                    幼き頃の失敗は生じず人は大人にならない。
                  望む道に進むことによって生まれる過ち、成功、
                それがどれほど彼女にとって重要なものになるか
                    私は自身の経験則から知っている。
              レナの想いを否定しきれない所以はここにあった。
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

968◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:41:35 ID:HeuOEacQ0



                                       /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                                  /⌒       ___  ハ
                                    |    戊  ̄ Xノ へ⌒ハ L
                                    |    |二゚= -― -= ミ  〉
                                    |  -=彡 : : 厶/: : : : : : : :У_
                                   _人   イ/: 仄|イ|ィ:/: :/\ : : 厂⌒
                                ノ   ∨イイイ示ト|イノィ示ヽソ|ハ
                     / ̄ ̄> ´ ̄У   _;人l|:.:|弋ツ   弋ツハイノ|
                    /   //    / 厂<  |:.:| u       ノ:.ル:八
                   /   / /   /┌‐┴   }  ハ:.トへ  _´’ イ:./ノ \_ \
                 /     ./  /   {レ     o‐tァ }ハ   V 厂 ノ:/     |  〉
               //     ./   {   / ―┴   厂 /: :|      ,ノ:/     |  |
                 / {     /   从  トー   ヽ/   /: :/;|ー- イ/      ヘ {
                 {  ヽ    \    ∨         \ /: :/|∮ /イ八 /    |〃
  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
        修道僧への道を閉ざしルドルフ家当主として生きる道を選んだ私。
              一人の少女として、ルドルフ家の名を枷に想い悩むレナ。

          あの日の私とは形を変え、娘が血をきっかけに道を見失う。
  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
.    l  ::l    | .::::ト :::::ハ .::ノ|  、 ,/:::./ i  .:,':::   ,' l
.    |  .:::| :    l.:::::::|_ヽ_;;! ィく.::::!  `/::メ、_  | .::/::::  / ,'
.    |  ::::! :::.  ハ::::::l ´丈≠ミ\{  /イ テ≠ミ!、:::/::::::  / /
     l  ::l| ::::::..  ヽ::レイ_j:::::::::}     !_j:::::::::>∨:::::  / /
     ! :|ヘ :::\: .   ヽf代 ::::_rソ     { ::::_rソ jツ::: / /
     ヽ、i. ヽ:::::::\:..  \ゞ-‐′      `‐- '/.:::/ f /
.      `  \::::.::`ヽ、 __ \_    ,    u ∠-ァ‐'´   ! {
          ヘ、\ :::::: ゝ ̄   _ _      ,.イ:::.   N
         /   .:::::`ゝ: / `ヽ ヘ     ィ<::::ヽ::..:  ハ
        ,'  .::::::.:/ l/   ,/ /´>< |   \:ヘ::::..  :',
         !  .::::ル'  ____ ィ/ '  / ,!、 |、_  `ヽ:::.   !
         !  ::/V丁 .:.:.:.:. !     ' ツ  ト、-,.:ヽー-ヽ::   |__
          |  / |│.:.:.:.:.:. |    f′   7 .:.:.:.:.:.:. ',:   !'.:.>、
        /゙l  ,'  l|│:.:.:.:.: |    /-―-、/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i: //  ヽ
  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                     その日からの3日間、レナとは夜な夜な
                 何度も言葉を交わした。前進して欲しかった。
               出来ることなら、レナの迷いを晴らしたかった。
  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───







.

969◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:41:53 ID:HeuOEacQ0



                 ───━━━━━━━━━━━━───
                            決断の日。
                 ───━━━━━━━━━━━━───





  : : : : :.l: : : : : : : :l: : : : : : : /       l : : : : : : /: : : : l: : : l
  : : : : : ∨ : : : : : ', : : : : : /      l : : : : : /: : : : : l: : : l
  : : : : : : ∨ : : : : : ,: : : : .,′ ̄ ` ー=j=='':.:/ : : : : :.リ : : リ
  : : : : : : : :\: : : : :∨: : :,   ,,r≧==/: : : :;イ: : : : : : /: : :/
  : : : : : : : : : :\: : : :∨: :l. x7冫/´/: :;彡': l: : : : : /.: :/
  : l! : : : : : : : : : \: : :∨:,Ⅳ./::/ ' ´./: : : リ : : /-イ            ごめん、お母さん……
  、!l : : : : : : : : : : : \: :\. ゝ'    〈 : : :∠ ィ'
    `ヽ: : : : : : : : : : : :Yゝヽ       ヽ: : : ',               私……私、やっぱり……
  \  \: : : : : : : : : : ', u       /: : : : .,
   \/ \: : : : : : : : :.,   c-/ : : : : : : ,
  、   \   ヽ: : : : : : : :i   ,。イ: :ヽ : : : : : : i
  ヽ  /   ',: : ヽ: : : .lー.'  ',: : : :i!: : : : : : l
    \-、     , : : ト、: : l   丶: : :l!: : : : : :j



        /     !:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : | .|
       ,'      |  _,  --r― r――‐ヘハ
       i      |/: :!: : : ハ:.!.| ヽ」」:_: : :.ト、
       |      |: : : | _ノ´ ヽヽ´___VV!从
       |      |:NV  ___    ⌒`i: |  !          ――わかった。
   __,ノ      ハ:ハ  ' ̄`   ,   i:.:{  |
 //     /    人 |: |         人:.',  \        それがあなたの答えなんだね。
 |:::レ    /    /:/Y|:.:ト、    ー ' ,.イハ: ハ   \
r::::/        /イ:. リ: :!` ミ - rく:| `ヽV:.',    !\
|::::|  /    /  ヽ/:./\   ̄ イ:.!    Vハ    |:::::|
|::::|/    /    /:/ヽ::::::\-  |:.:|   /\\  |::::|
.Y::|     /: :.|\  /V   \::::::\_/::::|     !\\ム:/
/:::|   /: : : : |   {: |     \::::/::\!  ',   !  \\
|:.:::\_/: : : : : |    ヾ      \::Vハ  ',   ',   ヽ::ヽ


.

970◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:42:13 ID:HeuOEacQ0



    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
              レナは恋人候補の中から、愛する人を選べなかった。
                私はその日から、毎日多くの人に謝罪に回った。

            さんざん多くの男に思わせぶりな態度を見せておいて、
             挙句の果てには誰も選ばない。金持ちの道楽に
          付き合わされたと強い憤りを感じた人も多かっただろう。
    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                      /            ./| |        ( |
                    /            〃 | |        ノ |
                   /             /、\| l、   ´ r'′ |
                               /  \| |i≧=-イ´i    |
                /              /\  .| |レ.<  | l
                   /             /   \.:| |L} ヽ | l   /
                ′            ヘ,     `| |i⊇  i.| l /
                   |          /  i     | ||  \li| l./
              / |             /       | |l/丶.}| 「
             /              /    .  /   | |「\_ノ'| |
            ヘ./             ′    ∨   | |l   |i | |
           { /\          .       }   | |l   |i | |
           ∨  }         {       ,ノ   | |l  八| |
    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                 彼らには申し訳ないけれど、私はその事で一切
               レナを責めなかった。すべては幼いあの子に 
             重責を強いる決断を促した私の失敗だったのだ。
             私の人生の中でも、最も大きな過ちだったと思う。
    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

971◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:42:25 ID:HeuOEacQ0



.     l  .l      l   ハ  .:::ハ::.    .   ',  l
  ::.   ハ  l     l  / l..::::/ l::.   .:::..  :l  l
  ::::.  l `、 l _, -''  l  /` 'lー:/ 、l:::.  .:.:::::i:.  .::l', l
.  :::',:::.. .:l- ''ニ-─   l /  ̄ニ-  l::::. ..:::::::i:::::. .:::ハ/
::. :::::'、::.::l , ,'`、lし`''  .l / ´/:::::( \/:::::,:::::::/l:::::.:::/     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
:::::..:::::::`、::',/ l:::::::::::l    '´  l:::::::::::l / >/:::::/ l:::::::/               レナは言いつけてもいないのに、自分に声を
::::::::::::::::::::<. l:::::::::/      l::::::::://:::/::/ ,':::::/             かけてくれた男達一人一人の家を訪ね、
':::::::ヽ:::::::::ヽ _`--´'      `ー''//:::/、 /:/                こうなった経緯を話し、謝罪を述べていた。
`i:::::::::`' 、:::::\ u       `     ' l/:  ',               あの子なりにも、責任を感じていたのだろう。
..ll`,:::::::..''''''` 、`、   ー -    /:::::::.   ',         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
  ',::::::::..  `, 、,          /:::::::::::.   ',
   ' ,:::::::..  ', l `' .、    ,, -''´\:::l::::::::::.  l
    ' ,::::::..  'l   ` '''l´ \   \',::::::::.  l
  _,,-´',::::::.  l      lヽ l  \- 、``、::::..  l
_,-´    ',::::.  l       l     /`/、:::  l



         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                  しかし、数家回った頃から、徐々に外出を恐れるかのように
                家から出るのをためらうレナの姿が目立つようになる。
                      理由は私の目から見ても明らかだった。
                サラボナの多くの人々に、合わせる顔がないのだ。 
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

972◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:42:40 ID:HeuOEacQ0



     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
              ロベルト家はサラボナにおいてのみならず、世界的にも少なからず
             影響力を持つ家だ。私に対しても、レナに対しても、表立って不快感を
               唱えるような豪気な者は、さほど多くない。それはレナにとって、
                直接の罵倒を受けずに済むという意味では良かったかもしれない。
     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

                                    , -'''''''‐-、
                                i ヽ、   \
                        ,,,-‐'''''‐- 、   .ヽ ヽ 、   ヽ
                       /       ヽ、  \ \_  ノi
                      .i         j、    `''‐-二フ'
                      .i、         ij
                      ヽヽ、      //
                       `ヽ、、___,-'/                      ,==、───---,,,,,__
       ,,-''''''ヽ-、___      _,,--'''''''''''<            ,,,,,‐- 、       i‐-`_'''''''''''‐----‐‐''''i
     /    j .j───'''''i   /´,,,-‐'''' ゙̄ヽヽ- 、         .i 〈   ` ヽ、    i‐-,,,_ ''''''''''''''''''''''''''''''i''
    ./     ./ ./ ̄ ̄ ̄ ̄i / /      // 'ヽ、\ニニニニニi‐‐-ヽ ヽ     ヽ    ̄i_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''''''''''i
    .i'     / / ̄ ̄ ̄ ̄jj ヽ〈_   ,,,-''‐-ji. i  ゙ヾヽ──j j二 >-ヽ-‐‐‐‐‐゙─、   i二二二ニフ ̄ニフヽ
 /二>-‐''''' ̄二二ヽ ̄ヽ二二二'''''<二二-===========-i二二二二i,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,i,,   i二<-‐‐''''''''´ ,,,-'''
..-‐‐i'´,,-''''´ ̄ ̄ ̄ ヽi ̄‐、 ` ヽ 、`''''ヽ、i二j、____,,,,,,,,,,j-、-‐‐‐‐‐‐i‐------------i=ニニi─ゝ---‐<ニii-‐‐
‐-‐゙゙i´     i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二二i‐-ヽ∠-‐‐i,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,-‐‐''ニニニニニニニi‐-------‐‐.i‐''‐--------------i二
ニ二''ヽ‐--‐'''''j二二二二二---‐i  ヽij二二i____,,,,,,,,,,j二二二二二i_____,,j‐-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,j_,,,,,

     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                    だが、それでも町の人がレナを見る目はやはり変わる。
             それが事実であろうと違えど、自責の念に駆られるレナ自身にはそれを
           無視した生き方は出来なかったようだ。表立って不満を口にする者が
           一人もいない事実は、かえってレナの心を曇らせ猜疑心をかき立てる。
     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

973◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:42:56 ID:HeuOEacQ0



    /   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   l
   ..{ .:. .:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    }
   ..l !:. :.:.i:.:.:|:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    ′
   .ハ :ト、\ヽ:.l:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  .′    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     .ヽ! \ヽヽ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .: /                  すべての男性に謝罪を済ませた頃、
          .` 7 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:. /                レナは極端に外出を拒むようになってしまった。
          / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/イ:.__ 」丿_:.:.:.i./               サラボナの人々の目に触れるだけで、
        / .:.:.:.:.:.:.:.:.:._ノ´   /:.:.:.:ハバ                自責と疑念で胸が詰まりそうになるという。
        ,' .:.:.:.:.:/:.:/- f'‐ ´ ̄V:.:.:.:/'         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
        , .:.:.:.:.//   /__ {:.:.:/
      l :.:. ,ィ/─ - ´     ̄ヾ、
      |/              ` ‐ 、
      .,′     、            ハ
       l       ハ /           }
    /        }'         j   |





     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
              後戻りも前進も出来ない苦悩の渦にあの子がいる。
                そのきっかけを生み出したのは私に他ならない。
               何とかあの子に声をかけようとしても、掴み所のない
           救いの手を差し伸べるようなことしか言えない毎日が続く。
     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                  !  l:r┐   //  // // /l   |
                  !  l:l !   //  // // //\  |
                       l/ ,.イ /-- ── ─┬┬ < トト、ト、 1
                       l 「7 ⌒ヽ_ノ_/ノl/ ヽ」`ト、_ハVV〉  |
                       ///   ‐{ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 1i!   |
                      〃    ソ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::: j.:.l  |
                       ,′   ハ'゙     ,    u ,イ.:.l  |
                       i   イ:: : ヽ           /.:.l.:.:l  |
                       |    |:: :: ::_」> ._´ `_ イ`ヽl.:l.:.:l   |
                      ./|    ∧l l:: i.:\` ー----‐' 人 l.:.:l  |
                     /. |  / ∧ l:: l.:.:.:.\     イ /l.:l.:. l   |
                    /.: . |/  // l:: lヽ.:.:.:.:.\ __,  /.l.:l \ l |
                   〈__/   //  .l:: l  \.:.:.:.:\. /.:.:l.:l  \1
                   /\   //   .l:: l   \.:.:.:.:V.:.::/l:.l   ∧
                   ,′ \//     l:: l     \/ハ/. l.:l   / ',


.

974◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:43:08 ID:HeuOEacQ0



        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
             その岩戸を開いたのもまた、彼女自身だった。
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───



.   ∠ィ: : : / : / : : | : : : |: : : |    | : /|: : : : : : :|: : ′
     |: : :/: : :|: : : :| : : ∧: : :|    十:メ |: : :|: : : :|: /
     |: : l: : : :|l : : :|: : :レヘ : |   ノィぅ,| : イ : : /:/
     |: : l : : : |l : : :|\ノィぅヽ|   ' 「じハヽ: : /: (
     |: : l: : : : ヽ : ハ 〃「じハ     辷;ツ/:.:/ : : ハ      ……ねえ、お母さん。
      \| \: : : \: \ 辷ツ      ̄/: / : : /
         ×{\: ミ ミ=-     _' ,  ムイ: : ;レ′        私、この家を……出てもいいかな……?
        /: : : : : /:7´ー- _    ,.   イ/ : /
          /: : : : : /|/r┬rー―二}   / : /
       ′: : /|// \ ヽ   厂     ′/ー―┐
         l: : : / /'    |\ヽ マ二 ヽ l: / >ーハ
         |: : /  ′    \ \ハ|   У|/ ̄     \
         |: /  |  __  :.  ヽ|∠ニ二二二二二ニヽ
         |/   ノ/ _ \|  「 人___ > ̄ ̄ ̄〉
          〈 / -- \〉/ ヽ    /      / |



    /          _,. -=≦∧      `、
    { 《≧=‐=≦     _,.-=≦∧      `、
     V《 '⌒)   _-=≦  ノ_,イヘ       :
      |∧_,. -=≦_>‐=≦二\_ \
      | /,.千干ト、 ∧ ,卞、 ト、ト、N厂 「`     i
    _,.イ i /| /N__/::::::ヽN,.ィ示{_卞ミ ト、    ト、
     | N{ ハ《^f心::::::::::::::: 弋rツ | |ヘ     ! `、               …………
     | .八! ハ ゞ″          u | |.∧
     |/   !.八   ′      人 | |:∧
     |  rf《》_ > .  `     イ./ ! !  }
     |  i!_i!| |___,. `>, .. < / | :!人 /
     |  l‐┐r‐┘  | {(_j _./    ! !  {
     | _j!i!.! |   _j 「ヽ/   /| |  \
     八に{/_ ̄_〉(a{ ̄ ̄_}ヽ/   !.!  _」 `ー、
      |  V -`ー 、\ / ̄ー '    (|「 X_|   |
.    /  / -―‐‐r'ヽ.\ヽ/      |ト、 〉ヽ\ |
   // _/ -―<´ヽ   /- 〉    i  /i! `ー' ヽV!

975◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:43:27 ID:HeuOEacQ0



   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
          決断に踏み込んだ彼女の胸中には、私には計り知れないほど
        多くのものが渦巻いていたことだと思う。生まれ育った家を飛び出し
              独りで生きて行く決意をした愛娘と、その夜話は延々と続く。
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
        ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
       。 .  .。    o   .. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
               。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
        。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
           ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
        。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
         .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
        ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
       ゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
        。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚    ,     /     。   .   .
        ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚   /
       ゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .  .  ☆   .  .   。      ゚ .





        ,. : :: : : : /¨`ヽ: :/`ヽ: : : : : : : ヽ
         / ;.´ : : :./ : / ,ヘ : ;彳} : ,: : : ヾ: : : ヽ          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       イ /.: : : : :{: : .{:/ミ∨彡.i.: .!: :.!: : ', : : : :.                レナは自身の生まれと育ちを不幸に
     _..イ: :/ : : : : , i!: : :i!     j!:/ : :!ヾ : : : : : : .                 感じたことは一度もないと頑なに主張した。
    ̄〃 /.:.: : ,': :j!:ト; :.:..!  __/イ.;イノ、:リ : : : : : : :             そう前置きを何度も何度も置いてから、
     / i! : : : : :!: :i!;竓ヒ、:{ ´  /_≦_i!`:}': : :! : : : j!:              生まれに苦しみそこから独り立ちしたいという
    .iメ.l: : ! : : :!:/ムィ、ヽミx   ´て::::らソ: : :i: :i!: :リ′               気持ちがあるとも、また言った。
     !トl: : i: : : j!: :{!〈{::心 `     辷_ノ/: : ノ; j': /i!        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       '.: i!: : : iト:.` ヾ__J 、      ,厶イ: : /〃リ
       ':!ト : 、 !、: ,:ヽ     _  ,.   ,イ リ: :/ ̄ ̄i ̄ ̄ `ヽ----、
       ヽ丶メハハメ:ゝ . _    //::/ノi!、    l      `ヾ  l
         ヾ }: : : : :イ^j/ `τ___/:ノ′   、 l      }::..  l
         ノ'j!: : イ^' {′ ,ゝ7l{、  ̄`ゝ、__ ヽi! :::..  ...::::::/  }
         ′/ト、:ハ      //^ヾヘヽ    .}`ヽゝ_::::::::::::::::/...:::ノ
            メ、リ ハ ヽ ././  }、:! 丶   { .> ー‐` 、;;::::.イ/〉
                 j   〈    i i!|   ヽ  j/    .::}::∧- ''’ \


.

976◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:43:38 ID:HeuOEacQ0

.     l  .l      l   ハ  .:::ハ::.    .   ',  l
  ::.   ハ  l     l  / l..::::/ l::.   .:::..  :l  l
  ::::.  l `、 l _, -''  l  /` 'lー:/ 、l:::.  .:.:::::i:.  .::l', l
.  :::',:::.. .:l- ''ニ-─   l /  ̄ニ-  l::::. ..:::::::i:::::. .:::ハ/
::. :::::'、::.::l , ,'`、lし`''  .l / ´/:::::( \/:::::,:::::::/l:::::.:::/      ――ここまで私を大事に育ててくれたお母さんには、
:::::..:::::::`、::',/ l:::::::::::l    '´  l:::::::::::l / >/:::::/ l:::::::/
::::::::::::::::::::<. l:::::::::/      l::::::::://:::/::/ ,':::::/         感謝、してるんだ。だけど、だけどね……
':::::::ヽ:::::::::ヽ _`--´'      `ー''//:::/、 /:/
`i:::::::::`' 、:::::\       `     ' l/:  ',               私、自分の足だけで歩いてみたい……
..ll`,:::::::..''''''` 、`、    ー -    /:::::::.   ',
  ',::::::::..  `, 、,          /:::::::::::.   ',
   ' ,:::::::..  ', l `' .、    ,, -''´\:::l::::::::::.  l
    ' ,::::::..  'l   ` '''l´ \   \',::::::::.  l
  _,,-´',::::::.  l      lヽ l  \- 、``、::::..  l
_,-´    ',::::.  l       l     /`/、:::  l
 \    ',:::.. l、   _,,,,,,,,,l    / / '、::.. l



                      ,′               ,xx, |
                  l       ,r   _....,xxxx//////| .l
                   l         .{//////////////>ゝl
                   l      ├. - -. -. -―= ´:i: : lゞ|
                    ,′       ノ:i: : :/}: /ソ|:./i|∧jヾj |
               / ./    ゞイ:{:.〃`イ_ー .ソ:: ,仍.|:|.  l       ……わかった。
               ,′/        j: :y, イ::心 ::::::::: {ツ.{: {  j
                //      .,イ: : :{ 乂ツ    , .八l /        あなたがそれを望むのであれば、
              /        ./_ゝ: : ヽ u    . _ ,.イ: : l′
             ,.イ      ., イ ./人: : :}`:::::...、  / 人:.ノ          私はそれを尊重したいと思う。
      ,. - ー≦___., イ   /  }: :人ゞ:::ノ/¨.∧/: :iノ
   , イ´:::::::::/: : : : : : : : : :/  /  ,.イ,.イ:∧  ///i .l;,ノ
.  〈:::::::::::::/: : : : : : : : : : :./    ,.ィ彡´ .∨/∧ ///  l
    `ヾ,イ: : : : : : : : : /: : /   ィ彡´  ノ  ∨/∧/// i .l
    .,イ: /: : : : : : : 〃: :/  〃  /゙ヾ   \//i∨  l  l
   .,′/: : : : : ://:,r/       ,′::..     ヾ,レ'  .}  l







.

977◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:43:53 ID:HeuOEacQ0



     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
            レナは生涯、私の財産を継ぐ権利を放棄した。  
           そして見慣れた修道院に行くことも敢えて潔しとせず、
                   サラボナの北の雛見沢に居を移した。
     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

" ̄ '''' '- ァ- ― ''''  ̄ "''、‐"~  "トィ '' "゙   '' "'ー゙"''ィ' " ̄'  "―''''""゙゙ ̄''ー'、 ,, 、"、-'"
 " '' 、 / '' """ '' "" '、"" ''r '"ヾ ' "" '' "r ´ ' "" '' "" ' " ' "〟ヾ   "゙ " ;
 " '''  "" "  ゙ "゙ "゙ " " '' "" ' '' "  "゙'' "  "゙'' "  "゙'' "  "゙ "'' " ,,  、
'' " _r、 "_  ゙'' "  "゙ ;_; ' 、 " _ '' "'' "  " '' "  "゙ '' "  "゙ '' " " '' 〟,, ; ;"゙"
/"''ー、―;;'"、"、 _ァ―、;;";;、 "'''、,,、―~;;"'';;,ァ―、;'''"'"'';; --、_,―;;"'''-、'";;;、ィ ニ ; ̄`ァ―、;;"'';;、-ニ
 ,―、" ̄ヾ";;"、、-< ̄`,―_ ̄;;"''、、`-ニ_;;";;、― l;;";"";;,、  ;;"、 l―‐i  l ̄ ̄l ̄F―_,,,, 、、、、 -
,/ ̄/ヽ ;;;"ミ ;;"/  ̄lヽ ―' 、_,/  ;;、ヾ''";;、/ ̄丶;;"''"、_ ,,,,、、、、 ---―‐'''''"" ̄, "  ;; 、
l ̄ 、,,ィ''i"i''=;;_ /____l_ヽ;;" ;/      ヽ      \  ; ,,  、 ;; ,、ィ'"''‐- 、 ;; " " # ;;、 :
,,、ィ'"l l l,,ィ''"  "'- ,, ;;""、;; '' "゙;,、_;_; ;;  " ;;";; ;;"、 __\ ;;  ,、ィ'"//// "''‐-、  " 、 ;;
l l l,,、ィ''"  ̄ ̄ ̄ ̄ "'-、;;_,,,, 、、、、      .;_"、 ゙  ";、   l,、ィ'" //////// ."''‐-、 :: .
-ニ゙|  i――‐イ. ̄ ̄ll  i"ニ- l l l l ヽ    _ 、',; ;, . ; ,;;ノ、ィ'" ///////////// "''‐-、
l l _|_lェェェェェi|[[[[[[[[|_! l l l l l l l l,ヽ"゙ ̄  ̄ゝ;; ; ; シ "''‐‐、 ///////////////
l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l ヽ ;;   "l;i!;;ll    |ll|."''‐-、 ////////////,
―――――――――――――――‐ `     li!;;;l ; ; |ll|:::;;;;| l l "''‐-、 //////////
三| |三三l三三| |三三l三三| |三三l三三|! "''  ノl!;i!l  ;" |ll|::;;;;;| l l l l l l l "''‐-、 ///////,
三| |三三l三三| |三三l「ュ三| |三三l三三|!; ;; " w  ;;  "|ll|「「「| l l l l l l l l l l l l "''‐-、 /// . _、ィ'
三| |三三l三三| |三 「ュロ品iii |三三l三三|!.  ii ;; " w   "'‐、l」l l l l l l l l l l l l l l l l l l"''‐-、_,ィ l l l
三| |三三l三三| |「Eニ|口器ロロ三三l三三|!;:   w ; ii   , v "''‐-、l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l|l l l l

       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
              裕福な家庭に生まれ育った彼女にとっては
            何もかもが新鮮かつ過酷な暮らしだっただろう。
              自然の洗礼、天候、災害――村を襲う魔物。
               容易に想像できるだけでも困難が山積みだ。
       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

978◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:44:06 ID:HeuOEacQ0



      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                    『つらくなったらいつでも帰っておいで』

                その言葉を私は最後まで言えなかった。
           それはロベルト家の庇護から巣立ちゆくあの子にとって、
               その決意に水を差す言葉でしかないと思ったから。
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
            ,  ‐= ´ .:./.:.:/.:.ヽハ               ノ:/: : : : : |ノ
          /´  _ ィ/,イ:.://:.:.:.:./ハ.     '_  __   イ//:.:. : i: : :ト、
         /   /イ/ //{:.{/:.:.:.:./|/ヽ、       /.:./l:.:.i:. i ヽ.、ハ \
           // {{  {:{ l:l!:.:,:./.:.:ィ´.:.:.:>r- ‐ イ/:.:.:/ ハ:.ト、:l\ヽヾヽ ヽ
           |{  l!  ヾ ムノ/イ//.:.,≠イ「 ̄` 7ハ:.:i:.{ |{|:.ト、:.:ト、ヽヽ、\、\
            ヽ  `  /  |/リ -ハ|─ 7⌒r─ |:!_|:l:.:! l!}:.! ヽ:ハ \ヽヽ:ヽヽ`
                 l!  /7: . : . : /イ: ./`ヽ: .|!: l!ヽト、 リハ  }!}|    ヘ| }|
                    ,′ l: . : . ://: 7f': . : . : . : ヽ: . 7-,ァ─┴‐ 、    i!
                 /   _〉: . : . : . /|:|: . : . : . : . : : {/ィ       l
               _,ノ- / l、: . : . :/ l: l: . : . : . : . : .〃       l
              /   ;    /ヽ: ._イ .l : !: . : . : . : . //        l
             /    | __..ノ: . // .l : l: . : . :_ノ´ / ,          !
             '.   /. : . : /: /  |: .`─「: : \ノ/         ;
              ヽ /. : . : /: /    l l: . : .l: :/「:ヽ  __       {
             くl´ ̄ヽ:/ . :, ′    l: l: . : . { |/ヽ/  /∠  __   '.





                     -―‐-
             /            .
                /                    、
             /                      ヽ
           /                   /  :.
             /                   /     、
          /             /       /¨ ‐-  }
        /         /      /       `〉
          /           /         /       /
       /         /          /:`テー-...__/       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ,      -‐   ´         // }:i:|: |:/             それは客観的に見れば勘当と言う名の追放。
.       :                  /|'   |;イ|/|{            天国で私を見守っているあの人が今の私を見れば
      /                     ' |_{ 〃 ヽ、             こんな私を薄情だと見限っていてもおかしくない。
    /                     |´  /                   そんな悪夢も、何度かその日から見た。
.   /                   |            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
   /                 i   |
.   '                  l   ハ
.  ;                     l  ,':l:|
 /                    l  i :l:|
.,'                  |   l l:|


.

979◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:44:23 ID:HeuOEacQ0



                     _/:/.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:|:.:.:.:|.:.:.:.:|   |:.:.:.:./:.:.:.::.:.:.:.:|   /    /
                   ー‐‐ァ'.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|.:.:..:ハ.: :.:|  __|__..,イ::.:.:.:.:.:.:.:.:|   /    /
                      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|,斗|-V:.:|   |.:/`ト:.:/:.:.:.:/:.|  /^   /
                      |.:.:|.:.:.:.:.:.:.:ヽ/|\:|. \|  _」_  |:./:.:.:./.:/ _/    /
                      |.:.:|.:.:.:.:|.:.:.:.:.:|V ,.==、   '"⌒ヽレ:.:.:./.:/,-'゙/    /
                      ヽ.:|\.:\.:.:.:.:V     、    /:.:/:.:/ | ./    ∧
                       ヽ >、:.:\:.:.>   ィ  ゙}  '"フ:.::.:/| V    ./ |
                        /:.:.:.:` ー:.:.\   ヽ .ノ  , イ:.:.:.:/| |  |    /  |
                        /:.:.:.:.:.:.:.:/|/` ‐ 、 _  イ -レ:.:.:.:∧  \__/_.ノ|
                       /:.:.:.:.:./:/ / _,へ_.|    _.レ/::.:.:.:/  \     /
                       /:.:.:.:.:/レ'r―‐'  /ノ  / /:.:.::.:/    \__/
                          |:.:.:.:/ / |    |===/  /:.:.:.:/|       /
                      |:.:./  ト、 ヽ.   |  /_ /:.:.::.//|      /
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
           付き合いのある雛見沢の村に仕事で私が赴くことも少なくなかった。
                    レナの新しい住居も知っていた。

                    一度もあの子に会いに行くことはしなかった。
              レナという少女が何をしているか、新しい友達は出来たのか、
              ひどい怪我をしたりしてないか、病気になっていたりしないか、
            そんな問いを村人に問うことも、敢えて一切しなかった。
            それが、独り立ちした彼女に対する私の選んだ結論だ。
  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      __,ノ      ハ:ハ        ,   i:.:{  |
    //     /    人 |: | u         人:.',  \
    |:::レ    /    /:/Y|:.:ト、    ー ' ,.イハ: ハ   \
   r::::/        /イ:. リ: :!` ミ - rく:| `ヽV:.',    !\
   |::::|  /    /  ヽ/:./\   ̄ イ:.!    Vハ    |:::::|
   |::::|/    /    /:/ヽ::::::\-  |:.:|   /\\  |::::|
   .Y::|     /: :.|\  /V   \::::::\_/::::|     !\\ム:/
   /:::|   /: : : : |   {: |     \::::/::\!  ',   !  \\
   |:.:::\_/: : : : : |    ヾ      \::Vハ  ',   ',   ヽ::ヽ
   ∨:::/: :/: : :|     \      |:::::!::::',  ',  ∧   ノ∨
    ∨_/: : /:∧      ヾ、   |::::::!:::::',  |   ∧


.

980◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:44:43 ID:HeuOEacQ0



      /:/. : {\! . i : : : : : : :    . : ヽ : ∨ : : .'.
        i:/|. : ;乂l| :|     .{ . : :ヽ : :ト、:.|:.i : . .i
.      | |i . : : :i{. :i| . :|. : : : :ヽ: : : ト、 iハi:.|:ヽ: |
.      | |} . :{ 从 :|{ : : ト、 : i : : : ト、|}:/}l:.}: :|: |
         /. : rミ:∧{ト、r十ヽ:廴:レ:|ハ|/,}ャi7}ハ:}: |     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
        ./ミ;从 ト `从 ヽ:{´ニ≧ミヽト }'/ヒツ ノ:../|: ′             やがて美琴が家に帰ってくる。久しぶりに
       /:/:′{ハ 入 ヽ '´ ヒ:ツ      /:/ }/             会えると思っていた姉の姿が、そこには無い。
     /:イ:{i. : | :ハ`ト-.、           ,   //′ノ               そんな美琴に聞かれて現在のレナの境遇を
  ‐≦ ´八トヽ:{>}:.}ブ. ヘ  u    _,  イイ                  説明し、数ヶ月振りにレナの名を口にする。
       ∨ \ ハノ   ,小.>  . ‘ ’イi!| ヽ.         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      , /   》   /  {ヽ   フ´  }リ} ハ
     //   /i    {   廴__/   / .′ ∧
  / y《    ∧.|  人__ イ 入   / ノ  、  ヽ
  { / ソ、 ∧ {.}  { {  V / >ァ'/ /  〉´  }
  ∨ r'丶 Y l}  ソ ,  | | / /彡/.イ    / ァ=弋
 / ,ノ-- ミ{_ノ / / ハ V / /イ    / /ノ  ハ





      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                      美琴は何度か雛見沢に行ってレナに会う。
             そのたび帰ってくると、今のレナの暮らしを私に報告してくれる。

                        『レナは元気にやっている』
           それを聞いた時に私の胸を包んだ安堵は、言葉では言い表せない。
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

        vwwwwwwwwwwwwwwwwwv
        :ll----------------------ll             :;;ゞ;:;:ゞ.
       ,,r'゙:;;:; ;::; :;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; :;:; ; :;:;゙゚'i、       彡ミ、r~:: : ;;ゞ(;;;:;:ゞ゚'゙
     ,r''゙;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; ;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; :゙゚'i、     ミ彡i゚゙(;;  :.';:;:.:ゞ ;;ゞ:;:ゞ
   .,,r''゙;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; ;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:;,,,ソ “゙゚''''' ''゚゙゙゚  彡ミ;ヾ:::;;ゞ :;:ゞ.:ゞ
  ,,r゙‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰  (彡ミ彡ミ彡ミ彡゙》ミ彡ノ''゙(   ;;: .';:;:.: ゞ;゙゚ヾ;:;::ゞ;:;
《《,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  (彡:;:彡ミ; ;:;; :ミ;;:;:;彡`゚“':;;ゞ;:;:ゞゞ.:; ;ゞ :;:ゞ.:.
 ,r'~二二二二二二二二二二二二二 ヽミゞ ゞ::;ゞ; :;:ミ;:;:彡ミ彡゙゚'''):  ; :ゞ.:;;ゞ;:;:ゞ.:;;
 ゙~l~~~~~~~~~~~~~~~~ニニニwニニニ~~~~~ (彡  彡;:;:;ミ 彡ミ: ;;丿:;;ゞ :;:ゞ.:  ;;ゞ; :;:ゞ.:;;ゞ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ∥   |目   .(ゞ;:ゞ;:,vr━i、
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ∥   |    l'''''''"'''''''''゚゜~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄llllllllllllllllllllllllll    │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙~'ヘ、;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :.、、;: ...:,:.:.、 ,:.:.、、; .:,:.、  :.、、;:.. .:,:.:.、.:.、 ~'ヘ;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :.、、 ;:...:,:.:.、,:.:.、、 ;:...:,.、 :.、、;:...:,:.:. 、,:.:.、、;:...:,:  .:.、~'ヘ;;::::::::::::::::::::::::::::::::


.

981◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:45:51 ID:HeuOEacQ0



          | '           イ   !        、
           j/          / |  | u     /
          /           ,ハ  |  |     __/         ……そう。元気にやっているなら、
.       /          ィ'⌒!: :L_.|  |     /
     /          / ト j : :! |  |〉‐-r‐'            いいんじゃないかな。
   /`イ.         /    ̄!ー'’ |  |:::::.|
 ,.「i: : :|         /        !    |  |:::::::.|
イ:| !: : :.|        .'        |   |  |::::::::|
||!: : :.|     /|        !    !  !:::: |
||!: : :.|    ∧:|       ヽ !    !  !:::: |





    l: /. : : : : : : : : : : : : : : : : | ヽ: :.ヽ: :|: : : : : :.i
    l/. : : : :.|: :|: :|.:|: :i: : :.:l.:i: :|  ヽミミミ:!: : : : i:.:|
   /: : : : : :.|: :|: :|:.|: :|: : : l/:./   ヾミミ|: : : :.:l:.:|
    |: l: : : : : |: :|: :|:.| |: :、///__ ノ   Vシ^ヽ . :l:.:|
    |: l: ヽ: :.:.ト`仁メ、 l.:.//> =ィイヘ  リ ハ }: : l::.|             お母さん……
    |: ト、: :\:{`ヽヒソノ l// ヽピじソノ  ノノ/. : :.l:.:|
    |/  \: |:\ '''       ''' ' ''   ,r‐く.:.:!:.:!: :.ト、
        `|: :メ、   ′     u ,:/i:/l :l: :l: :l : :ト、ヽ
.         |: : :.ヽ   _    //⌒ヽl: :l: :l: : l ):.\
.         |: l: : : :>.、 `_,. イ/     \: :l: : l: :l:.!ヽ:!
.         |/. /l : : : ,. イ Lノ       / \: :|: :リ
       /´ ̄`Y´) ノ /cj`ヽ     /. : : : .`丶、
       ノ ` Yノ /: { _ノ /   ヽ  /. : : : : : / ̄\
      i  `Yノ /. : :V c/   /:`7´. : : : : : : /. : : :/ ̄\
      | ) ノ  ノ. : : :.:i /  /:/. : : : : : : :/. : : :/ /   ヽ

      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                   冷たい母親の姿だったと今でも思っている。
           勝手に娘に縁談を持ちかけ、その結果娘を苦悩の闇に落とし、
                あまつさえその子を家から追い出し、今では興味もないような
              素振りを見せて、あの子の妹の表情を曇らせるのだ。   
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

982◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:47:37 ID:HeuOEacQ0

     /: : /: : : : : ://: : : : : ′: : : : : : 从 : : : ハ、
.     ′:〈∨: : : /: : {: : : : : :i: : : : : : i : : い: : : :いミ廴,,
      i: : :i \}: :/: : : |i: : : i: :|: : : }: : :|i i : } Ⅵ: }い
      |: : :|: : | : ′: : :||: : : |: :| : : | : : 川:`:ト、_{:|: |i : i
      |: : :|: : |: :i : : :从': : :T: :i: : リ: :/|;リi:ノ  .i:i: || : |
     i: : :|: : |: :|: : : :ト、}_ノj {ハ;/|i:/,ノ ,ィ爪ヽ片从八          ――お姉ちゃん、言ってたわよ。
.      !: い : |: 从: :い爪¨汽ヽ、.レ'  {っュリ '{':〃/  ヽ
.    !i{ :ヽい}∧: i {ト,っ弌}     弋ソ .i/:レ':{           素敵なお婿さんを見つけたら、
.      !:!|: : : \〈'ヘ{、:j气..ン     、    片| : ト,
.     い: : : : : iミ^>、          ,   ,〃::|:! : い            絶対お母さんには知らせに行くって。
      }ハ: : i : |,イ/  \    `¨   . <=ミ :!从:|
      |: ∧: | :/八    `> .  _, イヽ ヽ `Tい
      |/ヽヽ;/   \___,人    ! ‘,  ∨ | Ⅶ
      ′/`ヽ.         |{ \ |  r 、 ∨} ‘,                今でもお母さんのこと、大好きだってさ。
       /⌒ヽ `\        い_,ハ},, ヽ. \Ⅵ   ',
    .〃    \ ヽ、.___,,,ノ廴L(`ー‐一:.、 \  ∧
    //^⌒ヽ   ヽ ‘,    《   { `irー‐ 、  ` ̄`ヽ
    i{      >:.,∧  ',   ∨,  } }} _,,厶        \





           /            ./| | u       ( |
         /            〃 | |       ノ |
        /             /、\| l、   ´ r'′ |
                    /  \| |i≧=-イ´i    |           …………
     /              /\  .| |レ.<  | l
.     /             /   \.:| |L} ヽ | l   /
     ′            ヘ,     `| |i⊇  i.| l /
.     |          /  i     | ||  \li| l./
   / |             /       | |l/丶.}| 「
  /              /    .  /   | |「\_ノ'| |
 ヘ./             ′    ∨   | |l   |i | |
{ /\          .       }   | |l   |i | |

983◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:47:50 ID:HeuOEacQ0

.  ′ : : : : : : : : : :/: : : : :/ : : :/ : : /: | : : iト、:.| : /: ,.i
  i :j : : : / : : : : : ii : : : :/ : : :/ : : /: : !: :i :ハ: l: /: / |
  |/ : : :/ : : : : /: |、____ : : : /: : ,.l,斗'‐ レ'l/: / iリ
  | : : : : : : : : /: : |j` ̄ ̄ ̄ : : / : ´/|: /´ 从: / 〃
  | : :/ : : : : /: : 八: : i : :/: : : :/ : :/ レ′  `く_
  |i : : : : : : : : .:/ ,≠ハ ' : : i / レ'  __,,ノ′  i          ――お母さん、泣いてる?
  |i : : : : : /: : /〃r‐-iハ : : 八 ′            {
  |i : : : : /: : /: ∧ヽ  <、:ハ:|               /
  |i: :i : : : : : : :/: :ヽ、ー`ヽj ヽ        - ‐ /
  ||: i :/: : :/: /: : :/: :ー┬ヘ             /
  |i :|/: : : : :/: : :/ : : /: j!     、      ノ
  |i :|、 : /: /: : :/: : ノ:,イ‐- 、    ,厂i ̄ ̄
  八lj≠´ ̄ ̄ヽ ̄ミ彡′    ー-i{ヽ八
   /′      `ヽ:.: :.ヽ、       | .iト、ヽ
  ′          ∧:. :. \     |.八∧
  i              ヘ: : : : \  .j⌒个i



                , -‐  ̄ ̄ ̄`ヽ、
           /          ヽ、
             /             ',
          /              ',
           i  /          丶  ',
           | /              ` i              ……うるさい。
            レ               !、
         /                 ',
         /                     ヽ.
       /         /           ',
       /        /              .i
     /       /                  |
    /                            |
  /\                     /|
  ,ヘ::::::::\                     /:::::!
/:/\:::::::::\__                /:::/ |
从//::へ:::::::::::::::` --            /:::/ /



     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                    優しい娘に恵まれた。それも、二人もだ。
                先立ったあの人が遺してくれた宝物はいつだって、
           崩れそうな私のそばに立ち、未熟な私を支えてくれた。
     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

984◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:48:17 ID:HeuOEacQ0



     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                      かつてレナに強いたような縁談の形は
                      美琴には持ちかけなかった。結果的に私は
                この子の結婚相手探しに一切協力しなかった。
     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

                                              /{  /:::::::::{/:::::::/
                                      、 |∨::丶{:::::::/::::::::::厶 -‐ッ‐
                                          |\|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠  ___
                                      、____、::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‐<
                                         >─:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__:>
                         ______          ー=≦::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                     . : :´ : : : : : : : : `丶、      /::::::::::/:::::::::::::::/:/::::::/:::::::::::::::::::::::::、:≧=-
                  /: : /: : : : : : : : : 、 : : \   _/::::::::::/,.イ:/:::::/:/i:::、/}/:::::/:::::::}:::::、:\
                     , ' : : , ': : : : : : : : : : : : :}: : : :`、  ̄ ̄/:::::{ i/}/}/  j/`7:::/:::::/:::/::::∨ ̄`
                  /: : : / : : /:i: :{: : : : : : : く : : : : : .   /イ:::::人__     ヾミ /イ::/!:::/:::/ヽ::::::.
               . : )X′: /:从: ∨: : i : ∨: : 、: : : .!   /イ::/  {  、、、   ` |厶|/}/  \{
                i: :)X: :i:/:/| i \\: i : :i|\: :}: : : i____/}/            {、
                |: i: : :i:|:i/‐{ {: {: 丶:≧=リ  ∨:i: : |  {  {      、    、    _ノ
                |: i: : 从{芹ミヘ:丶 厶}: /`   }: i: :i:| ∧  、    |   ヽ、   `r‐'′
                |八∧{ V:ヅ \{ ィ芹ミx  } i: 从  丶 \__   /}\_.ィ'´
          r‐ 、/ ̄`丶、l: i` 、、  ,    V:ヅ^ '⌒V:'. .   \_  `¨´ 八  \_
      , ‐く`ヽ._)、     j从        、 、 、 _ソ/:i: ∨    、`¨⌒'ー'′    ハ
     /^7ヽ_)ーヘ \ }  /: : :\ 丶 __     , ー:ァ' : |ヽ{       \          i
      { { {/ ./}  ∨`/イ八{: : ヽ、    .. イi:|: :/|: : :|          ` ‐--      |
      ーヘ.{ { ̄`丶 }/⌒マヘ\{八`¨¨´ {、_}从厶}: :八                  /  }
        `'ーヘ.    /    } }\\   __} .}\  ∨  丶               厶  {
          /   /    / ./   \`ニニ´ ハ V }     \_             /   ,〉

     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                   それでも美琴は自分で好きな人を見つけ、
                やがて結婚式を迎え幸せな人生への門出を踏む。
                    親は無くても子は育つ。この日ほど、この言葉の
                    意味を強く感じたことは、後にも先にもないだろう。
     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

985◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:48:34 ID:HeuOEacQ0





   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                            美琴の結婚式の日。
        妹の晴れ姿を見に来たあの子と、数年ぶりに顔を合わせる時が訪れた。
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───










    /: : : :. : : : : : ,: :,、 /:、: !: : : : : : : : : : : ヽ
   ,イ /.: : : : : : :.,: |: i``´´Ⅶ : : : : : 、: : : : : :
  /: ;イ: : : : :.!: j: : :|!j!::| ___!_|!: : : : : :l!: : : : : :
  /,イ,': : : : : :l!:/i!: ::l:!ヾ!´   iハ:` : : : : l!: : : : : :
.ノ' ,: ,: : : : : :lム-゙、::i!|! ` ,ャテ气ヾ: :!: : :l: : : : : :          ……お母さん。
   l: l: : : : :´l!.x=、゙、!   什  ゚;l!:/: : :, : : : : : :
   l::l: : :、: : z'㌣゚i `    ゞ=''イィ: : : /: : :/: ! :
   .l:ト : : ヽ:ハ 辷ノ          '/: : :/: : :/ !:从:
   i! ゙、: : !ヽ:ヽ.  ‘    ,  /::,ィ/:: : /: ノハi!ノ
      ト i!、ハー`   ー    ./イ::/: : :/ /、/ ''
     ノ :リ::ヽゝ.       ...::::j/: .,イ/´  ̄ヽ
    /: : x ´; : : : `. - .. イ :l!:/!::/-‐─ 、
   /: ::/j : /!: : :/j/i!ノ ヾl  :i/ /l/
  ./ / / / ノ:/  '  ノ.j / ./



   __,ノ      ハ:ハ        ,   i:.:{  |
 //     /    人 |: | u         人:.',  \
 |:::レ    /    /:/Y|:.:ト、    ー ' ,.イハ: ハ   \          ……………………
r::::/        /イ:. リ: :!` ミ - rく:| `ヽV:.',    !\
|::::|  /    /  ヽ/:./\   ̄ イ:.!    Vハ    |:::::|
|::::|/    /    /:/ヽ::::::\-  |:.:|   /\\  |::::|
.Y::|     /: :.|\  /V   \::::::\_/::::|     !\\ム:/
/:::|   /: : : : |   {: |     \::::/::\!  ',   !  \\                 レナ、久しぶり。
|:.:::\_/: : : : : |    ヾ      \::Vハ  ',   ',   ヽ::ヽ
∨:::/: :/: : :|     \      |:::::!::::',  ',  ∧   ノ∨
 ∨_/: : /:∧      ヾ、   |::::::!:::::',  |   ∧

986◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:48:55 ID:HeuOEacQ0





        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                     かける言葉が見つからない。
               素気ない言葉を返して、美琴が私に見せたような
                  寂しい顔をこの子にさせたくはなかった。
              今すぐにでも抱きしめて、多くのことを謝りたかった。
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                            /            ./| | u       ( |
                          /            〃 | |       ノ |
                         /             /、\| l、   ´ r'′ |
                               /  \| |i≧=-イ´i    |
                      /              /\  .| |レ.<  | l
                   /             /   \.:| |L} ヽ | l   /
                      ′            ヘ,     `| |i⊇  i.| l /
                   |          /  i     | ||  \li| l./
                    / |             /       | |l/丶.}| 「
                   /              /    .  /   | |「\_ノ'| |
                  ヘ./             ′    ∨   | |l   |i | |
                 { /\          .       }   | |l   |i | |
            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                  それでも何度思い返しても、数年間我が子を見放し
                  関せずを貫いてきた冷たい母親が、娘にかける
                    優しい言葉なんて思いつかなかった。
                    それだけのことをしてきたのだ。
                          合わせる顔が無かった。
            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───




.

987◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:49:11 ID:HeuOEacQ0

  ::.   ハ  l     l  / l..::::/ l::.   .:::..  :l  l
  ::::.  l `、 l _, -''  l  /` 'lー:/ 、l:::.  .:.:::::i:.  .::l', l
.  :::',:::.. .:l- ''ニ-─   l /  ̄ニ-  l::::. ..:::::::i:::::. .:::ハ/
::. :::::'、::.::l , ,'`、lし`''  .l / ´/:::::( \/:::::,:::::::/l:::::.:::/
:::::..:::::::`、::',/ l:::::::::::l    '´  l:::::::::::l / >/:::::/ l:::::::/
::::::::::::::::::::<. l:::::::::/      l::::::::://:::/::/ ,':::::/         ――私、好きな人が出来たんだ。
':::::::ヽ:::::::::ヽ _`--´'      `ー''//:::/、 /:/
`i:::::::::`' 、:::::\       `     ' l/:  ',
..ll`,:::::::..''''''` 、`、    ー -    /:::::::.   ',
  ',::::::::..  `, 、,          /:::::::::::.   ',
   ' ,:::::::..  ', l `' .、    ,, -''´\:::l::::::::::.  l
    ' ,::::::..  'l   ` '''l´ \   \',::::::::.  l
  _,,-´',::::::.  l      lヽ l  \- 、``、::::..  l




       .′   { { | '、      ,     ノ∨  i
          /i\  \ ー ‐  / ,ノ  |
     .       {__厶,   {≧==ァ'´ _/}/  |
     i       /\_/   /   ∧  マ《    |             ……うん。
     |     ∧   \_∧==='==ヘ   Vヘ   |
     |/   /  ヽ   ヽ }__/{{___}}ム/ ∧ |
.      〈   〈     \  \  /{/  /  ', |
     |\/ \_/|  \  V / __/ _j |
     |   |   |  l.     \ Y /   {  K}
      {\人   |/\___//`'━'1   /\| |



         / ;.´ : : :./ : / ,ヘ : ;彳} : ,: : : ヾ: : : ヽ
       イ /.: : : : :{: : .{:/ミ∨彡.i.: .!: :.!: : ', : : : :.
     _..イ: :/ : : : : , i!: : :i!     j!:/ : :!ヾ : : : : : : .         いつか、その人と結婚したいと思ってる。
    ̄〃 /.:.: : ,': :j!:ト; :.:..!  __/イ.;イノ、:リ : : : : : : :
     / i! : : : : :!: :i!;竓ヒ、:{ ´  /_≦_i!`:}': : :! : : : j!:           そうなったら、必ずお母さんにも言う。
    .iメ.l: : ! : : :!:/ムィ、ヽミx   ´て::::らソ: : :i: :i!: :リ′
     !トl: : i: : : j!: :{!〈{::心 `     辷_ノ/: : ノ; j': /i!           私の結婚式、来てくれるよね?
       '.: i!: : : iト:.` ヾ__J 、      ,厶イ: : /〃リ
       ':!ト : 、 !、: ,:ヽ     _  ,.   ,イ リ: :/ ̄ ̄i ̄ ̄ `ヽ----、
       ヽ丶メハハメ:ゝ . _    //::/ノi!、    l      `ヾ  l
         ヾ }: : : : :イ^j/ `τ___/:ノ′   、 l      }::..  l
         ノ'j!: : イ^' {′ ,ゝ7l{、  ̄`ゝ、__ ヽi! :::..  ...::::::/  }
         ′/ト、:ハ      //^ヾヘヽ    .}`ヽゝ_::::::::::::::::/...:::ノ
            メ、リ ハ ヽ ././  }、:! 丶   { .> ー‐` 、;;::::.イ/〉

988◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:49:26 ID:HeuOEacQ0

       │ `∧            u   |: :|`:、      \〉
      │ / .∧    '         |: :|: { \     /
         | ./ l:小    _  ノ      j : !: }  ヽ   〈         ……………………
        |/   |l: : ゝ._        ィ/: 厶イ        \
       /   |: : :|: :{ >  .__.., イニ/: :/ │     丶    ヽ
        /  i  |: : :|: :'. : : : /  //: :/,//     i    l
.       /   :l  |: : :|: : :\/  / /: :/´ │     │   │               うん……
      /     |  |: : :|i: : : : ∨/_, /: :/    |              |
.    /    l:  !: :.八r┬≠¬))': :/   │            |
    〈     │ /: :/ 弋匕≠彳: :/      |            |



     / /      |:.   |:  / ""´` |        |
    |  l   /   !:.   l  |      l   ./    j
    |  l   l:..  ヽ;:ィ:代.  !    ‐/-、/:    ,′
    l  !l:. :.l:.:.  ´ヽ:.{  \{   / /}:.:. /  /
    ヽ ハ:.. :.ヽ:.::  { `__      ∠_ /:./:. 〃      お仕事があっても絶対ドタキャンだよ? だよ?
     ` \.:.:.:.\:.:.!'´ ̄`    '" ゙̄メ/:.: ,イ
       /\:.:.:.:ヘ:ゝ     _'_   /:._/:{        お母さんがいてくれなきゃ、せっかく式を開いても
       ,'.  `ーゝー   {´ ソ    ア´:.:.:.:八
        i  .:.(`Yj:> 、_` _´_ ,.イ:.:.:.:.:.:. iヽ       全然嬉しくないんだからさ! 私は!
        |  :.:.:} }, -、ィヘノ  {ィへ. レハ:.:.:. |
       ヽ :.,4 ´   {7′   >' ヽ‐-!:.:. /
         Xi| l    ∧三三/ ,// |/ヽ
       /  ∧   ノ マ  / //_, イ /  }
       {   V  /\_,厶/ '_/ ̄/ !/  l
       l _/  / ̄ ̄〈 〉 ̄ ̄´  }  i|




           /            ./| | u       ( |
         /            〃 | |   、   ノ |
        /             /、\| l、   ` r'′ |
                    /  \| |i≧=-イ´i    |       っ……うん。
     /              /\  .| |レ.<  | l
.     /             /   \.:| |L} ヽ | l   /
     ′            ヘ,     `| |i⊇  i.| l /
.     |          /  i     | ||  \li| l./
   / |             /       | |l/丶.}| 「
  /              /    .  /   | |「\_ノ'| |
 ヘ./             ′    ∨   | |l   |i | |
{ /\          .       }   | |l   |i | |

989◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:49:39 ID:HeuOEacQ0

     / : : : : : : : : : :./: : : :/.l : : : : : : /      .l: : : : : : : : : :.'
     ': : : : : : : : : : :.l! : : /  ',: : : : : ,′     l : : : : :ノ: : : : ',
      l: : : :l : : : : : : :l!: : ,'`ヽ_ \ : : l   ー '' ´丿: : :/: : : : : :l
     l: : : l!: : : : : : : l∨:! __, \: l  ,___ . ;イ: : /: : : : :,'
     ∨: :l!: : :、: : : : ',zX⊂う::ハ  ヽ!  んう:::.ハヽ/.: :/: : : : :/      うんうんうなずいてばかりじゃなくって
     ∨ l∨: : \: : :ヽ!弋:─丿     乂ー-.ノ}!〉/: : : ノ:/
      .∨! ヽ: : : :',、: :\  ̄         ̄´ノイ: : : ,イ :/         お母さんも何か言ってくれないかなぁ?
       ヾ /\: : ',`ハ`      ‘     ∠:_:_:.<: : Y
          /: : : :ゝ-`: :ゝ     --(     / l: : : : : 、l!           お母さん、私のこともうキラいなの?
       /: : : : : :,イ: : : _: :> _      _ ィ ∨: l: : : : : :i!
       ,': : : : : :/,': :/ .'′ r=ゝ .ー__l 、   ヽ!: : : : : l
        i: : : : : / l/   ____j       }   ∨ヽ : リ
       l : : : :/ ___,, ィ‘  >-、___   j`ヽ _   i /



   __,ノ      ハ:ハ        ,   i:.:{  |
 //     /    人 |: | u         人:.',  \
 |:::レ    /    /:/Y|:.:ト、    ー ' ,.イハ: ハ   \          …………
r::::/        /イ:. リ: :!` ミ - rく:| `ヽV:.',    !\
|::::|  /    /  ヽ/:./\   ̄ イ:.!    Vハ    |:::::|
|::::|/    /    /:/ヽ::::::\-  |:.:|   /\\  |::::|
.Y::|     /: :.|\  /V   \::::::\_/::::|     !\\ム:/
/:::|   /: : : : |   {: |     \::::/::\!  ',   !  \\
|:.:::\_/: : : : : |    ヾ      \::Vハ  ',   ',   ヽ::ヽ
∨:::/: :/: : :|     \      |:::::!::::',  ',  ∧   ノ∨
 ∨_/: : /:∧      ヾ、   |::::::!:::::',  |   ∧

990◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:53:27 ID:HeuOEacQ0

.     {   | j    ,      | 〃:{V    ∧
     、   |人          ι /:.:厶     │
.       \ |i : \  ` ー    /: :/_人       |         おかえり……レナ……
.      `|i: : : : > ,__.. -=彡':/:::/ 〉      |
       ヾ;. :_:r-、:〈/: : : : :/::::::/        }         元気にやってるようで、何よりだ……
.       /「 /j__ノァレ-=ニ二  ̄/          ,′
.       { ト┘ ∧       /        ∧
        トイ__,/       {        / ハ
       7´ ̄入  、     i            |
       /::::/ 八  ヽ.   |        {    |
.      /::::/  〃{ ヘ.   \  |              |



:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.il:.:.:.:.:il:.:.l   _l__/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:l、:.:.:.:i
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l l_:.-‐:.T !:.:.:.:l !:.l    /:/:.`ヽ、/:.:.:.;.:.:.:.:.l:.:.:.:.!V:.:.l
:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:, ィ´l:.:.:.:.:.:l ';.:.:.l '; l    /〃:.:.:.:.; 'l:.:.:./:.:.:.:.:l:.:.:.:.l ';.:l
:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:/:.:l  ヽ:.:.:.:!  ';.:.l ',l  //:.:.:_:/ l:.:./:.:.:.:.:.l:.:.:.:.'  l/
V:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:';.:.:.:.l   _ゝ-l.-、 \'、  ∠-二___  .l /:.:.:.:.:./l:.:./
:.';.:.:.:';.:.:.:.:.:.:.:.:';.:.:.l   , ‐ニゞニ  ヾ、   ' -― ミ、レ:.:.:.:.:./y:.:/        えへへっ、初めて見ちゃった!
:.:.ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.! ィ/        、      ノ:.:.:.:/V:.イ
:.:.:.:.\ヾ 、:.:.:.:.:.ヾヽ                ∠ ィヘ´:.:.:.イ:.:i           お母さんの、そんな顔!
、:.:l:.:.:l/ヾミヽ、:.:.:.:ヘ \      /` ー‐<!     !' ';.:.:.:.:.!:.:.!
|l:.:.:l:.:ll:.:.:ヽ、`iヽ、ヽ`     {: : : : : : : l    ノ:.:.:.';.:.:.:.:l:.:.l
|li:.:.:!:.:ll:.:..:.:.:i`iπヘミ      ヽ、: : _ ノ  , '、:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.!:.:.l
|'ヽ:.:!:.ll:.:.:.:.:.:!:.:l:.:ト、:.:i `ヽ 、     ̄  , <:.:.:ヽ:ヽ:.:.:.:ト:.:.:.:ll:.:.!
. !' ヽ:.!:ll:.:.:.:.:.:l:.:.!, ‐‐┤   ` ー- - 7   `ヽ、i:.:ヽ:.:.:! ';.:.:!l:.:l
_ - ‐ ヾ ヽ:.:.:.:.:!:.:l  ヽ        ト 、     ヽト、:.! .l:.:l l:.l









.

991◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:53:49 ID:HeuOEacQ0



     /: : /: : : : : ://: : : : : ′: : : : : : 从 : : : ハ、
.     ′:〈∨: : : /: : {: : : : : :i: : : : : : i : : い: : : :いミ廴,,
      i: : :i \}: :/: : : |i: : : i: :|: : : }: : :|i i : } Ⅵ: }い
      |: : :|: : | : ′: : :||: : : |: :| : : | : : 川:斗- {:|: |i : i
      |: : :|: : |: :i : : :从'⌒:T: :i: : リ: :/|;リi:ノ  .i:i: || : |
     i: : :|: : |: :|: : : :ト、}\j {ハ;/|i:/,ノ ,ィ爪ヽ片从八      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
.      !: い : |: 从: :い爪¨汽ヽ、.レ'  {っュリ '{':〃/  ヽ                長らく絶っていた愛娘との繋がり。
.    !i{ :ヽい}∧: i {ト,っ弌}     弋ソ .i/:レ':{             それが美琴の挙式を期に再び顔を合わせ、
.      !:!|: : : \〈'ヘ{、:j气..ン     、    片| : ト,              数年間この身を焼いていた苦しみを溶かし、
.     い: : : : : iミ^>、          ,   ,〃::|:! : い                    私の胸を温かく照らしてくれた。
      }ハ: : i : |,イ/  \    `¨   . <=ミ :!从:|               この子達あってこその今の私。確信している。
      |: ∧: | :/八     `> .  _, イヽ ヽ `Tい          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      |/ヽヽ;/   \___,人    ! ‘,  ∨ | Ⅶ
      ′/`ヽ.         |{ \ |  r 、 ∨} ‘,
       /⌒ヽ `\        い_,ハ},, ヽ. \Ⅵ   ',
    .〃    \ ヽ、.___,,,ノ廴L(`ー‐一:.、 \  ∧
    //^⌒ヽ   ヽ ‘,    《   { `irー‐ 、  ` ̄`ヽ
    i{      >:.,∧  ',   ∨,  } }} _,,厶        \





、__ ,ノア         /   /             ',
.  ̄ ̄/      /   /    〃ヽム          l
    / /      |:.   |:  / ""´` |        |
   |  l   /   !:.   l  |      l   ./    j
   |  l   l:..  ヽ;:ィ:代.  !    ‐/-、/:    ,′
   l  !l:. :.l:.:.  ´ヽ:.{  \{   / /}:.:. /  /     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
   ヽ ハ:.. :.ヽ:.::  { `__      ∠_ /:./:. 〃             過去の過ちに悩み歩を進めぬ愚かしさを
    ` \.:.:.:.\:.:.!'´ ̄`    '" ゙̄メ/:.: ,イ                   知っていながら身動きの取れなかった私。
      /\:.:.:.:ヘ:ゝ     _'_   /:._/:{             弱い一人の母親を支え救ってくれた二人の娘は
      ,'.  `ーゝー   {´ ソ    ア´:.:.:.:八                私の恩人でもあり、今でも世界一の大好きが
       i  .:.(`Yj:> 、_` _´_ ,.イ:.:.:.:.:.:. iヽ               2人並び立つ、かけがえのない宝物だ。
       |  :.:.:} }, -、ィヘノ  {ィへ. レハ:.:.:. |        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      ヽ :.,4 ´   {7′   >' ヽ‐-!:.:. /
        Xi| l    ∧三三/ ,// |/ヽ
      /  ∧   ノ マ  / //_, イ /  }
      {   V  /\_,厶/ '_/ ̄/ !/  l
      l _/  / ̄ ̄〈 〉 ̄ ̄´  }  i|


.

992◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:54:03 ID:HeuOEacQ0

       | |        _____│         l
       | |  >  :7 「: : :.j、__ヽ: : : :\         |
       | {_/ : : : / {: : }八\: :}\}∧j          |
      l /: : : |-八  \{  ヽィ==ミ\:|          |         ――当麻、美琴をよろしく。
      |厶/: N斗=ミ.       {{//ハ Y|、       ヘ
.      | 八从Y{{//ハ        う:ソ  |: '.       丶        苦しいことも楽しいことも沢山あるだろうけど、
       │ `∧ヾ うり          |: :|`:、      \〉
      │ / ∧ ´  '         |: :|: { \     /           二人で力を合わせて生きていくんだよ。
         | ./ l:小    _  ノ      j : !: }  ヽ   〈
        |/   |l: : ゝ._        ィ/: 厶イ        \
       /   |: : :|: :{ >  .__.., イニ/: :/ │     丶    ヽ
        /  i  |: : :|: :'. : : : /  //: :/,//     i    l
.       /   :l  |: : :|: : :\/  / /: :/´ │     │   │
      /     |  |: : :|i: : : : ∨/_, /: :/    |              |


     /:::::::::::::;::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::;:::::::ミ≠=‐
   ./::::::::::::::::::!::::::::::::;::::::::::::ヽ:::::::::ヽ:::::::ヽ\:::::::::::::::;:::::::::\\
  ∠.-‐ フ::::::;'::::;::::;:::::l:::::;:、::::::∧:::::::::ヘ:::::∧ `ヽ::::::::::ヽ::::::::::ヽ
    /个::::::::::!:::;:::: l介' \::ヽ \:::ゝ ミ、\  .}::::厶` \
   // /::/:::::l::::::::::l∧_厶 `\  \  .l:リ : :  /::::::::ヘ\
   '   / .Vv'l::::::::/  !弋リ:        レ': : : /::::::::::::ゝゝ          はい! たとえどんなことがあったって、
        レ'l::/ .}  .¨           ノ人::::::::::::\
         /    l             l VvⅣヽ仆`\       美琴と一緒なら乗り越えてみせます!
              ;             .;: V ::/ゝ
             t_ . .            ;  .,ー― ‐ 、
               z   /       ∠ ̄        ヽ
                  ゝ     ∠             }
                  ゝ<                 ゝ
                 /¨                    厶
                ./                        \
            ‐ ― '                           ヽ、
         /                                  \



       /:/. : {\! . i : : : : : : :    . : ヽ : ∨ : : .'.  っ
  {     i:/|. : ;乂l| :|     .{ . : :ヽ : :ト、:.|:.i : . .i
  丶.   | |i . : : :i{. :i| . :|. : : : :ヽ: : : ト、 iハi:.|:ヽ: |
  丶 \   | |} . :{ 从 :|{ : : ト、 : i : : : ト、|}:/}l:.}: :|: |
    \\  /. : rミ:∧{ト、r十ヽ:廴:レ:|ハ|/,}ャi7}ハ:}: |
      > ./ミ;从 ト `从 ヽ:{´ニ≧ミヽト }'/ヒツ ノ:../|: ′      もう……何もこんな所で
  ⊂ヽ.  /:/:′{ハ 入 ヽ '´ ヒ:ツ ..::::::::::::::. /:/ }/
      /:イ:{i. : | :ハ`ト-.、  .:::::::::::::   ,   //′ノ          そんな恥ずかしいこと言わなくたって……
   ‐≦ ´八トヽ:{>}:.}ブ ヘ. u     _,  イイ
        ∨ \ ハノ   ,小.>  . ‘ ’イi!| ヽ.
       , /   》   /  {ヽ   フ´  }リ} ハ
      //   /i    {   廴__/   / .′ ∧
   / y《    ∧.|  人__ イ 入   / ノ  、  ヽ
   { / ソ、 ∧ {.}  { {  V / >ァ'/ /  〉´  }
   ∨ r'丶 Y l}  ソ ,  | | / /彡/.イ    / ァ=弋
  / ,ノ-- ミ{_ノ / / ハ V / /イ    / /ノ  ハ

993◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:54:37 ID:HeuOEacQ0

  l           .:/  :/ヽ;.|:.ハ   !        、
  |        .:l  .:ハ  .:l  `  .l:   |:.    、   i
  ',     ,  .:ハ .:.l ヽ .:.!     !:. _,./:.:     \  |
  !     l  `!-ト、,|__,X .:.| ヽ _, -l'゙/!:.: , .:.:.  | `、 |
  ヽ  ',   ト、 Xィ'ヘ f_ハ ヽ ! ィク::/ハヽ/:. /.:.:.:.  !  ヾ     みぃちゃん、お姉ちゃんより先に結婚しちゃうとか
   l  ヽ   V,イ|::::ヾ::!  `   i::::::::l ハ/.:.:.:イ:. /
    }  ..:\ ヽヾ;ヒ=ノ      弋;=イ´ブ.:.:./ |:.. /        すごくナマイキなんだよ! よ!
    l .:.:.:.:.`ー ゝ ̄     _'_   ̄/;ィ'. ヘ //
    / .:.:.:.:.:.:.;\      i l    ´ノ:.:.   ヽ           まるで私が行き遅れみたいに見えるじゃないの!
   l  .:.:.:.:.:.:/!.:/::`>- ,__`´,. ィ< ヘ;.:.:.:.:  ヽ
   |  .:.:.:.:.:///:::::::::ヽ     /:::::::ヽハ;.:.:.:.:..  i
   |  .:.:.:.:/ヾ \:::::::::Y彡三ミ!:::::::::/ / \:.:.:. |
   |  .:.:./ \\\:::::ヽ::::::::/::::/ イ   X:.:. |
   ヽ .:./    \\\:::ヽ:/:// /    l ヽ/



        '〔__.′:′: :/: ://: /:, : /: //ヘ\:ヽ、: : : : : :
        / : :/ ,: :i: :_;/: ://: /:/: /: //    、:\:\i: : : :
     / : 〃! i: :i: :/Zj{厶/:/_;厶// ̄ ̄ 、j\ \j: : : :
     'イ:/ii: i: !: jy゙ァ;弌v'イ ,: : //     ヘ、: : | : : :
     ノ′リ小j;.从{ {x!j^ i/: :/        \,>ー1 : : :        へへっ、私達の幸せちょっとぐらい
        ': :}ハV; , `'″ }/  ィ≠=-、   V, く} ii : : :
        /: ; : : :vi:i'、、、  ;        、、、、   }ン ノ リ : : :        お姉ちゃんにも分けてあげたいわ♪
     /: : i : i: i从       ___     ,__ . イ: i : : :
      .′/ !:i l: :″:\ `マ¨¨´  _)    /!: : !: i: :i : : ,        早くあなたもこっち来なさいってば!
    . : .′i i |: ii: : : : }>、 `ニ¨´   イ:!: :l: :i:|:! ; : /
     i : i  l l |: ii: : /:/:>;-‐    j厶¦ い:‘ :∨
      、l  j厶Vリ〔_∠ ´  _,〕ー…  ¨ ̄`弋: } iヘ: 〈
     )し' { 〃 ,〃   /,ハ         . `→‐ヘ\
     ∧ ∨′/ {__,/__/___,〉       /__/ /⌒マ^
      /  . ″   77^¬ー-ヘ、 __/   . , '





          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                  あなた達の幸せは私の幸せそのものだ。

                私の家族でいてくれてありがとう。レナ、美琴。
          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                      /     !:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : | .|
                     ,'      |  _,  --r― r――‐ヘハ
                     i      |/: :!: : : ハ:.!.| ヽ」」:_: : :.ト、
                     |      |: : 斗ヤT ヽヽ´___VV!从
                     |      |:NV  ___    ⌒`i: |  !
                 __,ノ      ハ:ハ  ' ̄`   ,   i:.:{  |
               //     /    人 |: |         人:.',  \
               |:::レ    /    /:/Y|:.:ト、    ー ' ,.イハ: ハ   \
              r::::/        /イ:. リ: :!` ミ - rく:| `ヽV:.',    !\
              |::::|  /    /  ヽ/:./\   ̄ イ:.!    Vハ    |:::::|
              |::::|/    /    /:/ヽ::::::\-  |:.:|   /\\  |::::|
              .Y::|     /: :.|\  /V   \::::::\_/::::|     !\\ム:/
              /:::|   /: : : : |   {: |     \::::/::\!  ',   !  \\









.

994◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:54:50 ID:HeuOEacQ0
これは幼少の頃に親元を離れ力強く生きていく決意をした少女と、
その背中を見送れなかった母親が再会した今、振り返る過去の思い出です。

995◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:55:04 ID:HeuOEacQ0


    _,,..,,,,_ ___
  // ,' 3  `ヽーっ/\
/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\/     以下、このスレまでに登場した主要人物の紹介です。
  |            |/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.

996◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:56:22 ID:HeuOEacQ0
          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |  (⌒) / (⌒) .」 |
  彡彡彡   (__人__)    ミミ
      |              |
__( ⌒-ィ⌒ヽ、   /⌒` '⌒ )__
     `ー-ゝィソノー‐ヾy_ノー"

【おどるほうせき】 翠星夫
迷いの森に棲む小さな魔物であり、その地域においては最も弱い種族である。
物質に命が宿った種族である踊る宝石は捕食の対象にはなりづらいのだが、
厳しい食物連鎖の世界ひしめく魔物達の、日頃の鬱憤を晴らすための格好の
いじめ相手となり、肩身の狭い毎日を送っていた。魔物にしては素直な心の
持ち主で、自分を助けてくれたやる夫や、優しく接してくれたインデックスに
対しては非常に懐っこい。良き出会いにさえ恵まれれば親しい友達を作り、
その友達とずっと仲良く幸せな関係を作っていけると、推察しやすいタイプである。

997◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:56:46 ID:HeuOEacQ0
      _ _ _ _
     「 _     ̄ ̄ ̄`ヽ
     | | |  ̄ ̄ ̄.:.:.::::::1|
     | _i | _ __.:.:.:.:::::::::::リ
.   _,「. .:. :.:.:.:.:.:::::::::::::.:.:::::L---、
  〈 こL_ __ ___ _ ノ.::::.:.:.:/
   \         .:.:. :.:::::::.:.:_/
   /.7`::ー ── ─ .:.: :"::.ヽ
   |/:|::|    (●) (○) .|イ::レ′
    ||/    (__人__)  .|/|
     \    ` ー´   /
     /      ー-  / 、
.    ヽ|           / /
       |        / ´
      ヽ   /  /
        `/  /ヽ
       (´_/ヾ_)

【魔獣グレンデル】 蒼星夫
剣を武器に暴れる怪力の魔物グレンデルの中から、獣騎士蒼星石がその才覚に
目を付け育て上げた存在。鍛練を積み重ね、他の魔物とは一線を画した高い
戦闘能力を持つ。得た力の使い道は深く考えておらず、鍛錬によって身につけた
力を見せびらかすのが日々の楽しみ。おかげで何匹もの魔物の部下を自己満足に
付き合わせ、その命を奪ってきた過去さえも持つ。要するにまあ、力を誇示するのと
弱い者虐めが大好きと言える、極めて厄介な実力者である。

998◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:58:14 ID:HeuOEacQ0
バックナンバーです。

第20話 デモンズタワー④・真紅への抗戦とリュカとの別れ  ~夢の終わり~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1349128763/27-185
第21話 回想録・奴隷として生きたリュカの日々と真紅の思惑  ~魔の胎動~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1349128763/218-356
第22話 リュカのいない世界・希望を失ったブラウニーのお話  ~失うことは一度でいい~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1349128763/389-508
第23話 迷いの森・やる夫とインデックスの大喧嘩  ~諦められないのはあなただけじゃない~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1349128763/548-645
第24話 妖精の城・再起を目指すやる夫と世界を巡る仲間達  ~希望を求めて~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1349128763/674-783
第25話 思い出の地・全員終結  ~すべてが始まったこの日~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1349128763/813-927
番外編 サラボナの大富豪とその娘達の昔話  ~たとえ遠く離れても~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1349128763/951-994
主要登場人物紹介
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1349128763/995-997

999◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:58:34 ID:HeuOEacQ0


              。・゚・⌒)
     _,,..,,,,_  ,.rぅ━ヽニニフ ))     次スレですよ~。
    / ,' 3  ` 丿      彡
    l   ⊃ ⌒_つ                 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1351619559/
     `'ー---‐'''''"

.

1◆V/FGdX7aTo2012/10/31(水) 02:52:39 ID:HeuOEacQ0

                                     ,.、 -―- 、
                                  /i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                          /゙l     γノ       ノ、,
                          /::.. |      i' .Nー--.っ;イ  i
                    __,、ノし/::::..  |    /iヽ,`ー‐‐’彡  ,ノ
             ヾ ̄::::::::::::::::.. .. .     ヽ    /::::ゝ,,`''-| ̄~|-''"
              `''- ,::::::... __     __ ゞ ,,/、.--‐''' ^'ー'^ '''‐-- .,,
                   ノ::::... l,_j     ´ ` /::/ ::/  ::/   'i,::  \::\
               ⌒>:::::::...   , -‐ォ  / ::/  .::/                i,:: 'i,
                    `7::::::...  ヽ,__ノ / ::/  ::/    ノ    '⌒i    'i,:: 'i,
                    /´ ̄ ̄`>=i}´~i :::l  ::::i           ‐く     l::  i
                ノ:::::::::::::::::::::::::ス:: .| :::|  ::::l     ノ     、__ノ    !::. |
        _ヾ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ:: 'i, ::'i,   ::::'i,               !:: ,!
             ̄フ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈::.. . 'i, ::'i,   ::'i   ::!      i::  ,ノ:: ノ
            ∠`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::: . ..\\  ::\ ::l       !:: / /
             /ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::.. . ..   ''ー-- 、,,,__   __,,,、 --ー''
             メ,::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::.: .. . .丿        ̄
              〆:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::... ズ
         /⌒7^`''''ァー- 、,,_:::::::::,,、-''" i
             /::::: /     ´`~ i:::::... 丿
            〈___/        `ー"

大魔王の右腕に囚われたリュカと、彼女を救うため駆ける魔物の仲間達でお贈りする、
原作『ドラゴンクエストⅤ』の世界観をお借りした二次創作スレです。
近況報告としては、今後使うBGMの為に購入したCDの数々により財布がピンチです。


【まとめて頂いているサイト】
 Apple‐Polishing Articles様:http://applepolishing.blog.fc2.com/


【過去スレ】
 #リュカQuest (豪快にスレタイを間違えた1スレ目)
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1343645151/
 【DQ5】魔物使いのリュカとブラウニーのやる夫【2スレ目】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/
 【DQ5】さすらいの旅人リュカとブラウニーのやる夫【3スレ目】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1347482038/
 【DQ5】勇者の末裔リュカとブラウニーのやる夫【4スレ目】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1349128763/

4名無しのやる夫だお2012/10/31(水) 03:46:34 ID:vtmmdvDQ0
おつおつー
スレタイが続きものの絵本のタイトルみたいなセンスで好きだ

現行スレ:【DQ5】囚われのリュカとブラウニーのやる夫【5スレ目】
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

ビアンカとフローラのカップルだったのか

遅レスだが、フローラじゃない。
姉なんだからデボラだ。
上条さんはアンディ役かな?
となると、フローラはアンディとのカップルで収まったか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://applepolishing.blog.fc2.com/tb.php/812-372fbd89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ryokusai

Author:ryokusai
正直見づらいので自前のスタイルシートを用意した上で閲覧されることを推奨いたします。
ウィルコムから光回線に乗り換へましたがやつぱり更新の頻度と量は期待しないでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
2ch (18)
やる夫スレ (1178)
いけない!ルカ先生 (29)
炎の記憶 (70)
ドクオの失われた絶対時間 (12)
チャージマンできる夫! (10)
替天行道の書が天下を動かすようです (166)
短編・チラシの裏等 (53)
やる夫は例大祭に参加するようです (4)
やる夫は君子を全うするようです (2)
やる夫は女子中学生と許嫁になったようです (26)
やる夫とタンポポと恋 (12)
やる夫がハゲの借金王になるようです。 (13)
やる夫がドラゴンクエスト5の勇者?になるようです (29)
やる夫が課金兵になるようです (9)
やる夫が艦隊これくしょんを始めるようです (17)
やる夫が艦娘たちと戦うようです (30)
やる夫が第一人者になるようです (21)
やる夫がお絵かきするようです (9)
やる夫がモバマスを始めるようです (25)
やる夫達の村に羆嵐が吹くようです。 (7)
やる夫でドラクエ5っぽいのやるよ (74)
やる夫で戦うドラクエ6 (61)
やる夫で学ぶ甘粕正彦 (3)
やらない夫は祖国統一のためには手段を選ばないようです (5)
やらない夫は宇宙移民の指導者に選ばれたようです (19)
やらない夫は週刊誌記者のようです (14)
やらない夫と惑星のさみだれ (54)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (6)
やらない夫が竹中半兵衛になるようです (29)
やらない夫たちでやる「まんがで読破 水滸伝」 (19)
やらない夫deドラクエ5~やらない夫は魔物使いになる様です~ (45)
やらない夫de幻影都市 (48)
魔物使いのリュカとブラウニーのやる夫 (47)
できる夫はユキが好きなようです (2)
ありふれた御伽噺 (15)
暁美ほむらが魔法少女になる様です (4)
黄色い小鳥と秋空と。 (13)
真紅の茶席に奇客が集うようです (18)
新選組列剣伝 (132)
水銀燈は花街の頂点に立つようです (18)
ストレンジライフス (8)
このブログについて (1)
一般の方へ (1)
企業の方へ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。